【Newcastle×MAN.UTD】決定機を活かせなかったマン・ユナイテッドは、16位相手にまさかの敗戦!

首位の動向よりも、トッテナム、リヴァプール、チェルシーの追撃が気になるレッド・デヴィルズは、セント・ジェームズ・パークに乗り込みベニテス監督のチームと戦います。プレミアリーグ27節、ニューカッスルVSマンチェスター・ユナイテッド。モウリーニョ監督は、最も攻撃的な11人をチョイスしています。GKデ・ヘア、最終ラインはバレンシア、フィル・ジョーンズ、スモーリング、アシュリー・ヤング。マティッチの脇にポグバとリンガードが入り、アレクシス・サンチェス、ルカク、マルシアルの3トップです。

キックオフからしばらくはロングフィードの応酬が続き、ニューカッスルがチャンスをつかんだのは5分。ドワイト・ゲイルのFKが壁に当たると、リバウンドを叩いたのはシェルヴィ。決まったと思われた強烈な一撃は、デ・ヘアが右に飛ぶビッグセーブで大きく弾き出しました。7分にもアヨゼ・ペレスが混戦を制して左にきわどいシュートを放つなど、ホームチームのアグレッシブな姿勢が目を引きます。

ドワイト・ゲイル、マット・リッチー、イェドリンらが仕掛けた11分からの波状攻撃は迫力がありました。マンチェスター・ユナイテッドがようやく彼ららしいアタックを見せたのは14分。左サイドのアレクシス・サンチェスからパスを受けたマルシアルがボックスに侵入し、グラウンダーを入れると中が薄く味方に通らず。ルカクのロングフィードがアレクシス・サンチェスに通った17分のカウンターは、ゴールラインまで持ち込んだ7番の折り返しをルカクが狙うも、うまくミートできません。

20分過ぎからポグバの攻め上がりが増えてきたものの、マン・ユナイテッドはラストパスの精度が低く、なかなかシュートが打てません。26分、右からのクロスをアレクシスが頭で叩くと、GKドゥブラフカがキャッチ。30分のケネディの強烈なミドルは、デ・ヘアが正面で押さえます。ルカク、アレクシスとつながった32分の速攻は、左に回り込んだリンガードのシュートをドゥブラフカがセーブ。プレミアリーグデビュー戦となるGKは、ワールドクラス揃いの強豪相手に落ち着いてプレイしています。

35分、マティッチの見事なスルーパスでマルシアルと1対1になったドゥブラフカはぎりぎりまで動かず、ニアへのシュートを左足を出してブロックしました。ポグバがアレクシスに長いボールを通したカウンターは、ヘッドの落としを受けたルカクがフィニッシュをDFに当ててしまいます。前半は0-0。ディアメ、シェルヴィを軸とするニューカッスルの中盤の集中力が高く、どちらが勝つかわからない好ゲームです。セカンドハーフはマンチェスター・ユナイテッドペース。アレクシス・サンチェスが前を向く機会が増え、アシュリー・ヤングが左から仕掛けるシーンが目立ちます。

53分、バレンシアのクロスの折り返しをルカクがヘッドで押し込むと、レフェリーはファールのジェスチャー。アレクシス・サンチェスがボックス左で2人をかわして放ったシュートは、ルジュンに当たり、ハンドのアピールは認められません。57分、敵陣で奪ったボールがルカクに渡ると、ラインの裏に出たラストパスに7番が反応。イェドリンとドゥブラフカが交錯し、無人となったゴールにアレクシスが…とその瞬間、ルジュンが間に合ってスライディングでブロックし、先制を許しません。

65分、先に決めたのはニューカッスルでした。左からのFKをシェルヴィが逆サイドに蹴ると、ヘッドの折り返しをドワイト・ゲイルが中央に落とし、走り込んだマット・リッチーはノーマーク。左足の冷静な一撃は、意外なことに今季プレミアリーグ初ゴールです。モウリーニョ監督は、リンガードとポグバを下げてマタとキャリックを投入。逆転勝利が1回しかないアウェイチームは、早く追いつかなければなりません。68分に左からドリブルで上がったアシュリー・ヤングのシュートはドゥブラフカがセーブ。77分、モウリーニョ監督最後のカードは、マティッチに代わりマクトミネイです。直後のCKは、こぼれ球を叩いたマルシアルの至近距離からのシュート2発をドワイト・ゲイルとルジュンがブロック。79分と遅かったベニテス監督の最初のカードは、ドワイト・ゲイルに代えてホセルです。84分には疲れがみえるケネディが下がり、クリスティアン・アツがボールキープとカウンターを託されます。

パワープレーはニューカッスル守備陣にことごとく跳ね返され、マクトミネイがドリブルで突破したラストチャンスも、左からのグラウンダーに合わせたキャリックのボレーをドゥブラフカがセーブ。マンチェスター・ユナイテッドはゴールを決められず、プレミアリーグ16位に痛恨の敗戦を喫しました。決定機をものにできないまま、セットプレー1発でやられるという強者が足をすくわれる典型的な展開。まずは、ドゥブラフカとルジュンをリスペクトしなければなりません。スパルタ・プラハから来たばかりのGKはビッグセーブを連発し、危険なエリアを察知するのが早かったフランス人CBは、決定的なシュートをことごとくストップしました。

ラシュフォードが不在で、攻めのオプションがマタしかなかったこの試合は、ポグバとリンガードをもっと引っ張ってもよかったのではないかと思いました。ミドルレンジからのシュートを意図的に増やすか、クロスをルカクに集めるか、意志統一された戦術がひとつでもあれば、選手を代えずとも違う結果で終われた可能性は高まったでしょう。プレミアリーグ開幕からの8試合で21ゴールを決めたマンチェスター・ユナイテッドは、直近の8試合は10ゴール。ドリブラーとフィジカルモンスターの個人力担保で、ひとたび劣勢になると軌道修正できないのが気になります。プレミアリーグ後半戦ではTOP6で最少ゴール、8試合中4試合が1ゴール以下…レッズやスパーズに迫られているモウリーニョ監督のチームは、ここが正念場です。(マルティン・ドゥブラフカ 写真著作者/Amarhgil)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

マルシャルとサンチェスが決めなければおかしいレベルのシュートをすべて外しているので負けはふさわしい結果でした。
そしてこのような采配を繰り返すならモウリーニョは解任でもいいと思います。
マルシャルの右サイドの起用は機能しないといい加減に気づいて欲しいし、PJとスモーリングのコンビじゃ失点して当然です。
前節はショーとロホがいいプレーをしただけにスタメン落ちは妥当ではなかったと思います。
選手交代もなぜ1点ビハインドの状況でポグバ、リンガードを下げてキャリックとマクトミネイを入れているのか理解できませんでした。

ドローならまだしも負けたことでユナイテッドもドロ沼のCL圏争いに参加です。
今の調子じゃ5位に落ちることも十分にあるので切り替えてがんばってほしいです。
  • バイリー
  • 2018/02/12(Mon)07:49:25
  • 編集

無題

おはようございます。
マンUが16位と格下相手に引き分けでもきついのに敗戦とはきついですね。
首位のマンチェスターシティの独走を許す展開が続くと今季優勝は絶望的ですね。いくら攻撃的なメンバーで組んでも点が入らない時は入らないからサッカーというスポーツは難しいです。

無題

ここ数年は冬になるとゴールが遠くなる印象です。
ポグバとリンガードが高い位置にいるのはいいのですが後ろに戻らないのはどうなのでしょうか。
マティッチが孤立している状況が改善しないのはさすがにまずいでしょう。
苦しい時期だからこそ、CLで巻き返しを図りたいところですね。次節あたるチェルシーも苦しんでいるだけにここ数週間は頑張ってほしいところです。(来月現地観戦するリヴァプール戦までには復調して欲しい笑)
  • yuto
  • 2018/02/12(Mon)08:44:04
  • 編集

無題

チェルシーもそうですが明らかな穴であるイングランド人CBでもプレミアのチームである以上使わざるを得ない物なんでしょうか。
  • kou
  • 2018/02/12(Mon)10:29:21
  • 編集

無題

一番走り回ってるのが最近きたサンチェスなんで、そりゃ負けるよなって感じです。
  • 不知火
  • 2018/02/12(Mon)13:45:45
  • 編集

無題

ポグバが守備せず歩いていたのは気になりましたね
気のせいかもしれませんが、ポグバはサンチェス来てからピリッとしないです
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2018/02/12(Mon)15:03:20
  • 編集

無題

逃した決定機はフィニッシュの精度を上げて行くほかないと思いつつ、失点シーンはいただけませんね。
セットプレーでゴール正面にアレだけのスペースとノーマークの選手が生まれるのは異常なことで、誰が見るのか、何人で守るのか、どこに誰が立つのかなど、最低限の約束事すら守れていないのではないかとさえ思ってしまいました。
  • tom
  • 2018/02/12(Mon)17:15:21
  • 編集

無題

攻撃がチグハグなのは仕方ない、シーズン途中から劇的に改善するとは思えないので気にしませんが、モウリーニョにはせめて現状のメンバーでベストなメンバーを組んでほしいです。しかも決定機はいくつか作れていたので攻撃は及第点。
ジョーンズ、スモーリングを同時起用したらビルドアップはできない、スモーリングはザル守備でピンチメーカー、CBが落ち着かないのでマティッチの体力は消耗するなどロクなことがないのはスパーズ戦で完全に証明されたのにまた同じことをするのは何なんでしょう…
ロホかリンデロフの足元が上手いCBとイングランドコンビのどちらかを組ませればだいぶ良くなるし、左サイドにルクショーを使えばさらにビルドアップが安定するのに使わないのはどうして何でしょう…
そして何よりポグバのだらしなさですよ…
ポグバに誰か喝を入れられる人間はいないんですかね…
長くなってすいません。不満が爆発してしまいました…

無題

失点シーンは完全に集中を欠いてましたし、マンUの批判点は少なくないでしょうが、セント・ジェームス・パークの雰囲気を後ろ盾にしたベニテスのチームのパフォーマンスを褒めるべきと思いますね。規律だけでなく勇気あるプレイをしていました。特にGKのドゥブラフカとシェルビーは素晴らしかった。
  • くじら
  • 2018/02/12(Mon)19:51:05
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ