【Watford×Arsenal】止まらないデウロフェウ、自陣でミス連発…ガナーズ、幸運のドロー!

トップ下に、メスト・エジルが戻ってきました。プレミアリーグ5節、ヴィカレージ・ロードのワトフォードVSアーセナル。負傷したラカゼットが使えないエメリ監督は、前線にオーバメヤンとニコラ・ペペを並べています。ダニ・セバージョスとグエンドゥジが左右に入り、中盤の底をジャカが締めるダイヤモンド型の4-4-2。レノの前にはメートランド・ナイルズ、パパスタソプーロス、ダヴィド・ルイス、コラシナツの4枚です。

6分に、デウロフェウが最初のシュートを打つまでは静かな展開。アーセナルは縦にボールが入らず、10分を過ぎてもチャンスはありません。11分、右からのパスを受けたクレヴァリーにダヴィド・ルイスが当たりにいけず、強いミドルがゴールを襲うもレノが冷静にセーブ。13分にきれいなサイドチェンジが左のデウロフェウに通ると、メートランド・ナイルズをかわした7番が後ろに落とし、ホレバスのダイレクトショットが左に外れます。プレミアリーグ最下位チームは、キケ・フローレス監督の就任によって、1年前のアグレッシブなフットボールを思い出したようです。

押されていたガナーズは、20分にグエンドゥジが起点となった速攻からニコラ・ペペが左足できわどいシュートを放ち、その1分後に鋭いカウンターを決めました。ダニ・セバージョスが奪ったボールをコラシナツがドリブルで持ち込み、ボックス左にいたオーバメヤンにラストパス。ゴールに背を向けてトラップしたエースは、振り向きながらニアが空いているのを確認し、シャープなシュートでGKフォスターの右手の先を抜きました。

これで元気になったガナーズは、32分に追加点をゲットします。エジルが縦に転がした素晴らしいスルーパスで、右から上がったメートランド・ナイルズがフリー。グラウンダーがノーマークのオーバメヤンに通り、今季プレミアリーグ5ゴールめはイージーな左足ボレーでした。さすが、エジル!昨季のレスター戦でベジェリンをラインの裏に走らせた美しいボールを思い出します。あのときも、フィニッシュはオーバメヤンでした。

35分にボックスのすぐ外でグエンドゥジが奪われ、デウロフェウのシュートをレノがセーブ。ビルドアップにおける危なっかしいプレイは、後にポイントを失う原因となります。0-2で折り返したガナーズが、セカンドハーフであれだけ殴られ続けるとは思いませんでした。45分で喰らったシュートは23本。前半の8本を足すとトータル31本となり、Optaが計測を始めて以来のプレミアリーグレコードだそうです。

キックオフから1分、自陣右サイドにいたグエンドゥジがボックスのコーナーにいたアンドレ・グレイにプレゼントするという信じられないミスを犯し、レノの飛び出しに助けられます。中盤と最終ラインが浮足立ったのは、キレキレのデウロフェウにビビったのか、執拗なプレスを怖れたのか。パパスタソプーロスがやらかしたのは53分。ゴールの脇でレノからボールをもらったCBは、明らかに狙っていたデウロフェウにボックス内で不用意なパスをカットされ、こぼれ球をクレヴァリーに叩き込まれてしまいました。

エメリ監督は60分にダニ・セバージョスを下げ、若いウィロックを投入。キケ・フローレス監督は、ウィル・ヒューズを下げてロベルト・ペレイラで勝負です。デウロフェウは、自分は止められないと確信しているかのように自由に振る舞っています。65分に2人のマーカーの間を通したパスは絶品。アンドレ・グレイに代わったイスマイラ・サールが焦らなければここで同点でした。67分のグエンドゥジをルーカス・トレイラは、当然の交代といっても大げさではないでしょう。デウロフェウが当たり前のようにメートランド=ナイルズをかわし、ファーポスト際を狙うシーンを何度見たことか。

71分、エジルをネルソン。3枚めは、より経験値が高いチャンバースでデウロフェウを抑えたほうがよかったのではないでしょうか。79分、ニコラ・ペペが右からドリブルで突破。シュートのこぼれ球を直接叩いたルーカス・トレイラの強烈なボレーが決まっていれば、勝負は終わっていたでしょう。しかしこの直後に、ダヴィド・ルイスがロベルト・ペレイラを引っかけてPKを取られてしまいます。相手の前に出した足を引っ込めたCBは、ジャッジに納得していないようですが、ロベルト・ペレイラが難なく決めて2-2のイーブンとなりました。

この後のガナーズは、サンドバックのようにシュートを打たれ続けました。84分のデウロフェウの一撃が10センチ内側だったら、92分にイスマイラ・サールのグラウンダーに合わせたドゥクレのボレーがもう少し左に飛んでいたら、プレミアリーグ最下位が今季初勝利を決めていたでしょう。デウロフェウをまったく止められず、前線と最終ラインは分断され、勝ち点ゼロか1ポイントかの二択はレノのセービングに委ねられました。ラスト20分は、チャンバースを入れてゴール前のスペースを消し、カウンター狙いに徹したほうが勝つ確率は高まったのではないかと思います。

2人のCBは冷静さを欠いて失点のきっかけとなり、メートランド=ナイルズは狙われ、コラシナツが上がると背後をカバーしきれず…エメリ監督が改善すべきテーマは明確です。メートランド=ナイルズ、コラシナツ、ダヴィド・ルイスを活かすなら、3バックのほうがいいのではないでしょうか。戦術の完成度向上と最終ラインの安定化を実現できなければ、ガナーズは今季もアウェイで勝ち点を失い続けるでしょう。TOP4をめざすチームが、不振の中堅クラブに31本も打たれてはいけません。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

サンドバッグ

ガナーズは楽勝で勝ってて僕は後半は見ていませんでした。起きてみたら点数は同じ。負けに等しい状態です。
GKからつなぐ誰にでも分かる狙いどころを単純に狙い続け、ぺぺより優れたウインガーの攻撃が当たり続けていたのに態勢をなぜか劣化させるという采配。全くわかりません
  • ガナーズぺろ
  • 2019/09/17(Tue)02:07:52
  • 編集

無題

去年から守備が底上げされたない危惧が現実のものとなってしまいました、、、、

収穫はエジルの復活のみですね。ラカとオバメ頼みに今後もなりそうな気しかしないです。

かもんアレグッリ
  • ガナユ
  • 2019/09/17(Tue)03:52:43
  • 編集

無題

エメリ以上の監督なんか、なかなかいないから解任うんぬんは置いとこう。ランパードはもちろんスールシャールも実質1年目みたいなもんだし、アーセナル4位いけると思うよ。上3つは完成度が高いし、継続性が3バカとは段違い。ウルブスも序盤で躓き過ぎて、CLは無理。ガナーズおめでとう。

無題

オーバメヤンの2ゴールを帳消しにする、あまりにもお粗末で不出来な後半でした(泣)
ソクラテスのやらかしと、ルイスのPK献上、交代も傷を広げるような采配、そして90分通して中盤の守備という概念の無い、ひどい守り方。
本当に負けなくてラッキーでしたね。
ワトフォードみたいなサッカーをしてほしいんですけどね。
アーセナルのミスとパニックを差し引いても、ワトフォードの方が、良いサッカーをしてました。
今節のアーセナルは、見ていてイライラするどころか、恥ずかしかったです。
何度、見るのを止めてしまおうと思ったことか!!(泣)
  • エミリー
  • 2019/09/17(Tue)06:10:39
  • 編集

無題

連投すいません。

皆さんルイスに対するネガティブな印象をお持ちかと思いますが、問題はバイタルをトップスピードで突破されてる状況を作られていた事にあると私は思います。

ルイス個人ではなく、去年からチームとしての守備が全く向上していない事が問題なのです。
  • ガナユ
  • 2019/09/17(Tue)08:59:41
  • 編集

無題

途中からコジョーンのチーム応援したわ。なんだあれ。

信頼できるCBはパパだけ、という評価に同意したことは申し訳ないが昨シーズンから一度もございません。コシとルイスを入れ替えてフロントグッジョブ、もどうなんだかよくわからん。

グエンも点にこそつながらなかったけど、開いた口がふさがらなくなるような致命的なミスが2回あった。もっとかな?

ウィロックにナイルズ、突っかけてこねて取られて戻らない・・・。いや、君らのせいじゃない。

ムスタフィいなくなったと思ったらムスタフィだらけで草はえました。ホントに。

オバメヤン、いい加減切れていいと思うぞ。FCムスタフィでプレーするには君の才能はあまりにもったいない。ラカゼットとペペつれて別のチームに行った方がいいんじゃないか。ついでにトレイラも誘ったげて。
  • トマシュ
  • 2019/09/17(Tue)10:26:54
  • 編集

無題

最下位相手に被シュート数31本はヤバすぎますね
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2019/09/17(Tue)11:28:27
  • 編集

無題

CL決勝まで進んだ05/06シーズンまでのボスの全盛期の特徴、個人的に以下の2つ
①ボールも走るが人も走る
②基本的な足元のテクニックがある
近年、これが無くなっている。最近、①はカウンターの時ぐらいしか見られないし、
②については足元がある選手の方が少なくなってきてる。おそらく、ジャカがスタ
メンで手続ける限り、戻ってくることはなさそうだなぁ(´;ω;`)ウッ…
  • ひとっちゃん
  • 2019/09/17(Tue)20:41:42
  • 編集

無題

エジルのパスは美しかったですね〜。それに決まらなかったけどぺぺに凄く速くて正確なパス出してた。あれは去年なかったな。これからばんばん決ま
ると面白い。


  • 匿名
  • 2019/09/17(Tue)22:25:14
  • 編集

無題

それにしても酷かった。やはり低い位置から繋いでいくなら、圧倒的に足元が無さすぎます。特にソクラティス。やりたいことと人員が合ってないですよね。正直マヴロパノスの方が左右正確なので、ギャンブルですが、戻ってきたら彼を使って欲しい。使わないなら根本的に戦術から見直して欲しいです。
  • アン
  • 2019/09/17(Tue)22:31:39
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ