【Liverpool×Stoke】どうした、サラー!テンションが低かったリヴァプールはまさかの連続ドロー!

チェンバレン、ララナ、エムレ・ジャンを負傷で欠き、マネも軽傷。中盤から前のやりくりに悩むクロップ監督は、ミルナーこそ休ませたものの、要所に主力を配して戦います。プレミアリーグ36節、リヴァプールVSストーク。CL決勝進出にあと1歩と迫ったホームチームのスタメンを見てみましょう。GKロリス・カリウス、DFアーノルド、ジョー・ゴメス、ファン・ダイク、クラヴァン。ヘンダーソンの右にワイナルドゥム、左にはアルベルト・モレノがコンバートされています。サラー、フィルミーノに加えて前線に選ばれたのは、今季プレミアリーグ初ゴールを決めたばかりのダニー・イングス。19位に沈むストークは、プレミアリーグ11戦連続勝利なしと絶不調ですが、シャキリやディウフの仕掛けとハイクロスには要注意です。

ストークのCKを2本さばいた後、レッズの主将が5分に決定的なチャンスを創ります。自陣でインターセプトに成功したヘンダーソンが右にスルーパスを通すと、プレミアリーグ31ゴールのサラーが完全にフリー。バトランドのポジションを確認し、余裕をもったチップキックで先制…と思いきや、エースは珍しく右に外してしまいました。11分の速攻は、左から上がったアルベルト・モレノのアーリークロスがサラーに届きます。左足のシュートはDFに当たり、こぼれ球の攻防はストーク守備陣の勝ち。レッズの守備陣にハイプレスを仕掛けるストークは、19分にロリス・カリウスのキックをインターセプトするも、フィニッシュに持ち込めません。1分後に左からスプリントしたバウアーは、ファーで空いていたディウフにクロスを通すも、ニアを狙ったヘッドは枠を外れてしまいます。

21分、今度はレッズに決定機。フィルミーノが右のサラーにロングフィードを入れると、絶妙な落としに走り込んだアーノルドが、GKバトランドと1対1。右SBが体勢を崩しながら打ったシュートは、守護神が冷静にブロックしました。シャキリがクラヴァンをかわして入れたグラウンダーは、ファン・ダイクと競ったクラウチが触れず。28分、アルベルト・モレノの縦パスでフィルミーノが左に流れ、クロスのクリアを拾ったワイナルドゥムが左隅を狙いますが、ボールはポストの外に抜けていきます。

34分にサラーが右から蹴った直接FKは、ニアポストの外。フィルミーノが左サイドで粘り、ボックスに入ったダニー・イングスにつないだ41分のチャンスは、ワイナルドゥムのシュートのこぼれ球をダニー・イングスが蹴り込みますが、ラインズマンの旗が上がっています。前半は0-0。ドレッシングルームに戻るサラーは、浮かない顔をしています。

50分、CKのクリアをトラップしたサラーが、ボックスの左隅から狙ったミドルはニアポストの上に外れます。マルティンス・インディが足を痛めてリタイアし、代わって入ったのはソブヒ。レッズが押し込むハーフコートマッチが続きますが、シュートがバトランドに届くシーンがありません。クロップ監督は65分にダニー・イングスとアーノルドを下げ、ミルナーとナサニエル・クラインを投入しました。ポール・ランバート監督は、クラウチを下げてダレン・フレッチャー。残り時間は20分を切りました。レッズは奪いにいかなくてはなりません。

圧倒的に攻めるレッズ。87分、サラーの縦パスをボックス内でもらったワイナルドゥムが折り返すと、ボールはピーテルスの手に当たりますが、アンドレ・マリナーは笛を吹かず。直後、シャキリが蹴ったFKに反応したディウフが、ファーを狙ったシュートはゴール前を横切り、詰めたショークロスは枠に押し込めません。93分のヘンダーソンのミドルは、エンディアエがカット。ミルナーのクロスに合わせたワイナルドゥムのヘッドは、枠の上に浮いてしまいます。間もなくタイムアップの笛、無念のスコアレス。リヴァプールは、プレミアリーグ最下位と19位に連続ドローで、4位争いを盛り上げてしまいました。

フィルミーノとサラーを代えなかったクロップ監督は、ここで勝って今後の戦いをラクにしたかったのだと思われますが、選手たちの心は既にローマに向かっていたようです。ボールを支配しながらも、シュートシーンを創れなかった前線のテンションの低さは、マネの不在というひとことでは語れません。ともあれ、残り2試合。リヴァプールは、次節のスタンフォード・ブリッジでチェルシーに敗れれば、最終節のブライトン戦が必勝となります。彼らが克服すべき最大の敵は、激戦の連続による心身の疲労ではないでしょうか。来週のローマとウェストロンドンをうまくクリアし、エムレ・ジャンとララナがプレミアリーグの最後のゲームとウクライナに間に合えば、後悔なきフィナーレを迎えることができるはずです。最後まで、レッズらしく戦い抜いてほしい。今はただ、それだけです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

更新ご苦労様です。
まさかの下位チームへの連続ドローでした、、、。レッズらしいというか、、、リーグを盛り上げてくれるという意味では、喜ばしいのですが、、、(苦笑)心はローマで体は疲労という状況でしたね。相手も負けたらアウトという状況下でしたから必死だったというのもあります。チェルシーの勝利により次節がリーグ大一番になると思いますが、ローマ戦後というのが気になります。CL前後は負けはありませんがドローが続いているので、気になるポイントはたくさんあります。まあ乗り切るしかないのですが。
今節の収穫はアーノルドが中盤でも行けることと、クラインの復帰ですね。頑張れレッズ!
  • Macki
  • 2018/04/29(Sun)08:09:26
  • 編集

無題

テンションの高低差が激しいのは、良くも悪くもリヴァプールらしいです。シュート数と決定機の数が見合わない試合で、下手をすれば敗戦すら有り得ました。仰る通り、監督の思惑と選手の気持ちと疲労具合と、多くが噛み合わなかったのでしょう。チェルシーには苦手意識があります。今季のCL制覇を念頭に、4位内での着地も必須。満身創痍なチームを微力ながら応援し続けたいです。

無題

リバプールは本当に実力のあるチームで勢いに乗ったらどうしようもないチームですが、層が薄いのでどうしても長丁場のリーグ戦には向かないですね。
層が薄いのは今怪我人が続出してるのもあるとは思いますが、サブのクオリティがスタメンと比べてだいぶ落ちるのが大きな欠点でしょうね。
スタメンクラスの選手(ケイタ、新CB)以外にも補強しないとリーグは当分シンドイかと。
もう多くても4試合ですから最後まで走り抜いて欲しいです。

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ