【Saints×Chelsea】復活ジルーと崩壊セインツ…明暗分かれた上演時間10分の大逆転劇!

負ければチャンピオンズリーグ出場権獲得が絶望的となるチェルシーと、プレミアリーグ残留のために何としても勝ち点3が必要なサウサンプトン。この季節ならではの一戦は、残り30分でセインツの2点リードというエキサイティングな展開になりました。セント・メアリーズのピッチに立ったコンテ監督の11人を見てみましょう。GKクルトワ、DFアスピリクエタ、クリステンセン、ケーヒル。セントラルMFはセスクとカンテ、WBにザッパコスタとマルコス・アロンソ。ウィリアンとアザールが左右に入り、トップはプレミアリーグ11ゴールのモラタです。円陣を組んで試合に臨んだセインツは、気合い充分。5分を過ぎて、徐々に押し始めたチェルシーですが、セインツ守備陣は集中して守れています。セスクやウィリアンがサイドから上げるクロスは味方に通らず、シュートシーンを創ることができません。

セインツが先制したのは21分。自陣からのスルーパスに走り込んだバートランドがアスピリクエタを振り切り、倒れ込みながらグラウンダーを入れると、ニアに入ってきたタディッチが冷静にボレーで流し込みました。チェルシーのチャンスは27分。カンテがボックス右に浮かしたボールをザッパコスタが頭で折り返すと、余裕がなかったモラタのヘッドはクロスバーを越えていきます。29分に左から蹴ったウィリアンの絶妙なCKは、GKマッカーシーの頭上を越えてファーのザッパコスタに届きますが、WBはボレーを空振り。36分にシェーン・ロングが仕掛けたカウンターは、遠目からのシュートが右に逸れていきます。

38分、GKマッカーシーのキックがシェーン・ロングに通り、パスを受けたウォード=プラウズが左に蹴ったボールはクリステンセンがカット。リバウンドをキープしたウォード=プラウズの強烈なミドルはクルトワがセーブし、フォローしたタディッチの右足シュートは力がありません。セインツの中盤のチェックが厳しく、チェルシーは何もできないまま、前半は1-0で終了。エンドが変わった48分、左からのCKで吉田麻也とクルトワが激しく接触してボールがこぼれますが、日本代表CBは打ち切れませんでした。54分、縦パス1本で抜け出したシェーン・ロングは、ボックスに入ってクリステンセンとケーヒルをかわし、左足でカーブをかけたシュート。コースは申し分なかったものの、クルトワが右手を伸ばして外に弾き出します

55分、チェルシーの波状攻撃。ボックス右に流れたアザールが切り返しから左足を振り抜くも、フィニッシュを警戒していたマッカーシーが冷静にセーブします。直後にウィリアンが中央から放った右足のシュートも、フレイザー・フォースターからポジションを奪った新守護神がビッグセーブ。セインツの追加点は、60分でした。右からファーに上げたウォード=プラウズのFKは完璧。いちばん外から走り込んだベドナレクをマルコス・アロンソが見失い、フリーのボレーがクルトワの脇を抜きました。勝利に近づいたセインツ。プレミアリーグで3戦連続3失点3連敗のチームが、同じ失敗を繰り返さなければ、後半戦2勝めを飾ることができます。コンテ監督はすぐさま2枚代えを敢行。ザッパコスタとモラタが下がり、ペドロとジルーが前線に入ります。

絶体絶命だったチェルシーの鮮やかなゴールショーが始まったのは、70分でした。左サイドのマルコス・アロンソが、中に放り込んだボールをジルーがヘディングで左隅へ。こんな簡単なことにどうして気づかなかったのかといいたくなるようなゴールは、後ろからのボールに強いストライカーの真骨頂です。勢いに乗ったチェルシーの猛攻がスタート。72分過ぎからの包囲網は、パスが何本つながったことか。75分、ウィリアンが左から上げたクロスがアザールに通り、ワントラップの左足シュートがゴールのど真ん中に突き刺さります。セインツ守備陣は、最も自由にしてはいけない選手にスペースと時間を与えてしまいました。

2-2となった78分、FKキッカーのウィリアンが左のアザールに預けると、逆サイドへのクロスに跳んだクリステンセンのヘディングは、ゴール前に高く上がります。競り合ったボールがこぼれたところにいたのは、移籍後のプレミアリーグ初ゴールに気をよくしているストライカーでした。ジルー、左足一閃。右隅に抜けてくるボールに、マッカーシーは反応できませんでした。87分のCKを叩いたホイビュルグのヘッドはクルトワがキャッチ。91分にクルトワと1対1になったシムズは、シュートをGKにぶつけてしまいました。2-3で勝ったチェルシーはプレミアリーグ4位以内フィニッシュに望みをつなぎ、4連敗のセインツは残り5戦で2勝以上が必要となりました。

ようやくジルーを活かすことができたチェルシーの逆転劇にテンションが上がると同時に、ひと頃は堅守と称されていたセインツの崩壊を見て無性に寂しくなりました。ロナルド・クーマンが指揮を執っていた2年前は、18勝9分11敗という素晴らしい戦績でプレミアリーグ6位。クロード・ピュエルが招聘された昨季は、12勝10分16敗と苦しみながらも8位に粘り、EFLカップで準優勝という結果を残しています。今季は、まさかの18位。ストライカーたちの沈黙、レドモンドとフォースターの不振、フィットしなかった新戦力、ファン・ダイクの移籍、吉田麻也の長期離脱とネガティブな要素が重なり、彼ららしい堅実なフットボールを披露することはほとんどありませんでした。

セインツはこのまま、意地を見せることなくチャンピオンシップに転落してしまうのでしょうか。チェルシーの猛攻を人数をかけて耐えていたのに、アザールのマークを外してしまうとは…。彼らに最も足りないものは、自信と落ち着きなのではないでしょうか。就任してからの3試合がすべて3失点完敗のマーク・ヒューズ監督が、最後の5試合でチームを復活させられるとは思えません。いやー、せつないです。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【MAN.UTD×WBA】最下位相手にホームで敗戦…マンチェスター・シティ優勝決定!

プレミアリーグ最下位のWBAに勝てば、5位チェルシーとの差は14ポイントとなり、CL出場権獲得にリーチ。よもやの敗戦を喫すれば、ゴルフに興じているペップにプレミアリーグ優勝決定という吉報を届けることになります。モウリーニョ監督は、ミッドウィークのボーンマス戦と、来週末にウェンブリーで開催されるトッテナムとのFAカップ準決勝をにらんでスタメンを選んでいるはずです。GKデ・ヘア、最終ラインはバレンシア、リンデロフ、スモーリング、アシュリー・ヤング。中盤にはポグバ、マティッチ、エレーラ。3トップはマタ、ルカク、アレクシス・サンチェスです。オールド・トラフォードのサポーターの後押しを受けて、ゲームを支配するマンチェスター・ユナイテッド。6分のポグバのミドルシュートは、GKフォスターの正面です。

11分、WBAに決定機。マクリーンのパスをボックスの入り口で受けたサロモン・ロンドンが、右から上がったリヴァモアにラストパス。切り返しから左足で打ったシュートは、右に飛んだデ・ヘアのビッグセーブに阻まれます。2分後、左サイドを突破したマクリーンが中央にクロスを上げると、サロモン・ロンドンはヘディングを打ち上げてしまいました。19分、左から流れてきたボールを中央でもらったのはマタ。前にいたルカクにダイレクトでラストパスが通るも、左足のシュートは距離を詰めてきたフォスターがブロックします。こぼれ球を蹴り出そうとしたヘガシーから、ボールを奪ったのはアレクシス・サンチェス。右足の強烈なシュートは、DFに当たって先制はなりません。

ジェイ・ロドリゲスが、右サイドからカウンターを仕掛けたのは25分でした。逆サイドに渡ったボールをマクリーンがファーに上げると、サロモン・ロンドンのヘッドはデ・ヘアがキャッチ。WBAのラインは深く、マン・ユナイテッドは横にしかつなげず攻めあぐんでいます。2列めから飛び出してくる選手がいなければ、サイドからのクロスはルカクの前でカットされるでしょう。36分、ポグバの速いパスをエレーラがダイレクトで前線に送ると、フォスターが素晴らしいダッシュでルカクの足元に飛び込み、シュートを許しませんでした。45分、アレクシス・サンチェスとのパス交換で、シュートコースを確保した中央のポグバがミドルを放つと、ヘガシーが足に当ててCKに逃れます。

モウリーニョ監督は、ハーフタイムにエレーラを下げてリンガードを投入。マンチェスターダービーでは、後半から見違えるようによくなったプレミアリーグ2位チームは、早い時間にゴールを決めることができるでしょうか。46分の攻撃の起点は、右サイドのポグバでした。アレクシス・サンチェスが縦に浮かしたボールを、ボックス右に入ったマタが中央に折り返すと、リンガードはシュートをブロックされてCK。53分、バレンシアのパスをポグバがつなぎ、マタが反転して左足を振り抜きますが、ボールは左に切れていきます。

58分にポグバが下がり、5試合ぶりのプレミアリーグとなるマルシアルが登場。左サイドに入ったドリブラーは、縦への突破を警戒されて後ろに戻すパスが目立っています。66分、マティッチのクロスをフリーで叩いたルカクのヘディングはフォスターがビッグセーブ。左のマルシアルから、マタを経由したボールを右足で狙ったリンガードのシュートは、右のポストすれすれを抜けていきます。73分、何と先制はWBAです。右からのCKを、ドーソンと競り合ったマティッチが折り返してしまい、走り込んだジェイ・ロドリゲスが頭で押し込みました

モウリーニョ監督の最後のカードは、アシュリー・ヤングをラシュフォード。77分にマット・フィリップスが下がり、クリホヴィアクがバイタルエリアをケアします。85分、サロモン・ロンドンに代わってスタリッジ。負傷があったとはいえ、ローン移籍後のプレミアリーグ3試合ノーゴールは期待外れです。放り込みに出たマンチェスター・ユナイテッドはハイボールをことごとく撥ね返され、右からのクロスに合わせた92分のスモーリングのヘッドはフォスターの正面。雨が降りしきるオールド・トラフォードでプレミアリーグ2位が最下位に敗れ、マンチェスター・シティの優勝が決まりました。

1月のプレミアリーグでマンチェスター・シティに4-3で勝ったリヴァプールは、次節に当時最下位だったスウォンジーに1-0で敗戦。マンチェスター・ユナイテッドも同じ呪いをかけられたのか、ダービーを制した直後に最下位WBAに足をすくわれてしまいました。今日は、ルカクのビッグチャンスを3回もつぶしたフォスターをリスペクトしたいと思います。決めるべきを決められず、セットピースを活かされるという上位が下位にやられる典型的な展開でした。

マンチェスター・シティの関係者とサポーターのみなさん、プレミアリーグ優勝おめでとうございます。33試合28勝という素晴らしい戦績に、ただただ脱帽です。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【Newcastle×Arsenal】ストライカー4人は空回り…逆転負けのアーセナルは7位転落寸前!

セインツ、ハダースフィールド、レスターと、直近のプレミアリーグ3連勝でTOP10に食い込んできたニューカッスル。27節には本拠地セント・ジェームズ・パークでマンチェスター・ユナイテッドに1-0で勝っており、アウェイで不振のアーセナルは油断できません。ミキ、ベジェリン、エジル、コシールニー、ラムジー、ウィルシャーを欠いたチームは、ビハインドを背負わされる展開は避けたいところです。主力を落としたヴェンゲル監督の11人を紹介しましょう。GKチェフ、DFチャンバース、ムスタフィ、ホールディング、モンレアル。エルネニー、ジャカがセンターに入り、2列めにはイオビ、ウイロックとプレミアリーグ7戦6発1アシストのオーバメヤン。最前線にはラカゼットという新しい布陣です。

キックオフからしばらくは、一進一退。5分、エルネニーの縦パスを受けたラカゼットがドリブルで仕掛け、右足で強引にシュートを放つと、うまく当たらず左に逸れていきます。速いアタックがなく、足元へのパスが目立つガナーズに対して、ニューカッスルはカウンター狙い。この状況が続けば、先制はホームチームではないかと不安を感じ始めた矢先に、ストライカーコンビが素晴らしいゴールを決めました。ムスタフィが自陣から出したロングフィードに、反応したのはオーバメヤン。柔らかいトラップでボックス左を上がった14番のクロスは絶品!ファーから走り込んだラカゼットは、完璧なスライディングボレーをゴール右に突き刺しました。

17分、チェフのキックからイオビが左のオーバメヤンに展開。中に斬り込み、切り返しを入れて右足を振り抜いたストライカーの一撃は、イグナシェヴィッチにヒットしてクロスバーを越えていきます。右からのロングスローをオーバメヤンが後ろに落とした21分のチャンスは、イオビのフィニッシュがGKの正面。快調だったガナーズは、29分にシェルヴィの正確なロングフィードから失点を喫してしまいます。最前線で収めたドワイト・ゲイルが右のイェドリンに流すと、快足SBはニアを狙って高速クロス。ムスタフィの前に入ったアヨゼ・ペレスのポストすれすれを抜くボレーにチェフは触れず、セント・ジェームズ・パークに大歓声が響き渡ります。

同点になった後、主導権を握るのはアーセナルです。38分、オーバメヤンのFKが壁に当たると、リバウンドを拾ったジャカがボックス左にロングフィード。ムスタフィがヘッドで逆サイドに流すと、チャンバースのスライディングシュートは右に外れます。41分のCKは、チャンバースのヘッドがクロスバーの上。最初の45分は1-1で終わり、セカンドハーフもアーセナルがボールを支配しています。ニューカッスルの攻撃は、縦1本のカウンター頼みですが、ガナーズ守備陣はシュートを打たせません。56分にチャンバースが上げた逆サイドへのクロスは、オーバメヤンが頭で折り返すもラカゼットに合いませんでした。

63分、ドワイト・ゲイルが下がってイスラム・スリマニ。レスターからローン移籍したストライカーは負傷に悩まされ、新チームでのプレミアリーグ出場はわずか15分に留まっています。66分のマット・リッチーのミドルは枠の上にアウト。ヴェンゲル監督は、68分にウィロックを下げてウェルベックを投入します。ニューカッスルの勝ち越しゴールは、この直後でした。左サイドにいたイスラム・スリマニがハイボールを頭で中に入れると、中央のアヨゼ・ペレスが巧みに裏に流し、走り込んだマット・リッチーがチェフの位置をみて左隅に決めました。ニューカッスルの11番は、今季プレミアリーグ3ゴールめ。ガナーズに残された時間は、20分を切っています。

75分、左サイドを突破したケネディがボックスに入って左足を振り抜くと、ムスタフィに当たったボールがポストに弾かれます。2分後、イスラム・スリマニがチャンバースを抜き去ると、グラウンダーを左足で打ったアヨゼ・ペレスのシュートはニアポストの外。ヴェンゲル監督がチャンバースをメートランド=ナイルズに代えると、ベニテス監督はアヨゼ・ペレスをホセルにスイッチします。83分、エルネニーのミドルは右にアウト。2分後、モンレアルのアーリークロスのクリアが高く上がり、GKドゥブラフカがファンブルしたボールをラカゼットがニアに打ちますが、角度が厳しく枠に飛びませんでした。

86分、イオビが下がりエンケティア登場。ストライカー4人というスクランブルに戦術はなく、誰もシュートを打てないままタイムアップを迎えました。覚悟の敗戦?いや、勝ち点ゼロに終わればプレミアリーグ7位のバーンリーと2ポイント差になる試合で、それはないでしょう。ネルソンとコラシナツがベンチにいたにも関わらず、3人でも機能していなかったストライカーを4人に膨らませたヴェンゲル采配は不可解でした。中盤と最終ラインの距離をコンパクトに保ち、ラカゼットやオーバメヤンにプレイする時間を与えなかったベニテス戦術の勝利。今季プレミアリーグのアウェイゲームで9敗めを喫したガナーズは、アトレティコ・マドリードに敗れれば、来季のヨーロッパリーグの出場権すら失うかもしれません。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【Tottenham×MAN.CITY】ラインの裏を突いたマンチェスター・シティがスパーズを圧倒!

リヴァプールとのチャンピオンズリーグ準々決勝で連敗し、プレミアリーグのマンチェスターダービーは2-0から逆転負け。3連敗中のペップ・シティは、難敵を倒して2017-18シーズンの優勝に迫れるでしょうか。ウェンブリーに首位を迎えるトッテナムは、プレミアリーグ14戦連続無敗で、2月のノースロンドンダービーから6連勝中。ハリー・ケイン、デル・アリ、エリクセン、ラメラ、デンベレ、エリック・ダイアーが揃った今日のスタメンは、ソン・フンミンがベンチにいるものの、ベストといっても差し支えないでしょう。トリッピアー、ベン・デイヴィス、ダヴィンソン・サンチェス、フェルトンゲンから文句なし。前節はキックミスから失点したロリスは、クリーンシートで優勝決定を先送りにしたいところです。

エデルソン、カイル・ウォーカー、コンパニ、ラポルテ、デルフ、ギュンドアン、デブライネ、ダヴィド・シルヴァ、スターリング、ガブリエウ・ジェズス、サネ。4-3-3のペップのチームは、最近ミスが目立っていたオタメンディと、累積警告で出場停止のフェルナンジーニョの名前がありません。3分、右サイドでダヴィド・シルヴァのスルーパスが通り、スターリングがフリーでクロス。ファーサイドで左足を振り抜いたサネのボレーは、ポストに嫌われてしまいました。7分にハリー・ケインのパスを左でもらったデル・アリは、ボックスに入って放ったシュートをコンパニにブロックされます。縦パス1本で最前線に出たスターリングのシュートはバーの上。ダヴィド・シルヴァが右に流したパスを受け、クロスに狙ったデブライネの強烈なミドルも、左のポストすれすれを抜けていきます。

15分を過ぎ、スパーズの中盤と最終ラインが落ち着きを取り戻しました。20分、デンベレのミスを突いたマン・シティが右サイドから速攻。デブライネのスルーパスでフリーになったスターリングが中央に折り返すと、ボックスの入り口から放ったギュンドアンのボレーは、ダヴィンソン・サンチェスが足に当てます。22分、先制はアウェイチーム。右に張ったコンパニが前線にロングフィードを通すと、ダヴィンソン・サンチェスの裏を取ったガブリエウ・ジェズスがロリスと1対1となり、左足で冷静に流し込みました。24分のPKのジャッジは、ギュンドアンが左サイドに通した縦パスに飛び出したロリスが、スターリングを引っかけたということでしょうか。微妙な位置でのファールでしたが、ギュンドアンが右のサイドネットに沈めて0-2。ここまでは、マンチェスターダービーと同じような展開です。

31分、左からのクロスを受けたラメラが、右隅を狙うも枠の外。サネのクロスをフェルトンゲンがカットすると、こぼれ球を思い切りよく叩いたダヴィド・シルヴァの左足ボレーはロリスが外に弾き出します。カイル・ウォーカーのドリブルにはブーイング。スパーズの反撃は、サイドにボールが出るとことまではいいのですが、単調なクロスはことごとくマン・シティの守備陣にクリアされます。しかし42分、デンベレ、ベン・デイヴィスから前線のハリー・ケインにつながり、縦に通したスルーパスにエリクセンが反応。ラポルテがスライディングでカットしたボールがエリクセンの左膝にヒットし、ボールはゴールの右隅に吸い込まれました。前半は1-2。プレミアリーグ首位チームは、逆転負けを3つ続けるわけにはいきません。

後半に入り、スパーズの中盤の出足がよくなりました。52分、最前線に飛び出したデル・アリは、浮き球を競ったコンパニとともに転倒しますが、笛は鳴らず。60分を過ぎても、ハリー・ケインにシュートチャンスはありません。64分、ギュンドアンの素晴らしい縦パスでガブリエウ・ジェズスがダヴィンソン・サンチェスの裏に飛び出すも、力んだシュートは右にアウト。ペップがサネをオタメンディに代えると、ポチェッティーノ監督はラメラをソン・フンミンです。直後、左からオフサイドをかいくぐったのはダヴィド・シルヴァ。スターリングへのグラウンダーは決定的でしたが、7番はトラップからシュートまでに時間がかかり、左足の一撃をDFにぶつけてしまいました。

71分、カイル・ウォーカーのクロスをロリスが前に弾くと、拾ったスターリングがGKをかわして放ったシュートはトリッピアーの足にヒット。スターリングが決定機を逃し続けた後、逆転されたダービーの悪夢が脳裏をよぎりますが、今日は3点めをきっちり決めてくれました。72分の右からのCKは、ファーにいたガブリエウ・ジェズスの足元へ。右足のシュートにロリスは触るのが精一杯でした。GKの前にいたスターリングがプッシュし、1-3。ウェンブリーに大歓声がこだまします。ポチェッティーノ監督はデンベレをルーカス・モウラ、ペップはガブリエウ・ジェズスをベルナルド・シウヴァ。残り時間は10分を切りました。

84分、デル・アリが下がりシソコがピッチへ。3季連続となるプレミアリーグ得点王を狙う10番は、まったくシュートを打てません。87分、ルーカス・モウラがボックス右を崩してグラウンダーを入れると、エリクセンの左足は力がなく、エデルソンがキャッチ。ペップのデブライネをヤヤ・トゥレという交代は、いただきましたと宣言しているかのようです。34歳のセントラルMFは、今季プレミアリーグ7試合め。2017-18シーズンは、水色のシャツでプレイする最後のシーズンとなるでしょう。ルーカス・モウラの強烈なミドルはエデルソンがセーブ。マン・シティが1-3で完勝し、プレミアリーグ優勝に再度リーチをかけました。

連勝レッズと完敗スパーズの差は、ラインコントロールにあったのではないでしょうか。前からプレスにいって獲れないとわかると、最終ラインとアンカーでアタッカーをケアしていたレッズに対して、スパーズは不用意にラインを上げすぎました。攻撃においては手数が多く、強引な中央突破と狙いが不明確なクロスはハリー・ケインの高さや強さを活かせず。最前線にぶつけるロングフィードやアーリークロスを多用するなど、相手の最終ラインに難しい体勢を強いるボールを駆使した方がチャンスを増やせたのではないかと思います。今日は強かったマン・シティ。3連敗の反省を活かして、ハリー・ケインと飛び出してくる2列めに自由を与えず、縦に速いアタックでスパーズ守備陣のラインの乱れを誘発しました。

今夜、マンチェスター・ユナイテッドがWBAに敗れれば優勝が決まりますが、最下位に突然変異を望むのは酷でしょう。エティハドのサポーターが見守る来週のスウォンジー戦が、ペップと選手たちの満面の笑顔が見られる舞台となるのではないでしょうか。プレミアリーグ2017-18シーズンも、いよいよ大詰めです。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ