やりましたね、ホジソン監督!「リヴァプールなイングランド代表」記念すべき船出!

GKジョー・ハート、DFグレン・ジョンソン、クリス・スモーリング、ガリー・ケーヒル、アシュリー・コール。MFスティーブン・ジェラード、ジョーダン・ヘンダーソン、ジャック・ウィルシャー、ラヒム・スターリング。FWウエイン・ルーニー、ダニエル・スタリッジ

…ホジソン監督がやってくれました。昨夜の国際親善試合、デンマークをウェンブリーに迎えたイングランド代表のスタメンは、今季プレミアリーグで好調のリヴァプールシフトです。先日、本ブログのコメント欄でも「リヴァプール中心にしたらおもしろそう」という会話をしており、Goal.comのコラム「ベン・メイブリーの英国フットボール談義」では、「イングランド代表に、レッズ式とセインツ式をインストールしてはどうか」という趣旨の提言があったばかりです。ちなみに、1-0の勝利で終えたこの試合の決勝点は、82分、途中出場のセインツのアダム・ララナが上げたクロスをリヴァプールのダニエル・スタリッジがヘディングで仕留めた美しい一発でした。メイブリーさん、こういうことですかね?おっしゃっているのは。

その昔、1970年代の西ドイツ代表では、当時の2強だったバイエルン・ミュンヘンとボルシアMGの選手を中心に代表を構成。1982年にスペインでワールドカップを勝ったイタリア代表は、GKゾフ、DFシレア、カブリーニ、ジェンティーレ、MFタルデリ、FW得点王のパオロ・ロッシと、レギュラーの過半数をユヴェントスの選手が占めていました。特定のクラブチームを軸にチームを創ることの最大のメリットは、コンセプトの明確さと連携のスムーズさ。逆にデメリットとしては、「選ばれたメンバーが必ずしも最高のポテンシャルを持った集団ではない(=連携を重視しているため)」「派閥にみえてしまうと、人間関係に悪影響があったり、当該クラブ以外の選手のモチベーションが下がったりするリスクもある」といったところが挙げられます。

今のイングランド代表であれば、デメリットのほうは心配しなくてもいいでしょう。ヘンダーソンやスターリングは、ランパード、キャリックらのセンターMFや、チェンバレン、ララナ、アーロン・レノン、タウンゼントなどのサイドアタッカーと比べても、実力的には引けをとらない選手であり、何しろ現在、絶好調です。どんなサッカーにもフィットできる天才ルーニーは、リヴァプールの選手たちからみても、スアレスと同様に頼もしい存在に映るでしょう。イングランドサッカーのよさは、ロングパスを活かした縦へのスピードの速さと手数をかけないシンプルさ、そして当たりの強さ。レベルの高いイングランド人が多く、彼らの特性をうまく引き出しているロジャース監督のサッカーは、この国の代表の基本フォーマットとして有効だと思います。

私がイングランド代表の監督であれば、メンバーはこうしたいですね。GKは、他クラブのレベルが低いスコティッシュ・プレミアリーグとはいえ、今季28試合で14失点というセルチックのフレイザー・フォースター。チャンピオンズリーグでバルサを苦しめた実績は、ケアレスミスの多いジョー・ハートをベンチに控えさせるには充分でしょう。DFは、グレン・ジョンソン、ケーヒルに加えて、レイトン・ベインズを左に配置。スモーリングよりは、今季空中戦をほぼ完ぺきにさばいているトッテナムのドーソンや、フィル・ジョーンズ、ジャギエルカのほうがいいと思いますが、いかがでしょうか。中盤から前は、昨夜のゲームと同じでもいいのですが、ウィルシャーについては、同じアーセナルのチェンバレン、あるいはベテラン・ランパードでもいいかもしれません。そして、スーパー・サブにララナ、ジェイ・ロドリゲス、タウンゼント。1点ビハインドで終盤になれば、ダニー・ウェルベックかリッキー・リー・ランバートの登場です。

デンマーク戦では、ルーニーの縦への抜け出しからの左足シュートや、スタリッジ、ルーニーと展開して左サイドを崩し、最後は逆サイドのスターリングが中央に飛び込んでシュートをポストに当てるなどのシーンがあり、見せ場はたっぷり。CBコンビは、ケーヒルとスモーリングのマーク受け渡しのまずさからGKとの1対1に持ち込まれるピンチはありましたが、ジョー・ハートが2度の決定機をストップし、シュート4本に抑えました。ホームで1-0とはいえ、新生イングランドの船出としては上々なのではないでしょうか。この日も、決勝点を叩き込んだスタリッジは得意のクネクネパフォーマンスを披露しておりましたが、本番でこれが何回観られるかがイングランドの勝敗に直結しそうです。

プレミアリーグを毎週観ていると、やはりイングランド代表には思わず肩入れしてしまいますね。ウルグアイとイタリアという厳しいグループに入ったイングランドは…おお、そうか。「SAS対決」があるんですね!スタリッジの先制点を、スアレスのハットトリックでひっくり返されたら、レッズサポーターは複雑ですね。そんなこともないのでしょうか。日本とイングランドが対戦し、ルーニーがゴールを決めたら思わず立ち上がってしまいそうなプレミアリーグ中毒患者の私としては、おせっかいながらも気になるところですが…。(フレイザー・フォースター 写真著作者/Memorino)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

リバプールファンですが・・・
日本代表とイングランドの試合なら迷わずイングランドを応援すると思います(笑)
  • ナツメ
  • 2014/03/06(Thu)11:19:26
  • 編集

無題

更新お疲れさまです

テリーが復帰することはないでしょうけど、未だにCBはケーヒル&テリーがいいと思ってます(笑)
イングランドのリバプール化、セインツ化には僕も賛成ですね

まあプレミアファンといいつつ国の方は小さい頃からセレソン推しなのでイングランド×ブラジル、日本×ブラジルになればブラジルを応援することになりますが(笑)
  • チェルシー
  • 2014/03/06(Thu)22:27:30
  • 編集

無題

ナツメさん>
なるほど!それは重傷な「プレミアリーグ中毒」ですね(笑)

チェルシーさん>
おお、プレミアリーグよりも上位とは、それは深刻な「セレソン中毒」ですね(笑)

実は、私も「ケーヒル&テリーがいい」と思っているのですが、テリーは実力以外の話もあって、代表を外れた経緯もあるので、無邪気に「入れましょう!」と書けませんでした。ワールドカップという修羅場をくぐり抜けるには、実績もマインドも素晴らしい彼のような選手は有効なんですけどね…。
  • makoto
  • 2014/03/07(Fri)06:20:58
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ