【Tottenham×Arsenal】ハリー・ケインのヘディング1発で、トッテナムがアーセナルに完勝!

アルデルヴァイレルトには、無理をさせない方針なのでしょう。プレミアリーグ27節、ウェンブリーで開催されるノースロンドンダービー。ポチェッティーノ監督は、ロリスの前にトリッピアー、ダヴィンソン・サンチェス、フェルトンゲン、ベン・デイヴィスの4枚を並べています。セントラルMFにデンべレとエリック・ダイアー。ソン・フンミン、デル・アリ、エリクセンの前にハリー・ケイン。終盤戦でどうしてもゴールがほしい局面になれば、ルーカス・モウラのプレミアリーグ初登場があるかもしれません。アウェイのアーセナルは、GKチェフ、最終ラインにベジェリン、ムスタフィ、コシールニー、モンレアル。ジャカとエルネニーの2センターに、エジル、ウィルシャー、ムヒタリアンが2列め。最前線にはプレミアリーグデビュー戦ゴールを決めたオーバメヤンです。

キックオフから攻めていたのはスパーズでしたが、5分を過ぎた頃からガナーズが反撃。サイドから速攻を仕掛けるスパーズはクロスの精度が低く、ガナーズはエジルとミキにいいパスを集められません。8分、ハリー・ケインが左のデル・アリに落として始まったカウンターは、ラストパスを受けたスパーズのエースの前でムスタフィが触り、チェフがセーブ。アーセナルは縦パスに対するチェックとニアのカバーがよく、17分のソン・フンミンのミドルまでシュートを打たせませんでした。25分、トリッピアーのクロスをニアで合わせたエリクセンのヘッドは、チェフがキャッチ。1分後、左のエリクセンが中央に入れたクロスは、ラインの裏に出たハリー・ケインがフリーで頭に当てますが、クロスバーを越えていきます。

29分、CKのクリアを叩いたデンべレのシュートは明らかに右に外れていましたが、エリック・ダイアーの足元へ。うまくミートすれば先制でしたが、薄く当たったボールはチェフの懐に収まります。今日のミキは、ボールをうまくコントロールできていません。味方がいないエリアに上げてしまうことが多く、ガナーズはシュートがない時間が続いています。39分にミキが右のエジルに展開すると、逆サイドに通ったボールをモンレアルがヘッドで折り返すもダヴィンソン・サンチェスがカット。ベジェリンのミドルはロリスの頭上を越え、前半は0-0で終わりました。オンターゲットはエリクセンが浮かしたヘッドのみ。ムスタフィとダヴィンソン・サンチェスの的確なカバーリングが効いています。

後半開始早々、左サイドを突破したベン・デイヴィスの折り返しはムスタフィがブロック。49分、先制点はやはりプレミアリーグ得点王でした。ベン・デイヴィスのクロスに対応したのはコシールニーとモンレアル。前半もこの2人の裏にハリー・ケインに入られたシーンがありましたが、コシールニーが完全に競り負け、完璧なヘディングがゴール左隅に吸い込まれます。52分、エリック・ダイアーが右からクロスを上げると、フリーの10番がヘディングシュート。左に向かったボールは今度は切れてしまい、アーセナルは命拾いします。54分にもハリー・ケインはトリッピアーが中に入れた浮き球をダイレクトボレー。チェフが弾いて追加点を許さなかったものの、ガナーズは綻び始めた守備を修正しなくてはなりません。

57分、エリクセンの直接FKは読んでいたチェフがビッグセーブ。ヴェンゲル監督は64分にミキとエルネニーを下げ、ラカゼットとイオビを投入する積極策に出ました。ラカゼットが前、オーバメヤンがやや下がりめの4-4-2。68分にエジルからオーバメヤンにつないだ速攻は、クロスのこぼれ球をウィルシャーが左隅にコントロールしますが、ロリスが飛んで弾き落とします。70分、ポチェッティーノ監督はソン・フンミンをラメラ。71分にコシールニーのミスを拾ったラメラが、裏に走り込んだデル・アリに浮き球を通すと、チェフの脇を抜いたシュートは右にアウト。直後、右サイドからドリブルで持ち込んだラメラがチェフと1対1になりますが、左足のトゥーキックは守護神が体に当ててCKに逃れます。

76分、左からボックスの角に上がったエリクセンが、逆サイドから上がったトリッピアーにクロスを通すと、ノーマークのSBのボレーはチェフが素晴らしい反応でクリア。84分にデル・アリが下がってワニャマが入ると、ヴェンゲル監督はジャカに代えてウェルベックです。ラメラが左から突破を図り、クロスに打ったシュートはポストの外。91分にベジェリンが右から攻め上がり、ファーに入れたクロスはラカゼットがボレーを打ち上げてしまいます。93分、イオビが前線に縦パスを通すと、ダヴィンソン・サンチェスを振り切ったラカゼットがロリスと1対1。右足のシュートにロリスは触れなかったものの、わずかに左に逸れて同点はなりません。エジルの直接FKが壁に阻まれると、タイムアップの笛。プレミアリーグ4位に1差に迫っていたトッテナムがエースのゴールを守り切り、アーセナルとの勝ち点差を7としました。

シュート数は18対6、オンターゲットは6対1。最少得点差で着地した一戦でしたが、内容的にはトッテナムの完勝でした。両者の差は、完成度と運動量。とりわけデンべレのチェックが素晴らしく、手数をかけずにサイドにパスが入ってくるため、ベン・デイヴィス、エリクセン、トリッピアーは余裕をもってクロスを上げていました。オーバメヤンの活かし方、エジルとミキの連携など今後の宿題が多かったアーセナルは、守備においてはコシールニーがデュエルや空中戦で弱くなっているのが気になります。チャンピオンズリーグに復帰するためには、CB2人と守備力・展開力に長けた選手の獲得(あるいは育成・コンバート)が必要なのではないでしょうか。トッテナムの次節は与しやすいクリスタル・パレス。アーセナルはEL2試合を戦った後、カラバオカップ決勝とプレミアリーグでマンチェスター・シティと連戦です。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【Watford×Chelsea】まさかの3連発…アザールの同点ゴール直後の大混乱でチェルシーが大敗!

アントニオ・コンテ監督は、本当に解任されるのでしょうか。バカヨコの退場で10人になってしまい、敗色濃厚だった82分にアザールが同点ゴールを決めたとなれば、今までのコンテ監督ならガッツポーズを連発して選手を鼓舞していたでしょう。しかし、この日の彼は、悲しそうな表情を動かさずにピッチを見つめるだけでした。解任云々についてはマスコミが煽っているだけだと思っておりましたが、指揮官のあまりの意気消沈ぶりに、何かが起こるのではないかと胸騒ぎがします。そしてこの後、堅守だったはずの昨季プレミアリーグ王者はワトフォードの速攻連打を喰らい続け、10分もかからずに絶望的な大差をつけられてしまいました。

1-1となってからわずか2分後、右からドリブルで斬り込んだヤンマートに誰もついていかず、ロベルト・ペレイラとワンツーを交わしたSBに左足で決められて2-1。さらに88分には、ドゥクレのパスを自陣で受けたデウロフェウのドリブルにダヴィド・ルイスもケーヒルも当たりにいかず、プレミアリーグ復帰後初ゴールを左隅に決められ3-1。91分、左のドゥクレが斜めに出したパスに走ったロベルト・ペレイラに、ワンフェイントで左のサイドネットに叩き込まれて4-1。コンテ監督は、失点を嘆くことも選手を叱咤することもなく、ただただ悲しげに佇んでいます。95分、アザールのヘディングの落としを受けたオリヴィエ・ジルーは、ニアを狙って足の裏でプッシュしますが、GKカルネジスがセーブ。6分の追加タイムはこのまま終わり、チェルシーは前節のボーンマス戦に続いて3点差大敗となりました。

カプェ、デウロフェウ、ディーニー、リシャルリソン。序盤から、ワトフォードの速攻が冴えていました。チェルシーの最初のチャンスは12分。ヴィクター・モーゼスのグラウンダーのこぼれ球を叩いたウィリアンのシュートはわずかに右。アザールは簡単に奪われるシーンが目立ち、カンテやバカヨコから前にいい形でつながりません。30分のバカヨコのイエロー2枚めは、集中力を欠いたためにボールタッチが大きくなり、奪いに来たリシャルリソンを踏んでしまった不必要なカードでした。コンテ監督は、ウィリアンをセスクにチェンジ。0-0で折り返せればよかったのですが、10人のチームはあっさり先制点を奪われてしまいます。40分、ボックス右から縦に抜けようとしたデウロフェウが、飛び出したクルトワに倒されPK。ディーニーがこれを落ち着いて決め、ホームのワトフォードが優位のままハーフタイムを迎えました。

「先発メンバーのチョイスを間違えたかもしれない。今日は個性も自信も感じられなかった。最初からクオリティが低く、怖かった」。試合後にこう語ったコンテ監督が悔いたのは、バカヨコとザッパコスタの起用ではないかと思われます。「退場はチームの戦い方には影響を与えなかったが、PKで0-1となると、10人で追いつくのは難しい」。後半はワトフォードの速攻を食い止める時間が続き、チェルシーらしいテンポのいい攻撃は影を潜めました。それだけに、アザールが切り返しから見事にコントロールしたあのミドルシュートは貴重で、強いチェルシーはこんなひどい試合でもひっくり返してしまうのかと一瞬、期待したのです。

しかしあのとき、チェルシーは既にメンタルで負けていたのでした。再度勝ち越そうとスイッチが入ったのはワトフォード。同点直後のデウロフェウの突破は素晴らしく、1分後には右SBのヤンマートが自ら決めにいこうとするぐらいの獰猛さ。チェルシーは明らかに混乱しており、ザッパコスタも、セスクもカンテも、ヤンマートをあっさり素通ししてしまった守備は絶対に負けないと思い定めたチームのものではありませんでした。自信喪失気味のチームは、今の延長線上で立て直そうとすると時間がかかるかもしれません。しかし今、荒療治で指揮官交代に走るのは、バルセロナと激突するチャンピオンズリーグを諦めることになってしまうのではないかと思います。それは、最も避けるべき選択でしょう。コンテ監督と現在のスタッフで耐え抜き、モラタの復活とともに強いチェルシーを取り戻していただければと祈っています。



<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【Liverpool×Tottenham】サラーが勝ち越し、ハリー・ケインが同点…追加タイムに2発、結局ドロー!

「2018年の好調チーム対決」という紹介の仕方で、差支えはないでしょう。プレミアリーグ6戦5勝1敗、マンチェスター・シティを叩いた3位リヴァプールと、4勝2分と負けなしで、マンチェスター・ユナイテッドに完勝したばかりの5位トッテナム。チャンピオンズリーグ出場権を争うシックスポインターは、ホームのレッズが先にゴールを決めれば撃ち合い、トッテナムが先制に成功すれば中盤でのせめぎ合いが続く神経戦になるのではないでしょうか。クロップ監督のスタメンは、いつもどおりに戦うと宣言しています。GKロリス・カリウス、DFアーノルド、ファン・ダイク、デヤン・ロブレン、ロバートソン。ヘンダーソン、エムレ・ジャン、ミルナーが中盤に並び、フィルミーノ、サラー、マネが前線です。

対するポチェッティーノ監督は、モウリーニョ監督に勝った顔ぶれがベースです。ロリス、トリッピアー、ダヴィンソン・サンチェス、フェルトンゲン、ベン・デイヴィス、エリック・ダイアー、デンべレ、エリクセン、デル・アリ、ソン・フンミン、ハリー・ケイン。プレミアリーグ24試合21ゴールのスパーズのエースと、19ゴールを決めているレッズのスピードスターは相当厳しいチェックを受けるはずと予想していたのですが、開始3分にいきなり先制ゴールをゲットしたのはサラーでした。ロリス・カリウスのキックを収めようとしたフィルミーノが奪われ、エリック・ダイアーの足元にボールが出ると、ロリスへのバックパスは11番がインターセプト。ボックス左に持ち込んだサラーは、ロリスのポジションをみてクロスに文句なしのシュートを流し込みました。スパーズ、痛恨のミス。早く追いつきたいところではありますが、まずは守備陣を落ち着かせなければいけません。

中盤で激しい攻防が繰り広げられ、判断スピードが求められる展開。11分、ダヴィンソン・サンチェスのボールを奪ったマネが左サイドを完全に攻略するも、ラストパスが味方に合いません。スパーズのアタックは、サイドでキープするところまではいけるものの、クロスはことごとくレッズ守備陣がカット。17分、トリッピアーの縦パスでボックスに入ったソン・フンミンがシュート体勢に入ると、ファン・ダイクが足元に滑ってCKに逃れます。1分後、アーノルドが斜めに入れたパスがミルナーに通ると、右足の一撃はダヴィンソン・サンチェスに当たってポストの左にアウト。アーノルドの低いアーリークロスは、頭で合わせたフィルミーノがうまくコントロールできません。スパーズ守備陣は後手を踏むシーンが目立ち、攻められるたびにフィニッシュを許しています。

28分、ハリー・ケインが左から強引に放ったミドルはDFがブロック。サラーとミルナーがそれぞれ左から蹴ったFKは、いずれもファン・ダイクが競り勝ちながら追加点には至りません。37分、敵陣で奪ったボールをマネが仕掛けたショートカウンターは、左に流れたフィルミーノの折り返しが通らず。FKのクリアをトラップしてすかさず打ったデンべレの強烈なミドルは、ロリス・カリウスががっちりキャッチします。前半は1-0。終始ペースを握っていたのは、攻守の切り替えが速いリヴァプ―ルでした。

後半に入っても、レッズは相手のビルドアップを引っかけようと狙っています。前からのプレスは効果的ですが、中盤と最終ラインの間にポジションを取るエリクセンへの縦パスは入れさせてはいけません。54分にサラーがドリブルで上がったカウンターは、ラストパスが捕まりました。57分、デル・アリが右足アウトにかけた巧みなパスをラインの裏に通すと、抜け出したソン・フンミンがロリス・カリウスと1対1。このバトルは、GKの鋭い飛び出しが勝りました。クリアを拾ったデル・アリのシュートは左に逸れ、レッズの1点リードは変わりません。

60分、右サイドからのFKでオフサイドラインをかいくぐったハリー・ケインは、ヘディングシュートをGKの正面に打ってしまいます。クロップ監督が動いたのは64分。マネとヘンダーソンが下がり、チェンバレンとワイナルドゥムが入ります。71分、ポチェッティーノ監督は、ダヴィンソン・サンチェスをラメラに代えて勝負です。75分にもレッズは中盤の裏に縦パスを通され、ピンチに陥りますが、アーリークロスをデヤン・ロブレンがスライディングでカットし、フィニッシュを許しませんでした。クロップ監督がミルナーを下げてマティプを投入したのは、中盤の裏に入られた際のチェックを厚くするためでしょう。

79分、デンべレに代わりワニャマが登場。この1分後、左からのエリクセンのクロスをロリス・カリウスがパンチで前に弾き出しますが、当たりが悪くワニャマに拾われてしまいます。入ったばかりのセントラルMFの強烈なシュートは、とんでもないスーパーショットでした。1-1、同点!一気に逆転を狙うスパーズに対して、レッズは防戦一方です。86分、デヤン・ロブレンの空振りで転がったボールを追ったハリー・ケインに対してロリス・カリウスが勇敢に飛び出し、かわそうとした10番が転倒。GKは手を引いたように見えましたが、接触があったとしてジャッジはPKです。エースの今季プレミアリーグ22ゴールが決まると思いきや、動かなかったロリス・カリウスがセーブ!試合は追加タイムに入り、ここから2つのドラマが生まれます。

91分、ボックスの右脇で縦に出たボールに反応したのは、モハメド・サラー。クロスを入れようとして弾かれた11番は、ベン・デイヴィス、フェルトンゲン、デル・アリと3人に囲まれながら細かいタッチで全員をかわし、ロリスの前に出てニアにプッシュ。しばらくチャンスを創れなかったレッズが、快足ドリブラーの今季プレミアリーグ21点めで2-1と再度勝ち越しました。スパーズ最後のチャンスは、94分のトリッピアーのロングスロー。ラメラを蹴りそうになったファン・ダイクは足を内側に折って回避し、間もなくタイムアップかと思われた瞬間、この試合2度めのPKが宣告されました。今度はハリー・ケインが冷静に右隅に決め、2-2。事件だらけのゲームは、結局痛み分けに終わりました。

プレミアリーグらしいおもしろい一戦でした。「さすがポチェッティーノ監督」というのが最初の感想です。プレスをかいくぐれば、中盤の3人と最終ラインとの間に使えるスペースができることを確認したスパーズの指揮官は、後半に入ると狙いめのエリアに執拗に縦パスを入れさせました。運動量が落ちた後、交代選手で自陣の弱点をカバーしきれなかったレッズに対して、投入した選手が効果的だったスパーズのほうが戦術的には1枚上手だったのではないでしょうか。PKのジャッジは、いずれもレッズに厳しかったように思いますが、これもまたフットボール。最後まで諦めなかったサラーが勝ち越しゴールを決め、最後まで諦めなかったラメラがレフェリーの笛を呼んだ…そんな一戦だったのだと受け止めています。いやー、凄かった。さまざまなシーンが脳裏に浮かび、しばらくは眠れそうにありません。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【Burnley×MAN.CITY】策士ショーン・ダイクが仕掛けた「マンチェスター・シティが嫌がること」

バーンリー1-1マンチェスター・シティ。この結果を秋に観たなら、さもありなんと思ったでしょう。17節まで9勝4分4敗でプレミアリーグ6位。タルコフスキーとベン・ミーのCBコンビが統率する鉄壁の守備で、上位を手こずらせていたあのチ―ムなら。しかし、今のバーンリーに、当時の勢いと粘り強さはありません。18節以降のプレミアリーグ8試合で4分4敗と勝利なし。トッテナム戦以外は惜敗ではあるのですが、最終ラインに負傷者が増えてからは自慢の守備が綻ぶシーンが増えていました。それだけに、今回のマンチェスター・シティ戦の大健闘にはびっくりしました。まずは、この試合の流れを振り返ってみたいと思います。

エデルソン、カイル・ウォーカー、コンパニ、オタメンディ、ダニーロ、フェルナンジーニョ、ギュンドアン、デブライネ、スターリング、ベルナルド・シウヴァ、アグエロ。ダヴィド・シルヴァとサネの不在は気になるものの、ギュンドアンとベルナルド・シウヴァなら文句なし。バーンリーは奪ったら前線にロングボールというレスターばりのカウンター狙い、マン・シティは速いサイド攻撃主体と予想通りの立ち上がりです。14分、ショートコーナーからのベルナルド・シウヴァのクロスがファーに流れ、コンパニが頭を突き出すと、惜しくも触れず。21分にはCKをニアで受けたギュンドアンがスターリングに落とし、7番が逆サイドにクロスを送るもベン・ミーが前でカットしてベルナルド・シウヴァに届きません。マンチェスター・シティの先制点はこの直後でした。ショートコーナーからベルナルド・シウヴァがダニーロに流すと、右足のミドルシュートがGKポープの指先を越えてゴール右隅に突き刺さりました。

28分にはスターリングのミドルがポープの正面、1分後のスターリングとギュンドアンのワンツーはゴール前でテイラーがカット。タルコフスキーのいない最終ラインは、やはり見ていて不安です。31分、バーンリーに決定機が到来しました。ハーフライン付近からの放り込みをマン・シティ守備陣がクリアすると、ジャック・コークが浮かしたボールがラインの裏へ。右サイドでカイル・ウォーカーが残っていたためオフサイドはなし。体を畳んだベン・ミーの左足ボレーが決まり…と思いきや、エデルソンが左に飛んでビッグセーブ!37分、バーンリーのプレスをかいくぐってデブライネが仕掛けた速攻は、強烈なミドルをポープがセーブし、アグエロはリバウンドをうまくトラップできません。前半は0-1。厳しいプレスで陣地を挽回していたバーンリーですが、サム・ヴォークスへのハイクロスとセットピースしかないアタックは限界があります。ハーフタイムの私は、マンチェスター・シティの勝利しか思い描くことができませんでした

ギュンドアンが左に展開し、スターリング、アグエロ、スターリングとつながった47分の速攻は、バーズリーに代わったロートンが背中でブロック。右サイドのデブライネが斜めに出したパスをボックス右で受けたギュンドアンは、切り返しからの左足シュートをロートンにカットされます。55分の4対3のチャンスで、ベルナルド・シウヴァからラストパスをもらったアグエロは、なぜ打たなかったのか。57分のダニーロのミドルは、ポープが上に弾きます。

69分、ベン・ミーの縦へのフィードをコンパニがうまく処理できず、グドムンドソンがさらってボックスの左コーナーへ。ファーで1枚余っていたアーロン・レノンまでボールがまわり、右足で放った渾身の一撃はエデルソンの左手を弾きますが、ポストに阻まれスコアは動きません。71分、デブライネのスルーパスで右のカイル・ウォーカーがフリー。グラウンダーはノーマークで走り込んできたスターリングへ。誰もが決まると思ったであろうフィニッシュは痛恨のミスキック。左に流れたボールを見て、チームメイトは頭を抱えています。

バーンリーの再三の放り込みが実ったのは82分。右のロートンがファーサイドに入れたロングフィードは、決して簡単に決められるボールではありませんでしたが、カイル・ウォーカーを振り切ったグドムンドソンが左足のハーフボレーをしっかり枠に収め、エデルソンは触るのが精一杯でした。今季は終盤に強いマンチェスター・シティですが、勝ち越しゴールを奪える雰囲気は感じられません。かくしてドロー決着。ペップのチームにとっては、今季プレミアリーグで4度めの勝ち点ロストです。

天晴れ、ショーン・ダイク。プレミアリーグ21節のクリスタル・パレスが見せた徹底したロングボール戦術、23節のリヴァプールが成功した執拗なチェイシングと、ペップから勝ち点を奪ったチームのエッセンスをひととおり盛り込んで結果を出した感があります。タルコフスキー、ウォード、デフール、ロビー・ブレイディと絶対的なレギュラーメンバーを4人も欠きながら、ここまで戦えるのは、指揮官の戦術が明確で徹底度が高いからだと思われます。絶対的なアドバンテージを築いているマン・シティは、「長いシーズン、こんな日もある」と気持ちを切り替えることが大事です。ライバルが全勝しても、残り12試合を8勝4敗で切り抜ければ優勝ですから。(ヨハン・ベルグ・グドムンドソン 写真著作者/Chensiyuan)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ