2014-15シーズン現地観戦記~(2)「アラダイス出て行け!」愛と怒りのアップトンパーク

「2014-15シーズン現地観戦記~(1)チケットが届かない!? かなりアバウトなアップトンパーク」より続きます。

入場ゲートはチケットにTURNSTILE9-15と記載。TURNSTILEというのは回転ドア式のゲートで、イングランドのスタジアムではおなじみです。指定された番号のゲートに行き、入り口の読み取り機にバーコード部分をかざすと、ロックされたゲートが「プー」といって開く仕組み。ゲート前で荷物チェックがあるスタジアムもありますが、ここは全くのノーチェックでした。カメラも、一眼の持ち込みは禁止というようなところもあるそうですが、ここでは全くスルーの模様です。

場内はクラシックな四角い作りで、椅子も硬いプラスチックの椅子。メインスタンドでも屋根は全体にはかぶさっておらず、J列くらいまでの席は雨が降ると濡れるかもしれません。ですが、最前列はピッチレベルというか下手するとピッチより一段低いくらいで、臨場感はさすが。このあたり、浦和や豊田、鹿島のようなサッカー専用スタジアムであっても、ずいぶん高いところからピッチを見下ろす作りが主流の日本のスタジアムとは違います。なんで日本のスタジアムはああいう作りなんだろ?

そしてこのスタジアムの名物(?)は、試合開始や得点時に飛ばされるシャボン玉。なんかささやかな感じではあるのですが、またそのささやかさが、昔ながらのスタジアムといい感じで合ってます。

また、全く可愛くないことで有名なイングランドのマスコットですが、チケット発券でもたついたこともあり、姿を観ることができたのはハーフタイムのみ……なんか可もなく不可もないふつうのくまが出てきましたが、聞くところによると、ここにはもっと変チクな「ハンマーマン」もいるという話で、コイツの姿を拝めなかったのは大いに不覚でした。やっぱり席には早めに着くべきですね。

さて、スタメン紹介で最も多くの拍手を受けていたのは16番のマーク・ノーブル選手。1987年生まれ、13歳でウエストハムに加入し、02-03シーズンに最年少でリザーブチーム、04年にトップチームでデビュー、以後2度ほどローンに出されるもあとはウエストハム一筋。(あっ、よく見たら子どもの頃はアーセナルでトレーニングしてたって書いてあるな……まあいいや)今回の試合中には、前半、ゴールほぼ正面のフリーキックをバーに当てたとっても惜しいシーンが目立ちましたが、プレースキックは基本彼の役目のようで、チームの顔のような選手なのでしょう。2日前に2021年までの長期契約にサインしたらしく、それも拍手の理由だったかもしれませんね。


筆者はアーセナルファンで、基本はアーセナルのことしかよく分からないこともあり、この日の注目選手は元アーセナルのアレックス・ソング選手と、アーセナルからローンに出ているカール・ジェンキンソン選手。ソングは、どっちかというと労働者役だったアーセナル時代と違って、比較的低い位置からボールを配給し、攻撃の起点みたいな役割を果たしているように見えましたが、後半突然やる気をなくしたように見えるのはあんまり変わらず。また全体的に左サイドからの攻撃が多く、右サイドバックから上がって攻撃参加するジェンキンソンの姿はあまり見られませんでした。というかジェンキンソンは失点シーンで競り負けたりしてたような……個人的にとても期待している選手なので、修業先でも頑張ってほしいんですけども!なお、クリスタルパレス側にも元アーセナルのマルアン・シャマフ選手、アーセナルからローン中のヤヤ・サノゴ選手がいますが、この日はどちらもベンチ入りさえありませんでした。

試合の方はご存じのとおり、シーズン前半トップ4入りの勢いで勝っていたハマーズが、プレミアリーグ残留争い中のクリスタルパレスに1-3で敗北。後半の早い時間までに3点が入ったところで、あとはプレーが止まるたびにホームサポが帰っていくような状態でしたが、それでも後半の後半、何度か攻撃のシーンがあるとわりと温かい拍手が起こり、何と言うか、勝敗にシビアな超一流クラブとはちょっと違う、ローカルなクラブっぽいよさを感じた気がします。クリスタルパレスは、2点取ったマリー選手がイエロー2枚で退場になってからは全員で自陣に引きこもるようなドン引きフットボールで、あれを破って得点するのはなかなか難しかっただろうなあ。

そしてよくよく考えると、監督はアラダイス対パーデューという濃い対決。後半は二人とも(パーデューは前半も)ピッチサイドに立ちっぱなしで頑張っていましたが、最後はそのアラダイスに「Get out Allardyce!!!」と怒鳴って帰る人が出る結果に……まあなあ、シーズン序盤はまさかの(失礼)チャンピオンズリーグ出場⁉というペースだっただけに、ガッカリも大きいのでしょうか。


最後に、この日の前半38分には、ビジョンに例のトンビデス選手が映し出され、スタジアム全体が拍手に包まれるという一幕がありました。何でもかんでも流行りのように「○○分に拍手」というのはあまり好きではない筆者ですけども、この拍手はまさに本来の姿というか、プレミアリーグらしさを感じる一コマだったと思います。しかし、このスタジアムの雰囲気といい街の雰囲気といい、ファンには愛着が深いだろうに、本当に離れた場所に移転しちゃっていいのかなあ。

試合が終わって駅の反対側を何となく歩きつつ、THE BOLEYNというサポーター御用達のパブを眺めるにつけ(実はアップトンパークは通称で、正式名称はブーリン・グラウンド)、改めてそんなことを思いました。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

2014-15シーズン現地観戦記~(1)チケットが届かない!? かなりアバウトなアップトンパーク

今回は特別篇で、本ブログ特派員の現地観戦レポートをお届けします。ご本人はバリバリのグーナーなのですが、「プレミアリーグのスタジアムをあちこち訪ねてみたい」「これから行かれる方にプレミアリーグのチケットの取り方を伝えたい」ということで、1ヵ月にわたってイギリスに滞在。第1回は、ウェストハムの本拠地、アップトンパークからお伝えいたします。では、どうぞ!

現地観戦シリーズ最初の試合は初のアップトンパークでウエストハム対クリスタルパレス。ロンドンとひと口にいっても広いもので、イーストサイドのアップトンパークまでは、たとえば筆者滞在中のノースロンドンエリアからでも地下鉄を乗り継いで小一時間くらいかかります。

最寄駅はそのままUpton Park。Hammersmith & City lineで、ロンドン中心部から東に向かいます。ちなみにロンドンの地下鉄は、“East bound(東行き)”“West bound(西行き)”のように向かう方角が東西南北で表されているので、方角がざっくり頭に入っていると意外と迷いません。知らない町で「○○行き」と地名を出されても困っちゃうので、これは外国人には結構ありがたいんじゃないでしょうか(私はありがたい)。ただし、同じホームに違う路線の地下鉄が乗り入れていたりするので間違った路線に乗らないように要注意。たとえば、Kings KrossからHammersmith & City lineの東行きに乗ろうと思うと、Circle lineとMetropolitan lineも同じホームに電車がやってきます。ちゃんと表示を見て乗らないとびっくりするようなところに連れて行かれます。

さてUpton Park駅。郊外の地下鉄駅にはありがちな地上駅で、エミレーツスタジアム近くのHolloway roadやArsenalに比べると圧迫感がないのが救いですが、試合開催日はさすがに凄い人。

改札でオイスターカード(日本のSuicaのようなもの)をピッとやってもちゃんと反応せず、もたもたとやり直しをする人が続出する横で係のおっちゃんが、「反応してなくてもちゃんと記録されてるから大丈夫!」と怒鳴る中を皆なんとなく出て行きます。ロンドンの交通機関は不正乗車には厳格で、入場記録があるのに出場記録がないオイスターカードなんかは結構厳しく問い詰められるとかられないとか……みんな必死でピッとやり直すのはきっとそのせいなんです。筆者自身も「ええんかいな」と思いながら反応しない機会相手にピッとやって(いや音しないけど)何となく出場……後から分かったところではちゃんと出場記録されていたので、まあおっちゃんのいうとおりだったようです。

一つしかない駅の出口を出ると、スタジアムまでは道なり一直線で5分程度。そろそろプレミアリーグらしい雰囲気になってきました。片側一車線の狭い道にバスやら車やらがぎっしり走る両側に、露店やらパブやら、さらには大きめの市場もあって、さすがロンドン、地方のスタジアムとは違う賑わいが楽しいです。
スタジアムもわりと堂々としてますが、それでも敷地外すぐ住宅地というところがプレミアリーグ仕様。2016-2017シーズンからは、ロンドンオリンピックのメイン会場だったオリンピックスタジアムにお引っ越ししてしまうそうですが、それも周囲が住宅地で拡大工事ができないためのようです。

この日は、“DT38”とプリントされたTシャツを着た人が通りのあちこちに募金箱を持って立っていて、これは何だろう?と思っていたら、試合の2日前に“Dylan Tombides Foundation”という基金の立ち上げがクラブから発表されたばかり(http://www.whufc.com/News/Articles/2015/February/26-February/Dylan-Tombides-Foundation-DT38)で、そのための募金活動がスタートしたところだったようです。ディラン・トンビデスはオーストラリア出身のサッカー選手で、“DT38”の38は、彼の背番号。2008年にウエストハムと契約し、2011年にはカップ戦でトップチームデビュー、U22のオーストラリア代表などにも選ばれたようですが、2014年、20歳の若さで亡くなってしまいました。精巣がんだったそうです。基金は精巣がんの啓発のほか、青少年の育成などにも充てられるとのこと。道々、少なくないサポの皆さんが募金をしているのを目にしました。

                    ◆◆◆
ところで、筆者は今回、日本からウエストハムのサイトを通じてチケットを取ったのですが、日本出発までにチケットを受け取ることができませんでした。(ちなみに1日後に取ったマンチェスター・シティのチケットは速攻で届いた) チケットを買うとき、最後の、受け取り方法を選ぶ画面で、なぜかCollection(現地引き取り)が選べず、Deliver(配送)を選ばされて、「間に合うんかいな」と半信半疑で申し込んだのが案の定……ということで、日本出国直前、羽田空港で必死でメールを打ち、「再発行とか現地発券とか、できますか?」と問い合わせ、ロンドンについて真っ先に返信を確認すると、「EU外には配送できないんで、引き取りに来てちょうだい。チケット購入確認メールのコピーと写真入り身分証明書、購入時のクレジットカードも持ってきてね!」とのこと。いや、EU外に発送できないなら最初からそう言ってちょうだいよ!てなもんですが、往々にしてこの手のことは、“Confirmation”と書かれたメールのコピーと、写真入り身分証、購入時のクレジットカードあたりを揃えておけば何とかなるようです。

そんなこんなで、まずはメールに「ここに来い」と書いてあったBetway Stand ticket officeを目指しますが、Betway Standはメインスタンド、駅からスタジアムに続く道に面した壁に書かれたBetway Standの文字はすぐ目に入り、迷うまでもありません。一度、スポンサー様のご招待券みたいなのを発券する窓口のほうに行ってしまい、「あなたはあっち!」と言われて移動しましたが、よく見るとでかでかと“ticket office”と書いてあるのはそちら。小さい窓口がたくさん並んだちょっと貧乏くさい作りの窓口が、一般客向けの発券窓口というわけです。けっこうな人数が並んでいましたがそんなに待つほどではなく、10分そこそこで発券ができました。

ちなみに窓口のお兄ちゃんに聞かれたのは予約番号のみ。念のためメールのコピーとパスポートを一緒に出しましたが、お兄ちゃんはパスポートには目もくれず、「クレジットカードも必要?」と尋ねると「大丈夫大丈夫!」という感じでサクッと発券。笑顔で「enjoy!」と送り出してくれました。

アップトンパークの現地レポート、第2回はいよいよプレミアリーグのライブ観戦記「ウェストハムVSクリスタル・パレス」です。次稿「2014-15シーズン現地観戦記~(2)「アラダイス出て行け!」愛と怒りのアップトンパーク」に続きます。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ