【Bournemouth×Chelsea】チェルシー惨敗!大いに気になる指揮官のネガティブ発言急増…!

マンチェスター・シティが衝撃的な敗戦を喫した翌日。ビッグ6から3つのクラブが、プレミアリーグ24節を戦っていました。2分のマネのゴールでリードしていたリヴァプールは、前半終了間際にマグワイアに決められて1-1。プレミアリーグ首位チームが、マン・シティ同様に逆転で足をすくわれる予感漂うハーフタイム。他会場のスコアを見ると、それぞれスリリングな展開となっています。15分早く始まったボーンマスVSチェルシーは、47分にジョシュア・キングが先制ゴールを決めて1-0。アンフィールドとほぼ同時にハーフタイムを迎えていたウェンブリーも、トッテナムがワトフォードに先制ゴールを許して0-1で折り返しています。上位が軒並み勝ち点を落とし、笑ったのはアーセナルだけというショッキングなミッドウィークになるのではないか…。雪のアンフィールドでレッズが苦戦するのを眺めながら、ロンドンのクラブがどんな戦いをしているのかをチェックし続けました。

2つの1-0に息を呑んだハーフタイムから、50分後。3つの試合は、3様の結果に着地しました。リヴァプールはレスターを攻めあぐみ、1-1ドロー。トッテナムは、アジア大会から戻ってきたソン・フンミンが80分に決めた後、87分にジョレンテが決勝ゴールをゲットし、2-1で競り勝っています。そして…チェルシーの最終結果には言葉を失いました。4-0、惨敗。ボーンマスは、昨季プレミアリーグでもスタンフォード・ブリッジで0-3と敗れている天敵ではあったのですが、サッリ監督のチームがここまで崩れるとは想像できませんでした。スタッツをチェックすると、チェルシーのポゼッションは68%。いつものように中盤を支配し続けたチームは、なぜ撃沈したのでしょうか。いま一度、問題のゲームを振り返ってみたいと思います。

ケパ、アスピリクエタ、リュディガー、ダヴィド・ルイス、エメルソン、ジョルジーニョ、カンテ、コヴァチッチ、ペドロ、イグアイン、アザール。セリエAからやってきた点取り屋がプレミアリーグデビューを果たし、マルコス・アロンソがベンチスタートとなった以外は、いつもの顔ぶれです。立ち上がりの2分にペドロが自陣で奪われたショートカウンターと、6分に縦パスをカットされて速攻を喰らったシーンは、いずれもジョシュア・キングにフリーで持ち込まれており、今思えば後半のゴールラッシュの予告編でした。直後、カンテが右のペドロに展開すると、クロスがファーに流れて飛び込んだコヴァチッチのヘッドがクロスバーにヒット。これが決まっていたら、逆の結果になっていたかもしれません。

アザールやペドロがドリブルで斬り込んでミドルを放つシーンはありましたが、チェルシーの攻撃は単調で、人数をかけて崩す試みがありませんでした。ボーンマスはひたすら速攻狙い。34分に左からジョシュア・キングが上がり、ライアン・フレイザー、デヴィッド・ブルックスと横につないだアタックは、彼らがめざすアプローチのひとつだったのでしょう。直後のCKから右に展開し、スティーブ・クックのクロスをジョシュア・キングとデヴィッド・ブルックスがヘッドで連打したチャンスは、ナタン・アケの手前でケパがキャッチしました。39分にアスピリクエタが左足で巻いたミドルはGKボルツが右に弾き出し、アザールの左足シュートも控えGKがキャッチ。0-0で終わった前半、チェルシーの脅威は遠めからのシュートだけでした。

カウンターの中心となっていたジョシュア・キングが、47分に左サイドでボールをキープ。チェルシー守備陣は戻っており、得点の予兆はありませんでした。ボーンマスは、ここから一気にペースアップ。縦パスを受けたライアン・フレイザーがボックスの左脇に流れたデヴィッド・ブルックスに浮き球を通すと、オフサイドを主張したリュディガーは足を出さず、マイナスのグラウンダーが中央に転がります。走り込んできたのは、つい先ほどまで左にいたジョシュア・キング!右足のボレーに、ケパは反応できません。フットボールの極意のひとつは緩急だとあらためて感じさせる見事な連携でした。

1点を追う展開となったチェルシー。58分にペドロがラインの裏に浮かし、カンテがボルツと1対1になりますが、トラップが大きくシュートを打てません。ボーンマスの2点めは63分。ダヴィド・ルイスが右に出したパスをデヴィッド・ブルックスにさらわれ、左に流れたジョシュア・キングからラインの裏に絶妙な浮き球が出ると、これをボックスに運んだブルックスが戻ってきたダヴィド・ルイスを切り返しであしらい、左足で右隅に蹴り込みました。

プレミアリーグデビュー戦で見せ場を創れなかったイグアインは、ここでジルーと交代。パスカットからのカウンターが冴えるボーンマスは、66分にもジョシュア・キングとブルックスで決定機を創出します。絶好調だったブルックスは、68分に足を痛めてジョーダン・アイブにチェンジ。3点めは74分、ケパのゴールキックでラインを上げたダヴィド・ルイスは、奪われてすぐの速攻でスタニスラスに裏を取られてしまいました。リュディガーとアスピリクエタは戻り切れず、優しいラストパスをジョシュア・キングが右隅に流し込みました。1点でも返していれば気分は変わったのですが、プレミアリーグ4位チームは終了間際の95分に4点めを奪われました。左からのFKをダニエルズにヘッドで流し込まれ、間もなくタイムアップ。プレミアリーグでチェルシーが4点差で敗れたのは、22年ぶり2度めという惨劇でした。

「おそらく私の過ちだ。私は選手たちのモチベーションを高められない監督なのだろう。わからない。なぜこうなったかを理解するのは難しい」。チームでプレイするのをやめた、11人の個人だったとサッリ監督はネガティブなコメントを繰り返していました。ご本人がいうとおり、最近増えた後ろ向きな発言は、選手たちのテンションを落とすことはあっても奮起にはつながらないでしょう。今、チームに必要なのは自信と余裕なのではないでしょうか。不利な体勢になったとき、必死に追うよりもオフサイドを主張することを優先した2人のCBに、チームの病巣を見たような気がしました。プレミアリーグ5位に転落したチームの行く末が心配です。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ