【Swansea×Liverpool】首位に勝利の後、最下位相手に沈黙…リヴァプール、痛すぎる敗戦!

ファン・ダイクは、リヴァプール移籍後のプレミアリーグ初登場。マティプ、ジョー・ゴメス、ロバートソンが揃う4バックは、現在のベストメンバーでしょう。GKロリス・カリウス、中盤にはエムレ・ジャン、ワイナルドゥム、チェンバレン。前線はサラー、フィルミーノ、マネも盤石の布陣です。プレミアリーグ最下位に沈むスウォンジーとの一戦は、アウェイとはいえ当然必勝。マンチェスター・シティ戦とは打って変わって静かに滑り出したレッズは、9分に最初の決定機を創ります。エムレ・ジャンが後方から入れたロングフィードでラインの裏に走ったマネが、フェデリコ・フェルナンデスをかわしてファビアンスキと1対1。GKの対応が早く、シュートのこぼれ球をクリアされてしまいますが、これをきっかけに赤いユニフォームが試合のペースを握り始めました。

再三攻め上がるマティプのポジションは、エムレ・ジャンがカバー。17分にジョー・ゴメスがインターセプトに失敗してジョルダン・アイェウに左サイドを突破されますが、チェンバレンが対応してCKに逃れます。23分、左からのCKをニアに入ったファン・ダイクがヘッドで狙うと、惜しくも右のポストの外。全員が自陣に引くスワンズに対して、レッズのアタックは左右の幅が狭く、ボックスに勝負のボールが入るシーンがありません。30分、サラーのポジションを見たファン・ダイクの裏へのフィードは秀逸。しかしプレミアリーグ18ゴールのエースは、フリーのダイレクトボレーを打ち上げてしまいます。

33分、マティプ、マネ、サラーとつないだ中央突破は、マティプの飛び出しに合わせたサラーの浮き球が背中に当たり打ち切れず。36分に左サイドでFKを与えたファン・ダイクは、味方に細かい指示を飛ばし、いち早くコースを読んでヘッドでクリアしました。40分、先制は何とプレミアリーグ最下位チームです。右からのCKをファン・ダイクが頭に当てると、こぼれ球はモーソンの足元にいってしまいました。右足のボレーが左隅に吸い込まれ、1-0。前半終了間際にエムレ・ジャンのスルーパスでサラーが左から突破したカウンターは、浮き球に飛び込んだマネのボレーが右に外れます。終始スローだったレッズは、ビハインドを背負ってセカンドハーフを迎えることになりました。

49分、ジョルダン・アイェウが左から仕掛けたカウンターは、ジョー・ゴメスがカット。レッズは縦に入る楔のパスを活かせず、フィニッシュがない時間が続きます。54分、敵陣で囲んで奪ったボールをサラーに通したショートカウンターは、右足のシュートがポストの右。56分にマネのパスをダイレクトで入れたロバートソンのグラウンダーは、GK寄りにずれてフィルミーノは触れません。ワイナルドゥムがサラーを使い、フィルミーノにスルーパスが出たチャンスはファビアンスキが飛び出してキャッチ。60分のサラーの直接FKは、ファビアンスキが指先で上に弾き出しました。

カルヴァリャル監督は、64分にネイサン・ダイアーを下げてトム・キャロルを投入。飛び出しのタイミングが的確なファビアンスキは、サラーに出る縦パスを冷静にクリアします。クロップ監督は、68分にチェンバレンをララナ。エムレ・ジャンのミドルは枠の上に消えていきます。マティプ、エムレ・ジャン、サラーとつながった70分のアタックは、右から放ったマティプのミドルが枠にいかず。73分、積極性を欠いたワイナルドゥムが下がり、今季プレミアリーグ3試合めのダニー・イングスが前線に入ります。残り時間は15分。5-4のスワンズの壁は厚く、サイドに開かせなければ破るのは難しいでしょう。

77分、ララナとサラーの中央突破からボールが左にこぼれ、ダニー・イングスが左足でクロスに狙うとファビアンスキがキャッチ。前線で健闘したジョルダン・アイェウがボニーに後を譲ると、リバティのサポーターはスタンディングオベーションで称えています。82分、ロバートソンのクロスを逆サイドのフィルミーノが拾うと、オーバーヘッドのクロスを叩いたファン・ダイクのボレーはクロスバーの上。レッズの猛攻に対して、ホームチームの守備陣は冷静です。ファン・ダイクを前線に上げたのに、なぜ難しいプレイをするのか。95分にボックス左に入ったファン・ダイクがファーにクロスを送ると、フィルミーノのヘッドはポストにヒットし、こぼれ球をトラップしたララナはDFにぶつけてしまいました。最後の10分しか本気が感じられなかったレッズはスコアレスで終わり、プレミアリーグ無敗記録は14でストップしました。

前線の選手たちに傲慢な突破が目立った。インサイドMFがおとなしかった。楔のパスが単調だった。シュートの精度が低かった。崩す形を共有できていなかった。サイドを攻めるのが遅かった…。754本のパス、21本のシュートを積み上げたリヴァプールが4本のオンターゲットしか打てずに敗れた理由を挙げれば、まだまだ出てきそうな気がします。しかし、突き詰めるとこの2つが大きかったのではないでしょうか。いつでも決められると思っていた。そして、ファビアンスキが素晴らしかった。マンチェスター・シティ戦であれだけ繰り返したスプリントをアンフィールドに置き忘れてきたようなチームは、目覚めたときには残り時間がありませんでした。

ロバートソンやファン・ダイクが最後に入れたようなボールがもっと早く出ていれば、判断ミスがゼロだったポーランド代表GKを慌てさせることができたのではないでしょうか。レッズのプレミアリーグ初制覇の必須条件は、こういう試合を減らすことだと久しぶりに思いました。(ルカシュ・ファビアンスキ 写真著作者/Chensiyuan)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

早々の更新ご苦労様です。
先週のシティ戦終了時にスポナビライブ解説の水沼さんが指摘していた事が現実になってしまいました(苦笑)恐らくメンバーの心の中にある意味の隙が生まれていたかもしれませんね。ご指摘の通り優勝するにはこの手のゲームを落としては、、、散々今まで言われてきたことですが、、、。相手のスワンズは必死でした。ファビアンスキーのチームを救うプレーと監督の戦術を集中力切らさずミッション完遂したスワンズを讃えたいと思います。
  • Macki
  • 2018/01/23(Tue)07:40:12
  • 編集

無題

こういう試合を見るとクロップが監督の間はプレーがおもしろいと賞賛されてもタイトルはぜったいに取れないなと感じます。
コウチーニョを売りながら冬に補強をしないことの影響がこれからのシーズンにどう影響してくるかが心配です。
  • レッド
  • 2018/01/23(Tue)07:42:41
  • 編集

無題

「いつでも決められると思っていた」
重い言葉です。シティ戦で手にした自信が逆効果として作用した感があります。ホームでは5-0で下した相手だという先入観も多分にあったかと思います。ロバートソンは度々おもしろいグラウンダーのクロスを入れていただけに、噛み合わないままに終わった事が残念でなりません。ミドルレンジからのシュートと、セットプレーを活かす事。引いた相手を崩す方法は限られており、リヴァプールに足りないポイントでもあります。最下位とは言えアウェイであった事を考慮すれば、せめて勝ち点1は欲しかった。難しい試合でした。

無題

いつものリバプールでしたね。
強敵との勝利の後はいつもこうです。
監督が変わっても変えれないんですかね。
これで前回の勝利は帳消しになりました。
3位か4位ギリギリのチームは補強なく
戦うのでしょうか。
前線の3人が怪我なく好調を維持出来るので
あれは問題はないのでしょうが。
  • アロンソ
  • 2018/01/23(Tue)08:01:31
  • 編集

こういう試合でこそ

先に管理人さんの記事にもあった「スタリッジをどうするか?」に帰結するんですよね。
長年のレッズサポーターというバイアスはあるにしても、局面を打開出来るスキルと、何も無いところからゴールを生み出す左足一閃の凄まじさは、今のレッズのオプションとしてやはりまだまだ必要だと感じました。
フィルミーノやイングス、ソランケのようなハードワーカーではないにせよ、サラーやマネとも違う形でコンビネーションを発揮出来るタイプだし、フィルミーノが一列下がったり、ララーナがフルフィットネスを取り戻したら、攻撃のバリエーションも増えて現時点での鉄板3トップの負担も減り、より面白くなるはずなんですが。
とはいえ、スタッヂ自身がさすがにそろそろフィットネスを整えてクロップの信頼を勝ち取るというのが大前提ですけどね!

こういう試合でこそ

先に管理人さんの記事にもあった「スタリッジをどうするか?」に帰結するんですよね。
長年のレッズサポーターというバイアスはあるにしても、局面を打開出来るスキルと、何も無いところからゴールを生み出す左足一閃の凄まじさは、今のレッズのオプションとしてやはりまだまだ必要だと感じました。
フィルミーノやイングス、ソランケのようなハードワーカーではないにせよ、サラーやマネとも違う形でコンビネーションを発揮出来るタイプだし、フィルミーノが一列下がったり、ララーナがフルフィットネスを取り戻したら、攻撃のバリエーションも増えて現時点での鉄板3トップの負担も減り、より面白くなるはずなんですが。
とはいえ、スタッヂ自身がさすがにそろそろフィットネスを整えてクロップの信頼を勝ち取るというのが大前提ですけどね!

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ