超攻撃的4-3-3はツッコミどころ満載!PFAが今季プレミアリーグのベスト11を発表!

豪華というか、強引というか…。PFA(プロサッカー選手協会)の最優秀選手・最優秀若手選手の発表に先立ち、ベストイレブンが発表されました。プレミアリーグ2017-18シーズンを制したマンチェスター・シティから5人、トッテナムから3人、マンチェスター・ユナイテッド、リヴァプール、チェルシーがひとりずつ。上位5クラブの主力で固められた11人は、4-3-3の形で発表されていますが、「4-0-3-3」と表記したくなるようなヘヴィメタルなフォーメーションです。まずは、顔ぶれを見ていただきましょう。こちらです。

GK/デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド)
DF/カイル・ウォーカー、オタメンディ(マンチェスター・シティ)、フェルトンゲン(トッテナム)、マルコス・アロンソ(チェルシー)
MF/デブライネ、ダヴィド・シルヴァ(マンチェスター・シティ)、エリクセン(トッテナム)
FW/サラー(リヴァプール)、ハリー・ケイン(トッテナム)、アグエロ(マンチェスター・シティ)

最後方と3トップは、納得です。直近5シーズンで4回めのPFAチーム選出となったデ・ヘアは、今季プレミアリーグで唯一80%以上のセーブ率を誇るNo.1キーパー。彼がいなければ、マンチェスター・ユナイテッドはチェルシーと4位を争っていたのではないでしょうか。最優秀選手候補のモハメド・サラーは32試合30ゴール、レッズのアタッカーと得点王を争うハリー・ケインは33試合26ゴール、優勝チームの得点源のアグエロは25試合21ゴール。3人足すと77ゴールのトリオは迫力充分ですが、サイドがスカスカになりそうな布陣は、ペップもクロップもノーサンキューでしょう。GKの次点を選ぶとすれば、エデルソン。前線はサネ、ヴァーディー、ソン・フンミンに後ろ髪を引かれつつも、スターリングとフィルミーノを推すのが妥当でしょう。

最終ラインは、シーズンを通じて活躍した4人が選ばれました。カイル・ウォーカーは守備の強度に加えて、プレミアリーグ6アシストという攻撃力が魅力。今回の11人を個別にリスペクトしている「BBC」は、オタメンディについて「2665本のパスを成功させた」と伝えています。フェルトンゲンが休んだのは、28節のクリスタル・パレス戦のみ。鋭いFKと正確なミドルシュートを持つマルコス・アロンソは6ゴールを決めており、DF&WBの得点王です。サブのメンバーは、右がバレンシアで左はモンレアル、CBにはマグワイアとタルコフスキー、あるいはアスピリクエタでいかがでしょうか。出場試合数がもう少し多ければ、ロバートソンとクリステンセンも候補に挙げたくなります。

さて、問題は中盤です。今季プレミアリーグ最多の15アシストを積み上げたケヴィン・デブライネは鉄板。圧巻のチャンスメイク102回も、もちろんTOPです。プレミアリーグ27試合8ゴール11アシストのダヴィド・シルヴァは、リーグNo.1のパス成功率89%を誇ります。この2人をフェルナンジーニョの両脇で機能させたのが、ペップの最大のお手柄でしょう。プレミアリーグ33試合10ゴール9アシストのエリクセンについて、「BBC」はこうコメントしています。「今季プレミアリーグで、ハリー・ケインに35回のゴールチャンスを提供した。ひとりの選手に対する数字としては最多である」。なるほど。どの数字を取っても選びたくなるプレーメイカーです。

3人とも素晴らしいのですが、無邪気に並べると「守備は!?」とツッコミを入れたくなります。ここは、マンチェスター・ユナイテッドの中盤を支え続けたネマニャ・マティッチの出番ではないでしょうか。代わりに誰を落とすのかといわれれば…いや、それはまたの機会に。

「BBC」は、前線の3人についてもおもしろいデータを紹介してくれています。「ハリー・ケインは、プレミアリーグで3季連続で25ゴール以上を決めた3人めの選手。過去にはアラン・シアラー、ティエリ・アンリしかいない」「サラーの公式戦40ゴール超えは、2007-08シーズンのクリスティアーノ・ロナウド以来。彼のゴールとアシストはレッズに15ポイントをもたらしており、プレミアリーグの他の誰よりも多い」「イングランドで7年めのアグエロが、PFAメンバーに選ばれたのは実は初めて」。…マジすか、アグエロ!7シーズンのうち5シーズンで20ゴール以上を記録しながら、ルーニー、スアレス、ファン・ペルシ、ジエゴ・コスタ、ハリー・ケイン、ヴァーディーに持っていかれていたのですね。ニアに入って右足で決めるというスタイルが確立しており、派手なゴールがないのが不思議な現象を生んでいたようです。玄人好みだと選ばれないなら、もっとやばい選手がいます。ロベルト・フィルミーノ…!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

2週間で4人が追放&罰金!? 内部から崩れ始めたストークは、プレミアリーグ降格リーチ!

3月末に、イブラヒム・アフェライが練習態度が悪いとされてチームから離脱。4月2日にはサイド・ベラヒーノがU-23のアストン・ヴィラ戦に遅刻してユースチーム行きを命じられました。外出禁止令を守らなかったエリック・ピーテルスが7万ポンド(約1060万円)の罰金を科された後、パリ・サンジェルマンからシーズンローンで獲得したヘセ・ロドリゲスが11日の練習を無断欠席。プレミアリーグ19位のストークが、内部から崩れ始めています。ポール・ランバート監督は、イエローカードが止まらなくなったレフェリーのように見えますが、ハードマネジメントは不振のチームにいい緊張感をもたらすのでしょうか。この手のゴシップが出回り始めたクラブが、最終的にうまくまとまったという話はあまり聞いたことがありません。

2007-08シーズンに、トニー・ピューリス監督の下でチャンピオンシップ2位に食い込み、プレミアリーグ昇格を果たしたストークは、8位以上にはいけないながらも15位以下にも落ちない典型的な中堅クラブとして、トップフライトで9シーズンを過ごしました。ピューリス時代は、中央の守備を固めて前線にロングボールを放り込むクラシックなスタイルを堅持。サイドが狭いブリタニアで武器となったロリー・デラップのロングスローは、プレミアリーグのトップクラブにとっても脅威でした。

2013-14シーズンから指揮を執ったマーク・ヒューズ監督は、初年度をクラブ最高位の9位で終えると、その後の2年も9位フィニッシュ。ピューリス時代は単調な攻撃で年間30ゴール台だったストークは、シャキリ、アルナウトヴィッチ、チャーリー・アダム、クラウチ、ボージャン・クルキッチ、エンゾンジらによって得点力をUPさせました。

一方、徐々に失点が増えていった守備は近年の課題となり、昨季は56失点で13位。ズマやヴィマーを加えてテコ入れを図った今季も、ショークロスがいない試合でしばしば守備が崩壊しました。プレミアリーグ5勝5分12敗という不振によってマーク・ヒューズが解任された後、ポール・ランバートは1勝4分6敗と引き続き苦しんでいます。守備を固めるとシャキリ頼みの攻撃に陥り、前に出るとラインが崩れがちになるチームは、17位クリスタル・パレスと4ポイント差。最後の5試合で3勝しないと残れないでしょう。

今まで以上に一体感が求められるこの時期に、立て続けに謹慎やペナルティが話題になるとは…。ひとたび降格すれば、シャキリを筆頭に主力が離脱するのは避けられません。長い間、プレミアリーグに色を添えてくれた個性的なクラブが、下のリーグで停滞する可能性が高まっています。(ポール・ランバート 写真著作者/Qside)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

逆転勝ち急増のマン・ユナイテッドはまだ足りない!リードされた試合で最も強いクラブは…!?

マンチェスター・シティの優勝が決まるのではないかと注目された先週末のプレミアリーグで、マンチェスター・ユナイテッドが2-0の劣勢から3発叩き込む鮮やかな逆転勝利で意地を見せました。モウリーニョ監督が「バスを停める」と揶揄されることもあり、先行逃げ切りのイメージが強いレッド・デヴィルズは、28節のチェルシー戦も、ウィリアンに先制された後にルカクとリンガードが決めて勝ち点3をゲット。その翌週のクリスタル・パレス戦でも、後半だけで2点のビハインドをひっくり返しています。直近のプレミアリーグ5連勝のうち、3つまでが逆転勝ちで、相手にリードされてから奪った勝ち点は15となりました。

13ポイントを挙げているアーセナルやエヴァートンを抜き去ったクラブについて、「BBC」はこうコメントしています。「ジョゼ・モウリーニョは、トップフライトのカムバックキング(=ビハインドから勝ち点ゲット王?)を主張できない」。何かと、上には上がいるものです。マン・ユナイテッドを3ポイント引き離してトップに立っているのは、エディ・ハウのボーンマス。直近のプレミアリーグ33節でも、本拠地バイタリティでクリスタル・パレスにリードされながら、89分にジョシュア・キングが同点ゴールを決めて2-2のドローに持ち込んでいます。勝ち点38で11位につけている小さなクラブは、半分近い18ポイントを劣勢のゲームで手に入れており、これをすべて落としていれば最下位です。

ちなみに、リードしていた試合で落とした勝ち点が最も多いのは、順位テーブルのいちばん下に沈んでいるWBAで、失った26ポイントをキープできていれば8位にジャンプアップします。今季プレミアリーグの前半戦で、選手の走行距離が1位だったボーンマスは粘りのサッカーで勝ち点を拾いまくり、2位につけていたWBAは勝ち切れないまま、チャンピオンシップ行きが確実視されています。同じ「走るサッカー」でも、結果は好対照。一見、11位と20位は大きな差に感じられますが、中身を見ると紙一重です。

ボーンマスのしぶとさを、最後まで落ちない運動量だけに求めるのは難しそうですが、注目すべき数字が2つあります。オフサイド40回はスウォンジーの次に少なく、ロングボール1989本はプレミアリーグ16位。後者のランキングを見ると、14位以下はトッテナム、リヴァプール、ボーンマス、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、アーセナル、マンチェスター・シティの並びとなっており、エディ・ハウのパスサッカーは中小クラブのなかでは異彩を放っています。

ラインズマンの旗が上がるのを覚悟して、最終ラインの裏に飛び出すカウンターは得意ではありませんが、短いパスをつなぎながらサイドを崩してゴールを陥れるサッカーは、リードした相手が引いてくる終盤戦に威力を発揮します。今季プレミアリーグで、89分以降に決めたゴールは何と7発!このうち5つまでが試合の結果を変える一撃でした。31節のWBA戦は、ジェイ・ロドリゲスに先制された後、残り15分を切ってからジョーダン・アイブが同点ゴールをゲットし、スタニスラスの鮮やかなFKは89分。昨季は9位と10位だったクラブの明暗を象徴するような一戦でした。

「BBC」は、カムバックキングのボーンマスをこんな表現でリスペクトしています。「So don't leave early!(だから早く帰っちゃダメだ!)」。おっしゃるとおり。リードを奪えずに終盤に入ると、祭囃子が聞こえてくるような怒涛の猛攻を展開するサー・アレックス・ファーガソンのマンチェスター・ユナイテッドが好きだった私としては、ボーンマスの必死の反撃もまた、テンションが上がります。モウリーニョ監督、来季はぜひウチがカムバックキングに!…失点前提のキングというのも何ですが。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

クロップ監督はターンオーバー?本日激突!マージーサイドダービーの注目ポイント!

フェアでエキサイティングな試合が多いという印象があるマージーサイドダービーですが、ここ数年はリヴァプールがエヴァートンを圧倒しています。イギリスメディア「スカイスポーツ」がライバル対決を特集しており、過去の対戦成績と今回の注目ポイントを紹介しているのですが、プレミアリーグにおけるエヴァートンの勝利は過去22戦で1回だけ。2010年10月以降、14試合に渡って勝利がなく、レッズはダービーの最長無敗記録を更新中です。

ジェイムズ・ウォーカー・ロバーツ記者が挙げるマージーサイドダービーに関するキークエスチョンは、「マイケル・キーンはサディオ・マネを止められるか」「エヴァートンはダービーの不幸を止めることができるか」「クロップはローテーションするか」「エヴァートンはプレミアリーグのTOP6から勝利を得てシーズンを終えられるか」。プレミアリーグ16節のアンフィールドで、1-1のドローに持ち込んだトフィーズは、デヤン・ロブレンのミスでPKをゲットした以外はまったく攻められず、ほとんどの時間を自陣で過ごしています。ベストメンバーのガチンコ勝負なら、レッズの圧勝でしょう。「スカイスポーツ」の記者の問いに対する答えは、クロップ監督が選ぶスタメンによって変わるのではないでしょうか。

ララナ、マティプ、クラヴァン、ジョー・ゴメス、エムレ・ジャンが不在。サラーもおそらく間に合わず、クロップ監督にはさほど選択肢がありません。リアルなターンオーバーを想像してみましょう。そうはいってもGKはロリス・カリウス。DFはナサニエル・クライン、デヤン・ロブレン、ファン・ダイク、アルベルト・モレノ。アンカーにヘンダーソン、インサイドにはワイナルドゥムとミルナー。前線はチェンバレン、ダニー・イングス、マネでしょうか。こんな状況になるなら、グルイッチは残しておいてもよかったかもしれません。ダービーは重要だと語るクロップ監督は、サポーターが納得するスタメンを用意できない可能性が高まっています。

マイケル・キーンとマネのマッチアップは、ウインガーが勝つと思います。昨季プレミアリーグで35試合に出場し、バーンリーの残留に貢献したCBは、エヴァートン移籍後は真価を発揮しているとはいえません。先発出場したプレミアリーグ23試合は6勝5分12敗、他のCBがスタメンに入った試合は5勝2分2敗。自信なさそうなプレイが目立つ25歳のDFに対して、ベテランのジャギエルカは「僕にも他の選手たちにも叫べ。最終ラインのボスになれ」と励ましているとのこと。時間を経れば、トップフォームを取り戻せるかもしれませんが、今日の試合でマネを完封するのは難しいのではないでしょうか。

トフィーズのTOP6との直接対決は3分8敗。対アーセナルはホームもアウェイも5失点大敗。プレミアリーグ後半戦は4勝2分7敗で、クーマン監督を解任するほど不振に陥っていた13節までの3勝3分7敗より勝ち点2しか上回っていません。オープンな攻め合いを期待しているのですが、頼みのトスンにいいパスが集まるかどうか。今回のマージーサイドダービーは、1試合2失点ペースのホームチームが守備の不安定さを露呈し、あっさり敗れるとみますがいかがでしょうか。ウェイン・ルーニーが最後にゴールを決めてから、そろそろ4ヵ月です。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ