【Burnley×Liverpool】抜け目ないリヴァプール…幸運な先制点とカウンター2発で0-3快勝!

ノリッジ、サウサンプトン、アーセナルとプレミアリーグ3連勝。欧州王者リヴァプールは、アリソン・ベッカーを欠いてクリーンシートゼロながら、ライバルのマン・シティに2ポイント差で首位に立っています。4節の相手は、バーンリー。プレミアリーグ開幕節でサウサンプトンに3-0で快勝したチームは、アーセナルに敗れた後、ウルヴスとのアウェイゲームはドロー決着。1勝1分1敗で6位に着けているものの、カラバオカップ2回戦ではリーグ1(3部相当)のサンダーランドに本拠地ターフムーアで1-3の完敗を喫しています。今度こそゼロに抑えて勝ちたいクロップ監督は、アーセナル戦と同じメンバーをチョイス。GKアドリアン、DFアーノルド、マティプ、ファン・ダイク、ロバートソン。中盤にはヘンダーソン、ファビーニョ、ワイナルドゥム、3トップはサラー、マネ、フィルミーノです。

キックオフから50秒、攻勢のリヴァプールはファビーニョのロングシュートがクロスバーの上にアウト。一気にイニシアティブを握るかと思いきや、最初の決定機はバーンリーでした。2分、最後方からのロングフィードでマクニールがラインの裏に飛び出します。オフサイドと判断したファン・ダイクの対応が遅れ、ボックスに戻ったところで追いついたものの、切り返しでUEFA年間最優秀選手をかわしたマクニールが左足でシュート。アドリアンが右に弾き出すビッグセーブを披露して失点を免れましたが、22失点の堅守を誇った昨季プレミアリーグでは見られなかったピンチでした。

5分、最前線にいたマネが後ろからのボールを収めて右のサラーに流すと、ニアを狙った左足のダイレクトショットがポストを直撃。13分、縦に走ったマネにフィルミーノがスルーパスを入れますが、タルコフスキーが右足を出してビッグチャンスの芽を摘みました。21分、ポジションを下げたサラーが前線に当ててスプリント。ヘンダーソンの絶妙な浮き球で昨季プレミアリーグ得点王がGKと1対1になると、飛び出したポープが触ったボールがサラーに当たってゴールに向かいますが、惜しくも右のポストすれすれを抜けていきました。

3トップを狙ったパスがつながらず、苦しんでいたレッズは、33分に思わぬ形で先制点をゲットします。右サイドのヘンダーソンが後ろに戻したボールを蹴ったのはアレクサンダー=アーノルド。クリス・ウッドに当たったボールがポープの頭上を越えて左のサイドネットに吸い込まれ、ターフムーアにアウェイサポーターの歓喜の叫びが響き渡ります。さらに37分、ハーフライン付近に上がっていたベン・ミーが不用意なパスをフィルミーノにさらわれ、ショートカウンターが発動。左でラストパスを受けたマネがインサイドで丁寧に右隅に流し込み、プレミアリーグ首位チームがあっという間にリードを2点に広げました。

45分、ジャック・コークのパスをボックス手前でもらったアシュリー・バーンズが、ファン・ダイクのチェックを嫌うように右足を振り抜きますが、ボールは左ポストの外に切れていきます。前半は0-2。後半もリヴァプールがポゼッションを取り、バーンリーはカウンターのチャンスを窺うしかありません。キラーパス1発で決めようとし過ぎて、シュートチャンスを創れないレッズに対して、バーンリーのハイボールはファン・ダイクとファビーニョに跳ね返されています。56分にボックス右でフリーになったサラーは、右足のクロスがゴールラインを割り、61分に右サイドからドリブルで仕掛けたチャンスも、ベン・ミーをかわして放った右足のシュートがポープの正面でした。

64分、ワイナルドゥムのインターセプトから前線のマネに速いパスが通ると、右からのシュートをブロックされたヘンダーソンがファーに浮かし、フィルミーノのバイシクルはベン・ミーがカット。クロップ監督は71分にヘンダーソンを下げ、チェンバレンをインサイドMFに配します。72分、左から上げたマクニールのFKをタルコフスキーがヘッドで叩くも、ボールは大きく上にアウト。73分、ショーン・ダイク監督の最初のカードはアシュリー・バーンズをジェイ・ロドリゲスです。

勝負が決したのは80分。センターサークルのフィルミーノがサラーを右に走らせるパスを通し、昨季プレミアリーグ得点王が追いついてきた9番に落とすと、完璧なシュートが左隅に突き刺さりました。85分、マネとフィルミーノがお役御免となり、シャキリとオリギがピッチに入ります。89分、ウェストウッドのスルーパスがジェイ・ロドリゲスに届いたシーンは、ファン・ダイクとアドリアンの連携が悪く、アタッカーがGKの目の前でシュート。アドリアンがかろうじて手に当て、レッズ移籍以来初のクリーンシートを達成しました。

0-3、レッズ快勝。サラーがフリーのマネに出さず、右足で打とうとしてクリアされたシーンや、サラーの縦パスでワイナルドゥムがポープと1対1になったチャンスをものにしていれば、大差で終わっていたゲームでした。ファン・ダイクのヘディング、フィルミーノのチャンスメイク、サラーのボールキープ、マネのフィニッシュと、タレントたちがストロングポイントを披露した一戦。バーンリーの数少ないチャンスは、アドリアンの冷静なセービングに阻まれました。

プレミアリーグ4連勝を決めたリヴァプールは、9月に入るとナポリとチェルシー相手にアウェイで連戦という最初のハードルを迎えます。アリソン・ベッカーが復帰し、最終ラインが調子を上げれば、無敗の快走が続くのではないかと思います。いやー、強い。マンチェスター・ユナイテッドとチェルシーは足踏み、アーセナルとトッテナムは潰し合い。プレミアリーグ2019-20シーズンは、昨季に続いて2強のマッチレースとなりそうな雲行きです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

早速の更新ご苦労様です。
難所の一つターフムーアを攻略できひと安心です。
ダイクとマティプがしっかり仕事をしアドリアンもセーブがひかり、ファビーニョが中盤でしっかり立ちはだかり、攻撃陣も得点を入れ理想的な形だったと思います。しっかり勝てて良かったです。クリーンシート達成も嬉しいですね。
  • Macki
  • 2019/09/01(Sun)04:18:34
  • 編集

無題

僕はフロントスリーの中では特にフィルミーノが好きで、古くはグティ(オールラウンドすぎてMFの印象が強いですが、本人は自分はFWだと言っていた気が…)のように自分でも打てるのにより確実な味方に平気でゴールを譲ってしまうタイプの選手に痺れてしまうので、マネの怒りはよくわかります。
サラーは大好きな選手ですが、たまに君は試合に勝ちたいの?それとも得点王になりたいの?と思ってしまう時がありますが、世界のトップになるにはそれぐらいの気持ちが必要なんでしょうかね。
  • わたぴこ太郎
  • 2019/09/01(Sun)15:08:27
  • 編集

無題

マネが怒鳴ってた先はフィジカルコーチだったのでマネ自身はOKだと思っているのに、コーチにはプレー時間の制限が必要だと思われているという齟齬があったんじゃないかなと
  • レン
  • 2019/09/01(Sun)17:37:45
  • 編集

レンさん

ありがとうございます。解説のK谷さんやいくつかのニュースの見出しでサラーにナントカと見て完全にそうだと思ってしまいましたが、なんでベンチでサラーじゃない人にキレてるんだろうと思っていたので、そのご意見だと全部納得できますね。ありがとうございます。
セルフィッシュだどうだというのはプロの世界では当たり前なんでしょうね。
  • わたぴこ太郎
  • 2019/09/01(Sun)20:13:06
  • 編集

無題

マネとサラー、かみ合わなかった点もありましたが、ここぞで上手くかみ合った点が効いてますね。
カウンターからのキッチリとスムーズな流れが素晴らしかったです☆

無題

マネが怒っているのはサラーと一斉に報じられていますね。
残り5分での交代を命じられたからといって、温厚なマネがあそこまで怒りを露わにするものでしょうか?
ゲームを見ていてもサラーの独善的なプレーが目に付きますので、やはりマネの怒りの矛先はサラーなのでは?、と思ってしまいます。
  • 千兵衛
  • 2019/09/02(Mon)20:47:33
  • 編集

無題

マネが怒っているのはサラーと一斉に報じられていますね。
残り5分での交代を命じられたからといって、温厚なマネがあそこまで怒りを露わにするものでしょうか?
ゲームを見ていてもサラーの独善的なプレーが目に付きますので、やはりマネの怒りの矛先はサラーなのでは?、と思ってしまいます。
  • 千兵衛
  • 2019/09/02(Mon)21:07:59
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ