チケット、パイ、プログラム…毎年恒例!BBCの「プレミアリーグのお値段」徹底調査!

今年もやってまいりました。「BBC」が毎年行っている「Price of Football」。プレミアリーグをはじめ、イングランドの下部リーグ、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドおよび大陸のビッグクラブまで全232クラブについて、チケット代、紅茶代、ユニフォームの販売価格などマッチデイにサポーターが購入するアイテムの値段をリサーチしたものです。

プレミアリーグについてまとめた記事の見出しには、「cut or freeze」という言葉が踊っています。多くのクラブが、チケット代は減額か据え置き。各スタジアムにおける最安値のシーズンチケットの平均価格は473ポンドから464ポンド(約6万9000円)に下がっており、最高額のシーズンチケットも864ポンドから844ポンド(約12万6000円)と2%ダウン。ただし最も安いマッチデーチケットは、29.05ポンドから29.3ポンドに上がっています。

プレミアリーグ全20クラブのチケット代について、カテゴリー別に高額なクラブと安売りクラブの価格差を見てみましょう。最安値のシーズンチケットが最も高額なのは、やはりアーセナルで891ポンド(約13万3000円)。100ポンド(約1万5000円)で買えるハダースフィールドの9倍です。目を引くのは、マンチェスター・シティの299ポンド(約4万5000円)という安さです。彼らより安いのは、294ポンドのストークと巨大なロンドンスタジアムを埋めたいウェストハムの289ポンド、そして最下位の100ポンドのクラブのみ。532ポンドのマンチェスター・ユナイテッドに対抗して、サポーター層を拡大しようとしているのが窺えます。

最高値のシーズンチケットは、1700ポンドのスパーズを僅差で抑えたアーセナルが1768ポンド(約26万3000円)で二冠達成。1000ポンド以上を取っているのは、チェルシーの1255ポンド、ウェストハムの1155ポンドとロンドン勢のみです。最も安いのはやはりハダースフィールドで299ポンド。次いでスウォンジーの489ポンド、エヴァートンの565ポンドとなっています。シーズンチケットは高いアーセナルも、マッチデーのシングルチケットとなると話は別です。最安値の26ポンド(約3900円)は、リヴァプールの9ポンドという特別チケットを除けばプレミアリーグで5番めのお手頃価格。20ポンドから買えるトッテナムに対して、チェルシーは47ポンド(約7000円)と2倍以上の値段をつけています。

シングルの最高額を比較すると、1位はアーセナルの95.5ポンド(約1万4000円)、2位チェルシーが87ポンド、3位ウェストハムが80ポンド、4位はトッテナムの70ポンドとロンドンが上位を独占。全席一律30ポンド(約4500円)のハダースフィールドが最も安く、WBAの35ポンド、バーンリーの40ポンドが続きます。アウェイ席のチケットは上限30ポンド(約4500円)と決められており、一律20ポンドまで下げているセインツを除けばさほど差はありません。

チケット以外のお値段に目を向けると、マッチデープログラムはなぜかセインツだけが4ポンドで、他のクラブは3~3.5ポンド。パイが安いのは2.5ポンド(約370円)のチェルシーで、ウェンブリー価格で4.3ポンドとなったトッテナムが最高額です。パイにはさらに上がおり、チャンピオンシップのフラムは何と4.5ポンド(約670円)!不思議なのはチェルシーで、女子リーグは男子より1.5ポンドUPの4ポンドとなります。最も安い紅茶はクリスタル・パレスの1ポンド、高いのは2.5ポンドもするリヴァプール、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッドと15年前のプレミアリーグの優勝争いのような顔ぶれです。「BBC」によると、半数以上のクラブがパイを値上げしており、紅茶の平均価格も上がっているそうです。

レプリカユニフォームが最も高いのは、マンチェスター勢とトッテナムの60ポンド(約8900円)とこちらは今季プレミアリーグの優勝争い。マンチェスター・ユナイテッドはジュニア用のシャツも50ポンド(約7500円)と最高額で、ポグバやルカクの移籍金をこちらで埋める算段のようです。バーンリーはアダルト40ポンド(約6000円)、ジュニア32ポンドと良心的。シャツの値段も全体で2%ほど上がっており、チケットが安くなったと喜んでスタジアムに向かうと、メモリアルグッズと飲食でちゃっかり持っていかれるのが2017年のプレミアリーグです。ちなみに、「最も安い1日」を過ごせるのはリヴァプールで、Lの郵便番号エリアに住んでいるサポーターなら、チケット、パイ、紅茶、プログラムで18.4ポンド(約2700円)しかかけずに試合を楽しめるそうです。

プレミアリーグと大陸のリーグを比較すると、チケットは他国が安く、ユニフォームは高額というのが相場です。バイエルン・ミュンヘンのチケットは13ポンド(約1900円)、アヤックスは11ポンド、パリはたったの8.9ポンド(約1300円)。バルセロナやユヴェントスは比較的高いものの、それでも22~29ポンドとプレミアリーグのアウェイ席を下回ります。一方でユニフォームの値段は、バイエルン、アヤックス、ユヴェントスが80ポンド(約1万2000円)。日本からは、ひとくくりで欧州主要リーグと見てしまいがちですが、モノの値段の感覚はポンドの国とユーロの国で大きく変わるようです。

いろいろ調べているうちに、パイが食べたくなってしまいました。イギリスの食事はまずいという方がよくいらっしゃいますが、パイ、シーフード、ローストビーフ、フィッシュ&チップス、イングリッシュブレックファースト、中華、ケバブ、ビールはおいしいと思います。スタジアムに行ったら、ぜひパイかフィッシュ&チップスとビールをどうぞ。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

昨季1位のレッズは凋落、最下位はやはりあのチーム…プレミアリーグの走行距離ランキングに異状あり!

昨季は、リヴァプールとトッテナムの試合を観るたびに、「走るサッカー」と書いていたのですが、2017-18シーズンはポチェッティーノ監督のチームをそう呼ぶことはあっても、レッズにはためらうようになりました。引いた相手に対してスローに落とすことが多く、明らかに前から当たりにいっていないゲームが増えたからです。クロップ監督がゲーゲンプレスの使いどころを限定しているのか、ナサニエル・クライン、マネ、コウチーニョ、ミルナーらがスタメンを外れるゲームが多くプレスをかけにくくなっているのか。1週間ほど前に、プレミアリーグ公式サイトが「スカイスポーツ」の記事を引用して走行距離のランキングを紹介していたのですが、昨季プレミアリーグで1位だったリヴァプールは何と11位!走っていない印象はあったものの、ここまで落ちているとは想像しておりませんでした。

1位は、ボーンマスの1256km。31歳になっても疲れ知らずのサーマンをはじめ、サイモン・フランシス、ダニエルズとベテランが体を張っているチームだけに、昨季の6位からNo.1へのジャンプアップは意外でした。2位のWBAと3位のトッテナムは、昨季もTOP4にランクインしていたクラブです。2016-17シーズンはシグルズソンの次に走行距離が多かったクリスティアン・エリクセンは、新シーズンも個人ランキングで6位に入り、スパーズのショートカウンターをリードしています。トニー・ピューリス監督のサッカーの基本は、とにかく守備時にさぼらないこと。守るときはゴール前を固め、ひたすらサイドを崩しにいくスタイルは、両脇の選手の上下動が生命線です。

4位と5位に好調のワトフォードとバーンリー、アーセナルとチェルシーのロンドン勢がこれに続いています。昨季は2位だったマンチェスター・シティが8位に落ちていますが、彼らはスプリントの本数では2位ワトフォードを250本以上引き離す6198本でぶっちぎりのTOPです。数字を見ると、ペップのサッカーがハイプレス&ポゼッションから直線的な速攻にシフトしているのがよくわかります。


【プレミアリーグ2017-18 クラブ別走行距離ランキング】
1位/ボーンマス      1256km
2位/WBA        1247km
3位/トッテナム     1246km
4位/ワトフォード    1241km
5位/バーンリー     1238km
6位/アーセナル      1237km
7位/チェルシー     1234km
8位/ブライトン     1225km
9位/マン・シティ    1225km
10位/ハダースフィールド 1221km
11位/リヴァプール    1217km
12位/ニューカッスル    1213km
13位/エヴァートン     1209km
14位/クリスタル・パレス 1201km
15位/レスター      1195km
16位/サウサンプトン   1194km
17位/ストーク      1183km
18位/スウォンジー    1182km
19位/ウェストハム    1162km
20位/マン・ユナイテッド 1162km


リヴァプールは、昨季プレミアリーグで4位だったミルナーが先発4試合と出場時間を減らし、6位にいたフィルミーノがTOP10圏外。勤勉に上下動を繰り返すタイプではないジョー・ゴメスとアルベルト・モレノがSBをまかされることが多いのも理由のひとつかもしれません。彼らのスプリント数が多いかといえば、5674本は4位アーセナルや6位トッテナムよりも下の7位です。ここまで5勝4分2敗という戦績を見ると、これらは決していい傾向とはいえないでしょう。クロップ監督は、いま一度ゲーゲンプレスを徹底させて巻き返すのか、あるいは走らなくても勝つ術をインストールするのか。昨季はよく語られていた「クロップ監督のスタイルでは、プレミアリーグをフルシーズン戦えないのではないか」という議論は、今季は無用になるかもしれません。

さて、お待ちかねの最下位ですが、マンチェスター・ユナイテッドが2年連続でこちらのタイトルをゲットする可能性は充分です。引いて受ける時間が長く、連動性よりも少ない手数で縦に攻めることを重視しているのが要因でしょう。これでも彼らのゴール数が増えているのは、ルカクとポグバが揃っていた序盤戦ではカウンターが機能しており、フェライニをはじめとする長身コレクションで空中を制することができるからだと思われます。サポーターとしては、もっとパスワークで崩してほしいと焦れたりもするのですが、キャラが立っているのはいいことと諦めるしかないのでしょうか。そんななかで、個人ランキング4位と獅子奮迅の活躍を見せているネマニャ・マティッチには頭が下がります。

興味がある方は、クラブ・個人の走行距離ランキングと、クラブのスプリント本数ランキングが載っている「スカイスポーツ」の元記事をご覧ください。2位に入っているワトフォードのドゥクレや9位のレスターのエンディディにうなずきつつ、ブライトンから3人もランクインしていることに驚かされます。走行距離1位のボーンマスがゴール数は7でプレミアリーグ18位、最も走らないマン・ユナイテッドがゴール数2位で「燃費No.1」なのを見れば、走る距離が長いのが必ずしもいいとばかりはいえないのは自明ですが、それぞれのチームのスタイルを物語る興味深い指標であるのは間違いありません。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

素晴らしきピックフォード&ロフタス=チーク!イングランドVSドイツの若手フォーカス観戦記

GKは夏にエヴァートンに移籍した23歳のピックフォード、最終ラインにはコンパニの穴を埋めているマンチェスター・シティの23歳CBジョン・ストーンズと、新天地レスターで既に主力の24歳・マグワイア。 中盤にはクリスタル・パレスで攻守の軸となりつつある21歳のロフタス=チークが入り、ヴァーディとコンビを組むのはスウォンジーでプレミアリーグ11戦4発と得点力をアピールしている20歳のタミー・アブラハム。11日にウェンブリーで開催されたドイツとのフレンドリーマッチで、イングランド代表のガレス・サウスゲート監督は思い切った若手抜擢に打って出ました。アウェイチームのプレミアリーグ所属選手は、エジル、リュディガー、レロイ・サネ、ギュンドアンといずれも主力レベル。一方的に押されるかと思いきや、フレッシュなイングランドは惜しいシーンを何度も創っていました。

開始2分にダニー・ローズの縦パスでヴァーディが裏に抜け出し、ニアに飛び込んだアブラハムに合わせたシーンは1点モノ。若いストライカーが触れず、ファーから走り込んだトリッピアーがフリーのボレーを外からサイドネットに当ててしまいましたが、ノーマークのロフタス=チークに折り返していれば決まっていたでしょう。8分にサネがフィル・ジョーンズをかわして右足でシュートを打ちますが、マンチェスターダービーでは観たくないシーンです。プレミアリーグ11戦6発と絶好調のサネは、20分にボックス手前右から左足で巻いたシュートを放ち、触れなかったピックフォードのすぐ後ろでクロスバーを叩く鈍い音が響きます。

この日は、ピックフォードが素晴らしい出来でした。23分にエジルの完璧なスルーパスでヴェルナーが抜け出し、左からボックスに侵入すると、クロスに放ったシュートを左手で止めるビッグセーブ。フォローしたサネの一撃はフィル・ジョーンズがヘッドでクリアし、ドイツのチャンスは潰えます。この直後に、再三足を引きずっていたフィル・ジョーンズがプレイ続行を断念し、若手がもうひとり加わりました。リヴァプールの20歳CBジョー・ゴメス。昨季は負傷でまるまる1年を棒に振りましたが、今季はナサニエル・クラインのリタイアでレギュラーに定着し、プレミアリーグ9試合に出場しています。

39分、流れてきた縦パスに反応したヴェルナーがジョー・ゴメスの背後を取ってゴール前へ。フリーのシュートは、今度はピックフォードが右に飛んで弾き出すビッグセーブ。42分には、アブラハムが2人に囲まれながらも強引に右足を振り抜き、リュディガーの足でコースが変わったボールがポストすれすれを抜けていきます。45分に最高のロングフィードを見せてくれたのは、ロフタス=チークでした。ゴール前に落ちる完璧なボールを受けたヴァーディがループシュートを狙うも、戻ったギンターが頭でクリア。イングランドが前半をゼロに抑えられたのは、ピックフォードのおかげです。

49分、クロス職人トリッピアーが中に入れたボールはヴァーディにぴったり。GKの足元に叩きつけるヘディングはお手本通りでしたが、テア・シュテーゲンが右手で上に掻き出すとんでもないビッグセーブを見せてチームを救います。後半は、ロフタス=チークのパスが冴えわたっていました。58分にリヴァモアに通してカウンターを成立させた縦パスは秀逸。30秒後、ドリブルとアブラハムとのワンツーで中央を上がり、トリッピアーから戻されたボールをダイレクトで右に走り込んだエリック・ダイアーに通した浮き球も見事でした。

60分にアブラハムが退き、同い年のマーカス・ラシュフォードが登場します。後半は押していたイングランドは、決定機を創れず。94分、左からのFKをマグワイアがヘッドで折り返すと、ヴァーディと代わったリンガードはフリーでしたが…ああ、プレミアリーグでよく見る光景。こういうチャンスで打ち上げてしまうのがリンガードです。ドイツの7勝2分6敗とほぼ互角だった対決は、密度の濃いスコアレスドローで幕を閉じました。

以前から注目していたチェルシーユース出身の若い選手たちが、世界王者相手に堂々とプレイしているのを見てテンションが上がりました。タミー・アブラハムとロフタス=チークのように、「出場機会を得られそうなプレミアリーグの下位チームで修業」というルートが、国内でしっかり目に留まるゆえに代表へのステップをまっすぐ登れる王道となるのかもしれません。ピックフォードは、今のレベルをキープできればロシアのゴールマウスをまかせてもいいと思います。

23歳には見えないエリック・ダイアー、24歳にはとても見えないハリー・ケイン、21歳のデル・アリ&ハリー・ウィンクスのトッテナム勢は成長著しく、さらにロフタス=チーク、ラシュフォード、ジョー・ゴメス、アブラハム…。サウスゲート監督は、14日のブラジル戦を前にU-20ワールドカップMVPのドミニク・ソランケと21歳のGKアンガス・ガンを追加招集しています。若手充実のイングランドは、次のロシアも楽しみですが、5年後のカタールで世界一を争うことになるかもしれません。(ロフタス=チーク 写真著作者/CFCUnofficial (Chelsea Debs))


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

コートジボアール敗退、デンマークピンチ…プレミアリーグ目線のワールドカップ予選見聞録!

昨日、「予選敗退危機のチーム」の筆頭に書いたぐらいで、嫌な予感がしていました。コートジボアールは、4大会連続のワールドカップ出場を逃すのではないか、と。ベルギー人のマルク・ヴィルモッツ監督(2002年の日本戦でオーバーヘッドを決めたのをゴール裏で観てました…)は、あれだけタレントが揃っていた母国を、ワールドカップでもユーロでもベスト8で終わらせてしまった方です。ベルギーをFIFAランキング1位に導いた監督ですが、彼のチームは個人力の足し算で戦っている印象が強く、現在のコートジボアールもコレクティブという言葉とは程遠いチームです。9月5日にホームでガボンに敗れ、2勝2分1敗と苦戦していたコートジボアールは、最終戦でモロッコと対戦。勝ったほうがワールドカップ出場という注目の一戦は、首都アビジャンのスタッド・フェリックス・ウフェ=ボワニで戦えるゲームではありましたが、1点を争う神経戦になるのではないかと思われました。

コートジボアールに親近感を抱き、肩入れするのは、以前からプレミアリーグで活躍する選手が多かったからです。チェルシーのレジェンド、ディディエ・ドログバとヤヤ・トゥレ&コロ・トゥレ。モロッコ戦のメンバーでも、クリスタル・パレスのザハ、パリからトッテナムに移籍したセルジュ・オーリエ、スウォンジーに復帰したウィルフリード・ボニー、ボーンマスからトゥールーズにレンタルされたマックス・グラデルが先発出場。ジェルヴィーニョとセイドゥ・ドゥンビアも、プレミアリーグでプレイしていた選手です。ベンチにいたサロモン・カルーを見つければ、「懐かしい!」と叫ぶ人も多いのではないでしょうか。2006年から6年間、チェルシーに所属したMFは、プレミアリーグ156試合36ゴールという記録を残しています。

16分にラインの裏に抜けたジェルヴィーニョのシュートが決まっていれば、勝敗は逆になっていたかもしれません。25分にディラルが右から入れたクロスがそのままゴールに吸い込まれると、モロッコの実況は泣き叫ぶような声で「ゴーーーール!」を連呼し、コートジボアールの放送は「アー!」と絶叫。30分のCKに合わせたハーフボレーがネットに突き刺さると、「ベナティア!」「ベナティア!」と繰り返すモロッコに対して、コートジボアールからは最初の失点と同じような嘆きの叫びが聞こえてきます。これで大勢は決しました。決定機はモロッコのほうが多く、コートジボアールにゴールを決める気配はありませんでした。ワールドカップ出場を決めたのは、ワトフォードのアムラバトとセインツのブファルがいる国でした。

この試合の後、欧州ではプレーオフでデンマークとアイルランドが激突しました。プレミアリーグが好きだからというより、天才エリクセンに惚れ込んでいるからデンマークに勝ってほしかったのですが、こちらもスコアレスドローという苦い結果に終わりました。アイルランド代表は、実はウェールズや北アイルランドよりもイングランドのクラブの選手比率が高く、他国のクラブでプレイしているのはセルティックのジョナサン・ヘイズのみ。とはいえプレミアリーグ所属の先発メンバーとなると、ヘンドリックとロビー・ブレイディ、ウォードのバーンリートリオ、ボーンマスのアーターで、エリクセン&シュマイケルに対して圧倒的に(いい選手ながら)地味です。セインツのシェーン・ロングはベンチ。序盤から押していたのは、ホームのデンマークでした。

11分に後方からのロングフィードを受けたラーセンがボレー、ボロに移籍したランドルフがこれを弾くと、こぼれ球を叩いたコルネリウスの一撃もGKがセーブ。22分にエリクセンが左足で狙ったロングシュートはランドルフの正面です。エリクセンは、32分にも相手のミスパスを拾って無回転のミドルシュートを放ちますが、これもランドルフに止められ、こぼれ球に走り込んだシストのコントロールショットはわずかに右に外れます。43分にSBのクリスティが右サイドから単独突破を図り、シュマイケルと1対1になるも守護神が体を張ってセーブ。序盤のチャンスを活かせなかったデンマークはアイルランドの堅守を崩せず、遠めからのシュートに終始します。

終了間際にラーセンが左サイドから仕掛け、切り返してクロスを上げると、途中出場のポウルセンのヘディングシュートは決定的でしたが、コースがやや甘くランドルフにセーブされてしまいました。72分に入ったベントナー男爵は何もできず。ホームで引き分けたデンマークは、ダブリンでのセカンドレグでは何としてもアウェイゴールを決めなければなりません。

アフリカが決まり、出場決定国は26。残すところは11月12日~14日の欧州プレーオフと、オーストラリアとペルーがアウェイゲームを0-0に持ち込んだ大陸間プレーオフのみとなります。この2国とクロアチアは当確で、残り3つを予想すればスイス、イタリア、アイルランドです。北アイルランドとデンマークにはがんばってほしいのですが…。2年8ヵ月に渡って激戦が繰り広げられたワールドカップ予選も、いよいよあと4日です。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ