プレミアリーグ勢がTOP20に8クラブ!2015-16シーズン・サッカークラブの売上ランキング

今年も出ました!監査法人デロイトの「Deloitte Football Money League 2017」。世界のサッカークラブにおける収益とその構造を分析し、ランキング形式でまとめた秀逸なレポートですが、これを読むたびにプレミアリーグの収益性の高さに驚かされます。今回、「世界一売上があるクラブ」となったのは、マンチェスター・ユナイテッド。レアル・マドリードとバルセロナの後塵を拝していたクラブは、12年ぶりのトップ返り咲きです。チャンピオンズリーグでグループステージ敗退となり、プレミアリーグでも5位に終わったクラブが6億8900万ユーロ(約841億円)も売り上げて1位になったことが、現代のサッカークラブは「勝つ=儲かる」ではないと証明しています。

マンチェスター・ユナイテッドが、直近数シーズンのチーム力では圧倒的に差をつけられているスペインの2強を上回ったのは、なぜでしょうか。ひとことでいえば「ブランド力をお金に換える力が強いから」。1試合あたりの観客動員数で2位(1位はドルトムント!)のバルセロナよりもマッチデイ収入が多いのは、メガストアでユニフォームが売れるからであり、ビッグイヤーを制したレアル・マドリードを抜き去ったのは、コマーシャル収入で1億ユーロも差をつけているからです。3億6300万ユーロとダントツのコマーシャル収入をはじめ、彼らの数字をつぶさに見れば、営業力・販売力の強化で成し遂げた1位であることがわかります。


「Deloitte Football Money League 2017」サッカークラブの売上ランキング
1位/(3)マンチェスター・ユナイテッド 6億8900万ユーロ(約841億円)
2位/(2)バルセロナ          6億2020万ユーロ(約757億円)
3位/(1)レアル・マドリード      6億2010万ユーロ(約757億円)
4位/(5)バイエルン・ミュンヘン    5億9200万ユーロ(約722億円)
5位/(6)マンチェスター・シティ    5億2490万ユーロ(約640億円)
6位/(4)パリ・サンジェルマン     5億2090万ユーロ(約635億円)
7位/(7)アーセナル          4億6850万ユーロ(約572億円)
8位/(8)チェルシー          4億4740万ユーロ(約546億円)
9位/(9)リヴァプール         4億0380万ユーロ(約493億円)
10位/(10)ユヴェントス        3億4110万ユーロ(約416億円)
11位/(11)ドルトムント        2億8390万ユーロ(約346億円)
12位/(12)トッテナム         2億7970万ユーロ(約341億円)
13位/(16)アトレティコ・マドリード  2億2860万ユーロ(約279億円)
14位/(13)シャルケ04         2億2450万ユーロ(約274億円)
15位/(15)ASローマ            2億1820万ユーロ(約266億円)
16位/(14)ACミラン            2億1470万ユーロ(約262億円)
17位/(18)ゼニト           1億9650万ユーロ(約240億円)
18位/(ー)ウェストハム        1億9230万ユーロ(約235億円)
19位/(20)インテル          1億7920万ユーロ(約219億円)
20位/(ー)レスター          1億7210万ユーロ(約210億円)
(順位の後のカッコは前年順位)


TOP20のなかに、プレミアリーグ勢が8クラブ。これだけ多くのクラブが欧州の上位にいるのは、ひとえにテレビ放映権料が高いからではありますが、5位にランクUPしたマンチェスター・シティが経営力で大きく売上を伸ばしているのに対し、「4億3兄弟」のアーセナル、チェルシー、リヴァプールは堅調な伸びに留まっています。世界一高いチケットを完売するアーセナルは、コマーシャル収入においてはマン・シティに1億ユーロ近い差をつけられており、人気の高さをマネタイズできておらず。チェルシー、リヴァプールにおいては、4万人台だった観客動員数がネックとなっています。マン・シティも4万人台ではあるのですが、チャンピオンズリーグでセミファイナルに勝ち上がった彼らはテレビ放映権料とコマーシャルで3兄弟を凌駕しており、エティハドのスタンド増設とブランディング強化によって、バイエルンに近づくことができるはずです。

マンチェスター・ユナイテッドの売上において、テレビ放映権料が占める割合は20%台。これに続くTOP10のプレミアリーグ4チームは40%台で、12位のトッテナムになると50%を越えてきます。欧州18位にのし上がった「ロンドン第4のクラブ」ウェストハムは60%台で…おお!レスターがプレミアリーグ優勝1発で20位にジャンプアップしています。彼らのテレビ放映権料比率は、何と70%台。単年の戦績であっさりインテルの後ろにつけてしまった小さなクラブの収入源を見ると、イタリアやフランスの中堅クラブが移籍金で対抗できなくなるのも納得です。

最後に…とにかく怪しいプレミアリーグの9つめのクラブを紹介しましょう。「ロシアプレミアリーグ」のゼニト・サンクトペテルブルクは、昨季からひとつ順位を上げて17位。彼らは67000人を収容できるガスブロム・アリーナをお持ちなのですが、1試合あたりの観客動員数は16800人!TOP20でブービーのレスターの半分しかない動員ではマッチデイ収入は見込めず、全体の5%しかありません。閑散としたスタジアムで戦うチームがコマーシャル収入比率70%で17位と聞くと、いかにも怪しげだと思いませんか?…いえ、当然ながら彼らの売上は裏金などではありません。わがニッポンの日産も彼らのスポンサーなのです。来年のワールドカップ開催が決まっている国でNo.1の人気チームは、欧州を俯瞰したマーケティング拠点候補として外せず、「やっちゃえ」だったのでしょう。浦和レッズはもちろん、ヴィッセル神戸よりもスタンドにサポーターがいないクラブが世界TOP20とは、サッカークラブの儲け方もいろいろだなと、あらためて思う次第であります。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

サイドの攻防がカギ…マンチェスター・ユナイテッドVSリヴァプール、若干偏愛的プレビュー!

「ほんの少し、ほんの少しでいいんだ。プラスアルファのサポートを感じさせてほしい。アンフィールドでははっきりそれを味わった。リヴァプールファンにとって、この試合はいつもより大事なんだ、と」「今回は、われわれのホームで戦う。サポーターの数は、リヴァプールを大きく凌駕する。このゲームをスペシャルなものにするために、サポーターには、いつも以上の応援をお願いしたい」(ジョゼ・モウリーニョ)
「ユナイテッドは選手の相互理解が深まり、強くなっている。ヘンリク・ムヒタリアンもいる。彼が本来の力を発揮しているのは間違いない。”ああ、ユナイテッドね”と高をくくる人もいるかもしれないが、彼らは10月とは違う」(ユルゲン・クロップ)

モウリーニョ監督はチームとサポーターが一体となって戦うことを求め、クロップ監督は結果を出せるようになったホームチームを警戒しています。プレミアリーグ21節の最大の目玉カードは、マンチェスター・ユナイテッドVSリヴァプール、通称ノースウェストダービー。ディヴィジョン1とプレミアリーグを通算したリーグ戦の対戦成績は、マンチェスター・ユナイテッドの67勝45分55敗。オールド・トラフォードでは42勝25分16敗と圧倒的にリードしています。10月のアンフィールドでは、試行錯誤中だったモウリーニョ監督がゴール前にバスを停め、サー・アレックス・ファーガソン時代には見られなかった35%という低いポゼッション率でスコアレスドローに持ち込んでいます。サポーターとしては、枠内シュート3対1という前回のような神経戦ではなく、両者が攻撃力を十全に発揮したガチンコ勝負が観たいものです。プレミアリーグ2位と6位が激突するダービーの見どころを整理してみましょう。

公式戦9連勝、プレミアリーグ6連勝のマンチェスター・ユナイテッドに対して、直近3戦勝利なしのリヴァプール。サブの選手が主力の不在をカバーしていたモウリーニョ監督のチームに対して、クロップ監督はマネ、ヘンダーソン、コウチーニョ、マティプの穴を埋め切れていませんでした。まずは、4-3-3同士となるであろう両チームの離脱者をチェックしてみましょう。バイリーがアフリカに旅立ち、ロホの出場も微妙なマン・ユナイテッドは、スモーリングと好調フィル・ジョーンズで最終ラインを締める布陣になるでしょう。ズラタンは病み上がりですが、彼以外の攻撃陣は全員フレッシュ。マルシアル、マタ、ラシュフォード、リンガード、ムヒタリアンからサイドの2人を選ぶのは難しい作業です。一方、頼れるキャプテン・ヘンダーソンが復帰予定のレッズは、マネとマティプを欠いています。CBにはクラヴァンが入るとしても、マネの代わりを務められる選手は見当たりません。

勝負を左右するポイントは、「前線の配置」「左サイドを制するか」「セットピース」ではないでしょうか。クロップ監督は、フィルミーノ、コウチーニョ、ララナ。モウリーニョ監督は、ズラタンをトップに据えて、左にマルシアル、右にムヒタリアンを置くとみます。積極性が戻ってきたダルミアンとゴールの感触を思い出したマルシアルは、マネがいないレッズの右サイドを自陣に押し込むことができるでしょう。しかし逆のサイドでは、エレーラが中に入ってくるコウチーニョをつかまえ、バレンシアがミルナーのクロスを抑えられなければクリーンシートは望めません。何しろオールド・トラフォードですので、マンチェスター・ユナイテッドは序盤から攻めに出るはずです。試合が進むにつれて中盤がオープンになり、サイドの攻防を制したほうがハーフタイムを2-0、3-1で折り返す展開もあるかもしれません。

セットピースは、マンチェスター・ユナイテッドのほうにアドバンテージがありそうです。イブラヒモヴィッチ、ポグバ、スモーリング、フェライニと、高い打点からヘディングシュートを決められる選手を揃えたチームに対して、レッズはGKの対応と最終ラインのマークに課題を抱えています。CKやFKのリスクを最小限にするためには、アウェイチームはなおのことサイドで主導権を握らなければなりません。アンフィールドでは姿を見せなかったマタが登場し、精度の高いボールを入れてくるのは、クロップ監督のチームにとっては相当な脅威でしょう。

さらにもうひとつ、注目したいのは、2人の名将が揮う後半の采配です。モウリーニョ監督は、リードすれば選手交代のタイミングを遅らせ、サイドで張り合えるようにラシュフォードを入れたうえで、最後はフェライニ。ゴールがほしい展開になれば、60分過ぎからマタ、ルーニー、ラシュフォードを続々と投入してくるでしょう。難しいのは、クロップ監督のほうです。勝っている際はルーカス、エムレ・ジャンで中盤を埋めるとして、負けている状況ならどうするか。オリギはイメージできるのですが、やり方を間違えると消えてしまうスタリッジの活かし方がポイントです。EFLカップのセインツ戦で試した3-5-2はあるのでしょうか。スタリッジとオリギを前線に並べ、その後ろにコウチーニョかフィルミーノ。ミルナーとララナが両サイドから、ヘンダーソンは後方から前線を動かすボールをフィードする布陣です。シンプルな攻撃には強いマン・ユナイテッドの最終ライン+フェライニに、クロップ監督がどんな工夫を見せるのか。終盤の攻防も見逃せません。

盛り上がること間違いなしのノースウェストダービー。主力選手の競演もさることながら、「クラブ史上最多となるルーニーの250発めが決勝ゴール」「ウッドバーンが記念すべき初ゴールをビッグマッチでゲット」などといったドラマがあれば、「夢の劇場」は最高の雰囲気となりそうです。予想は不可能。「マンチェスター・ユナイテッドが勝つ」というのは、どこまでいっても願望です。私の最大の懸念は、「スカイスポーツ」のポール・マーソン氏がマンチェスター・ユナイテッド推しであることです。「リーグカップのサウサンプトン戦では、リヴァプールの最終ラインはよくなかった。イブラヒモビッチがフィットしていれば、リヴァプールは対処できないだろう」。…うーん、めっちゃシロウトっぽい予想ですね。外れるんですよね…マーソンさん。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

負傷完治、レンタルバック…補強だけじゃない!プレミアリーグ後半戦の「隠し玉」に注目!

オスカルとミケルを中国に抜かれたチェルシーは、冬に補強をしなくても、プレミアリーグ首位のまま駆け抜けてしまうかもしれない…。FAカップのピーターバラ戦で最終ラインに戻ってきたズマを見ながら、ふとそんなことを考えました。マンチェスター勢の話題を中心に、移籍ゴシップがイギリスメディアを華々しく飾るなか、チェルシーはレンタルに出していた3人の若手をさりげなくチームに組み込んでいます。ナタン・アケ、ケネディ、チャーリー・ムソンダ。なかでもナタン・アケは、チェルシーにとってはバリバリの即戦力、泣く泣く返したボーンマスにとっては激痛でしょう。

エディ・ハウ監督のチームで11月からレギュラーとなり、プレミアリーグで3ゴールを決めたセンスあふれる21歳は、CBもウイングバックもセントラルMFもこなすユーティリティの高いプレーヤー。左のWBとウイングには、ケネディという選択肢も加わりました。ズマの復帰でアスピリクエタを右サイドに、ヴィクター・モーゼスを前線に出すこともできるようになり、コンテ監督の選択肢は一気に増えています。フェルナンド・トーレス、サラー、クアドラードの例もあるように、フィットするかどうかわからない選手に大枚をはたくより、「長期離脱から復帰した選手+レンタルバック」のほうが堅実な強化になりそうな予感があります。

同じ目線で他のクラブについてもチェックしてみましょう。アーセナルにはダニエル・ウェルベックが復帰しており、アレクシス・サンチェスやエジルをなだめられる主将メルテザッカーも間もなく戻ってきます。プレミアリーグになじんできた感のあるルーカス・ぺレスは、後半戦で本領を発揮しそうな気配を漂わせています。リヴァプールでは1年以上もリハビリに耐え続けたジョー・ゴメスが元気な姿を披露し、グルイッチもそろそろ出てくるでしょう。そんな視点で見ると、マンチェスター勢にはさほどプラス材料がありません。モウリーニョ監督が期待できるとすれば、シュヴァインシュタイガーの予想外の活躍と、ルーク・ショーの完治ぐらいでしょうか。コンパニが万全であればペップは喜びそうですが、ファビアン・デルフがさほど機能しないとすれば、マン・シティは補強にプラスアルファを求めるしかありません。

トッテナムはラメラが戻ればより戦いやすくなり、フィンセント・ヤンセンとエンクドゥがプレミアリーグでも結果を出せるようになればヨーロッパリーグとの両立が楽になります。中位以下のクラブに目を移せば、前半戦を完全に棒に振ったレスターのナンパリス・メンディ、同じく負傷が癒えたストークのアフェライ、鋭いドリブルが目を引くサウサンプトンの19歳ウインガー、シムズあたりが気になります。スウォンジーで冴えない前半戦を過ごしたネイサン・ダイアーは、新指揮官ポール・クレメントの眼鏡にかなうでしょうか。サンダーランドにローン移籍したものの今季プレミアリーグで出場ゼロのロイク・レミー、序盤の3試合にしか出ていないエヴァートンのアルナ・コネも、このまま終わってほしくない選手です。

紹介してきた選手について、競馬の3連単方式で「活躍予想」をするとすれば、ズマ、ウェルベック、ナンパリス・メンディの順です。昨季、レスター戦のラストプレーで勝ち越しゴールを決めたウェルベックのように、チームの窮地を救う選手は現われるでしょうか。不本意な半年を過ごした選手たちの巻き返しに注目したいと思います。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

プレミアリーグ2016-17前半戦総括~(3)ベストイレブン(裏版あり)

いやー、悩みました。プレミアリーグ前半戦のベストイレブンを選出してみたのですが、エデン・アザール、デル・アリ、ズラタンを外さなければならないとは…。プレミアリーグ首位を快走したチェルシーに敬意を表して、3-4-3。アーセナルを牽引し続けたアレクシス・サンチェスと、コンスタントな働きという観点でアザールをしのぐのではないかと思われるサディオ・マネを3トップに配する布陣とさせていただきました。MVPを選ぶとすれば、断然ジエゴ・コスタ。次点も迷わずジョーダン・ヘンダーソンです。チェルシーのエースは前半戦の得点王であるだけでなく、2試合連続ノーゴールなし、1点差ゲームで5回の決勝ゴールと内容的にも文句なし。レッズのキャプテンはパス本数、タッチ数でプレミアリーグNo.1、タックル数2位と出色のデータを揃えています。

GKはヒートンとロリスの一騎打ちですが、リヴァプールに勝ち、チェルシー以外の上位対決をすべて接戦に持ち込んだバーンリーの健闘に頭を下げることにしました。CBで最初に選んだのは、セインツの大黒柱ファン・ダイクと、アルデルヴァイレルトの不在を感じさせなかったフェルトンゲンの2人です。ダヴィド・ルイスは、「アントニオ・コンテ」と読み換えていただいてもいいでしょう。同僚のアスピリクエタやライバルのコシールニーの姿がチラつき、悩みましたが、最高の使い方を見出した新指揮官をリスペクトすべく、中央に入れさせていただきました。

よく走るリヴァプールの象徴だったアダム・ララナは、7ゴール7アシストと、中盤の選手としては最高水準の数字を残しています。相手にミスがないのに決定機を創ってしまうセンスは、プレミアリーグアシストランキングTOPのデブライネと双璧です。ヘンダーソンの脇は、グイェ、エレーラ、デル・アリに後ろ髪を引かれつつ、最少失点で折り返した首位チームの守備の要だったカンテを取りました。11月以降で選ぶならマイケル・キャリック、あるいは尻上がりに調子を上げてきたポグバも候補ですが、チームとともに苦しんだ序盤の停滞期が長すぎました。後半戦の活躍に、あらためて期待したいと思います。

アグエロは出場試合数が少なく、ズラタン・イブラヒモヴィッチは決められなかった時期があり、ハリー・ケインは開幕からしばらくの不振が祟りました。いや、例年であれば、アグエロやズラタンはベストイレブンに入っていてもおかしくない活躍でしたが、ジエゴ・コスタが素晴らしすぎたというしかないでしょう。とはいえ、13ゴールのアレクシス・サンチェスやロメウ・ルカクも交えた得点王争いは、最後まで混戦となるのではないでしょうか。優勝争いはもちろんですが、こちらのレースも目が離せません。

さて、もうひとつ、ベストイレブンの裏版は、「前半戦の大発見」あるいは「孤軍奮闘」の選手で組んでみました。表版で選ばれてもおかしくないカイル・ウォーカーの名前が光ってみえますが、SBを選べなかった鬱憤をこちらで晴らしてしまいました。…すみません。突破力ならナサニエル・クライン、攻撃への関与度ならベジェリンも捨てがたいのですが、この半期に関しては、チャンスメイクの数と攻守のバランスでトッテナムのSBを上にすべしと考えました。左のマルコス・アロンソともども、どこかに残しておきたい名前です。

GKは、サンダーランドで頭角を現した22歳のピックフォード。ストークの最終ラインを落ち着かせ、マーク・ヒューズ監督に3バックという選択肢をもたらしたマルティンス・インディはいい補強だったと思います。リヴァプールよりも失点が少ないミドルズブラの守備陣では、ギブソンの冷静さが目を引きます。タックル数でプレミアリーグNo.1のグイェ、「こんなに凄い選手だったっけ⁉」と多くのファンが驚いたジョー・アレン、ハル・シティの唯一の得点源スノドグラス、ドリブル成功数でTOPのアザールに迫るザハは、いずれもチームに欠かせない選手。今季プレミアリーグで最大の発見といっても過言ではないマット・フィリップスは、デブライネに次ぐ8アシストを叩き出しており、WBAを8位に躍進させた功労者です。

トップには、同じくWBAからサロモン・ロンドンを選ばせていただきました。TOP7以外のチームで最もゴールが多いのはデフォーの9ゴール、次がベンテケの8ゴールですが、彼らからPKを引くとサロモン・ロンドンが上回ります。昨季プレミアリーグで9ゴールを挙げている選手で、今季のサプライズではありませんが、ゴールを決めた試合は4勝1分と貢献度の高いストライカーを、まっすぐリスペクトしたいと思います。

後半戦の活躍を期待しているのは、ボーンマスの最前線を担うカラム・ウィルソンと、ミドルズブラの「驚愕の不発弾」アダマ・トラオレです。1試合あたりのドリブル成功数が5.2と、アザールを軽く上回ってぶっちぎりTOPのトラオレは、なぜノーゴールなのか!?みなさん、ぜひボロの37番をチェックしてみてください。一発決まれば、ケチャップ出まくり状態になるのではないかとワクワクする選手です。以上、プレミアリーグ2016-17シーズン前半戦のベストイレブンでした。みなさんは、誰を選びますか?


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ