2014-15シーズン現地観戦記~(6)まさかの主審交代⁉ピッチサイドでレフェリーがアップ開始!

「2014-15シーズン現地観戦記~(6)なかなか取れない!ロンドンダービーのチケットを入手する方法」より続きます。

さて迎えた試合当日。それまで1週間ほど、下手をすると東京より暖かいような陽気が続いていたロンドンですが、この日は現実に引き戻されるような寒い日で、筆者もスノーブーツの重装備で繰り出します。スタジアム北側に出ている露店では、写真のようなパロディTシャツを販売中。白いシャツはノースロンドンではおなじみの、大砲が鶏(大砲はアーセナル、鶏はトッテナムのアイコン)を打ちぬいている図柄。一番左はモウリーニョの顔に“Expert in success”のsuccessを消してfailureの文字をかぶせたものですが、これはモウリーニョがベンゲルのことを「失敗の達人」と呼んだ割に自分もけっこう失敗していると茶化したものでしょう。もしかしたら直前のチャンピオンズリーグでチェルシーがパリサンジェルマンに負けたことを指しているのかも?いやいやそこまで対応が早くはないかとも思うものの、こちらの「職人」の仕事の早さは侮れないので、本当にそうかもしれません。こういうものが売られているのが、非公式な露店を覗く楽しみです。


今回はちょっとスタジアム裏手のArsenal駅の方に足を延ばし、駅からスタジアムの道中を写真に収めてみました。前回のレポートでもお伝えしたように、試合開始1時間前には1つ手前のHolloway road駅が閉鎖されてしまうため、スタジアムへのアクセスはArsenal駅がメインになります。アーセナルの本拠地がエミレーツスタジアムに移転する前、ハイベリースタジアム時代には、Arsenal駅を出てすぐにスタジアムの入り口があったため、今でもこちらの駅が「正門」という気持ちのファンも多いもの。狭い道に露店も人も密集している様は、これはこれで雰囲気抜群です。ちなみにこちら側にもやや小さいオフィシャルショップがあり、マッチデー以外では、正面のショップが閉まっていてもこらちは開いているという場合もあります。

筆者の席はメインスタンドゴール寄り。試合前練習の終わりごろに席に着くと、ピッチを一周して愛想を振りまいていたガナザウルス君がちょうどそこまで来ていました。鳥とか動物系が多いプレミアリーグのマスコットの中で、恐竜ってイカしてます。もっさりした感じでかわいいんですよ!(笑)

ちなみに異色マスコットといえば先日レポートしたマンチェスター・シティの宇宙人ですが、次に行く予定のスウォンジーのマスコットもいろいろ恐ろしく……うまく写真に撮れることを期待していてください。

試合のほうは、前半は例によって歯がゆい展開で、そんなに怖いシーンもないものの、そんなに惜しいシーンもないといった具合。そんな中、ウェルベックがアップを始めると、スタジアムでは待っていたようにウェルベックチャントが始まります。やはり3月9日のFAカップ、マンチェスター・ユナイテッド戦での決勝ゴールが心をつかんだんですね。分かる!私も歌いたくなったもん!

古巣との対戦でスタメンというプレッシャーの中きっちり得点して勝たせてくれたのもさることながら、何というか、いろいろ愛着も深かったはずの古巣(ウェルベックはユナイテッドのユース以来の生え抜き)に決別を宣言したかのような悲壮感に胸を打たれ、そうやって本当の意味でアーセナルの一員になってくれた彼に思いきり愛情を注ぎたい気持ちはみんな同じというか……とにかくここでも、“ドゥドゥドゥル♪ダニ・ウェールベク!”の大合唱だったのでした。

しかしチャンスの少ない前半、それ以外は客席も何だかヒマだったのか、こういうときに飛び出すのが試合にあんまり関係ないチャント。今回は“Stand up! If you hate tottenham♪”が始まってしまいました。基本的にプレミアリーグの客席では、「座ってるなんてけしからん、ファンなら立って応援しろ!」みたいな強制ムードは一切ありません(例外として、アウェイの試合などみんなが立ちっぱなしでテンション高く応援している試合は立たざるを得ない。でないと見えないから!)。しかし、ペットショップボーイズの“GO WEST”のメロディーで「トッテナムがキライなヤツは立ち上がれ」と歌うこのチャントが始まると、座って観ているメインスタンドの客も立ち上がらないわけにいきません。そんなこんなで立ったり座ったりしながら、来るべきゴールシーンを待つわけですね。

そうこうするうちに最近先発機会の少ないウォルコットがせっかく先発したのにまんまとシュートをはずし、スタジアム全体が「あーあーあー」と微妙なため息(意訳:まあウォルコットはねー、あるよねー)に包まれて……そんな前半終了直前、俺たちのジルーさんがビシッとゴール!「これが!フォワードの!!仕事やで!!!」と誰かさんにお手本を示すようなファインゴールでした。さらに後半には、筆者の目の前のサイドでラムジー、フラミニとゴールが決まり、結果は大満足の3-0。途中エジルが、自分で打てばいいのになぜか謎のふわっとクロスを上げ、スタジアム中が「なん!でや!ねん!」なムードに包まれたのもまあご愛嬌というものです。

そんな快勝試合だったのでいろんな小ネタに目を向ける余裕も出てくるわけですが、この試合一番の珍事といえば主審の交代。後半開始直後、再度アップに入ったウェルベック、カソルラ、フラミニと一緒に現れたのは……えっ誰コレ審判?一瞬目を疑いましたが、ラインズマンが交代でもするのかしら?と思っていたら、なんと数分後、主審のクリス・フォイさんと交代したではありませんか。スタジアムではちゃんと交代がコールされ(こんなん聞いたことない!笑)、すかさず審判を揶揄するチャントが歌われていました。

 もう一つの小ネタはアレックス・ソングの話。実は試合前、アーセナル観戦初心者の友人に見どころを聞かれ、「今日はウエストハムの30番、アレックス・ソングに注目ね。あまりよくない形でアーセナルを出て行った人だから、きっとブーイングされるはず!」なあんて調子に乗って喋っていたのに、コール時もプレー中も全くそんな気配がなくて肩すかし。かといって温かい拍手で迎えるということもなく完全無視ムード。試合後も元チームメイトと挨拶するも、皆何だかあっさりした対応。こうなっちゃうとブーイング以上に寂しいよなあとちょっと心配になってしまうほど。いったいどういうわけだったのかしら?と今も何だか疑問です。

と、何はともあれ筆者渡英以来、行けなかったプレミアリーグのQPR戦も含めてアーセナル公式戦4連勝です!こりゃ永住しないといけないなー(笑)。追い込まれ気味のチャンピオンズリーグ2ndレグのモナコ戦(アウェイ)もこれ、イケちゃうんじゃないの?と大変気をよくしているのですが、さあどうなりますでしょうか。


…いや、5連勝はしたのですが、チャンピオンズリーグ勝ち抜けはならず何とも残念です。特派員はこの後、スウォンジーのリバティ・スタジアム、そして熱さ爆発セント・ジェームズ・パークとまわって帰国します。短期集中不定期連載の現地観戦記、次回も乞うご期待!



おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

2014-15シーズン現地観戦記~(6)なかなか取れない!ロンドンダービーのチケットを入手する方法

今回の「偏愛的プレミアリーグ見聞録」は、本ブログ特派員による現地観戦レポートの第6弾。先週土曜日に開催されたロンドンダービー、プレミアリーグ29節のアーセナルVSウェストハムをお届けします。グーナーである特派員がイギリス入りしてからというもの、アーセナルは連勝街道まっしぐら。ご本人は「永住しなきゃいけないのではないか」と、人生の重大な選択を勝手に迫られています。2回にわたって紹介するエミレーツスタジアムレポート。前篇は「アーセナル戦のチケット獲得方法、教えます」の巻。では、どうぞ!


3月14日土曜日は再びエミレーツスタジアムへ。この日の対戦相手はウエストハム・ユナイテッド。2週間前に訪れた東ロンドンのアップトンパークを本拠地とするロンドンのチーム、ということは、同じロンドン市内のライバルとのダービーマッチです。ちなみにダービーとはこのように、同一市内(くらいの単位が基本)のクラブ同士の試合のことを指しますが、ご近所であるがゆえにライバル意識も強く、ファンの気合もひとしお。ロンドンには現在プレミアリーグのクラブが6つもあるので、ロンドンにはしょっちゅうダービーがある格好になります。

アーセナルにとって最大のライバル(というか目の敵)は距離的に最も近いホワイト・ハート・レーンを本拠地とするトッテナムですが、ウエストハムだって立派なお隣さん。こういう試合では、チケットも争奪戦になりがちです。(写真は当日のスタジアム。メルテザッカーとコシェルニの両CBの名前を混ぜたシャツを着た方にご注目)

今回筆者が訪れたアーセナル以外の試合(主催はそれぞれウエストハム、アストン・ヴィラ、マンチェスター・シティ、スウォンジー)では、すべてクラブ公式のチケット販売サイトからチケットを購入しています。その基本的な方法は、オンラインで無料のアカウントを作り、クレジットカードで購入するというもの(具体的な流れはまた改めてご紹介したいと思います)。しかし実は無料アカウントで買える(一般にgeneral saleと呼ばれる)タイミング以前に、有料のファンクラブ会員向けの先行発売があり、人気クラブや人気カードではその段階で売り切れてしまうことが多いのです。

アーセナルは、ほぼ100%の試合がファンクラブ向けで売り切れる代表的なクラブの一つ。genaral saleまで回るのは、キャピタルワンカップなどごく限られた試合のみと言ってよいでしょう。アーセナルのリーグ戦のチケットを入手するには、まず“red member”という有料会員になる必要があると思ってください。価格は現在£34、グッズ付きの場合は£39。年度ごとに更新が必要です。

しかしアーセナルの場合、red memberになっていても万全とは言えません。まず約6万の客席のうち、シーズンチケットホルダーが4万5000席を押さえているという話。さらにred memberの上にさらにsilver memberという上級会員制度があり、red member向けより早くにチケットが発売されます。

というわけでred member向け発売の日には、すでに取れる席が限られていることもザラ。それでも1枚なら取れることが多いですが、カードによっては連番での確保は難しく、どうしても取りたい場合にはとにかく発売時間に合わせてスタンバイするのが最善手です(それでもダメなときもある)。ちなみに2枚取るにはメンバーシップも2つ必要です。

※もう少し確度の高い方法として、Arsenal JAPANという日本の公式ファンクラブに入る方法もあります。ここを経由してチケット手配をすると、サポーターズクラブ向けの席が購入できるので連番もほぼ確実。手配の難しいアウェイのチケットもかなり取りやすくなります。それでも人気のカードは手配自体ができない場合も。また、席種が選べない(サポータークラブ向け席は基本アッパー。ピッチに近いロウワーは取れません)などの条件もあるので、詳細はArsenal JAPANのサイトで確認してみてください。

3月14日のウエストハム戦も、ダービーということで人気のカード。友人夫婦がred memberで連番チケットを狙っていましたが全くダメで、「少し離れた席」ならあったものの、ちょっと考えている間に即売り切れ。しかし実はチケットが売り切れると、その試合に行けないシーズンチケットホルダーが自分の席を売り出すticket exchangeというスキームが有効になり、ぽつぽつと買える席が出るようになります。売り切れ後も折に触れてチケットサイトをチェックしていると、たまにとてもいい席が買えることも!この試合も、1週間前、連番ではないもののかなり近い2席が売りに出ていて(これは滅多にない幸運)、友人夫婦も無事観戦することができました。

というわけで、次回はいよいよ当日のスタジアムレポート。「2014-15シーズン現地観戦記~(6)何と主審交代!ピッチサイドでアップ!?」は明朝、お届けします。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

2014-15シーズン現地観戦記~(2) ビューティフル・エミレーツスタジアム

今回の「偏愛的プレミアリーグ見聞録」は、本ブログ特派員による現地観戦レポートの第2弾。3月1日に行われたプレミアリーグ27節、アーセナルVSエヴァートンのエミレーツスタジアムLIVEをお届けします。プレミアリーグのスタジアムを制覇する勢いで1ヵ月にわたってイギリスに滞在するバリバリのグーナーが、ウェストハムの本拠地アップトンパークに続いて訪れたのは、大本命のエミレーツ。入団以来のロシツキファンである彼女にとっては、最高のゲームだったのではないでしょうか。では、どうぞ!

現地観戦シリーズ2試合めは、筆者にとっては本命のアーセナル対エヴァトンです。アーセナルの本拠地であるエミレーツスタジアムは、地下鉄Piccadilly lineのHolloway Road駅とArsenal駅の中間くらい。実はヒースロー空港からも地下鉄1本で行くことができ(ただし各停、かつロンドンの反対側なので1時間以上かかる)、ユーロスターが発着するSt. Pancras駅からも、隣接のKing’s Cross駅経由で5分10分という好立地です。

個人的には、Holloway Road駅からスタジアムを目指したほうが、スタジアムを正面に望む形になり、テンションは上がるかと思います(写真はHolloway Road駅方面からのエミレーツスタジアム)。ただし!このHolloway Road駅、マッチデーのキックオフ1時間前くらいになると電車が止まらなくなる(!?)ので要注意。何でも、出口が一つしかない上に出てすぐ道路に面していて、人が殺到するとあっという間に詰まってしまい、危険極まりないからだそうです。

まあHolloway Road駅の方が市内中心部寄りなので、最悪、市内中心部からスタジアムを目指した場合は、Holloway Road駅通過をものともせず、次のArsenal駅で降りればよいだけの話。逆向きだとちょっと焦るかもしれませんけどね。ちなみにArsenal駅には出口までの長い長い上り勾配の通路があり、どっと降りてきた客を貯めておきつつさらにゆっくり歩かせることができるため、試合直前でも支障なく機能するんだとか。何というかローテクだけど奥深いイギリス人の知恵に感心します。

この日はロンドンに珍しいくらいの晴天で、こういう日のエミレーツスタジアムは本当に美しいです。正面1階の大砲の前やら、2階外周のレジェンドの銅像前やら、撮影スポットはたくさんあるので、ぜひハシャいで記念撮影していただきたいところ。現地サポっぽい人も結構喜んで撮影しています。ちなみに銅像の類はここ2年ほどで急激に増え、アンリやベルカンプなど比較的新しいレジェンドの銅像も。ファンの間では「銅像商法」などと若干揶揄されてはいますが、まあ嬉しいことには変わりはありません。

試合1時間前くらいに見たところ、スタジアム併設のオフィシャルショップ“The Armoury”もそんなに混んでいません(関係ないけどオールドトラッフォードのショップとか試合前はメチャクチャ込んでるけどアレ何なんだろ?商売上手?)。

代わりに(かどうかはともかく)混んでいるのが、スタジアム正面口から北に3分ほど行ったところにある、アーセナルサポ御用達のパブ“Tollington”。店の外まで写真のような有様で大変な騒ぎなんであります。ちなみに筆者は以前、試合前のこの店にコート姿で入ろうとして、入口のお兄さんに止められた経験が。「アーセナルサポ」であることがマッチデーの入店条件のようで、そのときも、コートの襟もとを開けて中のシャツを見せたことで無事入場許可が下りました。これに限らず、イングランドのスタジアム周辺のパブは、「No away fans」などと表示されているのがデフォルト。アウェイサポとしてスタジアムを訪れる場合は、周辺でも基本身分を隠したほうが無難です。

ぎゅうぎゅう詰めのTollingtonで友人とおしゃべりなどしているうちに試合時間も近づいて、いよいよスタジアム内へ。エミレーツスタジアムでは、入口のTurnstile前に係の人が立っていて、バッグを持っていると中身を点検されます。何を持っていると止められるのかはよく分からないですが、筆者のミラーレス一眼カメラ(交換レンズ付き)やペットボトルの水などはとくにおとがめなしでした。

内部コンコースを歩いていて今回気づいたのが、“Multi-faith Prayer Room”なるスペースが用意されていること。これは、さまざまな信仰を持つ人がお祈りや瞑想をして過ごせる静かなスペースで、病院や空港、大学などの騒がしい公共の場に用意されている(Wikipedia先生談)そうですが、スタジアムで目にしたのはたぶん初めて。さまざまな文化の人が共存するロンドンのクラブであること(イギリスでは地方にも移民は多いけど、ロンドンと比べるとやっぱり多少モノカルチャーっぽい)、2006年開業のモダンなスタジアムであることなど条件が整っているせいもあるんでしょうけども、当たり前のようにこういう設備を持っているところもまた、エミレーツスタジアムの素敵なところなんではないでしょうか。“Victoria Concordia Crescit”、英語で“Victory Through Harmony”。“勝利は調和から”という意味の大好きなアーセナルの標語を、今回もまたちょっとした感動とともにかみしめる筆者なのでした。

さて、ここからはいよいよプレミアリーグそのもののお話。アーセナルVSエヴァートンのLIVE観戦記です。既にみなさんはご存じかと思いますが、この試合はアーセナルの完勝といっていいでしょう。前半の何となく攻めあぐね感のあったムードから、決めるべき人(要するにジルー)が決め、後半には交代で入ったロシツキが決め、終わってみれば2-0と危なげない勝利でした。

と、クールに語ってみたものの、入団以来ロシツキ愛を貫いてきた筆者にとってはそれはそれは感動的な展開でございましてですね……34歳になり、(それが原因かどうかはわからないにしても)出場機会も減り気味なロシツキですが、この日のスタジアムでは、サブメンバー発表時のコールでも最も大きな拍手を集め、試合中にアップを始めればまた拍手と本当に本当に愛されています。年明けに行われたFAカップ4回戦の試合後、ベンゲル監督が“If you love football, you love Rosicky.”という感動的なコメントを残しましたが、あれこそ全サポーターの思いを代表する言葉であったと改めて実感。やっぱアンタ天才だよ!!! うわーん!(感涙)
ちなみにサポーターから愛されているといえば、スタメン発表時に一段と大きな拍手を浴びていたのは、ローンから呼び戻されて以来その急成長ぶりでファンを喜ばせているコクラン、そして、いつ何時も全力で走りまわるアレクシス・サンチェス。ハートがあってハードワーカーなこの2人が愛されるのは、ファンとしてとてもよく理解できます。そういえばロシツキだって、洗練されたプレーのイメージが強いけど、結構一生懸命な男です。

あとこの試合でとてもよく頑張っていたと思うのは、案の定とっても怖かったルカクを必死でケアしていたプレミアリーグ初先発のガブリエル・パウリスタ。そして、果敢な飛び出しやタックルで再三危機を救った守護神オスピナ。エリア外への飛び出しでボールを蹴り出したシーンでは、筆者の隣のおじさん(試合中ずっとなんやかんや評論してた・笑)が、「今のスチェスニーだったら偉いことだった!」とのたもうておりましたが、これまたエミレーツ6万の観衆が全員思ったことだったんではないでしょうか。いえ、個人的には山師スチェスニーは大好きだし頑張ってほしいんだけど、「安心感」を感じられるキーパーってやっぱりいいよね。(あれ?)

また、キャラクターの魅力という意味ではやっぱりジルーも最高。彼がイケメンなのにお笑い路線という稀有なキャラクターの持ち主であることは周知の事実かと思いますが、試合終盤、大した接触でもない(ように見えた)のに大げさに顔を押さえて倒れ、スタジアムからは失笑、チームメイトからはガン無視されて、「えーっと……」という感じで身を起こす瞬間を激写しましたのでご笑覧くださいませ。

相手方の話題も一つ。この日、1月にエヴァトンに加入したアーロン・レノンが途中出場しましたが、案の定、彼がピッチに入るとき、そしてボールを持つたびに客席からは強烈なブーイングが。元スパーズ(アーセナルのお隣さんにして最大のライバル、トッテナム)の選手であれば移籍しようが何だろうが絶対に見逃さないこの感じも、プレミアリーグ観戦の何とも微笑ましいところです。

試合後、スタジアムの外周をArsenal駅方面に向かっていると、アーセナルファンがアーセナルファンのために運営する動画配信チャンネル“ArsenalFanTV”のインタビューシーンに出くわしました。これもまた、エミレーツのアフターマッチの日常。ここで語っているサポーター、びっくりするほど鋭いコメントを述べていたりして面白いので、英語ではありますがよかったら覗いてみてください。

あ!肝心のチケットの話がなかった!この話題については次回、3月14日のウエストハム戦レポでご紹介するということでご容赦を!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

エミレーツスタジアム探訪 (4)あまりにも小さすぎるアーセナル駅

エミレーツの最寄駅、といえばアーセナル駅なのですが、これがちっちゃいんです。ハイバリーのスタジアムなき後、アーセナル駅周辺はほんとうに静かな住宅街で、ところどころに小さなカフェがあるくらい。平日の昼間、ここを歩けば、この近くに6万人規模のスタジアムがあるなど想像もできないでしょう。ハイバリーの頃でさえ、試合が終わると地下鉄に乗るまで何時間も待つんじゃないかという雰囲気だったので、ハイバリーから1マイルほど離れたエミレーツのロケーションがアーセナル駅以外にも出やすいことを考慮したとしても、相当の混雑が容易に想像できます。巨人戦終わりの水道橋駅もびっくりでしょう。



もし、試合を観に行かれる方は、終了後は歩いてフィンズベリーパークまで行かれるか、エミレーツ正面から右手に歩いていくとバスステーションがあるので、そこからバスに乗ることをお勧めします。フィンズベリーパークは同じピカデリー・ラインの駅で、ロンドン中心部から逆側にひと駅なので、アーセナル駅に比べれば混雑が緩和されることでしょう。せっかくだから歩こうか、という方なら、ロンドン中心部にひとつ近づくホロウェイロード駅に出る、という手もあります。以前にハイバリーに行ったときは、昼間の試合だったので、こちらの駅までのんびり歩いた記憶があります。



写真は、アーセナル駅近くで入ったカフェの朝食と、エミレーツからアーセナル駅方面につながっている陸橋です。陸橋にはそこかしこにレジェンドのイラストが入った旗が飾られており、渡ってすぐのところにクラブグッズのショップもあります。

エミレーツ建設が決まった際には「商業的にさびれた地域がスタジアムによって活性化することを期待する」といわれていたそうですが、われわれが行ったときもスタジアムの真ん前でタワービルが建設中で、街の再開発が進みつつあるのを目の当たりにしました。1年後には、近くにおいしいお店ができたりしていたらいいですね。ないんですよね、あの辺、おいしそうなお店が。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

エミレーツスタジアム探訪 (3)旧スタジアム跡地「ハイバリー・スクウェア」に行ってみた

2006年にアーセナルがエミレーツスタジアムに移転し、旧スタジアムのハイバリーは現在、「ハイバリースクウェア」というマンション施設になっています。エミレーツとハイバリーは目と鼻の先、という表現がぴったりのすぐそば。旧スタジアムの外観を活かしたおしゃれな作りとなっており、グーナー(Gooner:熱狂的サポーター)であるうちの相方は「住みたい」とまで申しておりましたが、私は遠慮させていただきます。


各棟の名前に旧スタジアムの呼称を使うなど、その歴史を残す工夫がなされているあたりが伝統を重んじるイングランドらしい。ファンはうれしいでしょうね。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ