【Bournemouth×Tottenham】圧巻ソン・フンミン!スパーズが難敵ボーンマスを4発で一蹴!

ユーヴェとの激戦の疲れ、敗戦のショックはいかばかりか。トッテナムの今季の目標は、プレミアリーグで4位以内を確保して来季のCL出場権を獲得することと、FAカップ制覇に絞られました。ポチェッティーノ監督は、イタリア王者とのゲームから3人を入れ替えています。GKロリス、DFセルジュ・オーリエ、ダヴィンソン・サンチェス、フェルトンゲン、ダニー・ローズ。ワニャマとデンベレの2センターに、エリクセン、デル・アリ、ソン・フンミン。プレミアリーグ得点王のハリー・ケインは、ユーヴェ相手に決められなかった悔しさを晴らしたいところです。エディ・ハウ監督のボーンマスは、後半戦に入って4勝5分1敗と好調をキープ。カラム・ウィルソン、リス・ムセ、スタニスラスらが絡む速攻には要注意です。

開始早々からアグレッシブにプレイしていたボーンマスは、4分に自陣からのスルーパスで2対1となる絶好のチャンス。ドリブルで上がったリス・ムセが左を並走したスタニスラスにラストパスを送ると、ロリスをかわしたシュートはクロスバーに阻まれてしまいました。しかし6分、先制はボーンマス。右サイドを突破したアダム・スミスがファーにクロスを上げると、ワントラップで左足を振り抜いたスタニスラスの一撃にロリスは全く動けず、ボールは右のサイドネットに突き刺さりました。12分にセルジュ・オーリエがボックス左にロングフィードを通すと、デル・アリの落としをハリー・ケインがソン・フンミンにつなぎますが、絶好調のアタッカーはシュート態勢に持ち込めません。20分まではプレミアリーグ12位が元気で、次のゴールが決まればスパーズが敗れるのではないかと思いました。ポチェッティーノ監督は、険しい表情で戦況を見つめています。

26分、CKのクリアをダヴィンソン・サンチェスが左のダニー・ローズにつなぎ、速いグラウンダーを左足ボレーで合わせたのは残っていたフェルトンゲン。サイモン・フランシスが足元に入り、ボールはゴール左に浮いてしまいます。28分にハーフラインを越えたあたりにいたエリクセンが前線に長いボールを入れると、ハリー・ケインのボレーがゴール右隅に吸い込まれますが、これは明らかにオフサイド。GKと接触したプレミアリーグ得点王は、どうやら足首を痛めたようです。

32分のセルジュ・オーリエのクロスは、ベゴヴィッチのパンチが短くなったところをフリーのデル・アリがボレーで狙うも空振り。ユーヴェショックを引きずっていたかに見えた白いユニフォームは、前にボールが出るようになっています。34分、ピッチの外で治療を受けていたエースに代わってラメラが登場。スパーズが追いついたのは、その1分後でした。右サイドでラメラ、ソン・フンミンとつながり、再三にわたってきわどいボールをゴール前に入れていたセルジュ・オーリエがアーリークロス。これが飛び込んだデル・アリにぴったり合い、体ごとゴールに押し込むようなハーフボレーが決まりました。

39分、カラム・ウィルソンのパスをもらったアダム・スミスは、左隅を狙ったミドルをポストの左に外します。前半終了間際のエリクセンの左足ミドルは、べゴヴィッチがセーブ。1-1でハーフタイムを迎えたゲームは、CL出場権を狙うチームが優位に立っていますが、まだまだ予断を許さない状況です。後半開始早々の48分、サイモン・フランシスのミドルはロリスがセーブ。CKはワニャマが先に触りますが、クリアが飛び込んだナタン・アケの頭に当たり、ボールはバーすれすれを越えていきます。54分、スパーズが速攻。左サイドを上がったデル・アリが中に入ったソン・フンミンにラストパスを通すもシュートを打てず。転倒した7番はPKを主張しますが笛は鳴りません。

57分に中央から放ったエリクセンのミドルをべゴヴィッチが左に弾くと、フォローしたセルジュ・オーリエはボレーを打ち上げてしまいました。どちらに転ぶかわからなかったゲームが動いたのは62分。右サイドにいたエリクセンの縦へのフィードをセルジュ・オーリエがソン・フンミンに落とすと、エリクセン、ダニー・ローズとつながったボールは左のデル・アリへ。逆サイドを見ていた20番がふわりと浮かしたボールがフリーのソン・フンミンに通り、ジャストミートしなかったボレーにべゴヴィッチはタイミングを外されました。1-2、ボーンマスに重くのしかかるビハインド。68分にクリアを拾ったスタニスラスのボレーは、ロリスの正面です。

75分、サイモン・フランシスのミドルはバーの上。ポチェッティーノ監督は81分にダニー・ローズをトリッピアーに代え、5分後にはデル・アリを下げてシソコを投入しました。84分にルイス・クックが左から蹴ったFKをスティーヴ・クックが頭でつなぐと、きれいなボレーをゴールに流し込んだカラム・ウィルソンはトラップの際のハンドを取られたようです。勝負が決したのは87分。全員が敵陣に入っていたボーンマスに、ミスパスは禁物でした。カットしたエリクセンの縦パスで、ソン・フンミンは独走。余裕をもってべゴヴィッチを抜き去ったアタッカーは、今季プレミアリーグ12発めを無人のゴールに蹴り込みました。

緊張の糸が切れたホームチームは、89分の速攻こそソン・フンミンの左足シュートをべゴヴィッチが止めたものの、92分に4点めを許します。シソコがトリッピアーを縦に走らせ、クロスをべゴヴィッチが弾くと、左にまわっていたセルジュ・オーリエのヘッドにGKは反応できませんでした。地力に勝るスパーズが1-4で圧勝。ハリー・ケインが消えたゲームがどう転ぶかと息を呑んで見ておりましたが、デル・アリ、エリクセン、ソン・フンミンの調子がよければやはり脅威です。右サイドから執拗にクロスを上げていたセルジュ・オーリエも、最後のゴールがなくてもリスペクトしたいひとりです。CLが終わり、目標が明確になったポチェッティーノ監督のチームは、次のチェルシー戦さえしのげれば来季も欧州の大舞台で戦えるのではないでしょうか。エースの状態を心配しつつ、このチームは強いとあらためて感じた一戦でした。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

ユーベ戦でもありましたけど孫興民の当たり損ねのボレーはワザと何ですかね?笑
絶妙にキーパーのタイミングを外してますが笑
しかしエースケインが負傷交代しても勝ち切れるあたりにスパーズは地力をつけてきたなぁと感じました。
CL出場権争いはどうなるか分からなくなってきました。

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ