【Everton×MAN.UTD】決勝ゴールは一転、オフサイド…マン・ユナイテッドは幸運なドロー!

スールシャール監督の布陣は、4-3-1‐2でしょうか。プレミアリーグ28節、エヴァートンVSマンチェスター・ユナイテッド。負傷が伝えられていたマルシアルを無事だったようで、グリーンウッドとコンビを組むようです。GKデ・ヘア、DFワン=ビサカ、リンデロフ、マグワイア、ルーク・ショー、中盤はフレッジ、マティッチ、マクトミネイ。ブルーノ・フェルナンデスの前にマルシアルとグリーンウッドという布陣です。勝てばプレミアリーグ4位のチェルシーに1差と迫るアウェイチームに対して、エヴァートンもライバルをつぶせばTOP4争いにエントリーできます。

開始からわずか3分、信じられないミスでエヴァートンが先制しました。悠々とボールをキープしていたデ・ヘアが、飛び出してきたカルヴァート=ルーウィンにキックをカットされてゴールイン。1分後、縦パス1本でカルヴァート=ルーウィンがリンデロフの裏を取りますが、左足のシュートはデ・ヘアが左手を出してCKに逃れます。マン・ユナイテッドの最初の決定機は7分。フレッジがボックス左を突破し、ニアへのグラウンダーがクリアされると、走り込んだマティッチのボレーはクロスバーを直撃。12分の右サイドからのアタックは、ワン=ビサカがボックス手前に流したボールをマルシアルが直接叩き、ピックフォードは右に飛んで外に押し出しました。

17分、左サイドからオーバーラップしたフレッジが中央にアーリークロス。グリーンウッドはフリーでしたが、ヘディングシュートはバーを越えてしまいます。マン・ユナイテッドのパスワークは、ひと頃よりスピーディーになっています。26分、座り込んだコールマンが太腿を押さえて交代を要求。代役は、もちろんシディベです。29分、マティッチの速いパスが左のマルシアルに通ると、右足で放ったシュートはシディベが足に当ててCK。32分、決めてくれたのはやはり彼でした。マティッチがボックス手前のスペースに流したボールを、ブルーノ・フェルナンデスがダイレクトで叩くと、アウトにかかったボールがピックフォードの右手の下をすり抜けネットに突き刺さりました。

47分、レイトン・ベインズのクロスに飛び込んだリシャルリソンのダイビングヘッドは右にアウト。ルーク・ショーとトム・デイヴィスの口論をきっかけに、イエローカードが4枚出た前半は、1-1のままで終わりました。後半もプレミアリーグ5位のアウェイチームのポゼッション。48分に左から打ったブルーノ・フェルナンデスのロングシュートは、大きく右に切れていきます。左サイドを執拗に突いてくるエヴァートン。ワン=ビサカの守備は安心して観ていられますが、ファールが多いリンデロフは心配です。2番のイエローの後、シグルズソンがニアを狙ったFKがポストにヒット。これがきっかけだったかのように、オープンな攻め合いに突入しました。

60分にグリーンウッドがドリブルで上がったカウンターは、左のマルシアルがクロスをカットされてしまいます。ショートコーナーから、ブルーノ・フェルナンデスがボックス左に侵入して右足を振り抜くと、トム・デイヴィスが足元に入ってブロック。69分、インターセプトに成功したトム・デイヴィスがすかさず縦にフィードし、左から上がったカルヴァート=ルーウィンがゴールライン際からシュートを放つと、デ・ヘアが足でセーブしました。スールシャール監督は、72分にグリーンウッドとマクトミネイを諦め、マタとイガロに勝負を託します。

80分、イガロとのワンツーからブルーノ・フェルナンデスが左足で右隅に打ったミドルは、ピックフォードが冷静にキャッチ。スールシャール監督の3枚めは、マルシアルをブランドン・ウィリアムズです。90分、デ・ヘアのキックが左サイドに残っていたマグワイアに届き、中央に浮いたボールをマタが巧みなタッチでボックス左に落とすと、ブルーノ・フェルナンデスのシュートはピックフォードが左手を伸ばしてセーブ。ファーに落ちたボールをイガロがプッシュしますが、イングランド代表守護神が間に合って足でクリアしました。

92分、ベルナルジの絶妙なロングフィードがゴール前のリシャルリソンに通り、落としたボールをシグルズソンが直接蹴ると、デ・ヘアが足で弾くビッグセーブ。リバウンドを収めたカルヴァート=ルーウィンの左足シュートはマグワイアに当たり、ボールはニアポスト際に転がっていきます。デ・ヘアの前に倒れていたシグルズソンが足を引き、そのままゴールイン。グディソン・パークが歓喜した1分後、モニターには「NO GOAL」「OFFSIDE」と映し出されています。シグルズソンが関与したというジャッジなのでしょう。盛大なブーイングのなか、間もなくタイムアップの笛が鳴り響きました。

痛すぎるミスをしたデ・ヘアは、ビッグセーブ2発で汚名返上としましょうか。フレッジとリンデロフがファールを連発し、後半だけでセットピースを15本も献上する大苦戦となりました。マルシアルとグリーンウッドは完封されたものの、孤軍奮闘のブルーノ・フェルナンデスが早くもプレミアリーグ2ゴール2アシスト。次節のマンチェスターダービーでポグバが戻ってくれば、得点力は格段にUPするのではないでしょうか。いや、それにしても幸運なドローでした。チェルシーに近づけなかったのは残念ですが、1ポイントをゲットできたとポジティブに捉え、マン・シティとスパーズとの連戦を勝ち切っていただければと思います。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

プレミアの運用ではVARが誤審すると止められないので主審のビデオチェックを徹底させて欲しいですね
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2020/03/02(Mon)02:32:35
  • 編集

うーむ。

エヴァートン幻の二点目は、誤審じゃないかなあ。
ユナイテッドサポではないのでハイライトしか見ていませんが、シグルズソンはボールに触っていないのは明らかで、関与という点でもピンときません。何故オフサイドなのかわかりません。
この間のチェルシー戦でも有利な判定が多いと感じましたし、こういう言い方は好きではありませんが、審判の買収を疑ってしまうレベルです。
VAR以前に主審のレベルが残念でなりません。
ここ最近は、試合内容よりも審判の判断に関する議論が白熱することが多々あります。どうにか審判レベルの向上を図れないものか、悶々とする日々は続きそうですね。
  • 名無し
  • 2020/03/02(Mon)02:36:24
  • 編集

無題

ボールが自分に当たりそうなので足を引っ込めるのは、プレーへの関与でしょう。マンユナイテッド側からすれば、シグルズソンがいなくてもデヘアが逆を取られていたのでゴールになっていたでしょうから、そういう意味では幸運でした。
  • ルニキ
  • 2020/03/02(Mon)08:08:25
  • 編集

無題

これはエヴァートン側は納得いかないよなぁ。
細かいルールは知らないけど、あの場合、足が当たらなければゴールでいいはずですよね?
そんで抗議に行くマグワイアの面の皮の厚さもすごいと思うし。
私はアーセナルファンなので、引き分けてくれた方が星の潰し合いになるので、結果としてはヨシヨシ!なのですが、さすがにこれはエヴァートンが気の毒です。
  • エミリー
  • 2020/03/02(Mon)08:22:45
  • 編集

無題

他サポから見たフラットな意見ですが、
ルール上はオフで間違いないですし、誤審でもなんでもないです。(試合トータルでは判定もエバートン有利気味でしたし...)
しかし他の方が仰るように、関与が有っても無くても入っていたと思うのでマンUとしては幸運でしたねw
個人的には引き分けで勝ち点1ずつが理想的だったので有難いですが、エバートンファンはやるせないでしょうねー
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2020/03/02(Mon)08:39:54
  • 編集

無題

最後のオフサイドは確かにどちらにも取れますが、試合全体としてエバートン優位な判定が多かったよう感じるな
  • あんちゃん
  • 2020/03/02(Mon)10:27:15
  • 編集

無題

オフサイドのルールは「関与したか」よりも「影響を与えたか」ですから、あの場面はデヘアが逆を取られてたので、足を引っ込めた事でデヘアになんの影響も与えてないのでゴールだと思います。

あのゴールが認められてたらユナイテッドと2ポイント差でしたからね.......
アンチェロッティの怒りは分かります。
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2020/03/02(Mon)15:33:17
  • 編集

無題

オフサイドは色々な基準がありますからね。
もちろん「影響を与えたか」、だけではありません。
その中の一つに「相手競技者の視界を遮る」、というものがありますから、今回はそれに該当したという判断なのでしょう。
ただ、今回はその遮ったかどうかも微妙なところなので何とも言えませんね。
主審の判断の範疇であり、明らかにどちらとは言えない類だと思います。
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2020/03/02(Mon)15:56:28
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ