プレミアリーグ2013-14年末総決算!(1)発表!偏愛的プレミアリーグベストイレブン~後篇

■発表!偏愛的プレミアリーグベストイレブン!
「プレミアリーグ2013-14年末総決算!(1)発表!偏愛的ベストイレブン~前篇」より続きます。

前篇では、本ブログ「偏愛的プレミアリーグ見聞録」が選ぶベストイレブンと、GK、DF、センターMFの選出ポイントについて紹介させていただきました。後篇では、サイドMF、トップ下もしくはセカンドトップ、CFについて、評価理由を語ってまいります。繰り返しになりますが、今回の選出方法はこちらです。

⇒データは出場試合数、得点数などをざっくり確認
⇒今回いちばん重視したのは「勝利への貢献度」
⇒基本的には加点式・積み上げ式で
 プラスポイントを重ねて選出
⇒ベストイレブンと「もうすぐベストイレブン」
(次点)の計22人を選出

■こちらが「もうすぐベストイレブン!(次点)」です
GK/ペトル・チェフ(チェルシー)
SB/キーラン・ギブス(アーセナル)、パブロ・サバレタ(マンチェスター・シティ)
CB/ペア・メルテザッカー(アーセナル)、マルティン・シュクルテル(リヴァプール)
センターMF/ヨハン・キャバイェ(ニューカッスル)、ラミレス(チェルシー)
サイドMF/ケヴィン・ミララス(エヴァートン)、ヨアン・グフラン(ニューカッスル)
トップ下・セカンドトップ/ウエイン・ルーニー(マンチェスター・ユナイテッド)
CF/ダニエル・スタリッジ(リヴァプール)

さて、前篇に続き、サイドMFの話から再開です。サイドMFは、チームに代わりがいないといっていい13ゴールのアグエロと8ゴールのアザールで決まりでしょう。次点は、チームの顔となったミララスは当確。このポジションは、ウェルベックやジェイ・ロドリゲスのように、外も中もセカンドトップも最前線もやる選手が多いので「サイドでの貢献」を計るのが難しいのですが、勝ち試合での貴重なゴールが多かったグフランをあえてここで入れさせていただきました。

そして、トップ下もしくはセカンドトップです。エジルとルーニーの比較では、消えグセはありながらもプレミアリーグのアシスト王で、勝利に直結するプレイが目立ったエジルが上。オスカルやダヴィド・シルヴァとルーニーでは、崩壊しかかっていたマンチェスター・ユナイテッドをゴール以外のプレイでも支え、孤軍奮闘していたルーニーを上としました。ちなみに今季のルーニーは、負け試合や引き分け試合、下位との対戦でのゴールが多く、9得点を挙げている割には印象に残るゴールが少ないんですよね。マンチェスター・ユナイテッドが、いかにプレミアリーグ上位クラブにやられていたかがこんな記録からもわかります。

最後にトップですが、説明は必要でしょうか?スアレスの次点にスタリッジを選ぶというのは、やや反則気味ですが、スタリッジの開幕4戦連続ゴールがなければリヴァプールのスタートダッシュはなかったでしょうし、スアレスのゴール量産がなければスタリッジ離脱の穴は埋まらなかったでしょう。今のスアレスには、言葉は要りません。ロイク・レミー、ネグレド、ルカクも捨てがたいのですが、さすがにここは…。

というわけで、ベストイレブンは以上です。ほんとうは、中堅や下位クラブの掘り出し物的な選手も入れたかったのですが、今季のプレミアリーグには、昨季のセインツのような大物食いのクラブは見当たらず(アストン・ヴィラはほんとうに惜しい!)、ミチュのようなシンデレラもいません。ニューカッスルまで入れたトップ8以外で5点以上獲っているのは、9位セインツのリッキー・リー・ランバートとジェイ・ロドリゲス、ノーウィッチのフーパーだけです。よって、比較的落ち着いたベストイレブンと相成りましたが、無理に遊ばなくてもよいでしょう。

最後に、2013年のMVPとVPを選んでみました。ジャジャン!
MVP⇒ローラン・コシールニー(アーセナル)
VP  ⇒セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ)
VP  ⇒ルイス・スアレス(リヴァプール)
VP  ⇒メスト・エジル(アーセナル)

いかがでしょうか。アーセナルの年末首位を支えたのは、見違えるように堅くなった組織的な守備だと思います。スアレスの過去に例をみない強烈な得点力や、チームを革命的に変えたエジルの天才的なラストパス、暴れん坊マンチェスター・シティの核弾頭アグエロよりも、勝利への貢献度を勘案してコシールニーを推したいと思います。このあたりは、異論反論噴出するところなのでしょうが…。

続きまして、プレミアリーグのベストマッチの表彰に移りますが…と、その前に少し疲れたので、ひと休みします。すみません。できれば朝のうちに、「偏愛的プレミアリーグ・ベストマッチ見聞録(仮題)」をUPしたいと考えておりますが、先に「ベストマネージャー編」から掲載するかもしれません(ベストマッチはベストイレブンよりチェックにパワーがかかりそうなのです)。こちらもぜひ、読んでやってください。

そうそう、年末最終日ですので(という理由が成立するのかはわかりませんが)、大掃除や年賀状など、お忙しいかもしれませんが、殺人的にお忙しい方は私のブログなど見にいらっしゃらないでしょう。もう1分ほどお時間をいただいて、ブログランキングのバナーをポチッと押してやってください。今はそれが最高にうれしいです。おもしろいと思ったら、で構いませんので、ぜひ。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

納得の行く選出ですね
個人的にはエジルよりルーニーですが
ルーニーは孤軍奮闘でチームがかなり厳しいなか
ハードで攻撃はもちろん
守備にもビルドアップにも精を出していたと思います
  • 通りすがり
  • 2013/12/31(Tue)13:40:57
  • 編集

コメントありがとうございます。

通りすがりさん>
ありがとうございます。ルーニーは、ウェルベックやバレンシアを使うのがうまく、「悪い時でもそれなりの貢献ができる」、最低レベルが高い選手なので、波のあるエジルよりも印象はいいのですが…。選出していて、最終的な判断は「チーム全体の不調で割を食った。ここはやむなし」といったところですね。
  • makoto
  • 2013/12/31(Tue)14:03:41
  • 編集

無題

コシェルニー、超納得の選出です。「彼の力がチームを救った」という部分もあると思いますが、彼自身も去年から比べて何かが向上したのではないでしょうか。とくに周りとの相性…主にメルテザッカーとのコンビネーションは確実によくなりましたよね。
  • うさぎ
  • 2013/12/31(Tue)16:40:17
  • 編集

無題

うさぎさん>
ありがとうございます。以前多かったオウンゴールもなくなりましたね。ヨミのよさ、出足の早さが格段に上がった印象です。
  • makoto
  • 2013/12/31(Tue)18:39:05
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ