【Liverpool×Everton】オリギ&シャキリ!代役が躍動したリヴァプールがダービー圧勝!

プレミアリーグ15節はマージーサイドダービー。首位を快走するリヴァプールは、フィルミーノとサラーがベンチスタートという大胆なターンオーバーでライバルとの対決に臨みます。GKアドリアン、DFアーノルド、デヤン・ロブレン、ファン・ダイク、ロバートソン、MFワイナルドゥム、ミルナー、ララナ。最前線はマネ、オリギ、今季プレミアリーグ初先発のシャキリという並びです。キックオフから2分、ファン・ダイクのロングフィードが左のロバートソンに届き、クロスがマネに届きますが、ミナと競り合いながらのヘディングシュートはクロスバーの上。ポゼッションを取るレッズに対して、引いたエヴァートンは速攻狙いでしたが、6分に決まったプレミアリーグ首位チームの先制ゴールは鮮やかなカウンターでした。

ボックス内のロバートソンがこぼれ球をヘッドでクリアすると、ララナが左のマネを走らせます。ドリブルで上がった10番は、マイケル・キーンの外からオリギの足元に入る絶妙なスルーパスをフィード。快足アタッカーが抜けた瞬間、エヴァートンのCBコンビが力を抜いて諦めるのがわかりました。ピックフォードを抜いたオリギが無人のゴールに転がし、1-0。アンフィールドの後押しを受けて、ホームチームが主導権を握っています。

11分にファン・ダイクのロングフィードでマネがラインの裏に出ますが、切り返しをカットされてシュートに至らず。エヴァートンは精度の低いロングボール頼みになっており、ことごとくデヤン・ロブレンに拾われています。17分、アーノルドの完璧なサイドチェンジがマネに通り、中に斬り込んだ10番がボールの勢いを殺した縦パスでシャキリをフリーにします。ピックフォードと1対1になった小柄なレフティが冷静に脇を抜き、今季プレミアリーグ初ゴールをゲットしました。

2-0とされたエヴァートンは、21分のショートコーナーを活かします。イオビが右から入れたクロスを、ニアにいたマイケル・キーンがトラップ。デヤン・ロブレンがスリップしてしまい、ここまで冴えなかったCBが鬱憤を晴らすように右足でネットに突き刺しました。25分、イオビのスルーパスでカルヴァート=ルーウィンがファン・ダイクの裏に飛び出しますが、プレミアリーグNo.1のCBに体を寄せられ、シュートは右に外れます。31分、デヤン・ロブレンのロングフィードで、またしてもマイケル・キーンが裏を取られます。つま先でトラップしたオリギは、ピックフォードのポジションを見て届かないコースにループシュートを浮かしました。

マルコ・シウヴァ監督は35分にシディベを下げ、ベルナルジでテコ入れを図ります。40分にボックス手前のイオビが左隅を狙いますが、アドリアンを騙せず、中途半端なキックになってしまいます。44分、ボックス右からリシャルリソンがグラウンダーを入れると、カルヴァート=ルーウィンの前に入ったデヤン・ロブレンがぎりぎりでクリア。CKをファン・ダイクがヘッドでクリアすると、マネとのパス交換でアーノルドが左からドリブル突破を図り、ゴールが見えたところで脇にいたマネに預けます。左足のコントロールショットが左隅に吸い込まれ、4-1。レッズの圧勝と思いきや、47分にベルナルジのクロスをリシャルリソンが肩で押し込み、前半だけでトータル6ゴールの乱打戦となりました。

プレミアリーグ2019-20シーズンで、リヴァプールが2失点を喫したのは初めてです。ユルゲン・クロップは守るのか、奪うのか。後半の立ち上がりは互角の展開。52分のディーニュのFKは、右に切れていきます。60分、マルコ・シウヴァ監督の2枚めはカルヴァート=ルーウィンをモイーズ・キーン。CKに競り勝ったリシャルリソンのヘッドは、アドリアンの正面です。中盤でのせめぎ合いが続く展開は、プレミアリーグ首位チームの望み通りでしょう。65分のトム・デイヴィスのミドルシュートは、アドリアンが余裕をもってキャッチしました。

69分、シャキリの素晴らしいラストパスが、中央から上がったマネに届きますが、2人にチェックされたアタッカーはトラップをミス。73分にトム・デイヴィスがシュナイデルランに代わると、クロップ監督はララナとオリギを下げ、フィルミーノとヘンダーソンの足を慣らします。代役たちが躍動した理想的なゲームを締めくくったのは、ワイナルドゥムでした。CKのクリアがアーノルドと代わったジョー・ゴメスに出ると、左サイドにいたフィルミーノに展開。ホルゲートをあっさり抜き去った9番がニアに転がし、右足のシュートがファーのサイドネットに吸い込まれました。リヴァプールが5-2で大勝し、プレミアリーグの連勝記録を6に伸ばしました。

エヴァートンの最終ラインは何度となく簡単に裏を取られてしまい、オリギやマネにあれだけ自由に打たせれば、惨敗もやむをえません。80分過ぎからマネがGKとの1対1を2つ外しましたが、後半のレッズの本気度が高ければ、セインツに続く9失点大敗もあったのではないかと思います。クロップ監督にとっては、収穫の多い一戦でした。サラーの充電に成功し、オリギとシャキリがゴールを決め、ララナ、アドリアン、ジョー・ゴメスにピッチの感触を確かめさせた充実の90分に、2失点というコストは激安です。不振にあえぐボーンマスに勝ち、ザルツブルグ戦でCLのノックアウトラウンド進出を決め、最下位ワトフォードに圧勝すれば12月は半分成功。次節はサラーの復活ゴールを期待しましょう。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

早速の更新ご苦労様です。
シャキリにララーナとダービー男オリギの活躍は嬉しいですね。特に出番に飢えていたシャキリはゴールに加え存在感も見せ最高だったのではないでしょうか。激戦の12月良いでだしですね。
  • Macki
  • 2019/12/05(Thu)08:37:43
  • 編集

いやー

ローテーション必至の12月、マージーサイドダービーはこの上ない結果を得られました。オリギ、シャキリ、ララーナ…、観たかった選手が躍動してくれたダービー完勝は大きい!
次節ボーンマウス戦はもちろんながら、目下の最重要試合は来週ミッドウィークのCLザルツブルク戦。
現有戦力のフィットネスをしっかりと維持、もしくはピークに持っていき、勝利してのグループリーグ勝ち抜きを祈ります!
しかし、オリギ1点目を演出したマネのサイドを抉ったスルーパスはバケモノか。

無題

やっぱりオリジスタメンで2トップ気味だと4点は入りますね〜。
バルサ戦、ドルトムント戦、スタリッジとオリジの2トップ時代は平均4点くらい取ってた様な気がします。
  • リバプール大好き!
  • 2019/12/06(Fri)07:38:42
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ