就任以来6戦5勝!レスターを変えたブレンダン・ロジャースは、最後の3試合に注目!

ブレンダン・ロジャース監督就任後のレスターが絶好調です。3年半前までリヴァプールを率いていた監督のプレミアリーグ復帰戦は、ブライトンに2-1で勝利。続くワトフォードとのアウェイゲームは、92分にアンドレ・グレイに決勝ゴールを許して2-1で敗れたものの、その後のフラム、バーンリー、ボーンマス、ハダースフィールドを問題にせず4連勝です。「5勝のうち、3つは降格候補じゃないか」というツッコミが聞こえてきそうではありますが、フラム、ブライトン、バーンリーは前半戦でドローに終わっていた相手です。前任者のクロード・ピュエルが、年明けからの10試合を2勝1分7敗だったことを思い出せば、プレミアリーグ6戦5勝という戦績は純粋に称賛すべきでしょう。

セルティックを2シーズン連続で3冠に導いた指揮官は、レスターに何をもたらしたのでしょうか。最も顕著なのは、得点力の向上です。前監督時代の27試合で32ゴールだったチームは、プレミアリーグ6試合で14発をゲット。エースのジェイミー・ヴァーディが7発と確変に入っており、ティーレマンス、ウェズ・モーガン、ジェームズ・マディソンが2ゴールずつ決めています。

最も注目すべきは、U-22で固めた中盤をより攻撃的にシフトしたことでしょう。エンディディが中盤の底を締め、デマライ・グレイ、ジェームズ・マディソン、ティーレマンス、ハーヴィー・バーンズを並べた4-1-4-1が新監督の基本フォーメーション。カウンターから8発はプレミアリーグNo.1ながら、オープンプレーでのゴールが19しかなく17位に留まっていたチームは、自陣からのロングカウンターやセットピース以外でも決められるチームになりつつあります。

攻撃のキーマンは、ジェームズ・マディソンとユーリ・ティーレマンス。2018年の夏にノリッジから加わったマディソンが、ヴァーディーの近くでプレイできているのが、エースの6戦7発という大爆発につながっています。ロジャース体制では2ゴール2アシスト。ハダースフィールド戦で決めた強烈なFKは爽快でした。「彼にはスペシャルな才能がある。思っていたよりいいね。単にいい選手であるだけではなく、もっと優秀なプレーヤーになろうとするハングリー精神があることがわかった」。2016-17シーズンにアバディーンでプレイしていたマディソンを、ピッチサイドから見ていたロジャース監督は、当時から注目していたと語っています。

マディソンよりもフィニッシュに関与しているのが、1月にモナコからレンタルしたティーレマンスです。直近のプレミアリーグ6試合で2ゴール4アシスト。21歳とは思えない視野の広さと先読みの鋭さで、レスターの攻撃にバリエーションをもたらしています。ピュエル監督がデマライ・グレイをしばしばトップで起用していたのは、サイドの守備が脆くなるのを気にしたからだと思われますが、ロジャース監督は縦への突破を期待してタッチライン沿いを主戦場としています。守備偏重のスタイルを嫌っていたサポーターは、新監督のアグレッシブな戦い方に満足しているのではないでしょうか。

キックオフからたった4分でマグワイアが退場となったバーンリー戦を1-2で競り勝つと、ウェズ・モーガンとチャグラル・ソユンチュで大黒柱の穴を埋め、ボーンマスに2-0、ハダースフィールドには1-4で連勝しました。順風満帆のロジャース監督の真価が問われるのは、最後の3試合です。アーセナル、マンチェスター・シティ、チェルシー。CL出場権やプレミアリーグ制覇がかかっているチームとの連戦で、ロジャース監督は攻めの姿勢を徹底するのか、伝家の宝刀であるカウンターに勝負を託すのか。2013-14シーズンにリヴァプールを率いて残り3試合まで首位に立ちながら、チェルシーとクリスタル・パレスに足をすくわれて優勝を逃した監督が、マン・シティから勝ち点をゲットして古巣の悲願をアシストし、チェルシーにリベンジを果たしてシーズンを終えたら痛快です。プレミアリーグファンのみなさん、今季の最終盤はぜひレスターにご注目ください。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

なぜ彼らは消えた!? プレミアリーグのアシストランキングに異変あり!

今季プレミアリーグにおけるアシストランキングのTOP3をご存じでしょうか。1位はゴールも14発決めているエデン・アザールで、12アシスト。2位は前年5位のクリスティアン・エリクセンで11アシスト。3位にはボーンマスのサイドアタックの中心となっているライアン・フレイザーが入っており、10アシストを記録しています。9アシストの4位には4人が並んでおり、ポグバ、スターリング、サネ、ロバートソン。リヴァプールの左SBは、シーズンを通じてクオリティの高いクロスを供給し続けており、プレミアリーグの優勝争いに食い込む原動力となっています。

さて、ここから本題に入りましょう。本日話題にしたいのは、プレミアリーグのアシストランキングの上位にいない選手たちです。今まで常連だった選手たちが、忽然と姿を消してしまっているのをご存じでしょうか。例えばメスト・エジル。2015-16シーズンに積み上げたシーズン19アシストは歴代2位で、昨年3月にプレミアリーグ史上最速の141試合めで50アシストを達成した稀代のプレーメイカーです。今季のエジルが精彩を欠いたのは、トルコのエルドアン大統領との面会に端を発した母国メディアの猛烈なバッシングにより、メンタルのコンディションを悪化させたことと無縁ではないでしょう。プレミアリーグ19試合4ゴール2アシストは、グーナーにとって到底納得のいく数字とはいえません。

エジルよりも急激な角度で数字を落としてしまった選手もいます。2017-18シーズンに16アシストでランキングTOPだったケヴィン・デブライネが、春になってもアシストゼロという世界が訪れるとは想像できませんでした。最大の要因は度重なる負傷で、プレミアリーグで4試合以上続けて先発出場したことがなく、ここまではトップフォームといえる試合はほとんどありませんでした。彼がスタメンで出場し続けた1月末からの7週間は、セルヒオ・アグエロが量産体制に入っていた時期です。なぜゼロなのかは未だ不明ですが、ここへきてようやく彼らしいプレイを取り戻しつつあり、最終盤の爆発が期待されます。

これだけの選手を欠きながら、ベルナルド・シウヴァ、マフレズ、ギュンドアンで右サイドを活性化させたペップの戦術には舌を巻くばかりです。2017-18シーズンは圧倒的なポゼッションでプレミアリーグ最強チームとなり、今季は主力の負傷を適切にカバーする采配の妙で勝ち切ったとすれば、世界No.1の指揮官はやはりこの人だと認めざるをえません。負傷者が多かった、補強してもらえなかったと愚痴ばかりこぼす監督はチームを停滞させるだけと思い知ったシーズンでもありました。

もとい、アシスト激減選手の紹介に戻りましょう。昨季は10ゴール7アシストだったサディオ・マネは、現在は17ゴール1アシスト。2015-16シーズン以降は、コンスタントに5アシスト以上を記録してきたウインガーは、数字上では完全に点取り屋にモデルチェンジしています。ちなみに昨季のリヴァプールはトータル84ゴールで1試合あたり2.21、今季はここまで72ゴールで2.25。3トップのゴール比率は昨季が57ゴールで68%、2018-19シーズンは46ゴールで64%とさほど変わっていません。マークがきつくなったサラーがおとりとなり、左から決める形が増えているのが、使う側から使われる側にまわることが多くなった理由のひとつでしょう。マネのゴールシーンで最もアシストが多いのはサラーとミルナーで、10番に対して3つずつを記録しています。

最後に紹介するのは、1年前は10アシストで今季は2つに留まっているデル・アリです。デブライネと同様に、負傷に悩まされたシーズン。2016シーズンには37試合18ゴール7アシストという出色のスタッツを残した22歳のアタッカーが、常に真価を発揮し続けていれば、スパーズは最後まで優勝争いに残れたかもしれません。いつもの顔ぶれとなっているゴールランキングに対して、勢力図が変わったアシストランキングにはさまざまな悔しさや驚きが詰まっていると感じ、書かせていただいた次第であります。頂点に立つのはアザールかエリクセンか、それとも…⁉こちらのランキングについても、最後まで追いかけたいと思います。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

リヴァプールかマン・シティか?3人の評論家が、残り15試合のスコアと優勝チームを大胆予想!

ペップも苦しい、クロップも苦しい。プレミアリーグ2018-19シーズンは、実質1ポイント差のデッドヒートが続いています。リヴァプールとマンチェスター・シティが残しているのは、トータル15試合。「スカイスポーツ」は、マット・ル・ティシェ、チャーリー・ニコラス、フィル・トンプソンの3氏に全試合のスコアを予想してもらい、優勝チームとポイント、得失点差を掲げています。おもしろいのは、全員が「レッズもマン・シティも無敗でシーズンを終える」としていることです。これが実現したら、残酷です。リヴァプールは、「プレミアリーグで1回しか負けていないのに2位で終わる初めてのチーム」になるのですから…。

Premier League title run-in: Pundits predict all Man City and Liverpool scores(プレミアリーグのタイトルレース:マン・シティとリヴァプールにおける全スコアの評論家予想)」と題された記事を紹介する前に、両者の残り試合を確認しておきましょう。リヴァプールは、トッテナム戦とチェルシー戦がいずれもアンフィールドで、ハダースフィールドとウルヴスもホームゲーム。アウェイで戦うのはサウサンプトン、カーディフ、ニューカッスルです。マンチェスター・シティは、トッテナム、レスター、カーディフがエティハド。フラム、クリスタル・パレス、バーンリー、ブライトンとアウェイに面倒な相手が多く、マンチェスターダービーも敵地で戦うことになっています。

さて、そろそろ3人の予想を見てみましょう。セインツのレジェンド、ワンクラブマンとして知られるル・ティシェさんは、リヴァプールが6勝1分、マン・シティは7勝1分でフィニッシュとしています。レッズの唯一のドローは、スパーズでもブルーズでもなく、やっぱりセインツ。ペップが勝ち点を落とすのは、1-1で終わるマンチェスター・ダービーです。最終結果は、勝ち点96のマンチェスター・シティがリヴァプールを1差でかわして連覇。セインツ戦でレッズがポイントを落とすとした後、「偏った見方はしていない」とわざわざいうあたりが余計に怪しい予想でございました。

1980年代にアーセナルで活躍したチャーリー・ニコラスさんは、レッズがスパーズとセインツに引き分けて5勝2分、ペップのチームはダービーとレスター戦がドローで6勝2分。こちらも1ポイント差をキープしたマン・シティ連覇という着地です。SASが大暴れしたあのシーズンを2位で終えてしまったブレンダン・ロジャースが援護射撃に成功するというシナリオには、思わず胸が熱くなります。やっぱりマン・シティですかね…と気持ちが傾いたところに、レッズOBのフィル・トンプソンさんが古巣の全勝という大胆な予想をぶち込んできました。

「マンチェスター・シティがクリスタル・パレス戦とダービーをドローとし、リヴァプールが勝ち点97で初優勝」という説は、実現すれば感動的です。クロップ監督のチームは、残り7試合を17ゴール4失点で駆け抜け、プレミアリーグ9連勝フィニッシュ。多分に願望が入ってらっしゃるのだと思われますが、「アウェイのセインツとニューカッスルは難しいゲーム」という冷静な指摘にはうなずかされます。マン・シティについては「バーンリーとの試合も、潜在的なバナナの皮」としており、アウェイの相手が厳しいゆえにレッズ有利という主張です。3人の評論家は、マンチェスターダービーについては、揃ってドロー予想でした。

15試合のスコア予想に乗っかるのは難儀ですが、ブックメーカーに結果だけ張るなら思いを込めてリヴァプール、友人にフラットに勧めるなら3ポイント差でマン・シティでしょうか。危険な試合を挙げるなら、リヴァプールはセインツとニューカッスル、マン・シティはクリスタル・パレス、マンチェスター・ユナイテッド、バーンリーです。みなさんは、いかがですか?おもしろいけど難しい、プレミアリーグの歴史上最もハイレベルなデッドヒート予想でした。再開が待ち遠しいですね!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

プレミアリーグでゴールゼロ…未完の大器ハドソン=オドイがイングランド代表初選出!

プレミアリーグで先発出場ゼロの18歳が、初めてイングランド代表に選出されました。チェルシーのカラム・ハドソン=オドイ。 アーセナルにいたニャブリの活躍に手ごたえを感じたバイエルンが、冬に獲得を熱望した逸材です。2016年のFAユースカップ制覇で注目度を上げたスピードスターは、17歳にしてトップチームデビューを果たしたものの、コンテとサッリは強さが足りないと判断したのか、これまでのプレミアリーグ出場は8試合のみ。最も長時間ピッチにいたのは、43分にペドロの負傷で急遽出番がまわってきた19節のワトフォード戦ですが、2-1とリードした85分にエメルソンに代えられています。

プレミアリーグの話だけをすれば、代表選出など時期尚早としか思えませんが、ヨーロッパリーグとFAカップの数字を足せば評価は一変するでしょう。今季公式戦のスタッツは、17試合5ゴール4アシスト。ヨーロッパリーグのPAOKサロニカ戦で初先発初ゴールを決めると、ノックアウトラウンドに入ってからは、マルメとディナモ・キエフを相手に3戦連続ゴールをゲットしています。FAカップでは、ノッティンガム・フォレスト戦で2アシスト、シェフィールド・ウェンズデー戦で1ゴール。アザールの後を継ぐ鋭いドリブルが目を引く選手ですが、私が注目しているのはシュートに入るモーションの速さです。切り返しから小さな踏み込みで放つ一撃は、GKがタイミングを読みづらく、狭い隙間をいとも簡単に抜いてきます。

このタレントを、サイドに張り付かせるのはもったいないでしょう。ファン・ペルシやティエリ・アンリといったウイング出身のストライカーが活躍してきたプレミアリーグに、久々の大輪が開花する予感が漂っています。スターリング、ラシュフォード、ジェイドン・サンチョがいるイングランド代表でいきなり出番を得るのは難しいかもしれませんが、ひとたびピッチに立てば、爪痕を残してくれるのではないかと期待しています。


【ユーロ2020予選 イングランド代表メンバー】
GK/ジョーダン・ピックフォード(エヴァートン)、ジャック・バトランド(ストーク)、トム・ヒートン(バーンリー)
DF/トレント・アレクサンダー=アーノルド(リヴァプール)、ベン・チルウェル(レスター・シティ)、マイケル・キーン(エヴァートン)、ハリー・マグワイア(レスター・シティ)、ダニー・ローズ(トッテナム)、ジェームス・タルコフスキ(バーンリー)、キーラン・トリッピアー(トッテナム)、カイル・ウォーカー(マンチェスター・シティ)
MF/ロス・バークリー(チェルシー)、デル・アリ(トッテナム)、エリック・ダイアー(トッテナム)、ジョーダン・ヘンダーソン(リヴァプール)、デクラン・ライス(ウェストハム)、ジェイドン・サンチョ(ドルトムント)、ジェームズ・ウォード=プラウズ(サウサンプトン)
FW/ハリー・ケイン(トッテナム)、マーカス・ラシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)、ラヒム・スターリング(マンチェスター・シティ)、カラム・ウィルソン(ボーンマス)、カラム・ハドソン=オドイ(チェルシー)


ハドソン=オドイ以外にも、ブレイクを期待したい選手が2人います。ハーゼンヒュットル監督がセインツに来てから復活を遂げ、プレミアリーグ後半戦11試合7ゴールと確変中のウォード=プラウズと、ハマーズのセントラルMFデクラン・ライスでしょう。アーノルド&チルウェルとスパーズコンビのSB新旧対決も見どころのひとつ。プレミアリーグでゴールにつながるエラーが最多の7回とやや不振のピックフォードは、堅実なバトランドからレギュラーポジションを守ることができるでしょうか。ジェイドン・サンチョは…と、この調子で書いていると結局全員を紹介してしまいそうで、そろそろ締めさせていただきます。

ウェンブリーでのチェコ戦、モンテネグロとのアウェイゲームで、未来の主力候補たちが素晴らしいプレイを披露してくれることを願っております。最前線は、ハリー・ケインとスターリングですよね…。いえ、ダメといっているわけではなく、妥当ですけど、しかし。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

やはり難解…ノースロンドンのPKシーンを巡り、現地メディアの見解が真っ向対立!

Harry Kane penalty decision in north London derby was incorrect, says former referee Dermot Gallagher(かつてレフェリーだったダーモット・ギャラガーは、ノースロンドンでハリー・ケインがPKを得たジャッジは間違っていると発言)」「Why Tottenham's penalty vs Arsenal WAS correct - despite Harry Kane being offside(アーセナル戦におけるトッテナムのペナルティはなぜ正しいか~ハリー・ケインがオフサイドだったにも関わらず)」

プレミアリーグ29節のターニングポイントになったレフェリーのジャッジについて、2つのメディアが正反対の記事を掲載しています。前者は「スカイスポーツ」、後者は「デイリー・ミラー」。果たして、どちらが正しいのでしょうか。ルールブックを紐解くと、このケースでどうジャッジするのか、詳細に定義されています。2017年6月1日にJFAがリリースした「サッカー競技規則 2017/18 改正の概要」より、オフサイドに関するルールを記載した11条の附則を引用しましょう。

「オフサイドポジションにいる競技者がボールをプレーする意図をもってボールの方へ動いたが、ボールをプレーする、または、プレーしようとする、あるいは、ボールへ向かう相手競技者にチャレンジする前にファウルされた場合、オフサイドの反則より前に起こったファウルが罰せられる。」
「既に、ボールをプレーした、または、プレーしようとした、あるいは、ボールへ向かう相手競技者にチャレンジしようとしたオフサイドポジションにいる競技者に対して反則があった場合、ファウルより前に起こったオフサイドの反則が罰せられる。」

要は、「ファールとオフサイドのどちらが先に起こったかで決まる」ということになりますね。ギャラガーさんは、「ハリー・ケインはボールに向かってジャンプしていたため、既にプレーしていたと見做すべき」と主張。「デイリー・ミラー」に寄稿したスポーツライター、リッチ・ジョーンズさんは、「"a player in an offside position is moving towards the ball with the intention of playing the ball and is fouled before playing or attempting to play the ball, or challenging an opponent for the ball, the foul is penalised as it has occurred before the offside offence."」というプレイする前に関するルールを引用して、「ペナルティは正しい」と書いています。なるほど。ノースロンドンダービーの73分の映像を、あらためてチェックしてみましょうか。

エリクセンが蹴った瞬間、ハリー・ケインはオフサイドポジションにいましたが、その外でフリーだったフェルトンゲンはセーフ。ラインズマンはハリー・ケインと同時に走り出しており、ファーサイドでオフサイドがあったことは認識しているはずです。手前にいたコシールニーがジャンプしたタイミングでムスタフィが10番にタックル。ラインズマンからは、その瞬間は見えていないかもしれませんが、主審のアンソニー・テイラーさんは3人の選手の真後ろで目撃しています。ハリー・ケインはコシールニーとは競っておらず、ムスタフィとの接触によって体が飛びました。この時点では、ボールがどこに落ちるのかはわからず、フェルトンゲンがヘディングシュートを放てば旗は上がらないでしょう。

直後、ムスタフィの頭にボールが落下。ラインズマンは走り抜けただけでファールを示さず、テイラーさんは迷わずペナルティを指示しています。「ハリー・ケインは走っていただけであり、プレイする前に倒された」と取るか、「競りにいっており、プレイした」と見做すかは微妙です。こうなると「プレイとは何ぞや」という話になりますね。さあ、もう一度ルールブックをば。

ボールが味方競技者によってプレーされたか触れられた*瞬間にオフサイドポジションにいる競技者は、次のいずれかによってそのときのプレーにかかわっている場合にのみ罰せられる:
・味方競技者がパスした、または、触れたボールをプレーする、または、触れることによってプレーを妨害する。または、次のいずれかによって相手競技者を妨害する:
・明らかに相手競技者の視線を遮ることによって、相手競技者がボールをプレーする、または、プレーする可能性を妨げる。または、
・ボールに向かうことで相手競技者に挑む。または、自分の近くにあるボールを明らかにプレーしようと試みており、この行動が相手競技者に影響を与える。または、
・相手競技者がボールをプレーする可能性に影響を与えるような明らかな行動をとる。

なるほど。これもまた、難しい表現ですね。コシールニーは後ろに人がいようといまいとクリアする気満々で、ムスタフィは既に出遅れており、ハリー・ケインが走ったことで「プレイする可能性に影響を与えた」とはいえないのですが、「競ってなくても決めにいってるのだから、オフサイドでしょう」といわれれば、「そうですね!」とうなずける状況ではあります。まとめると、

・スローで見れば、「関与した」「影響を与えた」といえる状況になる前に倒されていた
・「関与しないという姿勢を明らかにしている選手以外は影響を与えている」と解釈すれば、関与している

つまり、「両者、言い分あり。誤審と断じてしまうのはかわいそう」です。ただしこれは、あくまでも「スローで見れば」であり、実際のスピード感を加味すれば「ラインズマンは落下点を確認する前に旗を上げられない(=オフサイドではない選手が直接決める可能性があるから)」「ラインズマンの旗が上がっていないのを見たレフェリーが先に笛を吹き、PKを示せば、それが最終決定となる」といった時制のズレが生じることもあるわけです。

VARが導入されていれば、今回の件はどうジャッジされていたでしょうか。結局、判断するのは人間なので、「オフサイド派」「ファール派」の両方が存在した可能性は否めません。映像チェックによって、明らかなミスジャッジは減ると思われるので導入は賛成ですが、その手前で「ルールの単純化」が必要なのかもしれません。「オフサイドであろうがなかろうが、直接FKの対象となるファールがあればそちらが優先」というルールなら、今回はPKです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ