【現地レポート】"IT'S NOT OVER!!”…コクランが叫んだガナーズ快勝のグディソンパーク!

グーナーである本ブログ特派員が世界を駆け巡る「プレミアリーグ現地観戦記」、今回はグディソンパークで行われたプレミアリーグ31節、エヴァートンVSアーセナルのスタジアムレポートです。スタジアムにいなければわからないエピソードが満載!さっそく、どうぞ。

チャンピオンズリーグの敗退でスペインからロンドンに戻った筆者。カンプノウでの試合の翌日にロンドンに戻ると木曜日の夜。金曜日はさすがに疲れて1日ゆっくりしていたら、翌日のランチタイムにもうプレミアリーグの試合です。これが過密日程か……選手の疲れを身を持って感じることができました。やっぱりFAはプレミアリーグの日程を考え直したほうがいいと思います。

グディソンパークを訪れるのは今回2回目。公共交通機関で移動するとロンドンからリヴァプール・ライムストリート駅まで特急で2時間半~3時間、駅前のバスターミナルからバスに乗って20分程度と、日帰りできない範囲ではないのですが、今回はアウェイコーチに乗ることにしました。

アウェイコーチとは、観戦目的のサポーターを乗せてアウェイのスタジアムまで往復する長距離バスのこと。プレミアリーグならどのクラブでも、クラブ側が運営する形で用意されていいます。ちなみに先日のエミレーツ・スタジアムでのワトフォード戦では、電車でも1時間程度の距離にも関わらず、アウェイのワトフォードが数十台のアウェイコーチを仕立て、しかも運賃たったの1人1ポンドで運行。これをアーセナルがハルシティに勝った直後に発売すると、その日の夜中までに売り切れたというすごい話も。そりゃワトフォードが勝つわけだ。サポーターがアウェイの地に積極的に観戦に行ってくれることはクラブのメリットでもあるのです。

残念ながらアーセナルはアウェイサポーターにそこまで優しくないので、アウェイコーチはもうちょっとお値段が張ります。それでも、ホームスタジアム近辺からアウェイのスタジアムまで直行してくれて、お値段は電車と比べて半分程度。アウェイスタジアム近辺で寄り道する予定がなければ便利なサービスです。バスのチケットは、観戦チケットと同様、公式サイトから購入可能です。

と、ここまで公式アウェイコーチについてお話したものの、今回の筆者はこうした公式アウェイコーチではなく、現地サポーターズクラブが独自に運行しているコーチに乗せてもらうことになりました。エミレーツスタジアム周辺からの出発は朝6時。サポーターズクラブのバスともなると、メンバーも常連化していて、車内のおしゃべりもにぎやかです。真後ろの席の常連らしきお父さんは「今シーズンの順位は最終的にこうなるだろう」「補強では誰を獲得するべきか」といった話で、グディソンパークまで休憩を除いて約4時間強、ボリュームMAXのだみ声で熱く休みなくしゃべり続けていました。なになに?「ユヴェントスのディバラはいい。あれは第二のアグエロだ」ですって?他国リーグに疎い筆者は初めて聞いた名前でしたが、覚えておくことにしましょう!

さて、この日はアウェイコーチも早めに現地に到着。普通のスタジアムだとアウェイコーチ用の駐車場があり、そこに停車することが多いのですが、スタジアム周りの狭いグディソンにはそのスペースはないようで、近くの公園沿いの道路に路駐です。バスを降りてみると、道路沿いには大小さまざまなバスがずらり!なんと選手の乗るバスまで止まっています。

さらにはアーセナル関連のバスだけでなく、遠方からのエヴァートンサポーターを乗せたバスもあるようで、数十メートルにわたって路肩を占拠するバス、バス、バス。実は公園をはさんだ向こう側はリヴァプールの本拠地、アンフィールドなのですが、「同じ週にグディソンとアンフィールドの両方で同時に試合が行われることはない」という決まりになっている理由もよくわかります。両者とも、すぐ隣は住宅地という立地。こんな状況が徒歩15分ほどしか離れていない両スタジアムで同時に起これば、いかに地方都市リヴァプールとはいえ交通は大混乱でしょう。

せっかく時間があるので、グディソン・パークに乗り込む前にアンフィールドを見学していくことにしました。散歩がてら、両者の間に横たわる大きな公園を歩いていくと、10分もしないうちにスタジアム裏に到着です。

現在、アンフィールドは客席の増築工事中。来シーズンからは増築後の席数でチケットを発売するとの話を聞いたときには「いつ工事するの?」と驚いた筆者ですが、工事の様子を目の当たりにしてなるほど納得。工事は既存のメインスタンドの後ろ側を付け足す形で進んでいて、これならシーズン中の試合を通常通りこなしつつ、進めることができそうです。現在4万5000の席数が6万になるとのことですが、リバプールの人気を考えれば納得の席数。めちゃくちゃチケットが取りにくいスタジアムという悪評も、これで多少は改善されるのでしょうか。

試合時間も近づいていよいよグディソンパークへ。ここはクラシックな箱型のスタジアムで、裏手はすぐに住宅街といういかにもイングランドらしい造り。スタジアムへの入り口であるTurnstilsも、場所によっては直接公道に面しています。周囲の道路は車両通行止めになっていて、いくつかの露店が並ぶほか、もともとあるフィッシュ&チップスやファストフードの店に行列ができ、いかにも活気ある様子。そうしたもろもろを含め、ここはプレミアリーグの雰囲気を味わうのには最高のスタジアムの1つだなあと改めて感じます。

アウェイ席はバックスタンドの隅っこの一画。ロウワー(1階席)の5列目に陣取ったのはよいのですが、例によってアウェイサポーターは座りません!小柄な筆者は、前列にいるカサの高いオジサマたちに視界を阻まれ、目の前のサイドはともかく反対側のゴール前は全く見えないありさま。おかげで、ウェルベックのゴールもイオビのゴールも、雰囲気のみで「イェー!!!」と盛り上がるしかありませんでした(正確に言うと、ゴールネットが揺れるのは見えた)。2点目のイオビのゴールでは周りのお兄さんたちも「誰だった?エクター(ベジェリン)?エクターなのか!」と軽くベジェリンのチャントが起こりかけたり。アウェイ席のロウワーはテンヤワンヤです。

しかし、そんなこんなで早めにリードしたおかげもあり、アウェイスタンドは余裕の雰囲気。こんなときによく歌われる"We're the Clockend♪""We're the Northbank♪"というチャントも聞こえ始めます。そして個人的な印象ですが、旗色が悪いときにもあまり殺気立たないのがエヴァトニアン。2点目を取ったこちらがゴール裏のホーム席に向かって"Who are ya"(フワーヤと聞こえるあのチャント)と揶揄しても、何だか苦笑モードの和やかな雰囲気です。

と、そのうちに、例によって試合そっちのけでホーム席にちょっかいを出していたアウェイサポーターの空気がちょっと変わってきて、何やらエヴァートンサポーターとエールの交換のようなことをしている模様。見てみるとサポーターの視線の先にいたのは……なんと!まだまだ寒いこのリヴァプールで、マフラーと海パン一丁のエヴァートンサポーターです!アーセナルサポーターの呼びかけに応えて、ポーズを取ったり手を振ったりしていたこの人、ハーフタイムにはそのいでたちのままなぜかアウェイ席にまで入り込んで、やんやの喝采を浴びていました。

皆に"Speedo!Speedo!"と呼びかけられていたこの人、あとで知ったところでは、チャリティのためにこの格好で各スタジアムに出没している"Speedo Mick"さんという人。奥様がロンドンのホームレス支援のために働いており、友人の父がホスピスで亡くなったことをきっかけに募金を始めたそうで、ドーバー海峡を泳いで渡るチャリティにチャレンジしたのを皮切りに、2014-2015シーズンの夏から、そのスタイルのままスタジアムに現れるようになったとのことです。"Speedo"という愛称は、身につけている水着から来たのでしょう。日本語で言えば「海パンミック」というところでしょうか。アウェイ席に来ていたのも、募金を募るためだったのかもしれません。
そんな和やかなハーフタイムを経て後半。ようやく筆者から見えるサイドでアーセナルがゴールしてくれるぞ!と思っていたら、すでに2点取っているアーセナルは全然攻め上がってくれません。一度だけ、コーナーからジルーのヘッドが決まった!というシーンがありましたが、ファウルでノーゴール。気づけば交代交代で、ピッチ上にはディフェンダーばかり。

ギブスが左サイドに入るのにはもう慣れっことして、チェンバースがトップ下にいるってどういうこと!? 何というセコい(愛を込めて)戦法……さらに正直エヴァートンもゴール前での精度が低く、あまり怖くない印象でしたが、リーグ終盤のこの局面で、見事に勝ちをもぎとってくれたことには素直に感謝しなければなりませんね。見えないサイドではオスピナが相当傷んでおり、テレビ観戦のファンがやきもきしていたということは、あとからツイッターを見て知りました。

試合後、アウェイ席まで真っ先に挨拶に来てくれたのはコクラン。脱いだシャツを手に客席に近づく様子にはすでにただならぬオーラが漂っていましたが、物凄い形相でスタンドにシャツを投げ込み、"IT'S NOT OVER!!!(まだ終わってなんてないぜ!!!)"と叫んだ姿は、どれだけサポーターの心を奮い立たせたことか。ずっと「草食」なんて言われていたアーセナルに、今はこういう人がいるということを噛みしめつつ、スタンドをあとにする筆者なのでした。

熱くなったところで最後のおまけに、今回トライしたオヤツをご紹介。スタジアム内の売店で売られていた"Scouse pie"というパイです。リヴァプールなまり(ジェラードのしゃべりを思い出してください)のことを"Scouse"といいますが、同名の料理もあり、牛や羊と野菜を煮込んだシチューのことをこう言うそうです。Scouse pieの中身は、簡単にいうとポテトと牛肉……何かに似ていると思ったら、日本のビーフコロッケの中身そのものじゃないか!ちょっと口の中の水分を持っていかれる感じはありましたが、いかにもイングランドらしい、悪くないオヤツでした。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

グディソンパーク探訪~(2)リヴァプールに負けない、エヴァトニアンの熱狂

グディソンパークは、メインスタンド・バックスタンドともに、真ん中に屋根を支える大きな柱があり、これに視界が遮られることをのぞけば、観やすいスタジアムです。スタンドにきつめに傾斜がかかっており、ピッチを俯瞰している感覚で観られます。ちなみに、柱にかかる席は「見にくい割引」でチケットが少し安くなっています。

試合開始前から、エヴァートンサポーター(エヴァトニアン)は席を立っています。大声でチャントしている情熱系もいれば、ただ黙って食い入るように練習を見つめている祈り系もいます。後者の”内に秘めた熱さ”に、この試合に賭ける思いを感じます。来季のチャンピオンズリーグ出場資格が得られる4位確保に向けて、このチェルシーに勝てば、俄然、視界が開けてくるわけで。


早い時間からスタジアムには多くのファンが結集しています。いい席でしたが、右手にみえる柱がジャマです。

メンバー発表の後、選手がピッチに入場してきます。この日は2012年最後の試合ということで、開始前に、この1年で亡くなったすべての人に黙とうが捧げられました。そして、試合が始まり、2分後にはエヴァートンのピーナールが先制ゴール!地鳴りのような雄叫び。足を踏み鳴らして、拳を振り上げて歓喜、狂喜!とにかく熱い、エヴァトニアン。このくらいの体温がなければ、世界一ともいわれるお隣のコップ(=リヴァプールサポーター)と長年に渡って張り合うことなどできないのでしょう。先制点の後もチャンスは続き、シュートがポストに当たればため息の合唱。チェルシーGKツェフがファインプレーを見せれば、怒りの咆哮。この調子なら勝てるであろう。しかし…。

ランパードがゴールを決めるたびに、一段ずつギアが下がっていきます。それでも、サポーターは踏ん張る。選手も踏ん張る。1点、獲れれば勝ち点1は手に入る。何とか、そこまではいけないか。1点でいいのだ。もう時間がない。なかなか相手陣内に侵入できない…。

後半40分には、席を立つサポーターが続出します。試合終了前に追いつく、というドラマに期待し、しがみつくよりも、勝てなかった事実を目の当たりにする悔しさを回避したい人たち。いろいろなファンがいます。最後まで見届けたいタイプの私には、席を立つ人々の落胆、諦念の深さは理解できませんが…。

そしてタイムアップ。われわれにできることは、黙々とスタンドを後にし、スタジアムの外でフィッシュ&チップスをやけ食いすることぐらいです。店に行くと、結構並んでましたね。大声を出して腹が減ったのか、悔しさをまぎわらせたいのか。おそらく両方なのでしょう。

この後、せっかくだから、すぐ近くだからと公園を歩き、住宅街を抜けてアンフィールドを見て帰りました。
リヴァプール郊外のこんな静かなエリアに、世界的なクラブが並んでいて、毎週どちらかで数万人が勝った負けたの大騒ぎをしているのです。不思議な空間だな、と笑みがこぼれてしまいます。翌日はロンドン。さよなら、リヴァプール。


ゴール裏とバックスタンド。

【LIVE観戦 Everton×Chelsea】 決められるときに決めないと、ときどきこうなる。 を見る

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

グディソンパーク探訪~(1)アンフィールドから徒歩20分!のエヴアートン本拠地

年も暮れゆく12月30日に訪れたグディソンパーク。今回は、リヴァプールの街の中心、ライムストリート駅の真ん前にある「ホリディ・イン」に泊まりましたが、このホテルは何かと便利。バイキングスタイルのイングリッシュ・ブレックファーストが楽しめるカフェがあり、ロビーでのんびりインディペンデントも読めます。エントランスを出てすぐ右手に売店と中華のバイキングレストランがあり、夜、街に出て食べるところを探すのが面倒なときは、ここで事足ります。リヴァプール大聖堂にもアルバート・ドッグにも歩いていけて、これでバス乗り場が近かったらいうことなし、と思っていたら、おっと、ホテルの真裏でした。バスターミナルから19番のバスに乗り、15分ほど揺られると見えてくる静かな公園の先に、グディソンパークがあります。ちなみにリヴァプールの本拠地、アンフィールドは、何と歩いて20~30分!両者とも国のトップリーグで戦っているわけで、これだけ近くで睨み合っているライバル関係は、世界中を探してもないのではないでしょうか。

収容人数は約4万人と、クレイブン・コテージの2倍弱、入るのですが、コンパクトなスタジアムという印象です。しかし、スタジアムの規模はビッグクラブに負けても、ファンは熱い!フラムのおとなしいサポーターを見た後、ここに来たので、よけいにテンションが上がってしまったような気がします。イングランドのスタジアムはピッチの観客席と距離が非常に近く、オールド・トラフォードなどはコーナーキックが蹴りづらいんじゃないかと心配になるほどですが、ここもまたイングランドらしく、選手がすぐ近くに見えます。目の前で、熱狂的なサポーターがチャントをがなり立てていたら、エヴァートンのメンバーは気合が入らないわけがありません。やっぱりいいなぁ、プレミアリーグは。

さて、いい雰囲気で試合開始時間が迫ってきて、いやがおうにも期待が高まるわけですが、続きは次回で。

(2)リヴァプールに負けない、エヴァトニアンの熱狂 に続く


4万人規模には見えない、こじんまりとしたスタジアム。外壁には、チームの歴史的な出来事を記したモニュメントが埋め込まれていました。

なぜか、イングランドのスタジアムはどこも入り口が強烈に狭いです。東京ドームの回転扉が当たり前になってしまった私は、何回行ってもうまく入れない…。

周辺には中華、ホットドッグ、コーヒースタンドなどさまざまな店が連なっています。フィッシュ&チップスはご覧のとおりの迫力!スタジアムの敷地外にあるメガストアはかなり混んでおり、ユニフォームやTシャツなどの定番グッズと並んでモイーズ監督の自伝が売られていました。

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ