【Wolves×MAN.CITY】一発退場、PK蹴り直し…事件だらけの一戦はウルヴスが大逆転勝利!

ここで勝ち点を落としたら、プレミアリーグ3連覇というミッション達成は絶望的になります。レスターに0-4で圧勝した世界王者は勝ち点52。既に4敗を喫し、勝ち点38に留まっているマンチェスター・シティは、ホームで0-2と苦杯を嘗めたウルヴスにダブルを喰らうわけにはいきません。今季プレミアリーグで13戦9発のアグエロがスタメンに戻ってきました。両サイドにはマフレズとスターリング、中盤は絶好調デブライネとロドリ、ベルナルド・シウヴァ、エデルソンの前にカイル・ウォーカー、フェルナンジーニョ、オタメンディ、バンジャマン・メンディという布陣です。

キックオフから、押しているのはマン・シティ。ウルヴスのサイドを担うドハーティとホニー・カストロは3バックと並び、5-4-1で昨季プレミアリーグ王者の鋭い攻撃に対応しています。デンドンケルとバンジャマン・メンディが激突し、頭部を強打するアクシデントの後、11分に事件が起こりました。縦パスを追いかけたジョッタが、ボックスから飛び出したエデルソンに引っかかって転倒。守護神は1発レッドとなり、ブラボと代わったのは復帰したばかりのアグエロです。ジョアン・モウティーニョのFKは、ゴールマウスに立ったばかりのGKがキャッチ。10人になったマン・シティは、先制される展開を回避しなければなりません。

3度めの事件は22分。ボックス左でマフレズとデンドンケルが接触してボールがラインを割ると、1度はゴールキックを指示したアトキンソンさんは、VARによってPKを宣告します。スターリングのキックをルイ・パトリシオが右に弾くと、再びVAR。早く動いた選手がいたとされ、やり直しとなった2本めもウルヴスの守護神が手に当てますが、今度はスターリングの足元にこぼれてしまい、アウェイチームが先制しました。騒然とするモリニュースタジアム、ポゼッションはウルヴス。40分、ホニー・カストロのミドルはオタメンディが頭でクリア。直後、ホニーのクロスをファーで合わせたアダマ・トラオレのボレーは、バンジャマン・メンディがブロックしました。

一方的に攻めるウルヴス。前半の追加タイムは7分もあります。ホニー・カストロやアダマ・トラオレの強引な突破は冷静な最終ラインに止められ、ハーフタイムは0-1。モリニューを包んだ大ブーイングは、レフェリングに向けられたものでしょう。ペップのポゼッションが40%を切るとは…マフレズをエリック・ガルシアという交代策は、0-1で逃げ切るという意思表示でしょうか。

47分、ラウル・ヒメネスがラインの裏に浮かしたボールをジョッタがハーフボレーで狙いますが、コントロールできずにバーの上。50分にロドリの縦パスがデブライネに通ると、最終ラインを切り裂くスルーパスでスターリングが独走します。ルイ・パトリシオの飛び出しをあざ笑うようなチップキックが決まり、0-2。スピードスターのプレミアリーグ10発めは、窮地に追い込まれたチームを落ち着かせるはずでした。

ところが54分、スターリングのミスパスを敵陣でカットしたルベン・ネヴェスが前にいたアダマ・トラオレにパスを出すと、重戦車のようなドリブルから右足で放った豪快なシュートが左のサイドネットに突き刺さりました。なおも攻めるウルヴス。63分にデンドンケルが打ったミドルは、ブラボが冷静にキャッチ。66分にギュンドアンに代えられたデブライネは、悔しそうな表情を浮かべています。69分、バンジャマン・メンディとベルナルド・シウヴァをかわしたアダマ・トラオレの左足シュートは、速さは充分ながらGKの正面です。

73分、左サイドから蹴ったモウティーニョのFKは、中央で競り勝ったサイスのヘッドがポストの右にアウト。77分の同じ位置からのFKは、エリック・ガルシアが逸らしたボールをファーのドハーティがヘッドで叩きますが、うまく当たらずクロスバーを越えてしまいます。82分、途中出場のネトが上げたクロスが逆サイドに流れると、キープしたバンジャマン・メンディがアダマ・トラオレに奪われ、グラウンダーがフリーのラウル・ヒメネスに通りました。エースの今季プレミアリーグ8発めは、前年王者に追いつく貴重な同点ゴール。さらに90分、ヒメネスとのワンツーで中央に入ったドハーティが左足を振り抜き、ブラボの脇を抜く逆転ゴールを叩き込みました。

93分、正面から蹴ったスターリングのFKはクロスバーにヒットし、モリニューにどよめきが広がります。0-2から3発を決めたウルヴスが、まさかの大逆転勝利!昨季プレミアリーグ王者を相手にシーズンダブルを達成しました。ポゼッション37%と、プライドを捨てて守ろうとしたペップにとっては激痛の敗戦。アグエロを外し、マフレズを外し、デブライネを外してまで後ろをケアしたにも関わらず、アダマ・トラオレ、ラウル・ヒメネス、ドハーティを止められませんでした。1試合消化が少ないリヴァプールとの差は14ポイント。これほどのギャップを埋めた優勝チームは過去に存在せず、3連覇達成は風前の灯です。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

あーっ!メンディやっちまったあ!
セイフティにクリアしても数的優位で攻め込まれるし、ビルドアップする余裕もないしでゴールキックに逃げようとしたんでしょうが。
数的不利とはいえ0ー2まで持って行きながらの大逆転負けは大ショックです。
エデルソンもラポルテもストーンズもいない守備陣では次戦も危ういです。
  • ペップの街
  • 2019/12/28(Sat)08:05:51
  • 編集

無題

シティのファンは悔しいでしょうが、プレミアリーグの魅力が詰まった一戦ですね。
ウルヴス、ボーンマス、パレスやシェフィールドU、そしてレスター。
どこと対戦しても楽勝が約束された試合なんてない。
おっと、もはやレスターはBIG6ならぬBIG3の一員みたいな感じなので当然っちゃ当然ですかね。
  • ぐなです
  • 2019/12/28(Sat)09:10:08
  • 編集

無題

ウルブスやライプツィヒみたいに大物をバックに計画的に強豪化を目指す形が計画通り(あるいは以上)に成功してるのを見ると落ちぶれてる古豪はブレインが駄目って事なんだろうか?
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2019/12/29(Sun)15:15:03
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ