平均年齢、身長、経験、英国人比率…プレミアリーグ全20クラブのスカッドランキング!

26歳のイングランド人、183cm77kg、プレミアリーグ出場67試合、名前はダニーあるいはダニエル。今季プレミアリーグ全20クラブにおける登録選手の平均を取ると、こんなプロフィールになるそうです。「スカイスポーツ」が紹介しているスカッドランキングは、プレミアリーグファンなら前のめりになって読んでしまうのではないでしょうか。最も若いクラブはウルヴスで平均24歳8ヵ月、最年長はバーンリーの28歳。モウリーニョ監督が即戦力採用を続けているイメージがあるマンチェスター・ユナイテッドは25歳1ヵ月で、サウサンプトン、フラム、エヴァートンに次いで5位に入っており、ビッグ6では最も若いチームです。ラシュフォード、マルシアル、ルーク・ショー、マクトミネイ、ディオゴ・ダロト、アンヘル・ゴメスと、さらなるブレイクが期待できる選手が揃っており、指揮官がいかに育てるかが今季のテーマのひとつです。

マンチェスター・シティは25歳2ヵ月で7位、リヴァプ―ルは25歳5か月で8位。若手躍動のイメージが強いトッテナムは、25歳7か月で9位です。チェルシーは、17歳287日で最年少のカラム・ハドソン=オドイと、次に若いイーサン・アンパドゥを抱えながらも26歳2ヵ月で12位。チェフ、リヒトシュタイナー、パパスタソプーロス、コシールニー、モンレアルと30代で最終ラインを組めるアーセナルは、26歳5ヵ月で14位にランクされており、上位では最も平均年齢が高いクラブとなっています。最年長選手はクリスタル・パレスのGKスペロニで39歳、フィールドプレーヤーではブライトンDFブルーノが37歳で、デフォー、ジャギエルカの35歳コンビが続いています。

平均身長は、185.4cmのワトフォードがTOPで、2位ハダースフィールド、3位クリスタル・パレス。モウリーニョ監督が高い選手を集めているマン・ユナイテッドがビッグ6で最上位かと思いきや、183.6cmのチェルシーが全体の4位にランクインしており、赤い悪魔はその下です。161cmで最も小さいアンヘル・ゴメスがいなければ、モウリーニョ監督は古巣をかわせたのではないでしょうか。アーセナルは183.3cmで7位、トッテナムは9位。サラー、マネ、ナビ・ケイタ、ミルナーと前のほうに175cm前後が揃うリヴァプールは、181.8cmで16位です。マンチェスター・シティは、179.7cmと唯一の180割れで最下位!彼らの数字は、セットピースで優位に立てなくてもプレミアリーグを制することができると主張しています。最長身は201cmのGKフレイザー・フォースター、フィールドNo.1は199cmのヴェステルガードで、いずれもセインツの選手です。

ボーンマス64%、セインツ55%、カーディフ53%、バーンリー46%という並びをみれば、英国人比率だとわかる方もいるでしょう。強い6チームのなかで最も高いのは、アーノルド、ミルナー、スタリッジ、ソランケ、ヘンダーソンがいるリヴァプールの34.5%で、全体の8位に入っています。トッテナムは31%でぎりぎりTOP10、マンチェスター・ユナイテッドは28%で12位、チェルシーとマンチェスターシティは24%台で15位と16位。最下位は、4人しかいないアーセナルの15%です。ウォルコット、ウィルシャーなどブリティッシュ・コアの解体で、ノースロンドンのクラブは新たな時代を迎えようとしています。ウルヴスはポルトガル人が7人、チェルシーはスペイン人が5人、バーンリーにはアイルランド国籍が5人いるというのも、クラブの特徴を語るおもしろいデータです。

プレミアリーグ経験の豊富さでは、ビッグクラブが上位を独占しています。マンチェスター・ユナイテッドの選手たちは、トータル3009試合に出場。チェルシーが2869試合で続き、リヴァプールは2861試合で3位につけています。ベテランが少ないトッテナムは2526試合で6位、ペップが海外からワールドクラスを集めたマン・シティは2294試合で8位に留まっています。カソルラ、メルテザッカー、ウィルシャーの出場記録が抜けたアーセナルは2062試合で、昇格4年めのボーンマスを下回る11位。欧州で活躍してきた外国人のべテラン選手が増えたことが、チームにどんな影響を及ぼすかが注目されます。いやー、おもしろいですね。こういうランキングは、ついつい何度も読み返してしまいます。「スカイスポーツ」でリサーチを担当されたみなさん、ごちそうさまでした!(カラム・ハドソン=オドイ 写真著作者/James Boyes)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

レッズとマン・シティの一騎討ち!? プレミアリーグ2018-19シーズン優勝&TOP4大予想!

「BBC」が選んだ評論家24人が、プレミアリーグ2018-19シーズンの優勝チームとTOP4を予想しています。24人中21人が、マンチェスター・シティの連覇推し。アリソン、ナビ・ケイタ、ファビーニョ、シャキリと大物獲得を連発したリヴァプールが勝つとしたのは、ルート・フリット、マーティン・キーオン、イアン・ライトの3氏だけです。ペップ&クロップのワンツーが23人というなかで、マン・シティとマン・ユナイテッドが変わらず上位を占めるという「ガチガチの保守」がディオン・ダブリン氏。3位予想は、マンチェスター・ユナイテッドが12人、チェルシー6人、トッテナムが5人、リヴァプール1人で、3位以内に誰も入れなかったアーセナルは6人が4位にピックアップしています。

1位~4位に、4点から1点までポイントを付与して集計すると、マンチェスター・シティが93ポイント、リヴァプールが74、マンチェスター・ユナイテッド34、トッテナム18、チェルシーが15でアーセナルは6。昨季プレミアリーグを独走したペップが落ちる展開はイメージしづらく、監督を代えたロンドンの2クラブは仕上がるのに時間が必要という見立てなのでしょう。さっそく、25人めとして最高に楽しいベットに乗っかりましょう。私の予想は、1位リヴァプール、2位マンチェスター・シティ、3位アーセナル、4位トッテナム。マンチェスター・ユナイテッドとチェルシーは、赤が上とみます。

プレミアリーグ史上最強だったペップのチームが、実力的には頭ひとつふたつ抜けているのは、変わらないと思います。ただし、昨季の彼らは「長期離脱はバンジャマン・メンディだけで、不振に陥った選手がゼロ」と、最もアクシデントなく戦ったチームでもありました。デブライネはプレミアリーグ37試合出場、フェルナンジーニョは34試合、ダヴィド・シルヴァは29試合。最強だった中盤は、ワールドカップに蝕まれていないか…?代表チームのレギュラーとして、ロシアで体を張った選手が多く、10ヵ月の長丁場を無事に走り抜ける体づくりができているのかが気になります。

対するリヴァプールは、ワールドカップ早期敗退組とサブメンバーが多く、ライバルよりもいい状態でシーズンに突入できます。新戦力は、いずれもハイクオリティ。彼らがプレミアリーグにフィットするのに時間がかかっても、エムレ・ジャンとチェンバレンしか離脱していないチームだけに、CL準優勝メンバーがフォローするでしょう。何といっても大きいのは、アリソン・ベッカーです。ワールドクラスの守護神は、最終ラインに安定をもたらしてくれるのではないでしょうか。マンチェスター・シティが順調なら、2013-14シーズンの悔しさをもう一度味わうことになるかもしれませんが、「取りこぼしを減らしたレッズが、バイエルン時代のように大量の負傷者を抱えたペップを凌駕する」というストーリーにさほどの無理は感じません。

3位にアーセナルを推したのは、伸びしろが大きいからです。懸案だった中盤の底に配されるルーカス・トレイラは、プレミアリーグの水に慣れた後半戦で効いてくるのではないでしょうか。2年めのラカゼット、オーバメヤン、ムヒタリアンはさらなる活躍が期待でき、メスト・エジルはアーセナルに集中できる初めてのシーズンです。パパスタソプーロスとベルント・レノが力を発揮し、不安定な左サイドでメートランド=ナイルズが機能してくれれば、エメリ監督のチームは上位に食い込むポテンシャルがあるとみます。

直近3シーズンのプレミアリーグで、唯一3位以内を外していないトッテナムは、補強ゼロでは厳しいのではないでしょうか。ワールドカップを戦った選手たちの出遅れと、ハリー・ケイン、デル・アリ、エリクセンを欠いた際のオプションの乏しさが懸念材料。ルーカス・モウラが本領を発揮し、負傷に悩まされていたワニャマやハリー・ウィンクスが充実のシーズンを過ごせれば、チャンピオンズリーグ出場権に手が届くところまでは見込めるでしょう。

マンチェスター・ユナイテッドは、欧州で戦えるレベルの攻撃戦術を確立できるのかがポイント。移籍志願が伝えられる選手が多く、ひとたび不振に陥れば、立て直しに時間がかかるのではないかと思います。補強への不満を漏らす指揮官をみて、選手たちのモチベーションが下がりやしないか…。ポグバとアレクシス・サンチェスが覚醒し、マルシアルやラシュフォードがひと皮剥けてくれれば、攻撃面でもライバルに引けを取らないチームになれると思うのですが、2015-16シーズンのチェルシーを思い出させる不穏な雰囲気が上位に置けない最大の理由です。

コミュニティシールドを見て、チェルシーの評価が下がりました。サッリ監督のスタイルが浸透すれば、相当強いチームになりそうですが、そこに辿り着くのにどれだけの時間がかかるでしょうか。6試合めで3-4-3という金脈を掘り当てた前任のコンテ監督のように、早くから巧みな戦術を見せつけられる可能性もありますが、序盤でコケれば、ウェストハムやエヴァートンをかわすのに時間がかかる展開にはまるかもしれません。

プレミアリーグ開幕節のアーセナルVSマンチェスター・シティと、2節のチェルシーVSアーセナルは、いきなりシーズンの展開を左右するターニングポイントでしょう。いやー、楽しみです。みなさんは、どんな予想をされているのでしょうか。リヴァプールとマン・シティが揃って3位以下という大胆予想は、さすがにないと思われますが…⁉


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「スピードはあるがNo.9のソリューションではない」…地元メディアが武藤嘉紀を徹底分析!

知性とサッカーにおけるインテリジェンスは必ずしも一致するとは限らないが、経済学の学位は彼がクレバーであることを示している。ブンデスリーガ出身で、ハイレベルなサッカーと心理的な駆け引きには慣れているだろう」。ニューカッスルの地元メディア「クロニクルライブ」は、武藤嘉紀が慶應義塾大学経済学部を卒業していることまで押さえています。彼らの記事のタイトルを見ると、プレミアリーグ初体験の日本人アタッカーへの期待が、相当過熱していることが見て取れます。「Speedy Yoshinori Muto feels like another weapon in Rafa Benitez's armoury, not a No.9 solution」。スピードがあり、今までになかった武器にはなりえるが、9番すなわちストライカーとしてのソリューションではない…。日本代表やマインツでのポジションを詳しく紹介しながら、9番は別途獲らないといけないと訴える姿勢は、新しいアタッカーに対して膨らんだ期待値を適正化しているかのようです。

残念ながら、950万ポンドは世界を征服する者の値段ではない。ただし、これはバーゲンかもしれない。ラファエル・ベニテスは、武藤がチームを改善してくれる選手のひとりだと信じている」「5フィート10インチ(約178センチ)の武藤は、明らかにターゲットマンではない。ホセルが持つフィジカルな存在感や、ミトロヴィッチが常に示している空中での脅威に欠けている」。以前は「リヴァプール・エコー」で編集者を務め、北西部のクラブに精通するスチュワート・レイナーさんは、プレミアリーグ10位のお買い物を現実的に評価しています。

「トッテナムにいる韓国のダイナモ、ソン・フンミンというもうひとりのインテリジェンスは、彼のやり方でプレミアリーグのサクセスストーリーを紡いだ。もし、武藤が半額の移籍金で半分の効果をもたらしたら、ベニテスはエクセレントなビジネスをしたといえる」

スパーズの7番は、昨季プレミアリーグで37試合12ゴール、チャンピオンズリーグでは7戦4ゴール。公式戦53試合18ゴールの半分だったとしても、確かに悪くない数字です。「ベニテス監督の布陣は、日本代表がポーランド戦で見せた4-4-2ではないが、セカンドストライカーはやれるだろう。昨シーズンはベニテスが好む4-2-3-1なら最前線、4-3-3のスピアヘッドか左ウイングでプレイしていた」。レイナーさんの主張を汲めば、武藤のベストポジションは獲得が噂されているサロモン・ロンドンの相棒、あるいは左ウイングかサイドアタッカーということになるのでしょう。まさにソン・フンミンのポジションです。

緻密な情報収集、丁寧でリアルな筆致に感服しました。ここまできちんと書いてくれる地元メディアがあるニューカッスルへの移籍は、プレミアリーグでプレイしたがっていた武藤にとって、ベストチョイスだったのではないかと思えてきました。ぜひ、結果を残してください。プレミアリーグで8ゴール、公式戦全体で2ケタゴールという数字を残し、チャンスメイカーとしても活躍できれば、レイナーさんは「やはりバーゲンだった」とリスペクトしてくれるはずです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

盤石レッズ、疲労困憊スパーズ…フライング気味のプレミアリーグ2018-19序盤戦順位予想!

プレミアリーグ2018-19シーズンの順位予想を、今日中に提出せよといわれれば、過去3シーズンをすべて3位以内で終えているトッテナムでも6位に置くしかありません。 ワールドカップを準決勝まで戦った選手が9人もいるのは、欧州全土を見渡しても彼らだけ。ハリー・ケイン、デル・アリ、トリッピアー、ダニー・ローズ、エリック・ダイアーのイングランド勢に加えて、トビー・アルデルヴァイレルトとフェルトンゲンのCBコンビとムサ・デンベレのベルギー勢も、最後まで残っていました。優勝したフランスでは、主将のウーゴ・ロリスがスパーズです。これだけ大勢の選手が出遅れリスクを抱えているのに、ビッグ6では唯一の新戦力ゼロ。プレミアリーグ3節がマンチェスター・ユナイテッド、5節にリヴァプール戦があるスパーズは、致命的なビハインドを背負ってしまうかもしれません。

ポチェッティーノ監督に次いで悩ましいのは、ペップ・グアルディオラ監督です。スタメンで決勝トーナメントに進出していないのは、ドイツ代表に選ばれなかったレロイ・サネだけ。ジョン・ストーンズ、コンパニ、デブライネ、スターリングは最後まで体を張って戦っており、ダヴィド・シルヴァやフェルナンジーニョ、アグエロのベテラン勢がコンディショニングに失敗すれば、一気に苦しくなります。20日後のコミュニティシールドをチェルシーと争い、プレミアリーグ開幕節でアーセナルの本拠地エミレーツに足を運ぶクラブは、昨季のような独走態勢を築けず、混戦の仕掛け人となってしまうかもしれません。既に押さえている新戦力がレスターから来たリヤド・マフレズのみというのも、懸念材料のひとつです。

彼らに対して、ワールドカップの影響が小さいのはリヴァプールとアーセナルです。ファン・ダイク、ワイナルドゥム、ロバートソンとニューフェイスのナビ・ケイタ、ファビーニョは全員不出場。他の主力も早期敗退かサブメンバーで、マネとサラーは7月を待たずに荷物をまとめています。レギュラーで戦い抜いたヘンダーソンとデヤン・ロブレンの代役には困っておらず、チェンバレンの長期離脱の穴は、ナビ・ケイタやララナが埋めてくれるでしょう。クロップ監督のチームと同様に、エメリ新監督のアーセナルもワールドカップはノータッチの選手たちが主力です。ガボンのオーバメヤン、アルメニアのムヒタリアン、ウェールズのラムジー、ギリシャ人の新戦力パパスタソプーロスが全員セーフ。エジルが失意の帰国となったのも、クラブ目線では悪くない話です。

ロシアのセミファイナルに7人を送り込んだマンチェスター・ユナイテッド、アザールとクルトワが移籍濃厚でチーム創りの難易度が高いチェルシーも、スパーズやマン・シティと同様に不安組に置いておいたほうがいいでしょう。単純に考えると、序盤戦はリヴァプールとアーセナルがリードし、マンチェスター勢が追いかけ、スパーズとブルーズのロンドン勢が耐える展開になりそうですが、有利と思われる2チームの状況は全く違います。

昨季のメンバーをベースに、継続性をもってチームを固められるチャンピオンズリーグのファイナリストに対して、プレミアリーグ6位のほうは改革のタイミング。オーバメヤン、ムヒタリアン、ルーカス・トレイラ、パパスタソプーロス、ベルント・レノと、アーセナルに加わって間もない選手が多いのは、ロケットスタートの可能性という観点ではプラスではありません。プレミアリーグで指揮を執るのが初めてのエメリ監督が、クリスタル・パレスで勝てずに終わったフランク・デブールほど厳しい状況に追い込まれるとは思えませんが、ヴェンゲルの後釜というプレッシャーは相当きついのではないでしょうか。いきなりマン・シティとチェルシーに勝てといわれている厳しいドローで失敗すれば、自分たちのスタイルを確立するのに時間がかかるかもしれません。

整理すると、取りこぼしシンドロームが顔を出さなければリヴァプールがスタートダッシュ、地力があるマン・シティと選手層が厚いマン・ユナイテッドがこれに続き、疲労困憊トッテナムと立て直しの難易度が高いチェルシーが4~5番手。アーセナルはレッズに続くか6番手のいずれかと見ましたが、いかがでしょうか。開幕のエメリVSペップ、2節のビッグロンドンダービー、3節のマンチェスター・ユナイテッドVSトッテナムが、当初の序列のキーポイントとなりそうです。いずれにしても、スパーズは厳しそうですが…。グリーリッシュを狙っているといわれるレヴィ&ポチェッティーノの逆襲がいつ始まるのかに注目しています。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「プレミアリーグで若手を使ってほしい」…代表監督の願いを叶える有望株をピックアップ!

「次世代に向けて、既に3~4人のいい選手がおり、プレミアリーグでタレントを発掘できる。イングランドの未来はとても明るい」。ジョゼ・モウリーニョ監督が健闘を称え、2022年が楽しみと語ったイングランド代表ですが、現場を預かった指揮官は危機感を抱いているようです。「プレミアリーグのマネージャーには、勇気が必要。ファーストチームで若い選手たちにチャンスを与えてほしい」。U-17とU-20がワールドカップを制覇し、U-19は昨年の欧州チャンピオン。U-21こそ、昨夏のユーロのセミファイナルで敗れたものの、ユース世代の強化は確実に成果につながっています。問題は、20歳前後の選手たちがトップリーグで場数を踏めるかどうかでしょう。世界中からワールドクラスが集まるプレミアリーグにおいて、サウスゲート監督の問題提起は古くて新しいテーマです。

2022年のカタールでは、ロシアで得点王に輝いたハリー・ケインが29歳、スターリングは28歳、ラシュフォードは24歳。中盤では26歳のデル・アリと28歳のエリック・ダイアーがフットボール選手としてのピークを迎えます。後方を見ると、サウスゲート監督に抜擢されたマグワイアが29歳で、ジョン・ストーンズと守護神ピックフォードは28歳。ベスト4に進出したチームのレギュラーメンバーとスーパーサブが8人も残り、他国からうらやましがられるスカッドを揃えられそうです。

モウリーニョ監督がいうように、いいベースがあるのは間違いないのですが、こんな問いを投げかけられたらどうでしょうか。「このメンバーで、ブラジルやフランス、ドイツに勝てるのか?」。ロシアでセットプレーが冴え渡ったイングランドは、相手を崩してゴールを陥れたシーンが1回しかありませんでした。「前で奪って縦に攻める」「インサイドMFとWBのコンビネーションでサイドを崩す」など、コンセプトは明快だったサウスゲート監督のチームは、チェンジオブペースや意外性のある仕掛けを欠き、決定力にも問題を抱えていました。創造性が感じられるスターターは、デル・アリのみ。ジェラードの視野の広さや、ランパードのようなゴールセンスを持つスケールの大きい選手は見当たりませんでした。若き監督の危機感は、理解できます。成長感がある若い選手たちが、プレミアリーグで揉まれて伸びてくれなければ、より高いクオリティも選手層の厚さも手に入れることはできません。

2018-19シーズンに、ブレイクが期待できる中盤の若手は誰でしょうか。私が注目しているのは、ベルギー戦で最もアグレッシブだったロフタス=チーク(チェルシー)、パスセンスがあるハリー・ウィンクス(トッテナム)、20歳にしてプレミアリーグ58試合出場のトム・デイヴィス(エヴァートン)、ユーティリティが魅力のメートランド=ナイルズ(アーセナル)、怪物レフティと評判のライアン・セセニョン(フラム)。ドリブル、パス、シュートのいずれも申し分ないマン・シティの逸材フィル・フォーデンも、出番さえあれば急成長を期待していいでしょう。

前線に目を移せば、昨季最終節でプレミアリーグ初ゴールを決めたU-20ワールドカップMVPドミニク・ソランケ(リヴァプール)、大器の予感漂うカラム・ハドソン=オドイと、来季こそゴールを量産してほしいタミー・アブラハム(いずれもチェルシー)。セルチックで負傷に苦しんだパトリック・ロバーツは、才能を開花させることができるでしょうか。3-4-3や4-3-3なら、ビッグクラブに引き抜かれるかもしれないジャック・グリーリッシュ(アストン・ヴィラ)もおもしろいと思います。サイドを主戦場とするドミニク・カルヴァート・ルーウィン(エヴァートン)とデマライ・グレイ(レスター)は、ゴールシーンを増やすことが課題です。

最終ラインの注目は、アレクサンダー・アーノルドとジョー・ゴメス(リヴァプール)、ベン・チルウェル(レスター)あたりでしょうか。イーサン・アンパドゥ(チェルシー)やアクセル・トゥアンゼベ(マンチェスター・ユナイテッド)は、DF充実のチームゆえ、なかなか出場機会を得られないのではないかと思われます。

GKピックフォード、DFタルコフスキー、マグワイア、ジョン・ストーンズ、WBチェンバレン、セセニョン、MFロフタス=チーク、デル・アリ、フィル・フォーデン、最前線にはハリー・ケインとカラム・ハドソン=オドイ…。今は頼りなく映る11人かもしれませんが、4年後は輝いていると信じましょう。ハリー・ウィンクスやトム・デイヴィス、グリーリッシュ、アーノルドも捨てがたく、もちろんスターリングにも期待しているのですが、スケールの大きさが感じられて底を見せていない選手を優先してみました。いかがでしょうか。3バックがコンサバですね…。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ