2014-15シーズン現地観戦記~(5)世界一おいしいドーナツはオールド・トラフォードに!

前稿「2014-15シーズン現地観戦記~(5)オールド・トラフォードに車でGO!」より続きます。

今回のプレミアリーグ観戦シリーズ初のアウェイゲートはさすが厳重の一言。そういえば空港の保安検査場のようなボディチェックがあるのはアウェイだけですね。女性は女性の係員のいるところに回され、体全体をポンポン触られたうえで入場。荷物も開けて確認され、「確認しました」バンドのようなものを巻かれます。Turnsrileも狭いよ!(といってもこれはホーム席も同じ)このスタジアムは一眼レフはNGと聞いていましたが、例によって筆者のミラーレスはパス。ただし、あとでちょっとした問題は起こりました(詳細後述)。

表を歩いている間はアウェイサポはおとなしくしているのがマナー(いやすでに騒いでいるヤツらもいますが)。しかし、ゲートをくぐれば全員アーセナルファンなので、もう楽しいこと楽しいこと!席はゴール裏のアッパー席、結構高さがあるので、階段も4階分くらい上るイメージですが、その間中みんなチャントを大合唱しながら向かいます。ホームじゃわざわざ歌わないようなタイミングでも歌う!それがアウェイファン。それくらい熱いヤツらが集まっているともいえるのかもしれません。とはいえ親子連れやカップルもいて、男だらけの殺気立った雰囲気というわけでもなく、何だか本当にいい雰囲気です。

  そのいい雰囲気が最後まで変わらなかったのは、試合結果のおかげもあるでしょう!チェンバレンが敵を目いっぱい引き付けたところへモンレアルのシュート一閃で先制、ディ・マリアからルーニーの黄金ルートでびしっと追いつかれたものの、最後はユナイテッドから移籍してきたウェルベックが魂を込めて丁寧に押しこむシュートで勝ち越し。いやいやほんと、ハラハラさせられましたよ。させられたけど、本当にいい試合でした!

そもそもヴェンゲル監督は、よくウェルベックを先発で使ったよなと思います。今までの結果は、若干物足りないと言われても仕方のないもの。ここは何としても勝ちたい!というFAカップだったはずですが、そこで「行ってこい!」とばかりに彼を先発のピッチに送り出したこと自体がそもそもドラマチックに感じられてなりません。スタンドも何だかウェルベックへの愛に溢れているようで、古巣相手に複雑な思いであろう彼の代わりに、全力で彼のチャントを歌い上げていました。“ドゥドゥドゥル♪ダニ・ウェールベク!”

そのうちに“ウェルベックはお前たちのとこを離れた♪それはお前たちが××だから♪”という若干お下品なチャントも交ざり始めましたが、まあそのあたりはご愛嬌。聞けば我々もファンペルシーで同じような歌を歌われているそうなので、ちょっとしたお返しといったところですね。さらにチャントといえば、我々アウェイサポがハイテンションで歌い続けている間ホームサポは静観ムードで、ルーニーの得点でようやく歌い始めたのですが、そんな状態なのでアウェイサポからは“俺らがお前らの代わりに歌ってやろうか?”という意味のチャントが飛び出る事態に。歌いまくりのアウェイサポVS冷静なホームサポというのは基本的にどんなスタジアムでもみられる図式で、こういうチャントのやり取りが起こるのもまた、プレミアリーグ&イングランドサッカーの面白さだと思います。

とかなんとか思いながら長めの望遠レンズであっちこっち撮っていたら、こちらを見ていた警備員のおじさまがなんだか怖い顔で手を振っています。周辺のサポが「なんだなんだ、誰だ?」という様子できょろきょろしているのを筆者も「?」と見ていたのですが、どうやら注意されているのは自分の模様……どうも望遠レンズでの撮影はNGとみなされたようです。「一度目を付けられたらおとなしくするべし」と友人に聞いていたこともあり、以降はおとなしくスマホのみの撮影に切り替えました(スマホの撮影は何ら問題ありません)。

いやしかしルーニー怖い!!!筆者は常日頃から、「ユナイテッドはルーニーを大切にすべき」と声を大にして言っているのですが、やっぱり最後はルーニーだなあと今回も痛感しました。そして今季加入の他のビッグネームと比べてもキラリと輝いているディ・マリア。退場は正直有難かったです。そして失礼ながら、それ以外についてはやや精彩を欠くなあ(とくにディフェンス陣)というのが今回のユナイテッドの印象。それでもなぜかユナイテッドには勝てないでいたアーセナルなので、今回勝ち切ったのは本当に素晴らしかったと思います。こんな楽しい試合、初めてだよ!!!

そんなハッピーな気分でスタンドを後にすると、さっきのドーナツの屋台がまだ営業しているではありませんか。スタジアムの売店は試合が終わると閉まってしまうところが多いのですが、ここじゃまだ揚げたてを補充している!見れば6個で£4。ええ6個も要らないけどどうしよう?まあいいか買っちゃえー♪てなもんで(若干テンションおかしい笑)、熱々のコーヒーと一緒にゲットし、早速ひとくち……ウマい、ウマいよ!熱々でほろっと崩れる軽さと、口の中でゆるーく解けるしっとり感、こんなおいしいドーナツ食べたことない!

ドーナツといえばこちらのキーパーさんにもゆかりの深いおやつですが、世界一のドーナツはここオールド・トラフォード、Sir Alex Fergusonスタンド前の屋台のドーナツだ!わー!というテンションでスタジアムを去る筆者なのでした。

いやでもドーナツは本当に美味しかったです(当然ながら食べきれず、翌日までおやつとして活躍しましたが、時間が経っても美味しかった)。あと、こちらもフォローしておくと、デ・ヘアというキーパーは凄い。彼でなければアーセナルはもう少し楽に勝てたのではと思います。

ちなみに車でのスタジアム脱出ですが、スタジアムに近い駐車場はさすがに渋滞していましたが、£5エリアに停めていた筆者の車はほとんどストレスなくスタジアムエリアを出ることができました。そういう意味でも「オールド・トラフォードで車という選択肢はアリ」と改めて申し上げておきます。



<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ