2014-15シーズン現地観戦記~(8) 悪夢甦るセント・ジェームズ・パークでハラハラ勝利!

前稿「2014-15シーズン現地観戦記~(8) コンパクトな街ニューカッスルはスタジアムへもアクセス良好」より続きます。

さて、試合前1時間を切る頃になると、スタジアムに向けて人の流れが生まれ始めていました。地図を見ながらその方向についていくと、中華街のゲートが現れ、その向こうにドーンとスタジアムが。なぜかはわからないけど「ここデカいな!」というのが第一印象です。5万2000人収容のスタジアムは、確かにこれまで訪れた他のスタジアムのうちでは大きい部類ではありますが、それでもエミレーツスタジアムやオールドトラッフォードよりは小さいはず。でも何だか威圧感があるのは、鉛色の寒空に土色という外観のなせる業なのでしょうか。そういえば言い忘れていましたがニューカッスル、明らかにロンドンより寒いです!電車を降りた瞬間から寒かった。それでもスタジアム周辺には半袖の男たちがいっぱいいましたが!

そんな要塞風の土色のスタジアムは入り口もなかなかハードコア。実はここ、Turnstile=入口のゲートの狭さにこだわる筆者に、友人が「プレミアリーグでも一、二を争う狭さ」と教えてくれたスタジアムでもあるのですが、言うだけあってもんのすごく狭いです。

ちなみに筆者の前の人はリュックがひっかかってワタワタしてました。ここはアウェイエリアなので、ホームエリアについては分かりませんが、オールドトラフォードの経験から察するに、ホームとアウェイにあまり差はないのではないでしょうか。ニューカッスルサポの大男たちはいったいどうしているのかと心配になります。

そしてそこからがアウェイ席への長い長い道のり。席にたどりつくまで、7階分の階段を上らなければなりません。途中、なぜかアーセナルのステッカーが壁に貼られているのにクスリとしたり、天井近くにあるエアコンの室外機にチェルシーのステッカーが貼られているのに「どうやって貼ってん!」と突っ込んだりしつつもだんだん疲れてきます。

ここに限った話じゃないけど、スタジアム観戦、とくにここへは、女性は絶対に!かかとの高い靴で来ないように!席にたどり着くこと自体がスポーツなんだから!などと自分(と勝手に他人)を鼓舞しながら階段を上りきり、スタンドへの入口を抜けると……いやいやこれまでの疲れを忘れるとはこのこと。目の前には物凄い絶景が広がっていました。

一望のもとに広がるピッチの緑、ホームサポで埋まった満席のスタンド、その向こうに広がるニューカッスル・アポン・タインの街。ニューカッスルの観光記事には、Castle Keepと言われる城跡(これがNewcastleの地名の由来)に上って見る街が絶景などと書かれているけれど、セント・ジェイムズ・パークのアウェイスタンドからの眺めも凄いよ!ニューカッスルのシンボルとも言われる噂のアーチ橋、Tyne Bridgeも見えるじゃないか。これは本当に素晴らしい。

スタジアムの構造上、アウェイ席のあるLeazes StandとバックスタンドにあたるMilburn Standのほうが高くなっているようで、両スタンドの最上段はある意味特等席と言えるかも。勾配も急で非常に見やすく、それでいて怖い感じがしないのはおそらく、足元のスペースに十分な余裕があるから。いいスタジアムじゃないか!もちろん集結したアウェイサポも最高。筆者同様、家から4時間はかけてやって来た人が大半なはずなのに、試合前から立ち上がってチャントを歌ってと元気いっぱいです。

試合のほうも、そんなアウェイサポの後押しを受けて快調な滑り出し。立ち上がりから、何だかポジティブな雰囲気が漂います(主観)。そんないいムードの17分、突然スタジアムが拍手で満たされました。何だろう?と思ってビジョンを見ると、そこには名前だけが入った2つのシャツが。

後から知ったところでは、実はこれ、例のウクライナ上空で撃墜されたMH17機に乗っていて亡くなった2人のニューカッスルサポーターを追悼したもの。昨年夏、ニュージーランドで行われたニューカッスルのプレシーズンツアーを見に行く途中で事件に巻き込まれてしまったんですね。それでIN LOVING MEMORYなのかなあ。昨年8月のBBCの記事によると、「サポーターズグループと地元紙がセント・ジェームズ・パークのすべての試合でtributeを繰り返すように呼びかけた」とあるので、毎試合やっているのでしょうか?筆者の周辺のアーセナルサポも全力で手を叩いていて、クラブを超えたフットボールファンの連帯を改めて感じました。

と、そんないい話の直後にではありますが突如訪れたアーセナルの時間。24分にジルーがサクッと得点(分かりにくいですが写真は得点につながったカソルラのFKの瞬間)してからは、ぐいぐい攻めて28分にもう1点。あら何だか楽勝ムード?ニューカッスルサポも黙り込んじゃって、周りからはこんなチャントが聞こえてきます。“♪Where's your famous atmosphere?”

ホームサポに向けて「おいおい~素晴らしいと噂の雰囲気はどこ行っちゃったの?」と茶化すこのチャントは、普段から「熱い」と言われるスタジアムでしか歌われないそうで、筆者も数度のアウェイ観戦の中で初めて耳にしたもの。日頃から「熱い」とまさに「有名」な、セント・ジェイムズ・パークならではの、貴重な歌を聞くことができたというわけです。ちなみにこの後チャントは同じメロディーで“♪Are you Tottenham in disguise?”と続いてアーセナルサポは超ご機嫌。「お前らホントはトッテナムなんじゃないの~?」というこの歌は、相手が弱いときに「弱いヤツ」=「トッテナム(アーセナルの目の敵)」に喩えて揶揄する定番チャントです。

ああいろいろ楽しい!しかし、筆者もご機嫌のそんなムードを一瞬で凍りつかせたのは、後半開始直後のニューカッスルのゴールでした。というのは、というのはね。アーセナルサポなら誰もが忘れることのできない事件が昔、セント・ジェームズ・パークで起こりましてね……あれは、10-11シーズンでしたか、4-0で前半を終えたはずなのに、終わってみたら引き分けていたという……テレビ観戦していた筆者も、ハーフタイムで「まあ今日はもらったな!」と思って悠々お風呂に入りに行き、出てきて愕然とした記憶がございます。

それからというもの、筆者の周りのサポ間では、「4-0は安全圏じゃない。いやむしろ危険」なんていう定説もできたほど。そんな事件を思い浮かべなかったアウェイサポは一人もいなかったんじゃないでしょうか。当然、ホームサポは元気百倍。“famous atmosphere”も大復活で一気に反撃に転じます。アウェイスタンドに向かってもヤイヤイ言って来て、我々の方も内心の動揺を気取られまいと(いや完全に気取られてると思うけど)応酬に必死です。

さらに、中盤の底で相手のプレーの芽を摘みまくっていたコクランが接触して倒れ、戻ったと思ったら両鼻の穴に綿を詰めてプレーしているではありませんか!エヴァートン戦(たしか)で負った鼻の骨折の患部をまた痛めたのでしょうか。そういえば背中に背番号がない!きっと着ていたシャツが血で汚れちゃったんだなあなどと心配は重なるばかり。

ドキドキハラハラの後半は、オスピナのスーパーセーブなんかでますますヒヤヒヤしながら何とか終了。最後は、エヴァートン戦での得点シーン以来姿を見ていなかった(風邪だったんですって?)ロシツキのスーパー美トラップなんかも見せていただいて、とりあえずまあホッとした、というのが正直なところ。ホッとしたところで今日お手柄のジルーさんは、がんとの闘病から復帰第一戦(後半から登場)のグティエレスと仲良くシャツ交換です。

それにしても、気づけば筆者の渡英以来アーセナルは全勝。現地観戦できていないプレミアリーグQPR戦と、チャンピオンズリーグモナコ戦も含めて全て!(まあチャンピオンズリーグの勝ち抜けはできなかったけど、試合自体は勝ちは勝ち)そう考えたら嬉しくなってきたのと、これがこの旅最後の現地観戦だと思うとなかなか立ち去りがたく……そんな気持ちで人影の消えつつあるスタンドに立ちすくんでいると、いつのまにかカモメがたくさん集まっていました。そうか、人が消えたあとのこの場所は、君たちの場所なのね。これも海に近い街、ニューカッスル・アポン・タインのスタジアムということなのでしょうか。

帰り際、スタジアム前のサー・ボビー・ロブソンの銅像にご挨拶し、中華街ゲートの手前にある城壁跡を眺めて最果ての観光気分もちょっとだけ味わって、そのあとに思ったことは……「時間があ ま る!!!」 そうなんです。試合が17時に終わったとして、モタモタすると18時の電車じゃ乗り遅れるかな?なんて考えて19時過ぎの電車を予約してしまったのですが、しつこいようですがセント・ジェームズ・パークは駅からも近いです(せいぜい徒歩15分~20分)。

完全に読み違えた筆者でしたが、中華街ゲート前のレストランのあったかい香港式ミルクティですっかり落ち着き、ゆったりした気分で19時過ぎの電車に乗り、車内の大混雑にもめげず、ロンドンまで4時間半近くの道中(途中工事のせいで行きとは違うルートを通るため。This is UK!)を爆睡して帰ったのでした。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

2014-15シーズン現地観戦記~(8) コンパクトな街ニューカッスルはスタジアムへもアクセス良好

「偏愛的プレミアリーグ見聞録」特派員の現地観戦レポート第8弾。ニューカッスルの本拠地、セント・ジェームズ・パークは熱狂的なサポーターが集まることで有名です。グーナーの特派員がイギリスに渡ってから、アーセナルはプレミアリーグとチャンピオンズリーグで5連勝と負け知らず。果たして、パーフェクトで帰国となるのか…さっそくどうぞ!


3月21日土曜日、今回の旅で最後のプレミアリーグ観戦はニューカッスルVSアーセナル。以前、FAカップ準々決勝(マンチェスターユナイテッド-アーセナル)の稿でも触れましたが、アーセナルのアウェイ戦のチケット確保はなかなかの難題で、今回もツテを頼って直前に確保ができました。ただ、超人気カードであるオールド・トラフォードのアウェイとは異なり、セント・ジェームズ・パークなら、アーセナルの日本公式ファンクラブ「Arsenal Japan」で取ってもらうことは可能です。(申し込み締め切りがたしか3カ月前と非常に早く、それ以前に会員になっておく必要があるため、かなり早い段階での計画が必要になる点にだけは要注意。詳細はArsenal Japanのサイトをご確認ください)

目指す街の名前は正しくは“Newcastle upon Tyne”。アポン・タインとは「タイン川のほとり」という意味で、その名の通り、タイン川という川のほとりに街があります。ちなみに、ライバルチームはウェア川のほとりに本拠地を持つサンダーランド。一帯はタイン・アンド・ウェア州と呼ばれていて、ニューカッスルとサンダーランドの試合は「タインウェアダービー」という、プレミアリーグでも1、2を争う熱いダービーマッチであるのをご存じの方も多いでしょう。こんな素敵なショートフィルムもあります。これぞダービー!

当初はレンタカーで行こうかと考えていたのですが、マンチェスターよりさらに先、ほとんどスコットランドという北の果てとなれば、もはや飛行機で行ってもおかしくない距離。マンチェスター、スウォンジーと二度のレンタカー旅に若干疲れていたこともあり、今回は電車での移動を選択しました。

ちなみにニューカッスルの観光について調べたり人に聞いたりしてみると、見どころとして挙がるのが「橋」。えっそれだけ?と思うんですが、やはりタイン川にかかる大きな橋が一番の見どころのようです。石炭、造船など重工業の街として栄えてきた歴史が原因なのでしょうか。一方で近年はアートによる町おこしに成功し、お洒落なお店なども増えてきたという話も聞きます。個人的には、この街はローマ時代に築かれた「ハドリアヌス城壁」の東端であり、「ここまでがローマ帝国」という最果ての街であるという興味が大きく、そのハドリアヌス城壁を見て帰るためにも車でと思っていた(さすがに城壁自体は歩いて行ける距離にない)のですが、これは次回以降の楽しみということにしようと思います。

アストン・ヴィラの試合を観にバーミンガムに行ったとき、ランチだ移動だでかなり苦労した経験から、今回はランチタイム+散策時間を見込んでお昼前には着く電車を選択。8時にはKing's Cross駅からEdinburgh(スコットランド!)行きの電車に乗り込みました。それにしても日中のイギリスの車窓はのどかなもの。牛、ヒツジ、ウマの放牧地に加え、この路線沿いは畑も多く、見ていて飽きません。途中、York駅周辺にやたらカメラを持ったおじいちゃんがいるな?と思ったら、おもむろに蒸気機関車がやってきました。これがイギリスの撮り鉄か!しかし群がっていたのは見事におじいちゃんばかり。こちらでは撮り鉄はリタイア後の趣味なのかもしれません。

そんなこんなで11時前、電車はタイン川を渡って速度を落とし、Newcastle Central駅に到着。駅のホームを渡る通路が立派な橋のデザインになっているのは、やっぱり「橋の街」だからなんでしょうか。駅を出ると広々として人気も少なく、閑散とした雰囲気。ランチでも、と何となく探しておいたパブもすぐに見つかり、「あれ、これはちょっと早く来すぎたかしら?」とちょっと不安になってきました。

ちなみに駅の目の前にも大きめのパブが1軒あり、いかにもアーセナルな格好をした一団が入ろうとしていましたが、入り口でマフラーは取るように言われたらしくみんなで外していましたね。のんびりムードとはいってもさすがアウェイです。

さて、パブのブランチメニューでゆっくり腹ごしらえをしてもまだ12時。駅と反対側のほうにGrainger Marketという大きいマーケットがあるらしいので、そちらに行ってみることにしました。実は筆者はマーケットが大好き。ローカルな食べ物や生活習慣を見て楽しむなら断然マーケットが楽しいと思っています。この地方でローカルな食べ物といえば何なのかしらん?と調べていてこんなページを見つけたのですが、マーケットをうろうろしていたらありましたよPease Puddingなるものが!ちょっと食べてみようと思って“smallest size”とお願いしたら、直径6cmくらいの小さなカップに入れてくれてお値段なんと31p。どれだけ庶民的なんだ(笑)。

あとはちょっとしたお菓子と飲み物でもと思い、大繁盛のカフェテリアで列に並んだら、すごい勢いで客をさばいている(しかしなかなか感じのいい)お兄さんの英語が何だか不思議。ははーんこれが噂に聞くGeordie英語か。

渡英前、友人にニューカッスルでするべきことを聞いて回っていた頃、「橋」のほかに聞いていたのが、「わからない英語を聞いてこい!」「茶色いまずいビールを飲んでこい!」といった内容だったのですが、確かにいかにもローカルっぽい売り子のお兄さんの英語は何だか不思議な調子で面白かったです。

マーケットで少々のんびりしてもまだ時間があったので、マーケットの外に出てちょっと歩いてみると、大きなショッピングモールなどもあってにぎわっている様子。あとで調べてみると、このエリアは街で一番の繁華街だそうで、市内でもここだけは人口密度が高いようです。どうりで駅前が閑散としていたわけだ。たとえていえば、JRの駅前はそうでもないけれど地下鉄駅周辺に繁華街がある、といったところでしょうか。

とはいえニューカッスルの場合、その駅前と繁華街もせいぜい徒歩10分以内。さらにその繁華街エリアからセント・ジェームズ・パークスタジアムまでも徒歩でせいぜい5分ほど。バーミンガムでやたらと大変だったことを気にして時間に余裕を見ていましたが、正直、見すぎました。ニューカッスルはいい意味で地方都市。すべてがコンパクトで、歩きやすい街という印象です。

次回はいよいよ、アーセナルのプレミアリーグ6連勝&特派員の全勝帰国なるか!?のスタジアムLIVEレポート。「2014-15シーズン現地観戦記~(8) 悪夢甦るセント・ジェイムズ・パークでハラハラ勝利!」は明朝、お届けします。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ