【West Ham×MAN.UTD】2位確定のマンチェスター・ユナイテッド、課題はやはり攻撃力!

全10試合が同時キックオフとなるプレミアリーグ2017-18シーズンの最終節は、静かに終わりそうです。アンフィールドで負けなしのリヴァプールが、アウェイで2勝のブライトンに負けなければ、プレミアリーグ4位以内が確定。17位のセインツと18位のスウォンジーは、前者が敗れて後者が勝てば勝ち点で並びますが、彼らの得失点差は9もあります。スワンズは最下位ストークと戦い、セインツの相手は首位マンチェスター・シティ。最後に5ゴール決めればアウェイ49ゴールでプレミアリーグ新記録達成となり、さらにアウェイ16勝というレコードまでついてくるマン・シティといえども、残留争いを続けるチームから大量得点を奪うのは簡単ではないでしょう。

過去に率いたクラブを、すべて2年めにリーグ優勝させてきたモウリーニョ監督も、最強ペップに続く2位で静かな幕切れを迎えます。10日に行われたプレミアリーグ31節の延期試合は、ロンドン・スタジアムのウェストハム戦。負けなければ2位が確定する一戦でしたが、きっちりスコアレスドローで畳み、最終節のワトフォード戦をFAカップ決勝に向けたスパーリングにすることに成功しました。デ・ヘア、バレンシア、リンデロフ、フィル・ジョーンズ、スモーリング、ルーク・ショー、マクトミネイ、エレーラ、ポグバ、リンガード、アレクシス・サンチェス。ルカクとマティッチがいないチームは、「最低限のミッション達成」という表現が適切でしょう。

静かに立ち上がったゲームは、7分にハマーズが最初のチャンスを迎えました。3人に囲まれながら、ドリブルで中に持ち込み右足を振り抜いたアルナウトヴィッチのシュートは、デ・ヘアがキャッチ。スピードがあり、フィジカルも強い彼を最前線に置くあたりが、いかにもデヴィッド・モイーズです。左サイドから仕掛けるハマーズに対して、マン・ユナイテッドは中央でマークを外さないように慎重に対応しています。20分にランシーニのミスパスをボックス手前で拾ったマクトミネイは、決めなければなりませんでした。左隅を狙った強烈な一撃は、外に切れて先制ならず。ジョゼ・モウリーニョに抜擢された若きセントラルMFは、未だプレミアリーグノーゴールです。

さらに1分後、リンガードが遠めから放ったシュートは、アドリアンが左に飛んでセーブ。23分にバレンシアが右のボックス脇で粘り、ボールを奪い返すと、グラウンダーをダイレクトで叩いたアレクシス・サンチェスのボレーをアドリアンが弾き、フォローしたルークショーの左足ボレーはGKが膝に当ててポストにヒットします。アルナウトヴィッチが単独で持ち込んだカウンターは、クロスが中に合いません。35分に右サイドを完全に抜けたバレンシアはクロスがワンテンポ遅く、直後に強引に中央から放ったルーク・ショーのシュートはGKの正面です。ポグバのミドルは左に外れ、前半終了間際のリンガードのロングシュートはアドリアンが確実にセーブしました。

後半に入っても、マンチェスター・ユナイテッドがゲームを支配します。48分、ポグバの絶妙なヒールパスでアレクシス・サンチェスがボックス左に侵入。飛び出してきたアドリアンをかわした7番は、角度のないところからのシュートをオグボンナにクリアされます。ここからポグバにボールが渡り、アレクシスに預けて中に入ると、リターンに合わせたヘッドは左に大きくアウト。ポグバを中心に、シュート態勢に入れるようになったアウェイチームは、フィニッシュに精度を欠き、スコアを動かせません。

63分、バレンシアの折り返しをジャストミートしたポグバのヘッドは、わずかに左。66分にマスアクが下がり、今季プレミアリーグ3ゴールのアンディ・キャロルが前線に入ります。71分にアレクシスが戻したボールを左サイドから狙ったポグバは、右に外して悔しそうな表情を浮かべています。74分、リンガードが下がりラシュフォード。突破力があり、タメを作れるアルナウトヴィッチは最後までやっかいでしたが、ハマーズの攻撃陣もシュートを枠に収められません。結局、0-0。マン・ユナイテッドは、今季プレミアリーグでノーゴールが8試合となり、TOP6では最多です。

ルカクがいないと、サイドからのボールで勝負できるのがポグバのみとなるチームは、攻撃のバリエーションとゴール前の厚みに課題を残しています。ボールを奪うラインが低く、走らないチームは、右のサイドアタッカーの人選、ポグバの活かし方、サイドアタックの際のポジショニングなど、攻撃力を上げる打ち手を明確にしなければ、この日のような取りこぼしは減らないでしょう。モウリーニョ監督に策はあるのか。久しぶりの2位フィニッシュと公式戦で3失点ゼロの堅守に拍手を送りつつ、マン・シティやレッズ、スパーズの速いフットボールが眩しく感じられる今日この頃であります。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【Leicester×Arsenal】プレミアリーグのアウェイ7連敗…それでもアーセナルの来季に期待!

ボーンマス、スウォンジー、トッテナム、ブライトン、ニューカッスル、マンチェスター・ユナイテッド。イングランドで唯一、2018年のリーグ戦でアウェイ全敗という記録を残しているアーセナルは、プレミアリーグ31節の延期試合でレスターの本拠地キングパワーに乗り込みました。2015-16シーズンのプレミアリーグ王者は、4月に入ってから調子を崩しており、直近の5試合を1分4敗。エンディディや岡崎慎司など、主力に負傷者が続出しており、クロード・ピュエル監督は苦しいやりくりを強いられています。

アーセナルもまた、コシールニーとエジルが不在で、チェフの前にメートランド=ナイルズ、マヴロパノス、ホールディング、コラシナツというBチーム。ジャカとラムジーの2センター、ウェルベック、ムヒタリアン、イオビの2列めにオーバメヤンのワントップと、前線はまずまずの顔ぶれですが、ヴァーディとマフレズのチームをゼロで抑えられるイメージはありません。

開始早々からマグワイアが足を痛め、メディカルスタッフがピッチに入るなど、レスターは不安なスタートです。7分にムヒタリアン、ラムジー、メートランド=ナイルズで右サイドを攻略したガナーズは、イオビがゴール右隅を狙いますが、GKヤクポヴィッチがセーブ。12分、レスターは自陣からヴァーディにつなぐ得意のカウンターを披露。左足でニアに放ったシュートはチェフに阻まれますが、直近4シーズンでプレミアリーグのTOP6から23発という上位キラーは、この日も危険なムードを漂わせています。

この直後、CKを蹴ったマフレズがクリアを拾ってボックスに持ち込むと、アーセナルの守備陣はパニックに陥ります。クリアミスから打たれたシュートは何とかブロックしたものの、ウェズ・モーガンとディアバテ、イヘアナチョがいた左サイドは人数が足りていませんでした。フクスのクロスをディアバテがヘッドで折り返すと、イヘアナチョのボレーが右隅に突き刺さり、1-0。レスター移籍後、チームにフィットできずに苦しんでいたイヘアナチョは、ようやく今季プレミアリーグ2点めをゲットしました。

第2の事件が起きたのは、15分でした。バックパスをもらったマヴロパノスが蹴ったボールを、イヘアナチョがインターセプト。このまま抜け出されたら1点というピンチに、転倒していたマヴロパノスは思わず相手のパンツの裾をつかんでしまいました。決定機阻止と見做したレフェリーは、赤いカードを手にしています。FKをノーマークで叩いたマグワイアのボレーは、チェフが上に弾き出すビッグセーブ。10人での戦いを強いられたヴェンゲル監督は、19分にウェルベックを下げてムスタフィを投入します。アウェイでたった2勝のブライトンにすら敗れたチームが、この劣勢をひっくり返せるとは思えません。

20分、中盤と最終ラインの間に入り込んでいたイヘアナチョが強烈なミドルを放つと、チェフがセーブ。マフレズ、ディアバテ、イヘアナチョとテンポよくロングパスがつながったアタックでも、ガナーズのマークはずれていました。34分、左に流れたオーバメヤンが仕掛けたカウンターは、中央でパスを受けたジャカが左のイオビに浮き球を通すと、グラウンダーに左足で合わせたミキのボレーはヤクポヴィッチが右手で掻き出しました。ミキのCKは、ヤクポヴィッチのパンチが小さくなり、落下点にいたホールディングがクロスにプッシュすると、わずかにポストの外。39分にアドリアン・シウヴァが壁の外を通したFKは、チェフが左に弾いて追加点を許しません。

前半は1-0。後半開始直後にガナーズが猛攻を仕掛け、コラシナツのシュートが左のポストを直撃。49分、ヴァーディのパスでディアバテがチェフと1対1になりますが、左足のフィニッシュは守護神が左手に当て、ゴールライン上でムスタフィがクリアして事なきをえました。50分のアーセナルの同点ゴールは、メートランド=ナイルズのドリブル突破からでした。クロスに合わせたオーバメヤンのボレーはヤクポヴィッチにセーブされるも、リバウンドに反応して蹴り込んだ2度めのシュートは文句なしでした。オーバメヤンは、今季プレミアリーグ12試合で早くも9ゴール。後半戦だけで2ケタに乗せてしまいそうな勢いです。

相変わらず、ディアバテやイヘアナチョをつかまえきれていないガナーズ守備陣。ピュエル監督は、72分にディアバテに代えてデマライ・グレイを起用しますが、この采配は直後に効を奏しました。左から仕掛けたデマライ・グレイをミキが引っかけてしまい、PK。ヴァーディが容赦なく左に突き刺し、レスターが再度リードします。若手アタッカーしかオプションがないヴェンゲル監督は、84分にイオビを下げてエンケティア。90分のダメ押しゴールは、いかにもレスターらしいカウンターでした。ミキがボールを奪われた後、しばらく時間があったにもかかわらず、右サイドで待っていたマフレズを誰もケアしようとしませんでした。縦パスを受けたドリブラーは一気にボックスに侵入し、追いすがるホールディングを簡単にかわして左足一閃、3-1。アーセナルは、これにてプレミアリーグのアウェイ戦7連敗です。

先日、コメント欄で「マンチェスター・ユナイテッドサポーターは、ファーガソンが去った後の苦境をどう受け入れたのか」という趣旨の質問をいただきました。ヴェンゲル監督のアーセナルが徐々に陰りを見せていったのに対して、優勝した翌シーズンに7位に転落したマン・ユナイテッドはよりショッキングでした。あの頃は、希望が感じられる選手に必死に思い入れていただけでした。デ・ヘアのビッグセーブにガッツポーズし、ディ・マリアのドリブルに息を呑み、ファルカオを嘆き、バスティのパスを追いかけ…。

今のガナーズには、オーバメヤンとミキという大きな希望があります。彼らは、まだ底を見せておらず、来季はさらに決定的なシーズンを増やしてくれるはずです。新監督選びを間違えず、ハードに守れるCBを2人連れてこれれば、これ以上悪くなることはないでしょう。今できることは、ひとつの時代の終わりを静かに見守ることと、次の世代を創る選手をひたすら支え続けることだと思います。オーバメヤン、ナイスゴールでした。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【Tottenham×Newcastle】ハリー・ケインの1発を守り切ったトッテナムは、CL出場権獲得!

直近のプレミアリーグ4試合を1勝1分2敗と、失速中のトッテナム。残り2試合を1勝1分ならチャンピオンズリーグ出場に手が届きそうですが、プレミアリーグ10位のニューカッスルは楽に勝てる相手ではありません。ポチェッティーノ監督は、中盤センターにワニャマとシソコを並べています。ロリスの前には、トリッピアー、ダヴィンソン・サンチェス、フェルトンゲン、ベン・デイヴィス。2列めのデル・アリ、エリクセン、ソン・フンミンとプレミアリーグ27ゴールのハリー・ケインは、早い時間にゴールを決めて、ベタ引きの相手に苦しむ展開を避けたいでしょう。

スパーズの最初のチャンスは10分。右から直接ゴールを狙ったエリクセンの直接FKは、GKドゥブラフカが左手で弾き出すビッグセーブ。1分後、ゴール前で一瞬空いたアヨゼ・ペレスが右足で巻いたシュートは、スピードが足りずロリスの懐に収まります。14分のシェルヴィのFKは、ロリスの手をかすめてポストに当たり、ウェンブリーにどよめきが湧き起こります。25分のCKは、相手のクリアミスをダイレクトで叩いたワニャマの一撃がバーの上。CKに競り勝ったラッセルズのきわどいヘディングは、ロリスが右に飛んで指先で弾きました。

29分、左足に持ち替えられなかったマット・リッチーがニアにクロスを入れると、ドワイト・ゲイルはヘッドをコントロールできません。フェルトンゲンの強烈なミドルは、ドウブラフカの正面。前半のスパーズにおける最大の決定機は、40分のカウンターでした。ロリスのパントが敵陣に飛ぶと、ルジュンはハリー・ケインに追いつけず。あっという間にエースとGKが1対1。ロリスのアシストかと腰を浮かした瞬間、まさかのミスキックでチャンスは潰えました。ロリスのダイビングが目立った前半。ラファエル・ベニテスのチームはやはり侮れません。

後半開始から5分、スタンフォード・ブリッジでチェルシーが失点を喫したのと同じタイミングで、スパーズが待望の先制ゴールをゲットしました。デル・アリ、ハリー・ケイン、ソン・フンミン、ハリー・ケインとテンポよくつながった中央突破。プレミアリーグ得点王を諦めていないエースが、見事なコントロールショットを右隅に浮かしました。スパーズベンチに、チェルシーの苦戦は伝わっているでしょう。58分、古巣対決のイェドリンがグラウンダーを入れると、落としを受けたアヨゼ・ペレスのミスキックがロリスの前にこぼれ、詰めたマット・リッチーはGKに遮られて枠に押し込むことができません。

62分のケネディのミドルは、苦手な右足による力のないキック。シソコのラストパスをフリーで受けたデル・アリが狙ったのは、DFの外から巻いて枠を襲うシュート。読んでいたのか、ドゥブラフカの反応が速く、追加点は決まりませんでした。72分、左サイドでダヴィンソン・サンチェスを振り切ったマーフィーは、外してはいけないフリーの一撃を大きく浮かしてしまいました。左足を痛めたトリッピアーは、アルデルヴァイレルトにチェンジ。87分には、腿を痛めたワニャマに代わり、ダニー・ローズが中盤に入ります。

チェルシーは、勝ち点1で終わりました。勝てばスパーズのプレミアリーグ4位以上が決まります。途中出場のラメラのラストパスで、ダニー・ローズがGKと向き合いますが、右足のシュートはドウブラフカがストップ。ロリスの素晴らしいセーブが目立った苦しい試合でしたが、スパーズは最後まで守り抜きました。CL出場権獲得、おめでとうございます。アルデルヴァイレルトやダニー・ローズに移籍の噂がありますが、前の4人の引き留めに成功すれば来季も期待できるのではないでしょうか。タイトルには手が届かなかったものの、CLでレアル・マドリードを圧倒するなど、チームとしての成長が感じられたシーズンだったと思います。いやー、素晴らしい!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【Chelsea×Huddersfield】チェルシー痛恨のドロー…ハダースフィールドは執念の残留決定!

ドローに終わればチャンピオンズリーグ出場権獲得が厳しくなるチェルシーと、ドローに持ち込めばプレミアリーグ残留が決まるハダースフィールド。日曜日に、マンチェスター・シティの本拠地エティハドでスコアレスドローという快挙を成し遂げたアウェイチームは、スタンフォード・ブリッジでも手ぶらで帰らないのではないかと思っていました。昨日、「スカイスポーツ」が、チェルシーのゴールが少ない理由についてレポートしていたのですが、数字を見てびっくりしました。彼らのビッグチャンスクリエイトは、93回で首位のマンチェスター・シティ、74回で3位のリヴァプールに対して57回と圧倒的に少なく、TOP6では最少です。ビッグチャンスにおけるショットコンバージョンがプレミアリーグ4位の38%と、決定率の高さで補ってはいるものの、ジエゴ・コスタが去ったチームはラストパスが決まらずに苦しんでいるのです。

ましてやハダースフィールド戦では、アザール、ジルー、ヴィクター・モーゼスがベンチです。カバジェロ、リュディガー、クリステンセン、アスピリクエタ、マルコス・アロンソ、ザッパコスタ、カンテ、セスク、ウィリアン、ペドロ、モラタ。体を張って守るハダースフィールドの最終ラインを崩すことができるのかと、不安を覚えながら観ていたのですが、序盤のチェルシーは快調でした。ザッパコスタのクロス、マルコス・アロンソの強烈な左足シュートと、アグレッシブに攻めるホームチーム。9分にはひとりかわして放ったウィリアンのミドルが、左のポストの脇を抜けていきます。12分のCKは、アスピリクエタがヘッドでファーポスト際に流すと、リュディガーのボレーはゴール前2メートル。枠に収めさえすればOKでしたが、左に外してしまい、今季から加わったCBは頭を抱えます。

ハダースフィールドのチェックは厳しく、21分に左サイドから仕掛けたカンテは、3人に囲まれて潰されます。30分、セスクのクロスをニアで合わせたモラタのボレーは、GKレッスルの正面。41分にカンテのスルーパスでラインの裏に抜けたモラタは、あっさりレッスルをかわしますが、角度を失いシュートは打てません。ゴール前に走り込んだカンテはラストパスに追いつけず、チェルシーは貴重なビッグチャンスを逃してしまいました。前半は0-0で終わりましたが、もちろん昨季プレミアリーグ王者が優勢です。ハーフタイムには、「45分あれば、1点は決められるのではないか」と思っていました。

後半が始まって5分、先制は何とハダースフィールドです。ハーフライン手前からの縦1本。リュディガーとの駆けっこに勝ったデポワトレは、最初のシュートは飛び出してきたカバジェロに当てますが、目の前に落ちたリバウンドを無人のゴールに冷静に流し込みました。コンテ監督は54分にザッパコスタを下げてジルーを投入し、4バックにシフト。59分にはペドロに代えて、アザール投入です。ホームチームが同点に追いついたのは、62分でした。右SBのアスピリクエタの高速グラウンダーはモラタの後ろに出ますが、ヨルゲンセンのクリアがマルコス・アロンソの頭にヒット。ボールは絶妙なコースを辿り、ゴール右隅に吸い込まれました。

残り15分。チェルシーはバイタルエリアで詰まるシーンが目立ちます。76分、敵陣で奪ったビリングが、ドリブルで持ち込んでシュートを放つも右にアウト。アザールのドリブルには、レッズ戦で見せた鋭さがありません。79分にマルコス・アロンソの強引なシュートがDFに当たってこぼれ、モラタとレッスルが追いますが、手を使えるGKの勝ち。83分の息詰まる混戦は、クリステンセンのヘッドをレッスルが弾き出し、ボールはポストにヒットします。89分のモラタの強烈なシュートも、レッスルがセーブ。ワグナー監督は、そわそわしながら戦況を見守っています。最後まで決められなかったチェルシーは、相手のミスでもらったゴールのみに終わりました。

プレミアリーグ残留を決めたハダースフィールドの選手たちは、絶叫しながらピッチに折り重なっています。ニューカッスルに勝ったトッテナムがブルーズに4ポイント差となり、残るはレッズとブルーズの一騎打ち。ブライトンにアンフィールドでドローならOKのリヴァプールは、圧倒的に優位です。肩を落としてピッチを去る青いユニフォームを見ながら、今季のチェルシーの勝ち点ロストは、いつもこんな試合だったなとぼんやり思いました。自力で局面を打開してくれた昨季までのエースを懐かしみながら。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【Swansea×Saints】スウォンジーとの直接対決を制したセインツ生還、WBA降格決定!

セインツを応援したくなるのは、「吉田麻也がいるクラブだから」という理由だけではありません。イングランドの南端に、セント・メアリーズという決して大きくはないスタジアムを持つクラブながら、チャンピオンズリーグ出場をめざす野心に惹かれたのです。マウリシオ・ポチェッティーノがベースを築き、ロナルド・クーマンによって2015-16シーズンのプレミアリーグ6位に食い込んだサウサンプトン。彼らが残留争いに巻き込まれる日が、こんなに早く訪れるとは思いませんでした。昨季プレミアリーグを8位で終えたクロード・ピュエルは、守備的なスタイルが嫌われてシーズン終了後に解任。マウリシオ・ペジェグリーニ監督に代わった新シーズンは、攻めるチームにモデルチェンジしてEL出場権争いに参戦するはずでした。しかし…。

11月末からプレミアリーグ12試合勝利なし、後半戦はたった2勝。6勝15分15敗と崩れたセインツは17位に沈み、スウォンジーとの大一番に臨んでいます。敵地リバティーで敗れれば、最終節にマン・シティ戦を残しているチームの降格は決まりでしょう。3月から指揮を執るマーク・ヒューズ監督は、タディッチ、レドモンド、チャーリー・オースティンを前線に据える3-4-3でキックオフを迎えます。序盤は、完全なるスワンズペース。ジョルダンとアンドレのアイェウ兄弟に、クルーカスが絡む速攻は要注意です。7分のアンディ・キングのミドルは、マッカーシーがキャッチ。12分のWアイェウの中央突破は、シュートを打たれる寸前でベドナレクがタックルに入り、先制を許しません。

両者ともクロスが味方につながらず、シュートがない展開。25分にアンディ・キングがゴール前に浮かしたボールは、アンドレ・アイェウが落下点に入れず、ボールは左に流れていきます。31分、セインツに決定機。ホイビュルグが斜め右に通したスルーパスで、チャーリー・オースティンがフリーになり、右足でクロスに狙うとファビアンスキが右に飛んでキャッチ。35分にアンディ・キングが右から上げたクロスは、クルーカスのヘッドが左に逸れていきます。43分、タディッチがセドリク・ソアレスに落としたボールがゴール前に上がり、ロメウがヘッドで後ろに送ると、チャーリー・オースティンの強烈なボレーはファビアンスキの正面。0-0で折り返したゲームは、最初のゴールで決まってしまうかもしれません。

47分、左サイドからドリブルで中に入ったジョルダン・アイェウの素晴らしい一撃は、マッカーシーが指先で上に弾き出すビッグセーブ。52分のセインツの速攻は、タディッチのパスを受けたチャーリー・オースティンが遠めから思い切りよく右足を振り抜くと、ニアに入ってくるボールをファビアンスキが押さえました。今季プレミアリーグでトッテナムの次にクロスが多いセインツは、バートランドとセドリク・ソアレスが左右から迷いなく入れてきます。60分、タディッチのCKがファーに流れ、セドリク・ソアレスのクロスを叩いたチャーリー・オースティンのヘッドは、ファビアンスキが正面で懐に収めます。

62分にマルティン・オルソンが下がってタミー・アブラハムが入ると、セインツはレドモンドをシェーン・ロング。68分にCBのベドナレクが負傷リタイアとなると、マーク・ヒューズ監督はガッビアディーニという攻撃的なカードを切りました。これが功を奏したのは、72分のCKでした。タディッチのキックをシェーン・ロング、ロメウがヘッドでつなぎ、チャーリー・オースティンのボレーがファビアンスキに当たってこぼれます。アンドレ・アイェウの前で触ったのは、ガッビアディーニ!イタリア人ストライカーの今季プレミアリーグ5点めは、クラブの残留を確実にする貴重な一撃でした。

85分、右からのFKに競り勝ったタミー・アブラハムはオフサイド。チェルシーからレンタルされたストライカーは、92分に右からのロングフィードをDFを背負ってトラップし、振り向きざまにボレーを放つも枠に収められません。クロスを上げ続けたスワンズのアタックはゴールにつながらず、タイムアップの笛が鳴ると、セインツのベンチ前は優勝したかのような大騒ぎです。選手やスタッフとハグを交わし続けるマーク・ヒューズ監督。この試合がドローで終わらなければ降格決定のWBAは、マン・ユナイテッド、レッズ、スパーズに2勝1分という怒涛の追い込みも虚しく、18位以下でシーズンを終えることになりました。残るひとつの椅子は、スワンズとハダースフィールドの一騎打ち。エティハドでマンチェスター・シティに引き分けたばかりのハダースフィールドと戦うチェルシーは、レッズ戦と同様のテンションで臨まなければなりません。こちらのゲームも、楽しみです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ