【Leicester×MAN.UTD】意志疎通を欠いたマンチェスター・ユナイテッドは、自ら招いた必然のドロー!

週末開催のプレミアリーグでは珍しいナイトゲーム。レスターの本拠地キングパワースタジアムに乗り込んだマンチェスター・ユナイテッドの中盤には、ポール・ポグバが復帰しています。GKデ・ヘア、DFリンデロフ、スモーリング、フィル・ジョーンズ、アシュリー・ヤング。セントラルMFはマティッチとポグバ、2列めにマタ、リンガード、マルシアル、最前線には今季プレミアリーグ10ゴールのルカクです。首位マンチェスター・シティとの差は勝ち点11、これ以上離されるわけにはいきません。開始早々から攻勢のマンチェスター・ユナイテッド。2分、CKの流れからマタがクロスを上げると、スモーリングのヘッドは惜しくも上にアウト。5分に中央で一瞬ノーマークとなったリンガードがミドルを放つと、DFにヒットしたボールをシュマイケルが冷静にセーブします。8分にポグバが左足で打ったミドルも、シュマイケルががっちりキャッチ。アウェイチームは積極的に遠めから狙ってきています。

10分を過ぎると、ヴァーディーにパスが通るようになったレスターが攻める時間が増え、最終ラインとマティッチが低く構えて対応します。23分に左から仕掛けたマルシアルは、フェイントを入れて放ったシュートをエンディディとシンプソンにチェックされます。レスターの先制は27分、絶対に許してはいけないヴァーディーとマフレズのカウンターでした。エンディディの縦1本に走ってスモーリングに先着したのはマフレズ。左から上がったヴァーディーにフィル・ジョーンズは追いつけず、デ・ヘアと1対1になったストライカーは完璧なシュートを右隅に叩き込みました。ジェイミー・ヴァーディーは、TOP6相手のゲームでは40戦22発というハイペースでゴールを決めています。リードされたプレミアリーグ2位チームは左右を崩す形が創れず、ミドルシュート以外に攻め手がありません。

しかし40分、マンチェスター・ユナイテッドがワンチャンスを活かしました。ポグバ、マタとつながり左のマルシアルにボールが渡ると、グラウンダーをダイレクトで後ろに落としたリンガードの判断が的確でした。マタが左足でコントロールした一撃は、右のサイドネットに届く絶妙なコース。プレミアリーグ屈指のGKシュマイケルも、これには触れませんでした。44分にオルブライトンのFKで、マグワイアがゴール前でフリーになりますが、トラップは流れてスモーリングがクリア。前半は両者譲らず、1-1で折り返しました。

後半開始直後は、互角の展開。50分のポグバのミドルはシュマイケルがキャッチ。52分に右から仕掛けたマフレズがグラウンダーを通すと、フリーのフクスが決定的なシュートを放ちますが、リンデロフがブロックしてアウェイチームはピンチを脱しました。1分後、ルカクのきれいなスルーパスでマルシアルがラインの裏に抜け出すも、枠に入れればよかっただけのシュートをバーの上に浮かしてしまいます。60分、マンチェスター・ユナイテッドは困ったときの飛び道具を炸裂させます。ボックス手前やや右から蹴ったマタのFKは、シュマイケルが触れない完璧な弾道。1-2となり、打開策が見出せなくなったピュエル監督は、67分にイボーラに代えて岡崎慎司を投入しました。

71分、モウリーニョ監督はマルシアルをラシュフォードといういつもの交代策。72分のアウェイチームのカウンターは、ルカクの見事なスルーパスで抜け出したリンガードがシュマイケルを抜き去りますが、右足のフィニッシュをポストにぶつけてしまいます。シンプソンの負傷で右SBに入っていたアマーティは、20分もしないうちにイエロー2枚をもらって退場。次のゴールがマン・ユナイテッドに入れば勝負は決するでしょう。モウリーニョ監督は、76分にリンガードをエレーラ。80分、カウンターから右サイドを上がったポグバが、左でフリーだったラシュフォードに美しいスルーパスを通しますが、シュマイケルを抜こうとしたラシュフォードはPKをもらいにいくようなプレイをしてしまい、転倒に対するジャッジはゴールキックです。

84分、マタが下がりムヒタリアン。序盤戦でプレミアリーグ5アシストと素晴らしいスタートを切ったアタッカーは、不振から脱することができるでしょうか。時間が経つにつれて、10人のチームに押され始めたマンチェスター・ユナイテッド。カウンターのチャンスでラシュフォードがブレーキをかけてキープしたにも関わらず、パスを受けたマティッチがスルーパスを出すなど意志疎通を欠いたシーンが見られます。守り切れると高をくくっていたチームは、チャンスを逃したツケを最後に払うことになります。左のオルブライトンがファーサイドに出したクロスは、鼠蹊部を痛めて満足にプレイできなかったスモーリングの頭上を越えてマグワイアへ。フリーのCBのスライディングボレーが決まり、勝利寸前だったマンチェスター・ユナイテッドは勝ち点2をロストしました。

マルシアルかマタが残っていれば、リードしたまま試合を終えられていたのではないでしょうか。今日のラシュフォードは最低の出来でした。アシュリー・ヤングがフリーで外から上がったときは無謀なシュートを打ってしまい、シュマイケルとの1対1では打つべきタイミングを逃してGKに足元へのチャージを許すなど、判断ミスを繰り返してしまいました。パスはよかったルカクも、積極的に打つ姿勢が見られず。ポグバとマティッチは3点めを奪って勝負を決めようとしていましたが、前の選手にその意志は感じられませんでした。シュート本数、パス本数、パス成功率、ポゼッション、走行距離などのスタッツでTOP6の最下位にいる旧式のチームは、試合運びのうまさと勝負強さがあったからこそ、2位をキープできていたのだと思います。絶対に落としてはいけない試合でした。プレミアリーグ優勝をめざすならもちろん、目標が4位以内だったとしても。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

あれだけ決定的なチャンスで点を取れないとこういことが起きますよね
ルカクは休みが少ないなかとても良くやってると思います
裏抜けも狙ってましたが出せる選手はポグバだけなのが惜しいところです
ユナイテッドは1位より3位以下との勝ち点が小さくこのままずるずると勝ち点を落とすとCL権争いに巻き込まれるのでここが踏ん張りどころですね
  • シティふぁん
  • 2017/12/25(Mon)06:15:14
  • 編集

コメントありがとうございます。

シティふぁんさん>
そうなんですよね。中盤から意外性のあるパスを出せるのが1ヵ所だけなのがむむむです。3ヵ所あるお隣のチームがうらやましいです。
  • makoto
  • 2017/12/29(Fri)13:56:21
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ