彼らはなぜ、得点力が高い?プレミアリーグのスタッツからマンチェスター勢の強みを探る!

3強か、混戦か。プレミアリーグ2017-18シーズンは、TOP7の明暗が分かれる序盤戦となりました。ロケットスタートを決めたのは、ペップとモウリーニョのマンチェスター勢。5試合を4勝1分なら文句なし。16ゴール2失点という数字も同じで、ルカク、マルシアル、アグエロ、ガブリエウ・ジェズスが3ゴール以上と前線の選手が好調にゴールを重ねています。開幕戦でバーンリーに敗れたチェルシーは、2節のトッテナム戦を制すると、その後持ち直して勝ち点3差の3位。昨季プレミアリーグを制したチームは選手層が厚くなり、アザールの復帰で得点力が上がるものと思われます。一方で出遅れたのは、借りてきた本拠地ウェンブリーでプレミアリーグ未勝利と苦しんでいるトッテナム、5試合中3試合でノーゴールのアーセナル、守備が落ち着かずフィニッシュも決まらないリヴァプール、大型補強直後でチームづくりに時間がかかっているエヴァートンです。首位に5勝ち点差以上離されている彼らが取りこぼしを減らせなければ、クリスマスの前に優勝を諦めなければならなくなるかもしれません。

さて、昨季はプレミアリーグ6位に沈んだマンチェスター・ユナイテッドと、無冠に終わったマンチェスター・シティの強さはどこにあるのでしょうか。プレミアリーグ公式サイトが公開しているスタッツをチェックしてみました。モウリーニョ監督のチームは、エースのルカクが5ゴール、少ない出場時間でチャンスを活かしているマルシアルが3ゴール、エンジンがかかってきたラシュフォードが2ゴール。前シーズンと比べて前線の決定力が高まっているのに加えて、ムヒタリアン、ポグバ、バレンシア、フェライニ、バイリーと中盤から後ろも決めているのが特徴です。ちなみにリヴァプールの得点者はサラー、フィルミーノ、マネ、スタリッジのみ。アーセナルは、ラムジー以外にMFとDFのゴールはありません。今季のマンチェスター・ユナイテッドがセットピースを武器にできるようになり、ミドルシュートを積極的に打っているのが数字を見るとよくわかります。

前年は貧攻に泣いたチームがゴール量産体制を築けているのは、プレミアリーグ2年めとなったムヒタリアンとポグバがフィット感を高めており、オフザボールの動きの質が高いファン・マタがアタッカーたちのためのスペースを創れているからです。ムヒタリアンは5アシストで、プレミアリーグのアシストランキングTOP。ポグバも2ゴール2アシストと攻撃への貢献度が上がっています。ルカクとムヒタリアンのホットラインが機能し、最終ラインとマティッチのボール奪取からの速攻が冴えるマンチェスター・ユナイテッドは、ズラタン頼みだった昨季と違ってゴールへの道筋が明確になってきました。4つの勝ちゲームで決めた14ゴールのうち、9ゴールが80分以降という数字は、リードを奪って相手を前がかりにさせ、カウンターで仕留めるという戦い方がうまくいっていることを証明しています。

片やマンチェスター・シティは、5ゴールのアグエロと4ゴールのガブリエウ・ジェズスが共存できており、スターリング3発、サネ2発とサイドの選手もゴールを重ねています。アシストを見ると、ダヴィド・シルヴァが4本、デブライネは3でアグエロが2本。インサイドMFに入った2人のプレーメイカーが、SBやウインガーとともに仕掛けるサイドアタックは破壊力抜群。カイル・ウォーカーとバンジャマン・メンディにプレミアリーグのDFのレコードとなる多額の移籍金をかけたのは、間違いではなかったようです。

マン・シティのスタッツでもうひとつ特徴的なのは、ボールタッチランキングのTOP8の半分を占めていることです。3位ダヴィド・シルヴァ、4位フェルナンジーニョ、5位デブライネ、8位にオタメンディ。最終ラインとフェルナンジーニョがビルドアップし、空いた選手に速い縦パスを通すと、中央が空けばアグエロとガブリエウ・ジェズスが直線的にゴールに迫り、無理ならダブル司令塔のタクトでサイドを崩す。相手が体勢を崩したところを突くマンチェスター・ユナイテッドに対して、しっかり守られていても理詰めでチャンスを創るのがペップのマン・シティといった図式でしょうか。

両者の選手たちが上位を占めているのが、スルーパスランキングです。ムヒタリアン、ポグバ、デブライネが6本で首位に並び、ダヴィド・シルヴァが彼らに次ぐ4本。マンチェスター・ユナイテッドのスルーパスはカウンターの際に飛び出すことが多く、マンチェスター・シティの美しいパスはボックス脇を攻略するための武器として威力を発揮しています。マティッチの加入でポグバの自由度が高まり、ムヒタリアンとともにルカクやマルシアルに決定的なパスを出せるようになったのが、この数字からも伝わってきます。

最後にもうひとつ、おもしろいスタッツを紹介しましょう。「Big Chances Missed」、日本語でいえば決定機逃しです。ルカクは4回頭を抱えており、ランキング2位。得点王レースでTOPに立つ選手が、同時にこの部門でも上位につけているのをみると、マン・ユナイテッドのパサーたちがいかに彼にボールを集めているかがわかります。ちなみに1位は…クリスティアン・ベンテケ!5回の決定機を彼が活かしていれば、フランク・デブールはプレミアリーグに残れたかもしれません。首位の話から始まり、最下位で締めるという激しい「オチ」となりましたが、スタッツを眺めていると試合中のいろいろなシーンを思い出すことができて、楽しいですね!というお話でした。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると励みになります。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「TOP4を現実的だと思うか?」ロナルド・クーマン監督が記者を諭した試合後会見の顛末!

マンチェスターは快晴、ロンドンは晴れのち曇り、マージ―サイドは曇りのち雨。プレミアリーグのTOP7を天気で例えるなら、こんな表現が妥当ではないでしょうか。先週のチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグにおいても、マンチェスターとロンドンが全勝したのに対して、リヴァプールはセヴィージャ相手に勝ちゲームをドローに持ち込まれ、エヴァートンはいいところなくアタランタに3-0で完敗しました。とりわけ心配なのは、クーマン監督率いるトフィーズです。プレミアリーグ開幕戦はストークに1-0勝利、2節のマンチェスター・シティ戦はアウェイで1-1とまずまずのスタート。プレシーズンマッチ、ヨーロッパリーグ予選、プレミアリーグで6勝4分で負けなしだったチームは、3節のチェルシー戦で2-0と敗れると、ここから崩れ出します。トッテナムにホームで0-3、アタランタ戦もノーゴール、いいとはいえなかったマンチェスター・ユナイテッドに4-0。厳しいドローゆえ、連戦連勝とは思われていなかったものの、4試合連続無得点の4連敗はやられ過ぎです。

7月末にEL予選3回戦でルジョムベログをグディソンパークに迎え、シーズンを始動させていたチームは、他クラブよりもエンジンが温まっていたはずですが、夏に総勢8人の大型補強を敢行したクーマン監督は未だ手探り。まずまずの働きを見せている新戦力は、守護神ピックフォードとコールマンの代役を務めるクコ・マルティナ、プレミアリーグ開幕から2戦連続でゴールを決めたルーニーぐらいです。マイケル・キーンはバーンリー時代には見られなかったミスが目立ち、プレシーズンはよかったクラーセンは本領を発揮できず。正確なクロスに定評があるシグルズソンは味方と合わないことが多く、サンドロ・ラミレスからはゴールの匂いが漂ってきません。

ストレスを溜めていたであろうクーマン監督は、マンチェスター・ユナイテッド戦の試合後会見で記者たちに苦言を呈しました。「BEANYMAN SPORTS」がUPした会見の録画を見ると、事の発端はオールド・トラフォードで販売されたマッチデープログラムです。犯人は、コメントの主であるジョゼ・モウリーニョ監督ではなく、プログラムのディレクターでしょう。印刷・製本という工程があるなか、タイムラグが生じるのはやむなしではあるのですが、マンチェスター・ユナイテッドの指揮官が随分前に発した言葉が時空を超えてオランダ人監督に突き刺さったのでした。

「この夏、エヴァートンは1億4000万ポンド(約211億円)も投資しているのだから、TOP4にいく必要があるね」

「ガーディアン」のジェイミー・ジャクソンの質問に対して、クーマン監督はチーム関係者にこのコメントの存在を教えられたと返した後、こう語りました。

「この部屋にいる誰か、あるいは外にいる人間でもいい。われわれにとって、そのようなこと(=TOP4)が現実的だと思う人はいるのか?リアリスティックなコメントを求めたい。シーズンがこんなスタートになってしまい、私はハッピーじゃない。少し現実をみてほしい。われわれには時間が必要だ」

プレミアリーグではマンチェスター・シティ、チェルシー、トッテナム、マンチェスター・ユナイテッドの4連戦のうち3つがアウェイで、さらにミッドウィークにヨーロッパリーグがあるスケジュールについて「difficult」を連発していた指揮官は、記者たちを教え諭すように話した後にも、もう一度「 it’s difficult in football」とため息のように付け加えたのでした。

この顛末について、とある日本のメディアが「噛み付いた」と煽っておりましたが、会見におけるクーマン監督は終始冷静だったことを添えておきたいと思います。当のモウリーニョ監督は、同じ試合後の会見で終始苦み走った表情を変えず、「エヴァートンのスケジュールは気の毒だ」「マンチェスター・シティだけがライバルじゃない。プレミアリーグは大変だ」と、クーマン監督に歩調を合わせるような趣旨のコメントを残しています。

クーマン監督が8人の補強の効果を実感できる時が来るとしても、それはおそらく秋を過ぎてからではないでしょうか。ボラシェ、ロス・バークリー、コールマン、フネス・モリ、ルックマンらがしっかりスカッドに組み込まれれば、エヴァートンは相当戦えるようになると思われます。直近でクーマン監督が手を打つべきは、ビルドアップでミスが多い最終ラインの整備と、前線でボールを受けると全体をスローにしてしまいがちなルーニーの役割を明確にすることでしょう。ルカクが去ったポジションに、ターゲットマンを獲得できなかったのは痛恨でしたが、このうえはミララスやルックマンのゼロトップやヴラシッチ抜擢などを試してみるのもおもしろいのではないでしょうか。ルーニーしかゴールを決めていない貧攻のチームは、いつ覚醒するのか…。クーマン監督のチームがベストな戦い方を見出すことができれば、TOP4をめざすのは難しくても、TOP4をいじめることはできるのではないかと思います。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

レッドか、否か。サディオ・マネのトラップを巡って現地メディアと評論家が激論!

プレミアリーグ4節、マンチェスター・シティが5-0でリヴァプールに圧勝したゲームでは、37分のマネとエデルソンの接触がターニングポイントとなりました。マティプが最終ラインの裏に出したボールを追いかけたアタッカーとGKは、同時にボールに追いつきます。マネにとって不運だったのは、マンチェスター・シティに入団したばかりのブラジル人守護神が、驚くほど決断が速く勇敢だったことです。つま先でボールを収めようとしたマネが高く上げた足が、エデルソンの顔に入って試合はストップ。主審のジョナサン・モス氏は、迷わずマネにレッドカードを突き付けました。

「あのプレイは単純なアクシデントだ。私には、マネが相手より先にボールに触りたいという一心で足を高く上げたように見えた。あるいは相手GKの姿がちゃんと見えてなかったのかもしれない。まさかレッドカードとは思わなかった」(ユルゲン・クロップ)
「マネのような選手が相手の顔に激しくコンタクトしようとするとは思えないよ。彼はボールに追いついていたが、危険なプレイではあった。レッドカードに値するかどうかは、私にはわからない。意図的なものではなかった。彼はエデルソンを見ておらず、大きなインパクトとなった。うまくいけば出場停止を回避できるけど、恐らく次は無理だろうね」(ペップ・グアルディオラ)

両チームの指揮官が、半ば同情的に振り返ったこのプレイとジャッジについて、現地の評論家やプレミアリーグファンの間で議論になっているようです。レッドか、否か。ちなみに、フットボールのルールには、「過剰な力や相手競技者の安全を脅かす方法で、相手競技者に対し片足もしくは両足を使って前、横、あるいは後ろから突進した場合、著しく不正なプレイを犯したことになる(=すなわち一発レッドの対象となる)」とあります。多くのレッドカードは判断ミスや結果的な注意力不足に起因するものであり、ボールを奪われると焦ったケーヒルが遅れて出した足の裏が相手を削る格好となりレッドになったように、故意でなくてもその対象になることは充分にありえます。しかし…。

映像では、マネがボールだけ見ていたことは明らかです。ご本人は試合後に「決して意図的ではなかった。彼を負傷させ、途中退場となってしまったことを申し訳なく思っている。早くよくなって、ピッチに戻ってきてほしい」とエデルソンに謝罪。故意ではないことを疑う人はいないでしょう。まず、意見が分かれたのはネビル兄弟です。ガリー・ネビルが「試合が壊れた。ばかげている」とレフェリーを非難すると、フィルは「レッドだ」とひとこと。レフェリー関係者とDF出身者にはレッド派が多く、敗者のOBであるジェイミー・キャラガーも「ボールだけしか見ていなかったからといって、危険なプレイだったことは変わらない」という見解です。プレミアリーグで数々の激しい試合を裁いてきたハワード・ウェブ氏もまた、「レッドには値しないという声が多いのは信じがたいことだ」とジョナサン・モス氏を支持。総じて、イギリス国内メディアのプレミアリーグ関連記事は、レッドカードはやむなしという立場を取っています。

これに対して、「ストライカーなら競りに行く」と主張し、レッドはやりすぎとしたのは「マッチ・オブ・ザ・デー」で解説するアラン・シアラーです。これに従ったのは、「ジャッジはお話にならない」と返したガリー・リネカーと、「先に触れば、ガラ空きのゴールが目の前にある」と語ったイアン・ライト。いずれも、プレミアリーグで素晴らしいゴールを重ねてきたストライカーたちです。ティエリ・アンリは「不運なイーブンの競り合い」と、マネの心情を慮って発言しておりましたが、ストライカーたちが声を揃えているのは「あのシーンで足を出さないヤツはいない」ということだと思われます。「危険なプレイだったので、レッドに処すべし」と主張するプレミアリーグファンのみなさんでも、マネはどうするべきだったかと問われれば「危険を回避するために手前で止まるべきだった」と即答する方は少ないのではないでしょうか。あのスピード感のなかで、瞬時にそんな判断をするのはなかなかの難題です。

さらにこの議論をややこしく(あるいは興味深く)したのは、翌日にスウォンジーと対戦したニューカッスルのマット・リッチーでした。後半開始直後、ヘディングでクリアしようとしたモーソンの額をかすったハイキックに、「このイエローこそレッドにすべきだった」という声も多く、アラン・パーデュー氏は「マネがレッドカードとは思わないが、リッチーのチャレンジは悪質で退場させられるべきだった。彼の軸足はピッチから離れていた」と古巣の選手に厳しい目を向けています。この話は、骨折こそなかったものの担架で運ばれたGKと、かすっただけで済んだDFという「被害者の症状」が判定に影響を及ぼすべきかという問題もはらんでいます。

私は、「マネはレッドやむなし、リッチーはセーフ」というジャッジに落ち着くしかなかったと思いますが、「止まれるか!」というストライカーの気持ちもわかります。「マネにとっては不運だった」とアンリの影に隠れつつ、エデルソンもモーソンも大事に至らなくてよかったと胸をなでおろすほかはありません。ビデオで何とか確認できるぐらいのかすり方だった場合の判断と、故意に「見える」ことをどう処理するかが難しい問題です。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

1位と2位はあの2人!イギリス最大手ショップが発表したユニフォーム売上ランキング!

プレミアリーグをこよなく愛するみなさん、クローゼットに大事にかけてあるひいきチームの選手のユニフォームには、誰の名前と何番がプリントされてますか?私は、ルート・ファン・ニステルローイとシンジ・カガワ。本ブログにプレミアリーグ現地観戦記を寄稿しているグーナーの特派員は、デニス・ベルカンプとメスト・エジルです。ここしばらくは仕事が忙しく、なかなか現地にいけていないのですが、今買うならミキと決めています。といいながら、オールド・トラフォードのメガストアでレジに並んだら、フラッと「POGBA」をオーダーしてしまいそうです。

プレミアリーグのスタジアムを愉しむなかで、好きな選手の名前がプリントされるのを待つ時間は至福の時。15年ほど前に、やはりマンチェスター・ユナイテッドのホームグラウンドを訪れたとき、「スールシャール」「ソルスキアル」「スーシャー」と何度も連呼しながら、ストアのスタッフのみなさんに怪訝な顔をされ続けたことを思い出します。ノルウェー人の名前をイングランドの人々にわかってもらうには、どんな発音が正解だったのでしょう。未だに、その答えはわかりません。

さて、今回はイギリスメディア「デイリー・ミラー」より、ユニフォームの話題です。「Most popular players on replica shirts revealed - with some surprising names on the list(レプリカシャツが売れている最も人気の選手~リストにはいくつかの驚くべき名前も)」と題された記事は、イギリスに本社がある「スポーツダイレクト」が発表したユニフォームの売上ランキングの紹介です。データを見る際には、このショップがプレミアリーグの20クラブ中9クラブのシャツしか扱っていないことを頭の隅に置いておかなければなりません。販売しているのは、TOP6とニューカッスル、ウェストハム、サウサンプトン。エヴァートンとロンドンのクリスタル・パレスがないのは意外です。5月1日以降のデータを集計すると、1位はポール・ポグバ。マンチェスター・ユナイテッドがユヴェントスに払った8900万ポンド(約126億円)は、ユニフォームやグッズの売上で相当回収できたのではないでしょうか。

リオネル・メッシが8位、クリスティアーノ・ロナウドが15位、ネイマールが18位なのは、国内に470店舗を構えるイギリス最大手企業ならではの現象でしょう。2位に入ったのは、エージェント・ポグバがクラブに引き込んだロメウ・ルカク。プレミアリーグ開幕から2試合3ゴールと最高のスタートを切ったストライカーは、活躍次第で親友を追い抜くかもしれません。3位は売上安定のエデン・アザール。4位はアーセナルのニューフェイス、アレクサンドル・ラカゼット。5位には、マンチェスター・ユナイテッドでステップアップが期待されるマーカス・ラシュフォードが入っています。

昨季プレミアリーグ得点王のハリー・ケインは6位。リヴァプールの最高位は7位のサディオ・マネで、移籍騒動がなければコウチーニョは9位に留まらなかったのではないかと思われます。10位のズラタン・イブラヒモヴィッチは、再契約が発表されてからの追い上げでしょう。デル・アリとフィルミーノがこれに続き、13位にはニューカッスルのマット・リッチーが食い込んでいます。メスト・エジルを差し置いてここまで順位を上げている11番と、同僚のドワイト・ゲイルの名前を見ると、情熱的なセント・ジェームズ・パークに鳴り響くチャントが耳に蘇ってきます。


【ユニフォームが売れている選手ランキング(スポーツダイレクト調べ)】
1位/ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)
2位/ロメウ・ルカク(マンチェスター・ユナイテッド)
3位/エデン・アザール(チェルシー)
4位/アレクサンドル・ラカゼット(アーセナル)
5位/マーカス・ラシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)
6位/ハリー・ケイン(トッテナム)
7位/サディオ・マネ(リヴァプール)
8位/リオネル・メッシ(バルセロナ)
9位/フィリペ・コウチーニョ(リヴァプール)
10位/ズラタン・イブラヒモヴィッチ(マンチェスター・ユナイテッド)
11位/デル・アリ(トッテナム)
12位/ロベルト・フィルミーノ(リヴァプール)
13位/マット・リッチー(ニューカッスル)
14位/アンデル・エレーラ(マンチェスター・ユナイテッド)
15位/クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー)
16位/ヘンリク・ムヒタリアン(マンチェスター・ユナイテッド)
17位/ドワイト・ゲイル(ニューカッスル)
18位/ネイマール(パリ・サンジェルマン)
19位/エンゴロ・カンテ(チェルシー)
20位/メスト・エジル(アーセナル)


エレーラ、ムヒタリアンもTOP20にランクイン。プレミアリーグでユニフォーム売上No.1のクラブは、6人をランキング上位に送り込んでいます。エヴァートンに移籍したウェイン・ルーニーはこのリストに入らないはずなのですが、マンチェスター・ユナイテッドのユニフォームだけで24位!数多くのサポーターが、記念に購入したのでしょう。「デイリー・ミラー」が興味深い事実と指摘しているのは、TOP30まで枠を広げてもマンチェスター・シティの選手が入ってこないことです。順位テーブルではライバルの上をいくペップのチームは、まだまだファン層の開拓が必要のようです。そ書きながら、大事な買い物を思い出しました。デ・ヘアのユニフォームを買っておかないと、そろそろやばそう…。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ