誤算のアタッカーと中盤の守備に苦しんだニューカッスルが、残り2試合でプレミアリーグ復帰決定!

その瞬間、ベニテス監督を支配した感情は、歓喜ではなく安堵のではないでしょうか。マンデーナイトのブレストン・ノースエンド戦を4-1で圧勝したニューカッスルが、ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンに続いてプレミアリーグ昇格を決めました。チャンピオンシップ降格によってシッセ、ワイナルドゥム、シソコ、タウンゼント、ヤンマートらが次々といなくなりましたが、ミトロヴィッチ、ダメット、コルバック、グフラン、シェルヴィといったプレミアリーグ経験者が残ったチームは、優勝候補の最右翼。最大の戦力ともいえる「チャンピオンズリーグ優勝監督の残留」を実現させた北の名門クラブは、圧倒的な強さを見せてプレミアリーグに戻ってくるものと思われていました。ところが、蓋を開けてみればまざかの開幕2連敗。すぐに5連勝と巻き返し、10節からの8連勝で2位ブライトンに5勝ち点差をつけたものの、その後の道のりは決して順調ではありませんでした。

ニューカッスルのリーディングスコアラーは、クリスタル・パレスから獲得したドワイト・ゲイル。31試合22ゴールと結果は出しているのですが、小さな負傷が多く、しばしばチームを離脱しています。彼がいない試合は9勝3分1敗と勝率はまずまずで、問題は「ゲイル不発時のオプション」でした。ゴール数2位はボーンマスから来たマット・リッチーの12発。右サイドから中に斬り込んでくるアタッカーに続くのは、アヨゼ・ぺレスの8ゴール、グフラン、シェルヴィ、マーフィーの5ゴール。2人の新戦力の量産で何とかなったものの、彼らが止まるととたんに苦しみ、年末の停滞でブライトンに首位を明け渡しています。ミトロヴィッチとアツが期待通りに活躍できなかったのは、ベニテス監督にとっては誤算だったでしょう。

そしてもうひとつ、苦しんだ原因となったのは、中盤センターの守備力でした。ジョンジョ・シェルヴィはポジショニングに難があり、アーセナル時代はCBとして期待されていたアイザック・ヘイデンは、経験不足を感じさせるシーンが目立ちました。2年前はよかったコルバックが今ひとつだったのも、中盤が安定を欠いた理由でしょう。36節のレディング戦以降は、2勝3分3敗と完全に失速。5勝ち点差をつけて首位に立っていたチームは、41節にブライトンに逆転され、4差で追う立場となってしまいました。ヘイデンもコルバックも不在だった試合では、ディアメをセントラルに下げる緊急避難策まで講じましたが、選手層の薄さを実感させただけに終わりました。「戦いは決して楽でなく、ハードだった。私たちの戦術は研究されていた。最高のフットボールを披露したこともあったが、逆もあったね」というベニテス監督の言葉に飾りはないのだと思われます。

サンダーランドと入れ替わりになりそうなのは残念ですが、古豪の復帰でプレミアリーグはより盛り上がるでしょう。「今後は、さらにさまざまな戦略を練らなければならない」とはベニテス監督らしいコメントですが、その前にまずは戦力。GK、CB、セントラルMF、ストライカーと背骨を強化しなければ、名将をもってしても相当苦しむのではないかと思います。セント・ジェームズ・パークに5万人近くのファンを集められるクラブだけに、夏は大型補強を仕掛けてくるのではないでしょうか。2つの椅子が埋まったチャンピオンシップも残り2試合。次の興味は、「古豪リーズがプレーオフに進出できるか」です。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

17番めはアーセナル!今季プレミアリーグの一大トレンド、3バック隆盛の軌跡

以前に、「コンテ監督が持ち込んだ3バックは、プレミアリーグでは流行らないのではないか」と書いたのですが、私の浅はかな読みはあっけなく外れ、ヴェンゲル監督までがこれを採用して3バックにトライした17番めのチームになりました。イギリスメディア「スカイスポーツ」は、「How three at the back became the Premier League's tactical trend this season(3バックは、今シーズンのプレミアリーグの戦術的なトレンドとなった)」と題した記事を掲載。昨季は34回しかなかったCB3人のフォーメーションは、SBが下がった5バックまで入れると112回と急増しています。

クラブ別に見てみると、最も多く採用したのは本家チェルシー。リヴァプールとアーセナルに連敗したコンテ監督は、7節のハル・シティ戦で3-4-3にシフトすると、プレミアリーグ13連勝の快進撃。年明け以降のゲームもすべてこのシステムで戦っており、12節のミドルズブラ戦から順位テーブルの最上位をキープしています。コンテ監督のフォーメーションが他の指揮官にインスピレーションを与えたポイントは、3バックの弱点といわれるサイドのスペースをカバーする術が明確だったことと、それぞれのポジションにどんなタイプが必要かがわかりやすかったことではないでしょうか。チェルシーの指揮官と双璧といえるのは、セリエA時代から3バックを採用しているマッツァーリ監督でした。プレドル、ブリトス、カブールらを擁するワトフォードは、トータル17試合をCB3人で戦っています。ただし、「3バックで戦うチーム」といえるのは、彼らのみ。他のクラブはプランBとしての導入か、後ろを厚くする必要が生じたときの策として使っています。

3バック12試合で全体の3位となったのはハル・シティ。4位にはクヤテを下げたウェストハムが11試合で続きました。ビリッチ監督がうまくいかなかったのは、ハマーズにはサイドで上下動を繰り返すWBをこなせる選手が少なく、適材適所とはいえなかったからではないでしょうか。今季プレミアリーグにおいて、4バックの勝率が36.7%に留まるのに対して3バックは47.6%と高いのは、首位チェルシーに加えてトッテナムが採用していたからです。20節のチェルシーとの直接対決を同じ3-4-3で対抗したポチェッティーノ監督は、エリック・ダイアーを最終ラインに下げる形を10試合で採用。チェルシーと大きく違うのは、両脇のフェルトンゲンとエリック・ダイアーが、MFを追い抜く勢いで攻撃参加するシーンが多かったところです。エリクセンやデル・アリがサイドと中央を行き来するトッテナムのサッカーは流動性が高く、固定的な4-2-3-1が主流だったプレミアリーグが確実に変わったと感じさせてくれました。

このほか、5試合以上を3バックで戦ったのは、エヴァートン、ストーク、サンダーランドの3チーム。意外だったのは、変幻自在に複数のフォーメーションを操るペップ・グアルディオラが4回しかやらなかったことです。オタメンディ、ジョン・ストーンズ、コラロフでは中央が不安で、WBにふさわしい選手がヘスス・ナバスぐらいしか見当たらなかったからでしょう。クリスタル・パレスとボロは3試合、ボーンマスは2試合。うまくいったとはいえなかったリヴァプールとアーセナル、守備戦術に自信があるモウリーニョ監督、4-4-2で昨季プレミアリーグを制したレスター、監督がコロコロ代わったためにフォーメーションをいじる暇がなかったスウォンジーは1試合のみです。

2週間前のストーク戦で唯一3バックを試したクロップ監督は、アルナウトヴィッチとシャキリにサイドを突かれて45分で新布陣を畳んでしまいました。「クロスに対応したかった」と3枚の理由を語ったヴェンゲル監督の選択は、果たして適切だったのでしょうか。横からのボールをケアしたかったのなら、SBに出どころをケアさせつつ、キャリックやフェライニが最終ラインに加勢してはね返すモウリーニョ戦術のほうが、元の布陣をいじらずに導入できます。3バックを成功させるなら、サイドの運動量と統率力のある中央のCBは不可欠でしょう。マルコス・アロンソ、ヴィクター・モーゼス、ダヴィド・ルイスがぴったりはまったチェルシーと、アルデルヴァイレルトという読みのいいCBを擁し、カイル・ウォーカー、ダニー・ローズ、トリッピアー、ベン・デイヴィスと攻め好きなSBが揃うトッテナムがうまくいったのは納得です。

ここまで常に4バックで戦ってきたのは、セインツ、バーンリー、WBAの3チームのみです。前半戦はファン・ダイクとフォンテが鉄壁で、年明けからは吉田麻也とスティーブンス以外にCBがいなかったセインツに選択肢はなし。WBAのピューリスさんは、あれこれ手を打たずにシンプルかつ明快な戦い方を徹底することでプレミアリーグ残留を勝ち取ってきた指揮官です。ロートン、ベン・ミー、マイケル・キーン、ウォードの4人以外に先発したのはフラナガンの3回のみと、4バック完全固定のバーンリーも、バリエーションより熟成度を選んだチームでした。

かくして3バックは一大ブームとなったわけですが、来季もこの流れは続くのでしょうか。アプローチは違えど4-3-3で戦うリヴァプールとマンチェスター・ユナイテッド、3バックのチェルシー、多彩な布陣を操るトッテナムとマンチェスター・シティ、4-2-3-1を踏襲しながらゼロトップという新機軸を持ち込んだアーセナル…3と4の併用は当たり前となり、さまざまな布陣が揃うプレミアリーグが、今季以上に勝つのが難しいリーグとなることは間違いなさそうです。(アントニオ・コンテ 写真著作者/@cfcunofficial (Chelsea Debs) London)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

8年越しのチーム強化が結実…ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンがプレミアリーグ昇格決定!

ペップ&モウリーニョの一騎打ちと予想されていた今季のプレミアリーグは、伏兵扱いだったチェルシーとトッテナムの優勝争いとなりましたが、ベニテス監督率いるニューカッスルで鉄板といわれていたチャンピオンシップも、ちょっとしたサプライズで幕を閉じることになりそうです。現在、首位を走っているのはブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオン。監督は、2013-14シーズンにノリッジをチャンピオンシップに降格させてしまったクリス・ヒュートンさんです。プレミアリーグファンになじみのある選手は、アーセナルからレンタルしたアクポム、ライバルクラブのクリスタル・パレスでエースだったグレン・マレー、アストン・ヴィラやフラムで活躍した34歳MFシドウェルぐらいでしょうか。

1982-83シーズンにイングランドリーグのディビジョン1から降格したブライトンは、90年代には4部リーグにまで落ちながらも、8年前にトニー・ブルーム氏が会長に就任すると、強化は順調に進んで2011-12シーズンにはチャンピオンシップに昇格。さらに上を狙っていたクラブは、直近の4シーズンで3回のプレーオフ進出を果たしながらも、いずれも敗退していました。2016-17シーズンはニューカッスルとのマッチレースに持ち込み、43節のウィガン戦に勝ってポイントを93に伸ばすと、3位のハダースフィールドがダービーに引き分けたために2位以内が確定。ブライトンは、34年ぶりとなる念願のプレミアリーグ昇格を勝ち取りました。2位ニューカッスルもイプスウィッチに敗れており、残り3試合で2強の勝ち点差は7。シーガルズと呼ばれるクラブは、トップリーグ復帰に加えてチャンピオンシップ優勝も達成しそうな勢いです。

今季のブライトンの武器は、堅守と勝負強さでした。失点36はリーグ最少。31歳のベテランGKストックデイルと36歳SBブルーノ、CBダンク、ダフィーを中心とした守備陣は集中力が高く、3連敗はゼロで連敗も2回のみと終始安定していました。9月24日のバーンリー戦に勝った後、年明けのブレストン戦に敗れるまで14勝4分の快進撃を続け、この間はわずか9失点。昨季から続けてきた「リーグ戦で先制したゲームの無敗記録」は、ニューカッスルに逆転負けを喫した28節で途切れましたが、それまでの50試合を43勝7分は驚異的です。21ゴールを決めたエースのグレン・マレーと10ゴールの相棒バルドック、リーグNo.1ウインガーともいわれるクノッカールらがゴールを決めると、スティーヴンスとシドウェルのセントラルMFと最終ラインが連携して相手のチャンスの芽をつぶす4-4-2は、優勝にふさわしいチームだったと思います。

9300万ポンドを投じてザ・アメリカン・エキスプレス・コミュニティスタジアム(旧ファルマースタジアム)を建設し、最新のトレーニング施設整備などにも資金投下を惜しまなかった地元出身のブルーム会長の努力がようやく報われたわけですが、「大事なのはこれからだ。プレミアリーグで上位に進出してほしい」と、その夢は留まるところを知らないようです。イーストサセックスからサウス・ロンドンへのルートナンバーを冠したクリスタル・パレスとの「M23ダービー」の復活をはじめ、来季の彼らの奮闘に期待したいのですが、最近のプレミアリーグ残留組は堅守タイプより強力なストライカーを擁するチームが多く、前線が33歳のマレー頼みでは不安です。主力にベテランが多いブライトンがどんな補強で新シーズンに臨むのか注目したい…と、その前に今季の優勝を決めないといけません。残る3試合、ノリッジ、ブリストル、アストン・ヴィラのいずれかに勝てば、ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンは初めてのリーグタイトル獲得が決まります。(クリス・ヒュートン 写真著作者/James Boyes)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ラニエリさんも復活を祝福!プレミアリーグ王者レスターは、アトレティコ戦に向けて準備万端!

昨季プレミアリーグ優勝監督クラウディオ・ラニエリが、「マンデー・ナイト・フットボール」にゲストとして登場しました。奇跡的な偉業から9ヵ月でレスターを追われた名将は、自らの解任劇についても率直にコメント。「選手たちは関与していないはずだ。しかし、私の背後に立っている人間はいた。タイトルを獲得したシーズンは小さな問題だったが、今季に入って負け始めたため、彼らは私の解任を進言したのだろう」と、名前は伏せながらもクラブ内の人間関係についても赤裸々に語りました。「チャンピオンズリーグで当たったセヴィージャ戦との2戦めから、チームが団結しているように見えた」「シェイクスピア監督は、優勝したチームのスタイルを踏襲してくれた。非常に賢明だと思う」という言葉を聞くと少々胸が痛みますが、ラニエリさんにとってレスターは忘れ得ぬクラブであり、3月の復活を心から祝福しているようです。

さて、いよいよ今夜はチャンピオンズリーグ準々決勝のアトレティコ・マドリード戦です。スペインの強豪とのゲームを目前にしたシェイクスピア監督は、準備万端。主将のウェズ・モーガンは間に合わないかもしれませんが、レスターはベストに近いメンバーで決戦に臨めそうです。日曜日のエヴァートン戦で撃ち合いに敗れ、プレミアリーグの連勝は5でストップしましたが、シェイクスピア監督にしてみれば「覚悟の敗戦」だったはずです。最終ラインにチルウェルとアマーティ、中盤にはアンディ・キングとデマライ・グレイ、前線にイスラム・スリマニを配した主力温存のスタメンは、明らかにチャンピオンズリーグをにらんでの布陣。トム・デイヴィス、ルカク、ジャギエルカに次々と決められ勝てないとみるや、エースのジェイミー・ヴァーディを60分で下げ、マフレズに30分だけプレイさせてコンディションを整えました。

アメリカメディア「ESPN」は、「シンプソン、フクス、エンディディ、マフレズ、岡崎慎司は、当然アトレティコ・マドリード戦に先発するだろう。彼らがエヴァートン戦に出なかったのは、スペインとの決戦を重視しているという明確なサインだ」と、エスタディオ・ビセンテ・カルデロンのピッチに立つスタメンを予想。シメオネ監督がレスターのカウンターを研究し尽くしているとしても、シェイクスピア監督は自分たちのスタイルを貫くはずです。

直近3年のチャンピオンズリーグで2回ファイナルに進出しているチームは、グリーズマン、フェルナンド・トーレス、カラスコといった強力なアタッカーに速いパスを通してくると思われますが、岡崎やオルブライトン、マフレズがいかにパスコースを制限できるかがひとつのポイントとなりそうです。前で奪ってショートカウンター、あるいは後方でカットしたボールをすかさずヴァーディへ。プレミアリーグファンが昨季何度も見た速攻が決まれば、セヴィージャ戦と同様、アウェイゴールという貴重な貯金を持ってキングパワーに戻ってこられます。

日本人ファンとしては、11月のクラブ・ブルッヘ戦でCL初ゴールを決めた岡崎慎司に、2発め、3発めを期待したいところです。カギを握るのは、右サイドのマフレズがどこまで敵陣深く侵入できるかでしょう。切り返しからゴールに向かうクロスを入れることができれば、ニアに飛び込む岡崎慎司が体のどこかに当ててネットを揺らすシーンが見られるかもしれません。アトレティコ・マドリードに敗れれば、レスターがチャンピオンズリーグのステージに立てるチャンスはしばらくやってこないでしょう。30歳の岡崎慎司にとっても、今季が最後の夢の舞台になると思われます。どうか、悔いのないプレイを。そして願わくば、アウェイサポーターやラニエリさんを歓喜させる素晴らしい一撃を。チャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグは、日本時間4月12日27時45分にキックオフです。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ