巨大化・チケット高額化が進むプレミアリーグのスタジアム考(後篇)~今こそ現地へ!

 「エティハド拡張決定!巨大化・チケット高額化が進むプレミアリーグのスタジアム考(前篇)」より続きます。前篇で「スタジアムを増改築したクラブはさらにチケットの高額化が進む」という話に触れましたが、プレミアリーグにおける最安チケットの相場はだいたい25~40ポンド(約4400円~6800円)なのに対して、ブンデスリーガはバイエルン・ミュンヘン、ドルトムントクラスですら12ポンド(約2000円前後)から。最近の報道で、Jリーグの観客の高年齢化が進んでおり、40代の比率が高いというものがありましたが、プレミアリーグはJリーグよりもさらに40代のウエイトが高いです。

1990年代初頭まで、イングランドリーグは極めて大衆的なエンターテインメントでした。各スタジアムには安い立見席があり、若者や労働者階級のサポーターがここで毎週のようにサッカーに熱狂し、交流を深めていたのです。しかし一方で、当時はサポーターの乱闘や小競り合いが多く、安全性に問題があって、これを憂慮したイギリスは国をあげてフーリガン撲滅に取り組みます。1992年のプレミアリーグ創設の頃より、立見席は一切廃止。その後、チケット価格の高騰に伴って、サッカー観戦は「お金があるファミリーのための安全なレジャー」に徐々にシフトしていきます。最近は、労働者階級のみなさんはTV観戦、お金がある方と、サッカーにいくら投資しても構わないという太っ腹な方はスタジアム観戦という構図になっているのでしょう。

と、こんなことを書くと、「プレミアリーグは高いのか」と、みなさんの足をドイツに運んでしまいそうですが、この稿でいいたいのは、「イングランドのスタジアムにぜひ、行ってみてください」ということ。いちばんお勧めしたいのは、リヴァプールサポーターのみなさんです。以下に紹介するのは、2012年にイギリスのとあるスポーツサイトが実施した「イングランドのサッカーファンが選んだ”最も雰囲気がいいスタジアムランキング”」です。アンフィールドは、ぶっちぎりの1位。ましてやスタジアムの改装があるなら、チケットの値段が上がる前に、レッズの聖地、いや、イングランドサッカーの御本尊(言い過ぎですかね!?ウェンブリーをさしおいて)を拝んでおいたほうがいいのではないかと思います。

1位 アンフィールド(リヴァプール)
2位 セント・ジェームズ・パーク(ニューカッスル)
3位 オールド・トラフォード(マンチェスター・ユナイテッド)
4位 ホワイト・ハート・レーン(トッテナム)
5位 エミレーツ・スタジアム(アーセナル)
6位 ブリタニア・スタジアム(ストーク)
7位 スタンフォード・ブリッジ(チェルシー)
8位 グディソン・パーク(エヴァートン)
9位 ヴィラ・パーク(アストン・ヴィラ)
10位 エティハド・スタジアム(マンチェスター・シティ)

…もしかしたらこのランキングは「アウェイチームが戦いにくいスタジアムランキング」でもあるのかもしれません。これを見ると、プレミアリーグ上位が軒並み苦戦する「ストークとのアウェイ戦」が、いかに嫌な雰囲気なのかわかりますね。ちなみに私は、アーセナルがハイバリーからエミレーツに移るとき、ベルカンプの最後の姿を観よう!という話も兼ねて、最後のハイバリーに足を運びました。ハイバリーのこじんまりとした、素朴な空気は好きだったんですけどね…。あ、今のエミレーツは申し分のないいいスタジアムですが。念のため。

今まで、イタリア、フランス、ドイツ、イングランド、USAのスタジアムに足を運びましたが、スタジアムのよさは間違いなくプレミアリーグがダントツです。陸上競技のトラックがあるローマや、観客席の傾斜が緩くて上のほうの席からよく見えないボルドーなどは論外。ドイツのスタジアムはなかなかいいですが、プレミアリーグのピッチと客席の距離の近さには、さすがのブンデスリーガも降参です。あらためて、私が撮影した写真を見てみてください。オールド・トラフォードはこの距離感ですよ!CKでは、ルーニーの髪の生え際まで見えますよ(私が実際にコーナーフラッグ付近で観たのは、デヴィッド・ベッカムのCKでした。目の前5メートルくらいの距離です)。ただし、スタジアムの食事(スタめし)はドイツですね。パンもソーセージもハンバーグも絶品だからな…。おっと、いかんいかん。サッカー観戦は、とにかくプレミアリーグです!

イングランドで実際にゲームを観たのは、オールド・トラフォード、クレイブンコテージ、グディソン・パーク、ロフタスロード、ハイバリー、セント・メアリーズ。スタジアムの勇姿を目の当たりにしたのはアンフィールド、スタンフォード・ブリッジ、エミレーツ。一度スタジアムに行ってみたい、という方にお勧めなのは、オールド・トラフォードとアンフィールド、エミレーツ。イングランドらしいクラシックな雰囲気を味わいたいという方には、スタンドの盛り上がりが素晴らしいグディソン・パークとレンガづくりの外装が風情があるクレイブンコテージですかね。その気になった方は、プレミアリーグのチケットの取り方や、移動については下記の記事も参考にしてください。

「日本人には結構難解!? 奥が深いイギリスの鉄道事情」
「プレミアリーグのチケットの取り方、教えます!」

リヴァプールサポーターにしてみれば、「今季はプレミアリーグ優勝争いど真ん中」「アンフィールド改装直前で、伝統を直に感じられるラストチャンス」「改装後にチケットの値段が上がるかもしれず、今がお買い得!?」という3点セットが揃っている状態です。悪いことはいいませんので、今のうちに行かれてはどうかと思います。スタジアム改装前ということでいえば、マン・シティも同様ですね。アーセナルとチェルシーサポーターも、行くなら今でしょう。来季、マンチェスター・ユナイテッドが大復活して、毎シーズントップ独走するようになったら、今よりも確実に盛り上がりに欠けてしまうと思われます。仔馬が必ず大きな馬に成長するとも限らないですよね。ぜひ、お早めにどうぞ。

調べ物が多い記事のときは、ランキングUPが何よりのごほうびです。「おもしろい」と思った方だけで結構ですので、ぜひブログランキングのバナーをクリックしてやってください。よろしくお願いします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

とても面白いですよヽ(・∀・)ノ最近ランキング上がってきましたね!バナーいつも押してますので今後も更新頑張って下さい。エミレーツスタジアム、死ぬまでに一度は行ってみたいです。。
  • ちくちく
  • 2014/02/14(Fri)12:26:18
  • 編集

コメントありがとうございます。

ちくちくさん>
ありがとうございます!今後もがんばります。エミレーツはいいですよ。ピッチとベンチ、客席の近さにはホントにびっくりします。新しいスタジアムなので、ロッカーやVIPスペースなどの施設もきれいです。
  • makoto
  • 2014/02/14(Fri)14:38:07
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ