【Bournemouth×Liverpool】絶品コウチーニョ&サラー!リヴァプールは0-4圧勝で9戦負けなし!

17節までプレミアリーグ4位につけているリヴァプールは、ここまで2敗しかしておらず、無敗のマンチェスター・シティの次に負け数が少ないチームです。彼らがマンチェスター・ユナイテッドとチェルシーに上にいかれているのは、取りこぼしが多いからです。ワトフォード、ニューカッスル、WBAなど中堅以下のクラブとのゲームをドローで終えており、首位マン・シティとの差は18に開いてしまいました。バイタリティ・スタジアムで行われるボーンマスとのゲームも要注意。マンチェスター・ユナイテッドとのアウェイゲームを1-0の僅差で終えたばかりのチームに、先制されるとやっかいです。クロップ監督の11人を見てみましょう。GKミニョレ、DFジョー・ゴメス、デヤン・ロブレン、クラヴァン、ロバートソン。ヘンダーソン、ワイナルドゥム、チェンバレンの3センターの前にコウチーニョ、サラー、フィルミーノという布陣です。

開始2分、チェンバレンのクロスに競り勝ったコウチーニョが、珍しくヘディングシュート。アウェイのリヴァプールがフルスロットルで攻め込んでいます。ボーンマスも負けじとラインの裏にグラウンダーを通して応戦。WBAとマンチェスター・ユナイテッドの静かな序盤を観た後だけに、スリリングな攻め合いは余計にテンションが上がります。11分、ボックス手前やや右でフィルミーノが倒されFK。コウチーニョが右足でドライブをかけたシュートが、右のポストを直撃します。13分、右からボックスに侵入したサラーは、一瞬のスピードでダニエルズを振り切って左足でシュート。バーの上を抜けたボールを見て、ウインガーは天を仰いでいますが、これだけ簡単にダニエルズをかわせるなら、いずれビッグチャンスをつかむことができるでしょう。

20分、レッズの先制ゴールは左サイドの2人によってもたらされました。ロバートソンから短いパスをもらったコウチーニョが、巧みなドリブルでサイモン・フランシスを翻弄。追い越していったロバートソンを見て進路を中に取った10番は、サイモン・フランシスがファーをケアしてきた瞬間に、アレクシス・サンチェスがよく狙うニアポスト際へのシュートを突き刺しました。22分、サラーがダニエルズをかわして左足で巻いたシュートを放つのは2度めです。25分にはサラーのポストプレーでヘンダーソンが右から上がり、ニアのフィルミーノに打たせますが、アウトにかけたシュートはDFにヒット。このCKから、待望の追加点が入ります。

ニアにいたワイナルドゥムがヒールで高く上げたボールを、ファーのフィルミーノがゴールラインぎりぎりで足に当てて折り返します。中央に浮いたボールに頭から飛び込んだのはデヤン・ロブレン。昨季プレミアリーグで2ゴールのCBは、2017-18シーズンは初ゴールです。31分、負傷したジョシュア・キングが下がり、スタニスラスがピッチへ。デフォーにボールを集めたいボーンマスは、レッズのプレスに音を上げて蹴り出す精度の低いロングボールが目立ちます。しかし39分、スタニスラスが縦に出した素晴らしいスルーパスでデフォーがミニョレと1対1。左隅を狙ったシュートはパーフェクトと思いきや、ポストの内側を叩いてゴールならず。43分にサラーがコウチーニョに預け、絶妙な浮き球のリターンを右足で叩くとべゴヴィッチの懐に収まってしまい、3点めはなりません。

0-2で終わるかと思われた44分、チェンバレンのスルーパスでゴールライン際まで上がったサラーがまたもダニエルズを振り切りました。ナタン・アケまでかわした11番の左足シュートがべゴヴィッチの脇を抜けて0-3。ハリー・ケインを引き離すプレミアリーグ14発めは、レッズ入団後の公式戦20ゴールという節目でもあります。忙しかった前半がようやく終了。バイタリティ・スタジアムのサポーターは、不甲斐ないホームチームに抗議のブーイングを浴びせています。攻めるしかないエディ・ハウ監督は、ハーフタイムにピューを下げてライアン・フレイザーを投入。まずは1点返したいという交代ですが、後半もレッズペースは変わりません。

52分、ヘンダーソンのアーリークロスをべゴヴィッチの前でプッシュしようとしたフィルミーノは触れず。58分にジョーダン・アイブからボールを奪って突進したチェンバレンは、左足のシュートをニアポストに当てました。普通なら3点リードはセーフティですが、1年前のバイタリティ・スタジアムで1-3から3発喰らって敗れているレッズは、もう1点必要でしょう。67分、4点めはコウチーニョに高速クロスからでした。ラインの裏に出たフィルミーノがヘディングでコースを変えると、べゴヴィッチは反応できません。71分、クロップ監督はサラーを休ませ、アダム・ララナを起用。76分にはフィルミーノがお役御免となり、プレミアリーグ初ゴールがほしいソランケがピッチに入ります。勝負はもう決まりでしょう。残る興味は、レッズのゴール数とクリーンシートぐらいです。

ボーンマスの最大の敗因は、サイドのマッチアップで惨敗したことだと思います。サラーとコウチーニョにあれだけ自由を与えれば、3~4点は覚悟しなければなりません。逆にいえば、リヴァプールの攻撃陣は、今日は非の打ちどころがありませんでした。今週末のアーセナル戦で、マネとミルナーは使われるのでしょうか。クロップ監督は、最近調子を落としているマネを入れるより、素晴らしい連携を見せてくれたフィルミーノ、サラー、コウチーニョをそのまま使うほうを選ぶかもしれません。話を試合に戻しましょう。最後の10分はボーンマスにこれといったチャンスはなく、リヴァプールが0-4完勝で4位をキープしました。直近のプレミアリーグ9試合を負けなしとしたクロップ監督のチームは、いい状態でエミレーツに乗り込めそうです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

更新ご苦労様です。
ボーンマス戦は昨シーズン苦い思いがあるので、0ー3になっても安心できませんでした(苦笑)
連続ドローが続いていたのでクリーンシート達成での勝利は大きいですね。個人的にはチェンバレンの奮闘を讃えたいと思います。中盤でもやっていけるピースになったのではないでしょうか。もちろんウィンガーでもいけると思いますが。次節のガナーズ戦が楽しみです!
  • Macki
  • 2017/12/18(Mon)16:06:14
  • 編集

無題

今節は文句無しです。10番と11番のゴールは激賞モノだと思いますが、個人的にはロヴレンのダイビングヘッドにグッときました。色々あった中で、身体ごと投げ出してのゴールからは気迫が見て取れました。守ってはクリーンシート。ゲームの入り方も抜群に良かったですし、次節はガナーズと相性の良いマネに暴れて欲しいところです。

一点、ずっと気になっているのは、ワイナルドゥムの姿勢です。横パスないしバックパスが多く、狙いが分かりません。消極的なプレーに見えて仕方がなく、起用の意図も分かりづらく不安かつ心配です。
  • Motsuki909
  • 2017/12/18(Mon)19:15:23
  • 編集

コメントありがとうございます。

Mackiさん>
チェンバレンの補強は大きいですよね。戦術の選択肢が広がります。

Motsuki909さん>
ロブレン、うれしそうでしたね。私もワイナルドゥムは気になってます。最近ゴールが遠くなったマネも。
  • makoto
  • 2017/12/23(Sat)12:47:09
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ