【WBA×Liverpool】2点リードを守れず…低調リヴァプールが最下位WBAにドロー決着!

プレミアリーグ最下位のWBAに、リヴァプールが負けるわけがないと考えるのが全うな予想ですが、オールド・トラフォードでマンチェスター・ユナイテッドを倒したチームに油断は禁物。今日の試合で敗れれば降格がほぼ決まるホームチームは、高いモチベーションでプレミアリーグ3位の足をすくおうとするでしょう。チャンピオンズリーグのローマ戦を控えたクロップ監督は、デヤン・ロブレン、ロバートソン、チェンバレン、フィルミーノを休ませています。GKロリス・カリウス、DFジョー・ゴメス、ファン・ダイク、クラヴァン、アルベルト・モレノ。ヘンダーソンの脇にワイナルドゥムとミルナーを配し、前線はサラー、マネ、ダニー・イングスです。序盤から猛攻を仕掛けるリヴァプール。2回のチャンスはWBA守備陣の必死のクリアに阻まれますが、4分のショートコーナーから、あっさり先制点を奪いました。

左サイドでマネがジェイ・ロドリゲスを抜き去り、左足で正確なグラウンダーを通します。ワイナルドゥムの落としに左足を振り抜いたのは、2度の重傷を克服したダニー・イングス。ストライカーらしい身のこなしでフォスターの脇を抜いた一撃は、今季プレミアリーグ初ゴールです。11分、ジョー・ゴメスのパスをボックス入り口で受けたサラーが、ヘガシーを簡単に抜いて右足で狙うと、リヴァモアの足に当たってCK。マット・フィリップスと対峙するアルベルト・モレノが心配ですが、CBコンビとジョー・ゴメスはクロスに対して落ち着いており、危険なシュートを打たれるシーンはありません。

22分、ブラントが右サイドの奥に通したサイドチェンジをジェイ・ロドリゲスが後ろに戻すと、切り返しから左足で放ったマット・フィリップスのシュートは、ロリス・カリウスがキャッチ。24分にミルナーのアーリークロスに飛び込んだダニー・イングスは、ヘディングを浮かしてしまいました。2分後、サラーが右に曲げた直接FKはバーの上。30分過ぎからホームチームが攻勢に転じ、4本続いたCKからゴールを狙いますが、レッズの最終ラインは先に触らせずに耐え切りました。

37分、右から上がったリヴァモアがファーのマクレーンにクロスを通すと、折り返しの速いボールに反応したジェイ・ロドリゲスは押し込めず。42分、ジョー・ゴメスがボックス右のサラーを使い、中央でフリーのダニー・イングスにラストパスが出ると、フォスターが体を張ってブロックし、追加点を許しません。前半は0-1。勝てばプレミアリーグ4位以内キープにあと1勝となるレッズは、悪くないスコアで次の45分に向かいます。最初の5分は互角の展開。50分、中央から打とうとしたマット・フィリップスがドリブルを止められ、こぼれ球をマクレーンが直接叩くと、ボールはポストの右に切れていきます。

60分、アルベルト・モレノとクラヴァンをまとめて抜き去ったマット・フィリップスがゴールラインまで抉り、中に入れたボールはファン・ダイクがクリア。プレミアリーグ30ゴールのサラーは抑えられ、62分の強引なミドルもマーカーにぶつけて枠に届きません。65分、クロップ監督はダニー・イングスとマネを下げ、フィルミーノとチェンバレンを投入。71分のマクレーンをジョニー・エヴァンスは、3バックにシフトするということでしょう。

直後、フィルミーノからのパスを受けたチェンバレンが、左のサラーに完璧なラストパスを通しました。エースのダメ押しゴールは、得意のループシュート。絶望的に見えたプレミアリーグ最下位チームは、79分に1点差に戻します。右からのCKをジェイ・ロドリゲスが中に折り返すと、ドーソンのシュートはロリス・カリウスがセーブ。こぼれ球をボレーで押し込んだのは、リヴァモアでした。残り10分、勝負はまだわかりません。

84分にサラーと代わったデヤン・ロブレンは、サロモン・ロンドンへのロングフィードのクリアをミスしますが、ロリス・カリウスのフォローで事なきをえます。しかし88分、ブラントの左からのFKに、ミルナーとデヤン・ロブレンの対応が遅れます。ニアからヘッドを決めたのは、サロモン・ロンドン。クロップ監督の交代策は、裏目に出ました。93分、ミルナーの左足ミドルは枠の上。レッズはドローに終わり、7ポイント差だったチェルシーに付け入る隙を与えてしまいました。

前半から危なっかしかったセットピースで、レッズが失点を重ねてしまいました。WBAの前半のCKはファーサイドに誰もおらず、流れてきたボールを決められなかったのですが、ゴールシーンはファーで競り負けたのが決め手となりました。最下位相手の勝ち点ロストで、下からの追い上げが気になる展開となりましたが、5月6日のチェルシー戦で負けなければ、アンフィールドの2試合を1勝1敗でプレミアリーグ4位以内を確保できます。気持ちを切り替えてローマ戦を制し、いいコンディションでシックスポインターに臨んでいただければと思います。楽しそうにプレイしていた、ダニー・イングスのゴールは収穫。残り3試合で4発決めれば、プレミアリーグのシーズン最多ゴール記録に並ぶサラーにも引き続き注目です。
(ダニー・イングス 写真著作者/PANNATHORN SUKMANONT)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

やはりローマ戦があるので守備が緩かったですね。2点目の場面はずっと気になっているカリウスの触れないパターンでしたね。飛び出したら触らないと。あそこはデヘアなら飛び出さずセーブしてたと思います。
  • ルタレック
  • 2018/04/22(Sun)05:56:02
  • 編集

無題

更新ご苦労様です。
バギーズには今シーズン1度も勝てずでしたね。優勝するチームはこの手のゲームも低調ながらモノにしますが、悪い癖のレッズが出てしまいましたね。
CLでは大暴れし強いレッズが帰ってくることを期待してます。
  • Macki
  • 2018/04/22(Sun)08:35:55
  • 編集

無題

DFラインが万全ならまだしも、基本的にリヴァプールは守り切れるチームではない、という事を改めて露見させてしまった感があります。WBAとの噛み合わせが良くない事もあったでしょうが、采配が裏目に出たのは確かでしょう。そして、噛み合わせが良くないイメージなのはチェルシーも同じ。直接対決で決める、というのはリスキーな気もします。
それでもイングスのゴールには目頭が熱くなりましたし、サラーのゴールも素晴らしかったのは事実です。シーズン終盤、キツい試合が残っていますが、CL制覇と来季もCLを戦う為に、何とか良い締め括りをしてほしいところです。今日のゲームで膿を出し切ったと考えれば、まだ救いがあるので。

無題

ゴール数の最多記録ってシーズンの試合数違うのを比較しても意味なくないですか
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2018/04/22(Sun)12:51:50
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ