【Tottenham×Newcastle】ポゼッション81%で0-1⁉ スパーズはなぜ勝てなかったのか…?

ポゼッション81対19、パス本数763対190、シュート本数17対8。ハーフコートマッチが日常であるマンチェスター・シティでも、ここまで一方的な数字を残すのは稀です。プレミアリーグ3節、トッテナムVSニューカッスル。結果を知らない方に、勝ったのはポゼッションが2割を切ったほうだとささやいたら驚くでしょう。強者が足をすくわれる典型的なパターンにはまってしまったチームは、デル・アリとエンドンベレが不在で、エリクセンとロ・チェルソはベンチスタート。彼らに足りなかったのは、創造力とシュートの精度でした。

この日のスパーズは、突破力に長けたタレントを揃えていました。GKロリス、DFカイル・ウォーカー=ピータース、アルデルヴァイレルト、ダヴィンソン・サンチェス、ダニー・ローズ。セントラルMFはシソコとハリー・ウィンクス、2列めにルーカス・モウラ、ラメラ、ソン・フンミン、最前線は今季プレミアリーグ2ゴールの大黒柱ハリー・ケインといった布陣です。ニューカッスルのスティーヴ・ブルース監督の選択は5-4-1、CLファイナリスト相手に迷いなき守備的フォーメーションです。サイドに配されたマット・リッチーとエミル・クラフトはCBと同じ高さに構え、大半の時間をソン・フンミンやSBが仕掛けるサイドアタックに費やし、普段はジョエリントンの後ろで機能するアルミロンも右サイドで守備に加勢しています。

チェルシー相手に2度追いついたノリッジや、マンチェスター・シティの最終ラインをしばしば慌てさせたボーンマスを観た後だったこともあり、最初の20分は退屈でした。開幕節のアーセナル戦で素晴らしいドリブルを披露したサン・マクシマンが負傷し、クリスティアン・アツにチェンジ。ただでさえ守備的だったニューカッスルは、さらにゴールが遠くなってしまったように感じられたのですが、先制ゴールの仕掛け人は左サイドにいたアツでした。ダヴィンソン・サンチェスの目を盗んで巧みに遠ざかったジョエリントンを見逃さなかったレフティが浮き球を通すと、ダニー・ローズのチェックが遅れ、マグパイズの新エースが左足のシュートを左隅に突き刺しました。

この3分前に、ロングフィードがジョエリントンに届いたシーンがあり、落としを受けたロングスタッフの強烈なシュートをロリスが上に弾き出したのですが、白いシャツの帰陣が遅れたために逆サイドで2人がフリーになっていました。スパーズの敗因のひとつは、危険なアタッカーへのチェックがずれる守備陣でした。0-1とされたホームチームは、33分にソン・フンミンが左サイドを突破。右に流れたクロスを拾ったカイル・ウォーカー=ピータースがファーに浮かすと、ノーマークだったソン・フンミンが鋭いボレーでニアを狙いますが、GKドゥブラフカが冷静にセーブしてリードを守りました。

スパーズの2列めは、ドリブルに自信がある面々だけに球離れが悪く、しばしば攻めのスピードを落とす原因となっていました。48分にハリー・ケインが左からドリブルで上がり、ファーに浮かしたボールがDFを越えてルーカス・モウラに届きますが、窮屈なボレーは枠に収まりません。セカンドハーフも流れは変わらず、ニューカッスルの5バックはゴール前に美しいラインをキープしています。ポチェッティーノ監督が勝負に出たのは62分。カイル・ウォーカー=ピータースとラメラを下げ、エリクセンとロ・チェルソです。

焦るスパーズはピッチをワイドに使えず、ボールが中央に集まったためにオレンジの選手が作った渋滞にはまり続けました。77分、ボックス右で縦パスを受けたハリー・ケインがラッセルズと絡んで転倒しますが、VARをチェックしたマイク・ディーンさんのジャッジはPKではありませんでした。CBは体勢を崩してピッチに這っただけという判断だったのでしょう。81分にシソコがボックス右を崩したチャンスは、クロスを受けたルーカス・モウラがボレーをふかしてしまい、アタッカーたちは申し合わせたように頭を抱えています。最後までカウンターに悩まされ続けたスパーズは、オンターゲット2本では勝利は望むべくもありませんでした。

プレミアリーグ開幕節から3戦連続で先制点を許しているスパーズは、カウンターに対する守り方を修正できなければ、取りこぼしは減らないのではないでしょうか。無敗の2強に対して、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、トッテナムは1勝1分1敗。ビッグ6といわれ続けてきたプレミアリーグは、2超4強、あるいは2強6中といった展開になりそうな雲行きです。スパーズの次節はノースロンドンダービー。レッズの背中を早々に見失いたくなければ、ライバルとのアウェイゲームは必勝です。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

スタッツはスパーズが圧倒しているように見えますが、ニューカッスルが慌てる場面はほぼありませんでした。
試合は終始退屈で、サイドにボールが入ったときはトリッピアがいれば、試合終盤ではジョレンテがいればといなくなった選手のことばかり思い起こさせました。
ですが、まだリーグは始まったばかり。
次節はノースロンドンダービー、ここで勝利し勢いに乗りたいものです。
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2019/08/27(Tue)09:02:36
  • 編集

無題

サンチェスとローズの間を狙われまくってました。契約のこともあるんでしょうが、ダービーではヤントビーのコンビでいいです。
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2019/08/27(Tue)09:15:40
  • 編集

無題

引いた相手に苦しむのは予想していましたが、失点の仕方が悪すぎました。
前半はラメラが、後半はシソコが、それぞれ中央やサイドで、ボールの動かし方に工夫を凝らそうとしていましたが、問題はその後方、DFラインが自信喪失気味だということ。
フェルトンゲン不在のリスクが顕在化したのでしょうか、スターリングをまあまあ抑えていたKWPはアツにぶち抜かれまくり、ジョエリントンに競り負け続けた2CBはロングボールを蹴らせた前線のプレスを台無しにしていました。時間が経てば経つほどニューカッスルが団結してブロックを築く一方、スパーズはバラバラ。
負け方という意味ではリヴァプールを堰き止めきれなかったアーセナルより遥かに悪い負け方で、来週に向けて不安しかありません。。。
  • xof ybot
  • 2019/08/27(Tue)12:27:25
  • 編集

無題

2超4強。素晴らしい響きです。ゴチになります。
  • レッズファンぴこ太郎
  • 2019/08/27(Tue)12:46:11
  • 編集

無題

2超4強は言い得て妙ですね。
なぞらえて言えば、今のプレミアは2超4強14中という感じがします。
  • ヒーピアはイケメン
  • 2019/08/27(Tue)20:52:56
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ