2014-15シーズン現地観戦記~(4)応援はスマート&マイルド⁉なエティハドスタジアム

「2014-15シーズン現地観戦記~(4)ちょっとJリーグっぽい?エティハドスタジアム」より続きます。

無事バーガーも入手して着席してみると、さすがに何もかも綺麗なスタジアムです。大きなビジョンはくっきりと美しく、電光掲示の広告も何だか未来的。ただ、肝心のファンの熱気はわりと控えめ。対戦相手が格下で楽勝ムードだったせいもあるのかもしれませんが、何と言うか、静かというのでもなく、なんとなくとりとめもなくざわざわしているような……私語の多い教室のような雰囲気はちょっと独特。試合が始まってからもその雰囲気はあまり変わりませんでした。

そして、反応もプレミアリーグではちょっと変わった感じ。まずチャントが“There is only one City♪”のようにクラブに対するものが多く、選手個人へのチャントがあまり聞こえてきません。さすがに移籍後初先発のボニーがコールされたときはちょっと盛り上がりもありましたが……また筆者の周りがたまたまそうだったのかもしれませんが、選手に対して“Unlucky!!!”などとフォローめいた声掛けが多く、よくないプレーにはガンガン文句を言うファンも多い他のスタジアムとは一味違う印象。前日のアストンヴィラの愛すべき熱さとは好対照というか、どことなくスマートでマイルドなムードです。

試合内容はまあ、最初はなかなか得点に結びつかない時間もあったものの、結果的には間違いないといった強さでしたね。前半は筆者の目の前がシティゴールだったのですが、ほとんどボールがこっち側に来ない!

エンドが変わって後半、レスターゴールに変わってからは、ドイツワールドカップ以来なんとなく「目の敵」感がある元オーストラリア代表のGK、シュウォーツァーさん(いつの間にかこんなとこに!)が連発するスーパーセーブが楽しかったですが、結局2-0とシティの完勝でした。(写真はなぜかシティのゴール前しかなかった。ごめんなさい)

ちなみに今回の席はメインスタンドゴール寄りの最前列。位置的にちょうど交代選手のアップが見られる場所で、前半はレスターのウジョア、後半はシティのランパード、ジェコ、ミルナーがアップする様子を間近に眺めることができました。

印象的だったのは、ミルナーのアップがとても丁寧で念入りだったこと。手をとめて試合の様子を眺めることもほとんどなく一心不乱にアップをしていたのは、交代予定時間が早かったからなのかもしれませんが、何となく好感を持ってしまう姿でした。この選手がなぜ厄介なのか、その一端を見たような……決勝点となる2点目も決めて、筆者的マンオブザマッチはなんとなく、ミルナーにあげたいような気持になったものです。

あっ!肝心の写真を忘れていました。エティハドスタジアムといえばこの謎の宇宙人をご紹介しないわけにはいきません。ヘンなキャラなんだけど、こうしてみるとわりと完成度高いな…ちなみにまつ毛ばさばさのほうが女子。こういう完成度の高いキャラまで含めて、最後までなんとなくJリーグっぽいエティハドスタジアムなのでした。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

2014-15シーズン現地観戦記~(4)ちょっとJリーグっぽい?エティハドスタジアム

「偏愛的プレミアリーグ見聞録」の特派員による現地観戦レポート、第4弾はマンチェスター・シティの本拠地エティハドスタジアムです。私のようなマンチェスター・ユナイテッドサポーターは、ダービー以外では近寄りがたい、心の距離が遠い場所ですが、グーナーである彼女は、こと今季は軽やかな足取りで行けることでしょう。1月のプレミアリーグで、エティハドで勝ってますからね、アーセナル。ではどうぞ!

3月3日火曜日にバーミンガムでアストンヴィラの試合を観戦したあとは、さらに北上してマンチェスターへ。4日の水曜日はプレミアリーグ28節のマンチェスター・シティVSレスターを観戦です。カードという意味では、前日のバーミンガムダービーのような迫力には欠けると言わざるを得ません(婉曲表現)が、いかにもお金のかかっていそうなエティハドスタジアムが楽しみです。

バーミンガムからマンチェスターへの移動はBirmingham New StreetからManchester Piccadillyまで特急1本ですが、今回はケチって最安値の切符を買ったため途中で乗り換え。ちなみにイギリス国内の電車の切符は、時間帯や買うタイミングによって細かく値段が変動します。予約にはナショナルレールのサイトを利用。発着駅と時間を設定すると各列車の値段や所要時間がひと目で分かり、そのままクレジットカードで購入できてとても便利です。当日は、予約番号の記されたメールと購入に使ったクレジットカードを持って駅に行き、発券機で番号入力+カード挿入で発券されるという仕組み。Advancedという早割りタイプの切符だと、乗る列車の変更はできませんが結構安くなります。

それにしてもバーミンガムの交通は最後まで分かりにくかった!Birmingham New Street駅は路線の終着駅でないこともあると思いますが、ホームの前寄りと後ろ寄りで全く違う電車が止まっていたり、入線してきた電車の行き先がなかなか表示されなかったり。乗る予定のリヴァプール行きも最後までその電車でよいのかどうか分からず、ドアからきょろきょろ外を見ていたら、やってきたイギリス人のお兄ちゃんに「これってリヴァプール行き?」と聞かれる始末。イギリス人も分からんのかい!乗換駅のCreweでも、予定のホームで待っていたら突然駅員さんに「どこ行くんだ?」と聞かれ、「マンチェスターだけど?」と答えると「あっちのホームに変わった」と言われて他のお客さんと一緒にぞろぞろ移動することに。メジャーな拠点同士を移動する際にのコツは、常に周りの人の動きに注目しておくことかもしれません。

そんなこんなでのんびり到着したManchester Piccadilly駅。10年ほど前に一度来たときは夜も遅く、ずいぶん寂しく感じましたが、南(=都会)方面からの電車が着く駅でもあるせいか昼間はなかなか活気があり、駅のつくりも典型的なイギリススタイルで何だかひと安心。エティハドスタジアムにはここからメトロリンク(路面電車)に乗り換え、市内中心部とは反対側に向かって3駅のところにあります。反対側とはいえ3駅。しかもスタジアムは駅の目の前なので、感覚的には素晴らしく好アクセスです。同じマンチェスターにあるオールド・トラフォードと比べると、ずいぶんラクチンといえるでしょう。

この日の宿はその途中、Manchester Piccadilly駅からメトロリンクで1駅のところに取りました。中心部のホテル集中エリアからは外れているため市内観光にはちょっと不便ですが、少なくともエティハドでのサッカー観戦には最高。ホテルから歩いてスタジアムに向かう老夫婦も見かけました。筆者はホテルから3分程度のNew Islington駅からメトロリンクでスタジアムに向かったのですが、たった2駅で£2.5!市内中心部の移動なら£1.2なのですが、郊外に向かうエリアは高いので要注意。これは歩いたほうがよかったとちょっと後悔しました。(ちなみに帰りはケチって歩いてみましたが、道中にはほんとに、ほんとに何にもありません!歩く楽しさは期待しない方がよいと思います)

さて、最寄駅であるEtihad Campas駅を出ると、もうスタジアムの敷地内。何やら屋外ステージのようなところでライブが行われていたり、EAスポーツのブースがあって大人も子供もFIFA(サッカーゲーム)を楽しんでいたりしています。バリエーションは少ないですが、こうしてアトラクションが用意されているところはJリーグのスタジアムに近いかも。

プレミアリーグの場合、そういう遊びは一切なく、純粋に試合を観に来るだけのスタジアムが多いので、ちょっと新鮮です。郊外の総合スポーツセンターのような立地のためかスペースにも余裕があり、お酒を出すバースペースやフード類を販売する屋台も充実していて、なかなか美味しそう。しかし訳あってここはガマンです(理由は後述)。

オフィシャルショップを覗いてみると、ここぞとばかり1月加入のボニーがフィーチャーされた店内は、商品ラインナップも相当な充実ぶり。これはシティファンの人は買い物が楽しいだろうなあ!と羨ましく見ていたら、最近対戦したばかりのチャンピオンズリーグのバルセロナ戦グッズがあったのですが……両チーム名がデザインされたマッチスカーフ(イングランドの試合ではこれは定番)があるのはよいとして、なんと素のバルセロナのシャツが売られています!!!びっくりして二度見してしまいましたが、こっこれはさすがにアカンやろ!アーセナルのオフィシャルショップ“The Armoury”でこんなもん売ったらファン激怒だよ!シティファンは寛大だなあ。
などと文化の違いを感じつつ、この日はちょっと早めにTurnstileへ。スタジアムの雰囲気にふさわしく(?)入口もなかなかゆったりしています。入口の荷物チェックではペンライトでカバンの中を照らして確認されましたが、例によってカメラもペットボトルもスルーでした。

さて今回のお目当ての一つは、スタジアムのフードを改革しよう!ということで2年ほど前に提供が始まった、カリスマシェフJamie Oliverプロデュースのスタジアム食。「地元食材を使い、健康にこだわって作る」といったあたり、やはりJリーグのスタメシを思い出させます。“Fabulas Fan Fayre”というブランド名だけを頼りに延々コンコースを歩いていくと、メインスタンドのピッチに向かって右端あたりにありました!お値段はイチオシらしき“The Black and Blue Burger”は£6.5(今回のレートで約1300円!)と一瞬ひるむお値段ですが、ここまで来たからにはと思い切って購入。

粗挽きかつスパイシーな分厚いパテに、ブルーチーズマヨネーズ、トマトやレタスにかりかりベーコンとフライドオニオンまで挟まれているところは堂々たるもの。ふつうのスタジアムのバーガーは、ほぼペラっとしたパテとケチャップ&マスタードのみであるのと比べるとさすがに頑張ったなという感じです。お味のほうは、残念ながら作り立てではないらしく温度が残念なのと、日本人的感覚値ではヘルシーというには若干しょっぱい気がしますが、確かにこれは美味しい。

1人だったので他の商品に手が回りませんでしたが、ハーブをまぶしたチップス(フライドポテト)や何やら賞を受賞したパイなど、いろいろ試してみたかったです。あとでもう一度チェックすると、場外(敷地内)の売店でもこのブランドの名を冠したホットドッグなどが売られているようだったので、メインスタンドでなくても食べることができるのかも。“Fabulas Fan Fayre”のロゴを目当てに探してみるとよいかもしれません。

ちなみにスタンド内の売店では、蓋のないケースに乗せられるだけで袋ももらえない(頼んでみたけどダメだった)ので、スーパーの袋のようなものを持っていると便利。独りでカバンやカメラや抱えながら持ち運ぶのはなかなか骨が折れました。

長くなりますので、続きは「2014-15シーズン現地観戦記~(4)応援はスマート&マイルド⁉エティハドスタジアム」でどうぞ。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ