【Crystal Palace×Arsenal】ザハを止められなかったガナーズが、PK2発献上で無念のドロー!

公式戦11連勝、プレミアリーグ7連勝のアーセナルは、クリスタル・パレスとのロンドンダービーとカラバオカップのブラックプール戦を連勝して、いいテンションでリヴァプールと当たりたいところです。エメリ監督は、スポルティングCP戦に続いてジャカを左SBで起用し、パパスタソプーロスをベンチに置いてホールディングを先発させています。GKレノ、DFベジェリン、ムスタフィ、ホールディング、ジャカ。セントラルにルーカス・トレイラとグエンドゥジが入り、2列めにイオビ、エジル、オーバメヤン、トップにラカゼットという布陣でしょうか。立ち上がりの3分、4人に囲まれてキープしたザハのドリブルは見事。6分のザハの突破は、ムスタフィとベジェリンが2人がかりでCKに逃れました。

14分の最初のシュートは、右から上がってラカゼットをポストに使ったイオビ。直後、タウンゼントのクロスをファーでトラップしたザハが、ニアへのシュートをポストにぶつけます。さらに1分後、ボックス左のワンツーでファン・アーンホルトが完全に抜け出し、速いグラウンダーをニアのタウンゼントに通すも、ボレーはわずかに左にアウト。20分を過ぎても、エジルとオーバメヤンに彼ららしいプレイはありません。22分、奪われたボールを追ったイオビがボックス手前で獲り返すと、トムキンスをかわしたラカゼットのシュートはミートせず。ラカゼットがヒールで出したスルーパスで右のエジルがボックスに入ると、中央で完璧な落としを受けたベジェリンの一撃は、ワン・ビサカが飛び込み体に当てました。

エジルがゴール前に浮かした33分のFKは、ヘネシーがキャッチ。縦へのボールを入れられずに攻めあぐんでいたガナーズは、せめて前半をイーブンで終えたかったのですが、終了間際のCKからの混戦でムスタフィがクヤテを倒してしまいました。エヴァートン戦でPKを外したミリヴォイェヴィッチが左隅に転がし、1-0。今季プレミアリーグのアーセナルが、ビハインドを背負ってハーフタイムを迎えたのは開幕のマン・シティ戦のみ。出足がいいクリスタル・パレスは、簡単にゴールを許してくれそうにありませんが、エメリ監督に秘策はあるのでしょうか。

後半のキックオフから、ベジェリンに代わってリヒトシュタイナー。50分にルーカス・トレイラが右のイオビを走らせたチャンスは、味方に届きませんでした。1分後、ルーカス・トレイラがボックスの右のコーナーで倒され、キッカーはジャカ。左足で曲げたスーパーショットがゴール左隅に決まり、プレミアリーグ4位があっさり追いつきました。さらに56分、右からのCK。アイェウの頭に当たってファーに流れたボールを、オーバメヤンが足の裏で押し込み1-2。今季プレミアリーグ7発めは、アザールと並ぶ得点王争いのトップです。

ホジソン監督は、61分にマッカーサーを下げてマックス・マイヤー。2分後にはアイェウを諦め、セルロートを投入します。63分、レノがクロスをパンチし、こぼれ球を収めたザハがボックス左に入ったマックス・マイヤーにつなぐと、左足の強烈なシュートはポストにヒット。67分に左から突破を図ったザハの一撃はリヒトシュタイナーがブロックし、フォローしたマックス・マイヤーの左足シュートは枠を越えていきます。決定的な仕事ができなかったエジルは、68分にウェルベックとチェンジ。クリスタル・パレスの猛攻に、アーセナルが耐える時間が続いています。

75分、ウェルベックのドリブルが止められた後、競り合ったボールがイオビに渡ると、右足のシュートはDFにヒット。疲労の色が濃かったオーバメヤンは、78分にラムジーに後を譲ります。82分、4対4のカウンターに持ち込んだホームチームは、ザハがボックス右をドリブル突破。ジャカの不用意なタックルは、どこからどう見てもPKです。ミリヴォイェヴィッチが再度左隅に決め、2-2。追加タイムに攻勢に出たアーセナルですが、92分のジャカのFKはクロスバーを越え、勝ち越しゴールを奪えませんでした。プレミアリーグ8連勝はならず。15位のクリスタル・パレスが、ビッグ6との4連戦の初戦で勝ち点1をゲットしました。

シュート数16対7、オンターゲット3対2。セットピースからの2発以外は枠に飛ばせなかったアーセナルは、2つの致命的なミスでPKを献上してしまい、ドローやむなしでした。ジャカとリヒトシュタイナーにサイドをえぐるプレイがなく、ラカゼットとオーバメヤンは厳しくチェックされ、中盤の選手たちが出しどころを失うシーンが目立ちました。SBにオーバーラップを期待できないなら、終盤にイオビとラムジーをサイドに張らせる3-4-3という選択肢はなかったか…。ピッチをワイドに使えなかったうえに、グエンドゥジが攻撃時に機能しなかったのが、勝ち切れなかった最大の理由だったのではないかと思います。オーバメヤンが元気だった時間帯にボックスに入っていけるラムジーがいれば、3点めを奪って逃げ切るという展開もあったかもしれません。首位リヴァプールとの勝ち点差が4となったアーセナルは、エミレーツでの直接対決は必勝です。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

パレスの徹底チェックに、完全に殺されてしまいましたね(泣)
スタメンからして大丈夫か?と思ってたら、慣れないところへ厳しいチェックで、攻守どちらもパニックでした。
エメリさん、少しパレスを舐めてたのかもな。
なんでいつもの感じのスタメンにしなかったんだろう?采配も精彩を欠きました。

ザハという上手くて強いFWがいて、地味でキツイサッカーで90分間相手の好きにさせない のを貫けたパレスが素晴らしかったですね。
なんでこのチームが下位に沈んでるのかわからない内容でした。
アーセナルファンとしては、何かもっとやれたはず!とモヤモヤしてしまう試合でしたが、まあ仕方ないっすね。
疲れただろうし、よく休んで、気持ちを入れ換えて欲しいですね。
  • エミリー
  • 2018/10/29(Mon)07:15:23
  • 編集

無題

ジャカの左足はストイチコフを彷彿させました。シュートもパスも凄かった。もっと流れの中でもシュートが観たい。トレイラの転び方はファールももらえるし、ケガしなくそうだし、小さい身体で闘う為に身につけたのか天才なのか。CL権が獲れたらザハは是非とも獲りに行って欲しいスーパーな選手です。敵だと怖すぎ。
  • 4
  • 2018/10/29(Mon)09:52:19
  • 編集

無題

よく負けなかったなぁ。
連戦の最中にランチタイム。疲れはあっただろうけれども。

連勝中もこんな内容は多かったですよ。何で勝ったのか、と。
モンレアルが出てたって同じ。ザハを抑えられるフルバックはアーセナルにはいない。サラーとマネを抑えられるフルバックもいない。来週の結果は明白。

思うに守備はほとんど進歩してないでしょう。前監督から。10試合我慢して見てたけど。トレイラのおかげで解決された問題もあるが、それは戦術的な改善ではない。

この試合から学んでほしいもんです。慢心があったのであれば取り除いて下さい。

頑張れガナーズ!頑張れエメリ!
  • トマシュ
  • 2018/10/29(Mon)15:25:32
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ