2014-15シーズン現地観戦記~(3)ヴィラパークで全力"Who are ya! "

前稿「2014-15シーズン現地観戦記~(3)街もバスもわかりにくい…ヴィラパークの冒険!」より続きます。

今回の席種はいわゆる「アッパー」。2層になったスタンドの上の方で、プレミアリーグのスタジアムでは基本こちらの方がチケット代が高いです。ピッチとの一体感を求めるならロウアー(1階席)ですが、試合の全体像がよくわかるのは断然アッパー。どちらかのクラブのファンというわけではなく、試合自体を楽しみたい場合は、個人的にはこちらをおすすめします。チケットは安い席から売れていく(つまりロウワーはすぐ売り切れる)ので、取りやすいのも魅力です。

ただ、アッパー観戦となると残念ながら写真は小さくなりますね。ティム・シャーウッド(アストン・ヴィラ)、トニー・ピューリス(WBA)両監督は、席から撮るとこんな感じ。そういえば両チームとも、今季のプレミアリーグでは不振の時期があり、シーズン半ばで監督交代を経験しているチームでした。

ついでにマスコットはチームのエンブレムにも入っているライオン。なぜか男2+女1という微妙な構成が気になります。

試合のほうは、ヴィラが前半のうちに得点し、ホームサポは大満足ムード。それが後半にWBAが1点返して今度はアウェイサポが一気に元気に。ところが最後、アディショナルタイムにヴィラがPKを獲得して劇的な勝利という展開。すべての得点がドラマチックな時間帯に飛び出て、見ているほうは本当に飽きない試合でした。

何よりすばらしかったのはヴィラのホームサポ。ダービーということもあってか、ゴール裏は90分立ちっぱなしという熱さ(これプレミアリーグでは結構珍しい)。筆者のいたバックスタンドはさすがにみんな座って観ていましたが、隣のお兄さんがいちいち的確なコメントを発していて、目の肥えたファンっぷりには感心させられました。とくに印象的だったのは、アグボンラホールの1点目のとき、直前に背後からの長めのパスをヘッドで落としたベンテケにすかさず発した"Well done!!!"の一言。そのボールがゴールにつながったことを考えれば、そのプレーはまさに「よくやった!」の一言にふさわしいわけだし、何と言っても、ゴールではなく、その前の「落とし」を評価する視点が、本当にサッカーをよく知っているんだなあと思わされます。

そんなふうに、座って観ているとはいってもハートは熱いバックスタンドアッパー席。1点目のときには興奮のあまり裸で椅子の上に乗り出すおじさんが現れて、スタンドに笑いを巻き起こしていました。というかこういう人、プレミアリーグのスタンドではときどき見るけど、裸ではしゃぐのは現地の人にとってもやっぱ可笑しいんですね。

さらに勝利を決めたPKのあとには、全員立ち上がって大はしゃぎの挙句、アウェイスタンドに向かって全力で"Who are Ya!!!"の大合唱。「フワーヤ!」と聞こえるこのチャントは、"Who are you?"、つまりお前は誰だ?という意味ですが、ニュアンスは「お前らどこの誰?知らねえなあ?」といったところで、意訳をするなら「ざまあみろ!」。今までいろんな試合で聞いてきた"Who are Ya"ですが、これほどぴったりハマるシーンも珍しい、そんな抜群の"Who are Ya!!!"でした。

大興奮の試合後は、ダービー、そして深夜ということもあってか警備も厳重。見るからに恐ろしげな警察犬も出動して、かなりものものしい雰囲気でした。人の流れに沿って外に出てみると、わりと近くに電車の駅を発見。長い列はできていたものの、一度に乗れる人数が多いのか10分も待つと電車に乗れました。Wittonというその駅からは、10分そこそこでBirmingham New Street駅に到着。ノンストップだったところを見ると臨時列車だったのかもしれませんが、これは圧倒的にバスより電車利用が正解ですね。昼間のヴィラショップのおばさまは正しかったようです。

唯一の心残りは、TV中継を見ていても広告をよく見かける"Pukka Pie"を食べ損ねたこと。このスタジアムなら、入場後の売店で買うことができます。なかなか美味しいとの話なので、今後行かれる方がいらしたらぜひチャレンジしてみてください。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

2014-15シーズン現地観戦記~(3)街もバスもわかりにくい…ヴィラパークの冒険!

「偏愛的プレミアリーグ見聞録」の特派員による現地観戦レポート第3弾は、アストン・ヴィラの本拠地ヴィラパークより、プレミアリーグ28節、WBA戦のLIVEをお届けします。1ヵ月間、イギリスに滞在してプレミアリーグ三昧を続けるバリバリのグーナーが、ロシツキのダメ押しゴールに気をよくして訪れたヴィラパークのゲームは、記念すべき一戦。プレミアリーグ、チャンピオンシップ、リーグ1、リーグ2に所属する全92クラブのなかで、2015年最初の勝利がいちばん遅かったのはアストン・ヴィラで、その勝利の瞬間を目撃したわけであります。では、どうぞ!

3月第2週にFAカップがスケジューリングされていることもあり、プレミアリーグ第28節はミッドウィーク開催。火曜日と水曜日に分かれて行われるということで、ハシゴ観戦が可能なカードを物色し、3日の火曜日はバーミンガムでアストンヴィラとWBAの試合を観戦することにしました。

チケットの手配に動いたのは2月4日でしたが、クラブ公式販売のチケットはすでに販売終了とのこと。しかしこういうときもプレミアリーグのクラブには基本的に、Ticket Exchangeというシステムがあります。これは、シーズンチケットホルダーが、自分が行けない試合のチケットを売り出すというもの。ヴィラの場合は、Ticket Exchange向けに"viagogo"というチケット取引サイトを利用していて(取引サイトなので価格が高騰することもあるが、ヴィラの場合は公式提携のようでそういうことはない模様)、そちらから購入することになりました。チケット専門サイトであるせいかシステムも洗練されていて、購入は非常にスムーズに完了。ウエストハムのように配送か現地発券かで迷わされることもなく、最初から「UK外の人はスタジアムで引き取りしてね」とご案内がありました。そのために£4.95(1000円近く!)の手数料がかかるのは何とも納得いかないんですけども…!

さて当日はロンドンのEuston駅からBirmingham New Streetまで1本。イギリス第二の都市と呼ばれるバーミンガムは、何だか斬新なデザインの建物にあふれた街です。お昼前にバーミンガム入りして、名物のBalti(イングランドで発展したらしきカレーのこと)にありつくまでの大冒険は改めてご紹介するとしまして、その頃合いからどうにも不安になってきたのがバーミンガムでの交通手段。電車の通っているエリアに限りがあるのでバスを使おうとするのですが、これが強烈に分かりにくいです。

Birmingham New Street、Birmingham Moor Streetといった駅のあるCity centerと呼ばれる中心部にたくさんバス停があるのですが、どこに行くバスがどこから出ているのか全く分かりません。ヴィラパークにもバスで行けると聞いており、自力で探そうとするもチンプンカンプン。

そうこうするうちに街なかでヴィラショップを見つけ、入口にいたおばさまにヴィラパークへの行き方を聞くも、「電車に乗ってみんなについていけ」みたいな返事でラチがあきません。そもそもが、"Train"がしばらくの間"Trying"に聞こえてるようじゃ分かるモンも分からんわな(涙)。
最終的にバーミンガム大聖堂近くの"Snow Hill Interchange"というバス集積エリアで案内係らしきお姉さんに話を聞き「あのバスに乗れば行けます」と教えられたのはお目当ての7番のバス。ようやく乗り場が分かった!!!

ちなみに、"Villa Park"では話が通じず、"Astonvilla Football Club"で目的の答えを引き出すことができました。このお姉さんがとても丁寧で優しい方だったのが唯一の救い。有難い。有難いんだけど、もう少し案内表示を分かりやすくできないかなあ!!!(まあ分かりにくいからそういうお姉さんが必要だとも言う)

そんなわけでかなり余裕を持って来たはずなのに残り時間も少なく、いったんホテルにチェックインして出直すのが精いっぱい。ちょっとは見学したかった大聖堂にも目もくれず、とりあえず一目散で教えられたバス停に向かい、ちょうど来ていた7番のバスに飛び乗りました。夜開催の試合ということで辺りはもう暗いし、正直、行き先も降りるバス停も未確認……まあ、この時間なら絶対に観戦スタイルの人がいるだろう!とふんで乗り込むと、ちゃんといらっしゃいました。ホッ。
お姉さんは15分くらいで着くと言ってたけれど、結局バスに揺られること30分近く。複数のヴィラな方々が降りようとするのでついていこうかと思ったのですが、あれ?降りない人もいる!?大丈夫なのかとハラハラしながら降りたのはWitton Rd.というバス停で、周りは何だか普通の郊外のバス通りといった風情(都営地下鉄三田線の本蓮沼駅から西が丘サッカー場に向かうような感じって言ったら分かる?分かんないか)。ますます不安になりながらも、ヴィラのシャツやスカーフを身に付けたみなさんに必死についていくと、なんと突然スタジアムの裏手の駐車場に出ました。やったー!っていうか私、相当マニアックなルートでたどり着いたのかもしれません。

とにかくチケットを発券しなければならないので、Ticket Officeと書かれた建物に直行。何だか結構並んでいて、間に合うのかとまたドキドキ……すると、そこに立っていたおじさまが"Buying? or Collecting?"と聞いてきました。Collecting(引き取り)だと言うと、それは別の窓口があるからそちらへ行けとのこと。暗がりの中を指さして「あの背の高い木が3本あるところの向こうに窓口があるから」と非常に分かりやすいご案内で窓口にたどり着き、無事チケットを受け取ることができました。ちなみに窓口はSurname(苗字)の頭文字別に分かれているほか、件のviagogo専用有人窓口もあり、そこでは並ぶこともなく、苗字を言うだけで受け取り完了。本当に、スタジアムでのチケット受け取りは思った以上に気軽です。

意外と早く発券も済んだので、メインスタンドの方をぐるっと回ってみると、こちらには扉にライオンのついた立派な門があり、その門の向こうから続々と押し寄せてくるヴィラファンが。チャントを歌ったりして練り歩いている一団もあり、これだけ得点していないクラブ(今季プレミアリーグにおけるアストン・ヴィラの得点力の低さは…)であってもファンはこうやって盛り上がってくれるのかー、有難いよなあと思いながらよくよく考えてみると、対戦相手のWBAもまた同じバーミンガムのクラブ、つまりこの試合はダービーであったわけですね。そりゃ盛り上がるわけです。

そうこうするうちにキックオフ時間も近づいて中に入ることに。今日の席はバックスタンドで、結局ぐるっと一周した駐車場側に近いとろからの入場です。写真に撮れなかったのですがTurnstileは激狭!イングランドのスタジアムの入り口は基本狭いですが、ここの狭さは結構上位に入るんじゃないでしょうか。入口では荷物チェックはありませんでしたが、通路からスタンドに入る際にチェックがあり、上からざっと見て外からポンポンと触って、「缶は持ってないか?」とだけ聞かれ、持ってないと答えるとすんなり中に入れてくれました。


ヴィラパークの現地レポート、第2回はプレミアリーグのライブ観戦記「アストン・ヴィラ VS WBA」です。次稿「2014-15シーズン現地観戦記~(3)ヴィラパークで全力"Who are ya! "」に続きます。

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ