欧州TOP10陥落のアーセナルが危ない!プレミアリーグのTOP8クラブの収益をチェック!

リヴァプールとトッテナムが躍進、マンチェスター勢とウェストハムは微増、チェルシー、アーセナル、エヴァートンは停滞…。世界有数の監査法人デロイト・トーマツが、毎年恒例の「フットボール・マネーリーグ2020」をリリースしました。いち早くレポートした「スカイスポーツ」の見出しは「Manchester United third in 2020」。コマーシャル収入が多いマンチェスター・ユナイテッドは、バルセロナとレアル・マドリードに次ぐ3位をキープしていますが、件の記事は「プレミアリーグで2強を形成するリヴァプールとマンチェスター・シティに、近い将来抜かれる可能性がある」と警告しています。

欧州のクラブの収益とその構造をリサーチし、詳細に分析したデロイトのレポートは、例年と同様に売上をランキング形式で発表。TOP20を見ると、プレミアリーグからは8つのクラブがランクインしています。3位マンチェスター・ユナイテッドの売上は6億2710万ポンド(約897億円)。バイエルンとパリ・サンジェルマンをはさんで6位に入ったマンチェスター・シティは5億3820万ポンド(約770億円)で、前年は4億5500万ポンドだった7位リヴァプールは5億3300万ポンド(約762億円)と大幅にジャンプアップしています。チャンピオンズリーグ制覇による賞金と放映権収入、露出強化に伴うスポンサー増加、コウチーニョ資金が躍進の原動力。2019-20シーズンは、CL出場権を失ったマン・ユナイテッドが最大5800万ポンドの減収となる見通しで、長らく守ってきたプレミアリーグTOPの座を脅かされることになりそうです。

CL準優勝のトッテナムは、レッズと同様に8000万ポンドほど増収となり4億5930万ポンド(約657億円)で8位をゲット。前年はレッズとほぼ同じだったチェルシーは、ELにまわったために収益が伸びず、4億5220万ポンド(約647億円)で9位に落ちました。10位はセリエA初の4億ポンド超えとなったユヴェントスで…ああ、アーセナルは3億9270万ポンド(約562億円)とほぼ前年並みに留まり、11位です。2016-17シーズンには欧州6位だったクラブは、たった3年で5つも順位を落としています。

3シーズン連続でCL出場権を逃し、営業下手でコマーシャル収入も頭打ち。主軸をフリーで手離し、若手は成長しないので売却益を手にすることもできません。2021年に売上が伸びる可能性は、オーバメヤンやラカゼットの売却のみです。ライバルたちが売上を伸ばしている状況での完全なる停滞は、経営陣の責任が問われるべきでしょう。売上微増のウェストハムは18位。マルコ・シウヴァ体制で不振に陥ったエヴァートンは、TOP20では唯一の減収となり、リヨンとハマーズに抜かれて19位です。TOP20の明暗が分かれたプレミアリーグ勢は、今後どうなっていくのでしょうか。それぞれのクラブのプラス要素を確認しておきましょう。

選手の売却益でいえば、ポジティブなのはリヴァプールとチェルシーです。マイケル・エドワーズSDが安価で獲得した選手の値段が軒並み上がったレッズは、3700万ポンドというバーゲン価格だったモー・サラーを1億ポンド以上で売りさばいて、次世代のスターを連れてくるといった選択肢があります(やるかどうかは別として…)。ランパード監督が若手を伸ばしているチェルシーも、欧州の各地にレンタルしている強豪ユース出身の選手たちを売れば、踊り場から再上昇することができるでしょう。

スタジアム関連の収入が伸びそうなのは、新スタジアムが盛り上がっているトッテナム、スタンド改修を進めているリヴァプール、ブラムリー・ムーアドックに新たな拠点を建設するエヴァートン。トフィーズについては、驚くべきニュースが入ってきています。アーセナルの株式を5億5000万ポンドで売却したロシアの大富豪ウスマノフさんが、ブラムリー・ムーアドックのネーミングライツに3000万ポンドを前払いしたとのこと。エヴァートンの筆頭株主のファルハド・モシリさんとは長年のビジネスパートナーで、ウスマノフさんの持ち株会社であるUSMは、既にフィンチファームのトレーニンググラウンドをサポートしています。アンチェロッティによるチーム強化が成功すれば、マージーサイドのクラブはプレミアリーグ第7の勢力として上位を突く存在になるかもしれません。

マン・ユナイテッドにはブランド力と営業力、若い主力という資産があり、マン・シティはペップがいる限りは欧州のTOPクラブです。こうして並べてみると、アーセナルだけが何もないんですよね…。先々、チームの看板になるかクラブに収入をもたらす22歳以下を比べても、レッズにはアーノルドやジョー・ゴメスがおり、チェルシーはタミー・アブラハム、メイソン・マウント、ハドソン=オドイ、フィカヨ・トモリ、クリスティアン・プリシッチ、リース・ジェームズの6人でプレミアリーグ25ゴール12アシスト!マン・ユナイテッドはラシュフォード、ダニエル・ジェームズ、グリーンウッド、ブランドン・ウィリアムズで22ゴールを挙げていますが、ガナーズは唯一ワールドクラスの匂いがするマルティネッリの1発のみです。

唯一の希望は、ミケル・アルテタ。スターリングとレロイ・サネの得点力を伸ばした若き指導者が、ネルソンやサカ、ティアニー、メートランド=ナイルズらの潜在能力を開花させられれば、2年後のプレミアリーグが楽しみになってきます。新監督の手腕で欧州のTOP5を窺うポジションに返り咲くか、ウスマノフの資金が注入されるエヴァートンに並ばれてしまうのか。チケット代の値上げもワールドクラスの獲得もブランド価値の向上も難しそうに見えるクラブは、今こそがターニングポイントなのではないでしょうか。2015-16シーズンにクロップを招聘したリヴァプールは3年で売上1.5倍、当時レスターとプレミアリーグ優勝を争ったヴェンゲルが去ったガナーズは売上ダウンなんですよね…。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「BBC」が74人と発表!年末年始の過密日程が生んだプレミアリーグの負傷者レポート!

January sees many of us count the cost of Christmas.There are those who have spent too much, others who have eaten too much and then there are Premier League bosses generally frustrated by playing too much

「1月になると、私たちの多くがクリスマスの出費を計算します。浪費しすぎた者があり、他方では食べすぎた者もいます。そしてプレミアリーグのボスは、試合をしすぎたことによるフラストレーションを溜め込んでいるものです」。いかにも英国らしい皮肉を込めた書き出しで始まる「BBC」のレポートのタイトルは、「Premier League fixture congestion 'absurd' as teams count Christmas cost(バカみたいに試合を詰め込むプレミアリーグで、チームが算出したクリスマスのコスト)」。あちらには「負傷者データアナリスト( injury data analyst)」という怪しい肩書きがあるようで、ベン・ダイナリーさんがめでたい季節のめでたくないアクシデントの状況についてまとめています。

データによると、12月21日から1月2日までの13日間で、74人の負傷者が発生したとのこと。プレミアリーグの20クラブが登録した選手は約500人、U-21まで含むと1500人となりますが、この短期間に5%がケガで戦列を離れたという数字は衝撃的です。「24時間ごとに6人がリタイア」と記事は煽っており、最多のニューカッスルは9人を失っています。ボクシングデーのホームゲームでリヴァプールに敗れたレスターは、この試合だけで5人が負傷。チームを預かるマネージャーたちの愚痴と改善要求は止まりません。

「1ヵ月前に予想してたよ。スケジュールはあまりにも馬鹿げており、壮大なローテーションを実現するリソースなどない、とね」(スティーヴ・ブルース/ニューカッスル)
「スポーツサイエンスと医学はいい感じだけど、彼らとて奇跡は起こせないし、われわれは30~40人の選手を保有することなどできない。That's not possible」(ユルゲン・クロップ/リヴァプール)

フェスティバルピリオド、すなわち今回の13日間に報告された負傷のうち、全治までの期間が明示されていないものが19例あります。これを除いても、アストン・ヴィラはのべ482日間の治療期間が必要となっており、2位アーセナルは272日。野戦病院状態だったボーンマスは、新たに135日を加えてしまいました。不運な選手たちの全治までの日数ランキングを見ると、最長はアーセナルのチャンバースで244日。アストン・ヴィラのウェズレイとヒートンは、それぞれ241日を治療とリハビリに費やします。彼らに対する診断が的確であれば、復帰は8月末で、プレミアリーグ2020-21シーズンの開幕に間に合わない計算になります。

マンチェスター・ユナイテッドのマクトミネイは59日、ボーンマスのステイシーとジョシュア・キングは56日、リース・ジェームズと激突して背中から落ちたブライトンのバーンは52日。鼠径部と骨盤を痛めたリヴァプールのナビ・ケイタは依然として「No Return Date」とされており、左のハムストリングを押さえて退場したハリー・ケインの状況がわかれば、ランキングに顔を出すかもしれません。

期間中に最も激しくローテーションを行ったのはレスターのブレンダン・ロジャースで、スターティングラインナップのシャッフルは18ポジション。ワトフォードのナイジェル・ピアソンは4ポジションしか変えていません。最も走行距離が長かったシェフィールド・ユナイテッドは、460.1kmを走破しながらランドストラムの6日間の捻挫しか出しておらず、415kmで最下位のクリスタル・パレスは、ザハ、マーティン・ケリー、ベンテケ、サコ、ファン・アーンホルトと主力5人が負傷しています。これらの状況は、「走る距離を減らせばOKというような、明確な対処法は存在しない」ことを示しています。

毎年話題になる過密日程ですが、これほどのデータを見せられると、ウインターブレイク導入について本腰を入れて検討すべきではないかという気分が高まります。カラバオカップを廃止してウインターブレイクを導入するのが、最もシンプルかつダイナミックな解決策ですが、下部リーグの財源を失うのをよしとしないならば、一部日程のチューニングとなります。「ニューイヤーズデーのゲームを5月にまわす」「FAカップのリプレイとカラバオカップ準決勝のホームアンドアウェイを止めて、FAカップ3回戦を1週ずらす」などの措置は、別のリスクとのトレードオフですが、できない話ではありません。

記事の最後に記載されているデータを紹介して、この稿を締めたいと思います。13日間で、最も走り回った選手は誰でしょうか。プレミアリーグマニアのみなさんなら、想像がついているのではないでしょうか。5位デル・アリと4位に入ったバーンリーのウェストウッドは45km台、3位フレッジと2位ウォード=プラウズは46kmを超えているのですが、1位は何と48km!彼の出場記録を見ると、4試合すべてでフル出場を果たし、平均12kmを走り抜いています。そう、彼です。一緒に叫んでみましょうか。せーの、

エンゴロ・カンテ!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

プレミアリーグ2019-20シーズン前半戦総括!【後編】ベストイレブンと躍進&不振の選手たち

プレミアリーグ2019-20シーズンの前半戦総括。クラブの浮沈を振り返る前編に続き、後編では選手たちのパフォーマンスにスポットを当てたいと思います。ビッグ6が続々と落伍した波乱の半年でしたが、折り返しまでのMVPを選ぶのに躊躇はありませんでした。レスターを2位に引き上げた立役者、プレミアリーグ18戦17発のジェイミー・ヴァーディー。2015-16シーズンに24ゴールをゲットし、奇跡の優勝に貢献したストライカーは、32歳になった今もカウンターの主役を担い続けています。今季プレミアリーグ最多となるカウンターから6ゴールのチームに、オンターゲット29本&ショットコンバージョン34.6%といずれもリーグTOPのヴァーディーは欠かせない存在です。

「ビッグ6キラー」といわれる元イングランド代表FWは、2019-20シーズンもアーセナル戦とマン・シティ戦で決めており、強豪6クラブ相手の通算ゴール数を36に伸ばしています。2014年の春にレスターがプレミアリーグに昇格してから6シーズンめとなりますが、長期離脱は1度もなく、直近3シーズンで5試合以上連続のノーゴールは1回しかありません。めざすは自身初のシーズン30発と2度めのリーグ制覇。リヴァプールとの差は13ポイントと厳しい状況ですが、素晴らしいパサーに恵まれたチームで18戦13発なら、充分狙える数字です。

他のポジションでMVPを争う選手を挙げるとすれば、アシストランキングの1位と2位、ケヴィン・デブライネとトレント・アレクサンダー=アーノルド。デブライネの前半戦6ゴール11アシストは自身の過去最速ペースで、昨季プレミアリーグでDFとして史上最多の12アシストを積んだSBは、既に8アシストでレコードを更新する勢いです。中盤のスペースをカバーし、レスターの堅守を支えているエンディディは、ファビーニョに勝るとも劣らないワールドクラスのアンカーに成長しました。タックル数82とインターセプト51回は、いずれもリーグTOP。彼こそが、ロジャース監督が最も手離したくないパーツなのではないかと思います。

さて、どうしましょうか、ベストイレブン。私が選んだ11人は、TOP3が8人を占めています。GKは、出場試合数が少ないアリソン(80.8%)を除けば、セーブ率No.1の75%を記録したシェフィールド・ユナイテッドのヘンダーソン。最終ラインは、2失点以上が1回しかないリヴァプールの3人と、マグワイアの後釜として奮闘したソユンチュです。中盤は、アシスト王とタックル王に加えて、昇格チームで5ゴール5アシストと奮闘したグリーリッシュ。ラシュフォードとスターリングで迷いましたが、シュート数68、オンターゲット29、Hit Woodwork(ポストやバーに当たったシュート)6本で三冠達成(?)のマン・ユナイテッドのエースを上としました。


■プレミアリーグ2019-20シーズン・前半戦ベストイレブン
GKディーン・ヘンダーソン(シェフィールド・ユナイテッド)
DFアーノルド(リヴァプール)、ソユンチュ(レスター)、ファン・ダイク(リヴァプール)、ロバートソン(リヴァプール)
MFエンディディ(レスター)、デブライネ(マンチェスター・シティ)、グリーリッシュ(アストン・ヴィラ)
FWラシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)、ジェイミー・ヴァーディー(レスター)、マネ(リヴァプール)


次点として名前を残したい選手を、何人かピックアップしましょう。素晴らしいセービングを連発してクリスタル・パレスをTOP10に押し上げた守護神グエイタ。マンチェスター・ユナイテッドの右サイドを落ち着かせたワン=ビサカは、ブライトンで7ゴールのFWモペイとともに「今シーズン前半戦のNo.1新戦力」に推したいプレーヤーです。CBは、空中戦の強さとオーバーラップが目を引いたシェフィールド・ユナイテッドのベイシャム。単純なパフォーマンスならマティプなのですが、出場8試合という少なさを割引しました。

中盤は、アンカーならジョルジーニョとファビーニョ。インサイドMFとトップ下はダヴィド・シルヴァ、ジェームズ・マディソン、ジョアン・モウティーニョ。最前線は、チェルシーでプレミアリーグ18戦11発とブレイクしたタミー・アブラハムと、セインツで19試合11ゴールと孤軍奮闘のダニー・イングスです。アウトサイドは、スターリング、ウィリアン、ザハに次ぐドリブルランキング2位のアダマ・トラオレでしょうか。

最後に、期待外れ…いや、ポジティブに表現しましょう。後半戦の巻き返しに期待したい選手の名前を残して、この稿を締めたいと思います。メスト・エジル、パパスタソプーロス、ジョエリントン、マイケル・キーン、ライアン・フレイザー、ハドソン=オドイ、フェリペ・アンデルソン、ベンテケ。負傷離脱が長かったデル・アリ、ポグバ、シャキリと、2度もやらかしてしまったソン・フンミンも、激励の意味を込めてここに入れておきましょう。マルコス・アロンソ、エリクセン、マティッチ、ジルー…そして武藤嘉紀は、2月以降のピッチで見られないかもしれません。以上、プレミアリーグ2019-20シーズンの前半戦総括でした。みなさま、本年もよろしくお願い申し上げます。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

プレミアリーグ2019-20シーズン前半戦総括!【前編】明暗分かれたビッグ6と躍進の中堅クラブ

あけましておめでとうございます。プレミアリーグ2019-20シーズンは、ニューイヤーズデーから通常運転。ランチタイムキックオフのブライトンVSチェルシーで始まり、マンチェスター・シティVSエヴァートン、アーセナルVSマンチェスター・ユナイテッドと注目カードが目白押しです。さっそく21節のゲームに前のめりになってしまいそうですが、その前にあらためて前半戦の総括をしてみたいと思います。プレミアリーグ2019-20シーズンの10大トピックスを挙げろといわれたら、何を思い浮かべるでしょうか。私のチョイスを、以下に並べてみました。

「2強の明暗」「レスターの躍進」「VARの狂気」「ノースロンドンの凋落」「ヴァーディー爆発」「大健闘シェフィールド」「圧巻アーノルド」「おかえりモウリーニョ」「ランパードの冒険」「ウルヴスEL突破」。リヴァプールとマンチェスター・シティの2強のデッドヒート継続と思いきや、片や無敗、もう一方は5敗で3位転落と明暗が分かれました。昨季プレミアリーグの前半戦を7失点でまとめたレッズは、今季は14失点と倍増。アリソンやマティプが負傷し、後方は苦しいやりくりを強いられましたが、ファビーニョを軸とする中盤の守備の強化とロングフィードの多用など戦術のバリエーション拡大で、接戦をことごとく制しました。

マン・シティがレッズに引き離された最大の要因は、コンパニが抜けた穴を夏に埋めなかったことでしょう。ラポルテの負傷離脱で、フェルナンジーニョを最終ラインに張り付かせるスクランブルを続けざるをえなくなり、前半戦終了時の23失点は2018-19シーズンのトータルと既に並んでいます。ラポルテとサネの復帰は2月。エヴァートン、シェフィールド・ユナイテッド、トッテナムといった難敵が待ち構える年明けのゲームをどう乗り切るかが、プレミアリーグ3連覇という大きなミッションとモチベーションをキープするための重要なポイントとなります。

王者停滞の間隙を突くように躍進したのが、ロジャース監督のレスターでした。ティーレマンス、ジェームズ・マディソン、ハーヴィー・バーンズ、エンディディのU-23カルテットが流動的なアタックを繰り広げ、最前線のヴァーディーが17ゴールをゲット。マグワイアを忘れさせてくれたソユンチュと、ベテランのジョニー・エヴァンスのCBコンビも盤石です。ニューカッスルから来たアヨゼ・ペレスは早期にフィット。直近はイヘアナチョが調子を上げてきており、カウンターを武器とする攻撃陣は後半戦も脅威です。

チェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、トッテナム、アーセナルにとっては苦しい序盤戦となりました。ヤングスターを大量に抜擢したばかりで伸びしろがあったチェルシーと、負傷者続出という明確な理由があったスールシャールは何とか持ちこたえましたが、ノースロンドン勢は監督解任に追い込まれました。スパーズの不振は、負傷のデル・アリと移籍騒動のエリクセンが満足なパフォーマンスを披露できなかったことに加え、右サイドとロリスの不安定な守備、チーム全体に蔓延したストレスなどが重なった結果でしょう。アーセナルはコシールニーが抜けた最終ラインを改善できず、中盤の守備の意識も高められないまま、9節からのプレミアリーグ10試合を1勝6分3敗という絶不調に陥ってしまいました。

ポチェッティーノ監督の後を受けたモウリーニョ監督は、5勝1分2敗と巻き返しモードに入っていますが、アルテタ監督は最初の2試合を1分1敗と前途多難なスタート。アーセナルが従来の美しいフットボールを取り戻すには、もうしばらく時間がかかりそうな雲行きです。ガナーズのクラッシュで、EL出場権の椅子がひとつ余るとすると、食い込んでくるのはどこでしょうか。王者マン・シティにダブルを喰らわせ、ELグループステージ突破を果たしたウルヴスか。ベイシャムとオコネルがサイドから上がる「オーバーラッピングCB」という斬新な戦術を引っ提げ、昇格初年度ながら6位に食い込んだシェフィールド・ユナイテッドか。アンチェロッティのエヴァートンも、6位と7ポイント差なら射程圏内です。

ビッグ6の明暗と躍進の中堅クラブ。前編は、チームの動向を中心に振り返ってみました。個々の選手については、次稿の「ベストイレブン」で紹介できればと考えておりますが、最後にひとつだけ。VARに関する議論は、いずれ落ち着くのでしょうか。「ピクセル単位のオフサイドがプレミアリーグの論争を呼ぶ(マルカ)」「オフサイドレビューは間違っている(インディペンデント)」と、最近の論争は怪しいラインを引いて断罪するオフサイドに集中しています。

「ザ・サン」によると、VARがなければ首位リヴァプールと2位マン・シティの差は6ポイントに詰まり、7ポイントも失ったウルヴスはチェルシーと同勝ち点の5位にジャンプアップするとのこと。アーセナルは10位、トッテナムは12位とノースロンドンの順位も逆転するそうです。クラッテンバーグさんは「オフサイドには使うべきではない」と主張し、国際サッカー評議会(IFAB)の事務総長ルーカス・ブルード氏は「主審のジャッジが優先。明らかな誤審の撲滅だけでいい」としています。「細かすぎて伝わらないオフサイド判定」がスタジアムを冷やし、メディアを熱くしたのも前半戦の大きなトピックスでした。…長くなりました。「プレミアリーグ2019-20シーズン前半戦総括!【後編】ベストイレブンと躍進&不振の選手たち」に続きます。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

おめでとうございます!ハリー・ウィンクスとメイソン・マウントが代表初ゴール!

UEFAユーロ2020予選の最終節、コソボ0-4イングランド。文字にすると順当勝ちに見えますが、この日のスリーライオンズは決していい出来ではありませんでした。GKニック・ポープ、マグワイアの相棒にタイロン・ミングス、中盤はチェンバレン、デクラン・ライス、ハリー・ウィンクス、左サイドにカラム・ハドソン=オドイと、テストを兼ねたようなスタメン。ジョー・ゴメスにつかみかかった件を咎められ、モンテネグロ戦で外されたスターリングが復帰し、ユーロ予選で7戦11発のハリー・ケインが最前線にいるものの、攻撃時の連携に難があったチームは最初のゴールまでに32分を要しました。

6分にタイロン・ミングスがヌヒウに競り負け、ヘディングシュートがゴールの左に飛ぶと、ポープが冷静に右手でセーブ。プレミアリーグで活躍する選手たちは、コソボのアグレッシブなサイドアタックに戸惑っているように見えました。15分にボックス左のハリー・ケインが中央にいたスターリングに打たせると、GKムリッチが左に反応してセーブ。右サイドを制圧していたスターリングは、クロスの精度を欠いています。21分、左からのCKをラフマニがニアでヘディングシュート。中央に入ったボールは、ポープの前にいたハリー・ケインがクリアしました。

サイドからのボールをことごとくカットされていたイングランドは、32分に素晴らしい個人技によって、ようやくゴールを陥れました。右にいたチェンバレンがボックス手前に斜めのパスを送ると、中に入ってきたハリー・ウィンクスが完璧なトラップでドレセヴィッチを抜き去り、GKムリッチと1対1。プレミアリーグで2ゴールしか決めていないスパーズの23歳は、これが代表初ゴールです。ハデルジャナイとラシカにサイドを突破されていたアウェイチームは、中央が堅く、同点ゴールを許しません。前半は0-1、後半に入ってもコソボが攻勢。50分にドレセヴィッチが左足で放ったシュートは、左のポストすれすれを抜けていきます。

53分のコソボのCKは、左からフリーで上がったラフマニがヘッドを枠に収められず。チルウェルのサイドで負けていたイングランドは、狙いなきラストパスに助けられています。59分、中央に斬り込んだハドソン=オドイのミドルはクロスバーの上。61分にスターリングがゴールラインまで抉り、ニアのハリー・ケインに転がすと、右足のボレーはポストに阻まれてしまいます。直後、ハドソン=オドイに代わってラシュフォード。72分にはチェンバレンが下がり、プレミアリーグ4ゴールのメイソン・マウントが中盤に入ります。

攻めあぐんでいたイングランドが追加点を奪ったのは79分。スターリングのクロスをアリティがカットし、ファーに浮いたボールがハリー・ケインの足元へ。エースが冷静にボレーを決め、今予選で全試合ゴールを達成しました。これでラクになったイングランドは、83分に勝負を決める3点めをゲットします。中央をドリブルで上がったスターリングが、左のラシュフォードにラストパスを通すと、右足のコントロールショットがファーサイドのネットを揺らしました。

締めの1発は91分、本日2発めの代表初ゴールはメイソン・マウントです。ボックス手前でハリー・ケインがインターセプトに成功し、中央にラストパス。チェルシーの新鋭が、倒れ込みながらの左足シュートでGKの指先を抜きました。若い選手たちが、目に見える結果を残せたのが最大の収穫。ハリー・ウィンクスとメイソン・マウントの記念すべきゴールシーンを記録したくて書いたレポートです。ユーロの本大会でレギュラー当確なのは、ハリー・ケイン、スターリング、マグワイア、アーノルド、チルウェル、ピックフォードといったところでしょうか。残る椅子は5つ。欧州を興奮させるヤングスターの台頭に期待したいと思います。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ