【Norwich×MAN.CITY】オタメンディがミスを連発…今後に禍根を残す激痛の敗戦!

昨季プレミアリーグ王者が、チャンピオンシップから上がってきたチームに3発喰らって敗れるという結果は、ジャイアントキリングという表現がぴったりです。キャロー・ロードのノリッジVSマンチェスター・シティ。ポゼッションは31対69、シュート数は7対25とアウェイチームが圧倒したのですが、黄色いシャツが記録したオンターゲット3本はいずれもゴールでした。セットピース、カウンター、オタメンディの信じられないミスと、弱者が勝利を収めるための必須アイテムがすべて揃った衝撃の90分を、あらためて振り返ってみたいと思います。

GKエデルソン、DFカイル・ウォーカー、ジョン・ストーンズ、オタメンディ、ジンチェンコ。MFロドリ、ギュンドアン、ダヴィド・シルヴァ、FWベルナルト・シウヴァ、アグエロ、スターリング。今季プレミアリーグ6ゴールのアグエロと5ゴールのスターリングはいるものの、ラポルテが長期離脱で、デブライネはベンチスタートです。ペップはチャンピオンズリーグを見据え、プレーメイカーを温存したのだと思われますが、この判断がジャイアントキリングを演出する序章となったのかもしれません。

序盤のマン・シティに、異変は感じられませんでした。強いていえば、3分過ぎからノリッジにプレスをかけられ、オタメンディがシュティープルマンに奪われそうになったのが気になったぐらいです。しかしこれは、結果を知ったからこそ「あれが伏線だった!」といいたくなるシーンであり、ライブで観ていた際の感想は「窮屈なビルドアップが多い」「速いアタックが少ない」といった、「ときどきあること」のレベルです。18分、右からのCKをマクリーンが頭で合わせ、ノリッジ先制。ロドリとカイル・ウォーカーのポジションと役割意識は曖昧で、ニアに入られたのに気づいたときは、時すでに遅しでした。

長いシーズン、不慮の一発でビハインドを背負ったぐらいで騒ぐこともなく、「5時間前のリヴァプールもそうだった」「これで試合がおもしろくなった」という程度の気分でした。21分、右からのクロスのクリアを拾ったスターリングのコントロールショットは、アグエロの頭に当たって右にアウト。マン・シティのハーフコートマッチが続き、ノリッジはカットしたボールを味方につなぐことすらできません。28分、左サイドのスターリングが鋭いクロスをファーに送ると、走りこんだアグエロのヘッドはクロスバーの上。この直後、ゴールを決めたのはノリッジでした。

GKクルルからのボールを自陣で受けたブエンディアがボールを浮かしてロドリをかわすと、高いラインの裏に走ったマクリーンにジョン・ストーンズはついていかず、オタメンディの帰陣も遅れました。逆サイドにいたキャントウェルを見ていたカイル・ウォーカーが、マークを捨ててマクリーンをチェックしにいく最悪の展開。ラストパスをもらったキャントウェルの前には誰もおらず、14番は無人のゴールに流し込むだけでした。

2-0となり、胸騒ぎが芽生えたものの、31分にスターリングのヘッドがポストを叩いた瞬間、猛攻を仕掛ける昨季プレミアリーグ王者の3発逆転はリアルな未来だと思い直しました。46分、ベルナルド・シウヴァの正確なクロスがマークを外したアグエロに届き、完璧なヘディングシュートがゴール右隅に吸い込まれます。前半は2-1で終わり、私はマン・シティが勝つものと思っていました。45分で2ゴールは、彼らにとってさほど重いミッションではありません。しかし…。

致命的なミスが生じたのは、50分でした。ハーフライン手前でオタメンディがジョン・ストーンズへのパスをさらわれ、ショートカウンターからプッキにシュートを打たれた直後。エデルソンから預かったジョン・ストーンズが脇にいたオタメンディにパスを出すと、背後からの刺客に気づかなかったCBはあっさりボールを奪われてしまいました。殊勲のブエンディアは自分で打たず、中央にいたプッキへ。プレミアリーグ4戦5発の点取り屋は、エデルソンのグローブに当てながらも強引にねじ込みました。

追撃態勢に入った矢先のケアレスミステイクで、さすがのマン・シティもしびれました。ペップは57分にギュンドアンとダヴィド・シルヴァを下げ、ガブリエウ・ジェズスとデブライネを投入しましたが、両者が慌てて着替えていたのを見ると、想定よりだいぶ早かったのではないかと思われます。ノリッジが素晴らしかったのは、最強王者を前にして自分たちのスタイルを崩さなかったことです。ピンチでなければ希望のないクリアに逃げることなく、最終ラインから丁寧につなぎ、次のゴールを狙いにいっていました。焦るマン・シティはラストパスが単調になり、88分にロドリがプレミアリーグ初ゴールとなるミドルを決めただけに終わりました。

「彼らは何度も一緒にプレイしてきた。私たちには彼ら以外にCBがいないが、心配はない」「リヴァプールとのギャップは5ポイントになったけど、まだ9月だ。何をしろというのだ?おめでとうリヴァプール、あなたたちはチャンピオンだとでもいうのか?」。失点の原因となった2人のCBをペップはかばいましたが、CLのシャフタル・ドネツク戦や次節のワトフォード戦では、フェルナンジーニョが起用されるシーンがあるのではないでしょうか。

失点を最初の1発だけに留め、勝ち切らなければならない一戦でした。大金星のノリッジをリスペクトしつつ、ラポルテのリタイアが激痛であることを証明してしまったペップのチームの未来を憂いています。最下位ワトフォードとのホームゲームでは、さすがに負けないと思われますが、グディソンパークのエヴァートン戦が心配です。リシャルリソン、ベルナルジ、モイーズ・キーン、ウォルコットとスピードスターやテクニシャン揃いのチーム相手に、同じようなミスを繰り返せば失点必至です。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

いやー、負けちゃいました。しかもフロックではなく、ノリッジの方が上回ってました。
ちゃんとビルドアップして前線にも果敢に枚数をかけて、スピードもあったし、完敗でした。
二連覇&三冠の覇者を相手にバスを停めることもせず真っ向勝負、何と素晴らしいチームでしょう。
一方のシティは痛恨のミスがあったとは言え、守備陣の布陣に手を付けざるを得ないでしょう。シーズン序盤で先は長いです。
  • ペップの街
  • 2019/09/16(Mon)09:34:10
  • 編集

無題

びっくりした
簡単に崩れるチーム作りはしてないと思ってたからラポルテがそこまで痛手とは思わなかった
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2019/09/16(Mon)15:26:27
  • 編集

無題

ノリッジの2ゴール目のラストパスはプッキだったような…
その前のスルーパスもスティーパーマンですね~
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2019/09/16(Mon)18:31:29
  • 編集

ふむう

ノリッジは強い、ただの昇格チームのレベルではないっすね。

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ