1超1強18弱…プレミアリーグのビッグ6を崩壊寸前に追い込んだ「補強締め切り前倒し」総括!

昨日の午前中より、ブログプロバイダーの管理画面に障害があり、2本めの記事をUPすることができませんでした。夜になってようやく復旧しましたので、本日は3本お届けいたします。

2019年の春、プレミアリーグのクラブはわが世の春を謳歌していました。チャンピオンズリーグではリヴァプールとトッテナムが欧州の頂点を争い、ELの決勝はチェルシーVSアーセナルのビッグロンドンダービー。スペイン勢の不振もあり、ファイナルを独占したプレミアリーグが復権を果たしたかに見えたのですが、CLやELでの華々しい成果の裏で、静かに崩壊が始まっていました。あらためて、昨季プレミアリーグの終盤戦の戦績を並べてみましょう。マンチェスター・ユナイテッドが2勝2分5敗、チェルシーはラスト5試合を1勝3分1敗と停滞。トッテナムは2月末からの12試合を3勝2分7敗で終えており、アーセナルも4月に入ってから2勝1分4敗と苦しみました。

マンチェスター・シティは14連勝、リヴァプールは9連勝と2強はハイレベルなデッドヒートを展開していたのですが、彼らを追うはずだった4つのクラブが同時に崩れてしまったのはなぜでしょうか。マン・ユナイテッドとトッテナムは、夏のデッドラインデーの前倒し初年度における補強の不調が響き、チェルシーとアーセナルは新しい指揮官と選手との間に溝ができてしまったのが最大の理由だったと思われます。

補強ゼロだったスパーズは、中盤とSBの綻びを埋められる選手を欠き、マン・ユナイテッドはフレッジとジオゴ・ダロトがフィットしませんでした。前者はデル・アリ、後者はデ・ヘアと主軸のスランプの影響も厳しく、チームを立て直すことができずに不本意なシーズンを終えることになりました。ポゼッション重視のサッリボールにはジョルジーニョつぶしという対策が浸透し、サポーターの不人気に耐えることができず。エジルとミキが機能しなくなり、ラムジーが負傷でひと足先にシーズンを終えたアーセナルは、ムスタフィの混乱やルーカス・トレイラの停滞も手伝って、収穫なきままにオフシーズンに突入しています。

2019年の夏も、マーケットの締め切りがプレミアリーグの開幕前に設定されていました。既にチームが出来上がっていたリヴァプールを除く5クラブは、ルール改変2年めも的確な補強ができずに本番を迎えることになりました。マンチェスター・シティはコンパニの代役を獲れず、トッテナムもトリッピアーが抜けた右サイドを強化できずにシーズンイン。最終ラインにマグワイアとワン=ビサカを加えたマン・ユナイテッドは、ルカクやアレクシス=サンチェスが去った前線には的確な答えを出せませんでした。チェフ、コシールニー、モンレアル、ラムジー、ミキ、イオビ、ウェルベック…キャプテンシーと経験値がごっそり抜け落ちたガナーズは、若手のブレイクという不確定要素を頼りにするしかありませんでした。

フランク・ランパードを招聘したチェルシーは補強禁止のペナルティを受けており、アザールを手離し、プリシッチが合流という心もとない状態でスタート。弱点強化がままならなかった5チームと、完成度が高まっていたレッズのバトルは想像以上の差が開きました。現在、プレミアリーグ3位に食い込んでいるレスターと、ELでグループステージ突破を果たしつつ9位につけているウルヴスは、2018-19シーズンに的確な補強をリスペクトされていたチームです。

昨季はモウリーニョとサッリがクラブを追われ、今季はエメリとポチェッティーノが解任の憂き目に遭っています。マンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、アーセナルは、若きOB監督という新機軸で長期的な強化を図っていますが、彼らが名将と呼ばれる存在になりえるかは誰にもわかりません。プレミアリーグは、3年前とは全く違う景色となりました。

リヴァプールは盤石、マン・シティは6敗を喫しながらも、今まで積み上げてきた貯金を活かして2位をキープ。残りの4チームは全部足しても7つしか勝ち越していないカオスのシーズンです。最強ユースの成長株を次々とブレイクさせたランパード監督のチェルシーは、次の夏に補強を成功させれば優勝争いに復帰する可能性がありますが、スパーズ、ガナーズ、マン・ユナイテッドはもうしばらく時間がかかりそうです。

ビッグ6、崩壊寸前。今いえるのは、「プレミアリーグのみ補強締め切り前倒しという理不尽なルールが、2年で終わってよかった」のひとことです。2015年の夏にチェフしか獲らなかったヴェンゲル監督が、2016-17シーズンからCL出場権を獲得できなくなったのを思い出します。夏に10代の原石しか加えなかったレッズは、冬の新戦力は南野だけでよかったのでしょうか。戦い続けているうちに生じた弱点を解消し、チームにフレッシュな風を送り込む補強という施策に失敗すれば、強いチームも1年でダメになることがわかった貴重な2シーズンでした。輝きを取り戻してほしいクラブたちの夏の巻き返しに期待しましょう。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

稀代のモチベーターか、過去の人か…「BBC」の記事で気になった「アンチェロッティの光と影」。

後半戦に突入したプレミアリーグの勝敗をチェックすると、勝ち越しているクラブが6つしかないことに気がつきます。リヴァプールが6連勝、マンチェスター・シティは4勝1分1敗。エンディディが負傷してからセインツとバーンリーに連敗したレスターは、3勝1分2敗と踏ん張っています。4位のチェルシーが2勝3分1敗。アンチェロッティを招聘したエヴァートンは4勝2分1敗と復活し、暫定ながらプレミアリーグ7位にジャンプアップしました。ナイジェル・ピアソンの下でようやく落ち着いたワトフォードも、3勝2分1敗で残留ラインを目前にしています。

マン・シティと同等の戦績を残しているエヴァートンの好調ぶりを見た「BBC」が、「アンチェロッティはどのように違いを生み出したのか」と注目するのもよくわかります。記事の中身を紹介する前に、2019-20シーズンの監督交代劇についておさらいしておきましょう。マルコ・シウヴァ監督が指揮を執っていた15節の終了時点では、4勝2分9敗という散々な戦績で降格ゾーンの18位。プレスの種類が複数あり、前線と中盤に複雑なポジショニングを要求するポルトガル人の戦術は、とにかくナーバスでした。

はまれば惚れ惚れするような美しいアタックを展開するのですが、一度歯車が狂えば立て直すのに時間がかかり、選手たちの自信とモチベーションの目減りを抑えられなくなります。42歳の若きマネージャーに、あのまま託していたら、トフィーズは今も同じようなポジションにいたのではないでしょうか。

マージーサイドダービーを5-2で大敗した後、マルコ・シウヴァはあえなく解任。メンタルに問題を抱えたチームにとっては、勝利に向かう情熱を注ぎ込んでくれるダンカン・ファーガソンという後任は最適でした。チェルシーを倒し、マン・ユナイテッドとアーセナル戦をドロー決着という素晴らしいパフォーマンスでつないだ後、CLを3度制した名将がマージーサイドにやってきます。ここで、「BBC」に話を戻しましょう。アリスエア・マゴワン記者のレポートは、アンチェロッティの改革の効果を伝えているのですが、その内容は、バイエルン・ミュンヘンの監督に就任した頃と酷似しています。

「ロボットのようだったマルコ・シウヴァと対照的に、温かさとユーモアがあり、選手をリラックスさせた」「マルコ・シウヴァの長時間の練習は選手たちを疲れさせていたが、セッションは短くシャープで、特定の時間に食事を強制されることもない」「プレースタイルはシンプルになった」「チームは自信と信頼を取り戻した」。そういえば、ペップ・グアルディオラの後継者としてドイツに渡ったときも、モチベーターとしての評価が高く、リベリーらに「マメにコミュニケーションを取ってくれる」「いい関係を築けている」とリスペクトされていました。

これらを読んで私が感じたのは、期待と懸念の両方です。5つのクラブでリーグ制覇を果たしたイタリア人指揮官は、ドイツ王者やナポリを率いたときと同様に最初の1年は評価され、やがて崩れていくのではないか、と。マゴワン記者が伝えるエヴァートンの戦術は、近年のアンチェロッティが解任のシーズンに囁かれる「クラシックなスタイル」です。リシャルリソンとカルヴァート=ルーウィンを前線で組ませる4-4-2は、3試合のつなぎ役としていい仕事をしたダンカン・ファーガソンを踏襲したフォーメーション。サイドアタッカーを中盤のインサイドに加勢させ、ディーニュやシディベの攻撃力を活かすあたりは、守備戦術に長けたセリエA出身の監督らしいアレンジです。

シンプルで自由という評価は、裏を返せば相手チームの弱点を突いたり、展開によって戦い方を変える策略に欠けるということでもあります。バイエルンの選手たちは、自分たちは勝てるサッカーをやっているのかと疑心暗鬼になり、確執が表面化して監督解任に至った際には、「われわれは間違った方向に進んでいると判断した」とクラブにいわしめるほどの状態に陥っていました。ナポリを追われたときは、会長との関係悪化が囁かれましたが、セリエAで2ヵ月もの長きに渡って勝利がなかったのが直接的なトリガーでした。

ダンカンだけでなく、アレックスまで彷彿とさせる「ファーガソンスタイルの4-4-2」を熟成させ、来季はCL出場権を争うレベルに浮上するのではないかと期待が高まります。しかし、その先は…。エヴァートンがデヴィッド・モイーズと同等の成功でよしとするなら、安定的な戦績をキープした名監督としてクラブ史に名を残すかもしれません。ただし、野心溢れるファルハド・モシリさんがひとたび上をめざせば、「ミランで過ごした8年から戦術をアップデートできていない、オールドファッションのモチベーターは2年めに行き詰った」などといった報道とともに終わる可能性も秘めています。

2009-10シーズンにチェルシーでプレミアリーグを制覇して以来、率いたクラブで3シーズンめを迎えたことがない監督は、マージーサイドで成功者として名を残すことができるでしょうか。「BBC」のほめ方が気になってしまい、記事にしてみた次第であります。一時は就任の噂もあったアーセナルのサポーターのみなさんも、興味があるテーマなのではないでしょうか。今はただ、「Let's see how it goes(どうなるか、見てみよう)」としかいえませんが。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

混戦のTOP4争い。直近の戦績、強豪との直接対決、補強を加味して予想すると…⁉

プレミアリーグ2019-20シーズンも、残り13試合。2位マンチェスター・シティに22ポイントの差をつけたリヴァプールの優勝を疑う人はいないでしょう。「スカイスポーツ」の記事のテーマは、「リヴァプールがいつ決めるか」に移行しています。昨季の2強が勝ち点を落とさなければ、アンフィールドで行われる31節のクリスタル・パレス戦が悲願成就のステージ。マン・シティがひとつ落とし、レッズが勝ち続けるという現実的な展開になれば、ひとつ前のマージーサイドダービーでクロップ監督が胴上げされます。

「スタジアムは他にもある。どうしてグディソンで?」と語るのは、ライバルクラブを率いるカルロ・アンチェロッティ。1980年代の最強チームでゴールを重ねたイアン・ラッシュは、「マージーサイドもいいけど、アンフィールドで決めてほしい」と余裕のコメントを残しています。

レッズの独走で、上を見るのを諦めた多くのプレミアリーグファンが注目しているのは、やはりTOP4争いでしょう。6敗を喫した今でも、フットボールのクオリティで勝るマン・シティは安泰。3位のレスターも前半戦の貯金が効いており、よほどの大崩れがなければ5位に落ちることはなさそうです。残るひとつの椅子を争うのは、4位チェルシーと6ポイント以内のギャップで踏ん張っているチーム。トッテナム、シェフィールド・ユナイテッド、マンチェスター・ユナイテッド、ウルヴスまでは射程圏内で、ランパード監督のチームが足踏みを続ければ、アンチェロッティのエヴァートンにチャンスが巡ってきます。

フランク・ランパード、オーレ・グンナー・スールシャール、クリス・ワイルダーは、プレミアリーグでフルシーズンを戦ったことがなく、ヌーノ・エスピーリト・サントも2018-19シーズンのみですが、ジョゼ・モウリーニョとカルロ・アンチェロッティは百戦錬磨。現在のポジションと指揮官の実績からはトッテナムが優勢に見えますが、勢いや相手関係も加味して有力なチームを炙り出してみたいと思います。

まずは、後半戦の勝敗をチェックしてみましょう。TOP4争いといいながら、3勝以上を挙げているチームはゼロ!チェルシーが2勝3分1敗、トッテナムは2勝2分2敗、シェフィールドとマンチェスターの「ユナイテッドコンビ」は2勝1分3敗、ウルヴスに至っては1勝2分3敗という不振に陥っています。ランパード監督がくれたチャンスを誰も活かせない混戦模様。4勝2分1敗と好調のエヴァートンにも、充分チャンスはありそうです。

今後の対戦相手を見ると、ビッグ6+レスターとの試合を最も多く残しているのはエヴァートンで、マン・シティ以外のすべてのチームと戦わなければなりません。他はすべて残り4試合。マンチェスター・ユナイテッドはチェルシー、マンチェスターダービー、トッテナム、レスター、ダービー以外はアウェイゲーム。トッテナムは2強との対戦を済ませており、チェルシー戦以外はホームで戦えます。チェルシーは休み明けにマン・ユナイテッドとトッテナムとのスタンフォード・ブリッジ2連戦があり、これをうまくクリアしてもマン・シティ戦とリヴァプール戦が待っています。

ウルヴスとシェフィールド・ユナイテッドは、いずれも2強を終えてホーム2試合、アウェイ2試合。直近のコンディションと今後の対戦相手、冬の補強を重ね合わせれば、ジェドソン・フェルナンデスとベルフワインを獲ったスパーズがTOP4候補の一番手に見えますが、いかがでしょうか。ハリー・ケインとシソコの不在は激痛ですが、絶好調ソン・フンミンとプレミアリーグに慣れたロ・チェルソが穴を埋めてくれるのではないかと思います。チェルシーの停滞が続けばモウリーニョの逆転、立ち直ればランパードのお手柄と予想しますが、いかがでしょうか。イガロとブルーノ・フェルナンデスの大ブレイクに密かに期待しつつも、あれだけ取りこぼしが多いと…。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

厳しかった単独の前倒し…プレミアリーグが2020年夏のデッドラインデーを9月1日に決定!

「シーズンが始まる前にマーケットを閉めよう。それなら誰もがスカッドを知ることができる…いいアイデアだ。しかし、他国のリーグはそうしなかった。それでは意味をなさない。誰か、プレミアリーグにとってのメリットを説明できる? われわれにとっては問題ないけど、キープレーヤーがマーケットに出ているチームがある。今も何が起こるかわからない」(ユルゲン・クロップ)

2年続いた悪夢のようなデッドラインデーは、健全な騒がしさを取り戻すことになりそうです。2月6日に、プレミアリーグが発表したステートメントには「移籍期限を8月末か9月初旬の従来のポイントに戻す」とあります。「I don't care when it closes, but it must close at the same time(いつ閉まるかは気にしていない。しかし同時に閉まらなければならない)」。プレミアリーグだけが新戦力獲得が不可能になった昨夏の終わりに、大陸との不均衡は深刻な問題と訴えていたリヴァプールの指揮官は、今回の決定に深くうなずいているでしょう。

ユーロやコパアメリカなど、代表チームのビッグイベントがあれば、勝ち進んだ選手たちがバカンスに入るのは7月になってから。移籍話があっても、チームに合流する月末までは交渉が進まないケースは珍しくありませんでした。彼らがテーブルに乗るのは、8月上旬のプレミアリーグ開幕までの10日間。短期間で条件がまとまらず、時間切れとなったディールはどれだけあったのでしょうか。1月にマンチェスター・ユナイテッドに入団したブルーノ・フェルナンデスは、夏のマーケットが8月末まで開いていれば、5ヵ月早くプレミアリーグに参入していたのではないかと思われます。

チェルシーが補強禁止処分を受けていた2019年の夏は、弱点を補強できないままシーズンに突入するクラブが続出しました。マンチェスター・シティはコンパニの後釜、マンチェスター・ユナイテッドはルカクとアンデル・エレーラの代役、トッテナムはSBと中盤センター。唯一、補強に成功したように見えたアーセナルも、限られた時間のなかで何とか答案用紙を埋めただけだったのかもしれません。スールシャール監督とポチェッティーノ監督は、開幕から3週間にわたってエリクセンやポグバが離脱するという噂に脅かされ続け、ベストチームで戦えないまま中位に沈みました。

ビッグ6の同時多発スランプは、デッドラインデー前倒しを抜きにして語れないでしょう。前年までにチームを完成させていたリヴァプールが独り勝ちのシーズン。赤い背中が見えなくなったライバルたちは、次の夏の補強で巻き返しを図ることができるでしょうか。2019年の春にチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグのファイナルを独占したリーグは、10日後に再開されるCLとELで、2年の足踏みの影響を痛感することになるかもしれません。いや、今はただ、アンフェアだったマーケットのルールが改善されることを喜びましょう。2020年のマーケット締め切りは、9月1日の17時となります。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

欧州TOP10陥落のアーセナルが危ない!プレミアリーグのTOP8クラブの収益をチェック!

リヴァプールとトッテナムが躍進、マンチェスター勢とウェストハムは微増、チェルシー、アーセナル、エヴァートンは停滞…。世界有数の監査法人デロイト・トーマツが、毎年恒例の「フットボール・マネーリーグ2020」をリリースしました。いち早くレポートした「スカイスポーツ」の見出しは「Manchester United third in 2020」。コマーシャル収入が多いマンチェスター・ユナイテッドは、バルセロナとレアル・マドリードに次ぐ3位をキープしていますが、件の記事は「プレミアリーグで2強を形成するリヴァプールとマンチェスター・シティに、近い将来抜かれる可能性がある」と警告しています。

欧州のクラブの収益とその構造をリサーチし、詳細に分析したデロイトのレポートは、例年と同様に売上をランキング形式で発表。TOP20を見ると、プレミアリーグからは8つのクラブがランクインしています。3位マンチェスター・ユナイテッドの売上は6億2710万ポンド(約897億円)。バイエルンとパリ・サンジェルマンをはさんで6位に入ったマンチェスター・シティは5億3820万ポンド(約770億円)で、前年は4億5500万ポンドだった7位リヴァプールは5億3300万ポンド(約762億円)と大幅にジャンプアップしています。チャンピオンズリーグ制覇による賞金と放映権収入、露出強化に伴うスポンサー増加、コウチーニョ資金が躍進の原動力。2019-20シーズンは、CL出場権を失ったマン・ユナイテッドが最大5800万ポンドの減収となる見通しで、長らく守ってきたプレミアリーグTOPの座を脅かされることになりそうです。

CL準優勝のトッテナムは、レッズと同様に8000万ポンドほど増収となり4億5930万ポンド(約657億円)で8位をゲット。前年はレッズとほぼ同じだったチェルシーは、ELにまわったために収益が伸びず、4億5220万ポンド(約647億円)で9位に落ちました。10位はセリエA初の4億ポンド超えとなったユヴェントスで…ああ、アーセナルは3億9270万ポンド(約562億円)とほぼ前年並みに留まり、11位です。2016-17シーズンには欧州6位だったクラブは、たった3年で5つも順位を落としています。

3シーズン連続でCL出場権を逃し、営業下手でコマーシャル収入も頭打ち。主軸をフリーで手離し、若手は成長しないので売却益を手にすることもできません。2021年に売上が伸びる可能性は、オーバメヤンやラカゼットの売却のみです。ライバルたちが売上を伸ばしている状況での完全なる停滞は、経営陣の責任が問われるべきでしょう。売上微増のウェストハムは18位。マルコ・シウヴァ体制で不振に陥ったエヴァートンは、TOP20では唯一の減収となり、リヨンとハマーズに抜かれて19位です。TOP20の明暗が分かれたプレミアリーグ勢は、今後どうなっていくのでしょうか。それぞれのクラブのプラス要素を確認しておきましょう。

選手の売却益でいえば、ポジティブなのはリヴァプールとチェルシーです。マイケル・エドワーズSDが安価で獲得した選手の値段が軒並み上がったレッズは、3700万ポンドというバーゲン価格だったモー・サラーを1億ポンド以上で売りさばいて、次世代のスターを連れてくるといった選択肢があります(やるかどうかは別として…)。ランパード監督が若手を伸ばしているチェルシーも、欧州の各地にレンタルしている強豪ユース出身の選手たちを売れば、踊り場から再上昇することができるでしょう。

スタジアム関連の収入が伸びそうなのは、新スタジアムが盛り上がっているトッテナム、スタンド改修を進めているリヴァプール、ブラムリー・ムーアドックに新たな拠点を建設するエヴァートン。トフィーズについては、驚くべきニュースが入ってきています。アーセナルの株式を5億5000万ポンドで売却したロシアの大富豪ウスマノフさんが、ブラムリー・ムーアドックのネーミングライツに3000万ポンドを前払いしたとのこと。エヴァートンの筆頭株主のファルハド・モシリさんとは長年のビジネスパートナーで、ウスマノフさんの持ち株会社であるUSMは、既にフィンチファームのトレーニンググラウンドをサポートしています。アンチェロッティによるチーム強化が成功すれば、マージーサイドのクラブはプレミアリーグ第7の勢力として上位を突く存在になるかもしれません。

マン・ユナイテッドにはブランド力と営業力、若い主力という資産があり、マン・シティはペップがいる限りは欧州のTOPクラブです。こうして並べてみると、アーセナルだけが何もないんですよね…。先々、チームの看板になるかクラブに収入をもたらす22歳以下を比べても、レッズにはアーノルドやジョー・ゴメスがおり、チェルシーはタミー・アブラハム、メイソン・マウント、ハドソン=オドイ、フィカヨ・トモリ、クリスティアン・プリシッチ、リース・ジェームズの6人でプレミアリーグ25ゴール12アシスト!マン・ユナイテッドはラシュフォード、ダニエル・ジェームズ、グリーンウッド、ブランドン・ウィリアムズで22ゴールを挙げていますが、ガナーズは唯一ワールドクラスの匂いがするマルティネッリの1発のみです。

唯一の希望は、ミケル・アルテタ。スターリングとレロイ・サネの得点力を伸ばした若き指導者が、ネルソンやサカ、ティアニー、メートランド=ナイルズらの潜在能力を開花させられれば、2年後のプレミアリーグが楽しみになってきます。新監督の手腕で欧州のTOP5を窺うポジションに返り咲くか、ウスマノフの資金が注入されるエヴァートンに並ばれてしまうのか。チケット代の値上げもワールドクラスの獲得もブランド価値の向上も難しそうに見えるクラブは、今こそがターニングポイントなのではないでしょうか。2015-16シーズンにクロップを招聘したリヴァプールは3年で売上1.5倍、当時レスターとプレミアリーグ優勝を争ったヴェンゲルが去ったガナーズは売上ダウンなんですよね…。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ