調子に乗って裏ベストイレブンも発表!「プレミアリーグ2013‐14・サプライズな11人」【前篇】

昨日、プレミアリーグの2013-14ベストイレブンをUPさせていただいたのですが、よくいえば正統派、悪くいえばアタリマエで、「ふーん」「普通に考えればそうだよね」で終わってしまう方もいらっしゃるのではないかと思います(いないことを祈っていますが)。1年間、日本全国でも5本の指に入る(?)くらいの膨大な時間をプレミアリーグ観戦に費やしてきた者として、ヘェとかふーんでスルーされるのは何とも無念です。

…ということで、やってみました裏ベストイレブン。ここに挙げたのは、開幕前の予想を裏切る大活躍、彗星のように突如現れておいしいところ吸い尽くし、などなど、「今季サプライズを起こした選手だけで構成したチーム」なのであります。どうでしょう。こうやって見てみると、プレミアリーグで4位を争うぐらいなら、いけそうなチームじゃないですか?(軽々にこんなこというと、ガナーズサポーターには怒られますね)…前説はこのくらいにして、この不思議なチームの顔ぶれについて、選出理由を紹介してまいりたいと思います。

■GK:アドリアン(ウエストハム)
・サプライズポイント⇒ヤースケライネンからポジション奪取し、プレミアリーグ残留に貢献

いきなり「何でやねん!」とツッコミをいただきそうですが、今季20試合出場と、ゴール前にいた時間は決して長くないアドリアンの登場です。彼が素晴らしかったのは、名手ヤースケライネンからポジションを奪い、チームの残留に大いに貢献したこと。12月末まで、3勝6分け10敗と虫の息だったハマーズが、アドリアンをレギュラーに据えたのは年が明けてからでした。もちろん、彼だけが活躍したわけではありませんが、1月以降のウエストハムは、8勝1分け10敗と持ち直し、来季もプレミアリーグで戦えることになりました。アドリアンは、派手さはないものの、大きなミスがなく、とにかく堅実。DFが信頼したくなるGKであるのは間違いありません。後半戦で3失点を喫したのは、アーセナル、ストーク、ニューカッスルの3試合のみ。年間トータル51失点は、トッテナムと同点、リヴァプールより1点多いだけという素晴らしさです。今季、セインツ戦でゴールを挙げたストークのベコヴィッチを僅差で抑え、東ロンドンのアドリアンをサプライズGKとさせていただきます。

■右SB:シーマス・コールマン(エヴァートン)
・サプライズポイント⇒プレミアリーグ屈指の攻撃力で、今季6ゴール!

左SBのレイトン・ベインズと足すと11ゴール、自身レコードの6ゴール。コールマンの突破とレイトン・ベインズのクロスは脅威で、今季のエヴァートンは「プレミアリーグ最強のSBコンビ」でした。ちなみに、PKだけはしっかり決めていたトッテナムFWソルダードが6ゴール。チェルシーのF.トーレスは5ゴールで、コールマンの6発がいかに素晴らしいかは、スペイン屈指のFWたちとの比較でご理解いただけるのではないでしょうか。

■CB:マルティン・シュクルテル(リヴァプール)
・サプライズポイント⇒放出寸前から大復活!7ゴールはプレミアリーグDFトップ
■CB:デヤン・ロブレン(サウサンプトン)
・サプライズポイント⇒当たりの強さと統率力で、前半戦のセインツ躍進の立役者に!

CBコンビは、この2人でしょう。昨季まではミスの多さを非難するリヴァプールサポーターも多く、セリエAに出されるなどの噂が絶えなかったシュクルテルは、今やリヴァプールDF陣に欠かせない存在です。彼の献身的なプレイが幾度となく失点を防いだのもさることながら、最大のサプライズは何といってもヘッド、ボレーと打ちまくっての7ゴール。この活躍は、有力なCBを4人抱えながらもシュクルテルは固定したロジャース監督のお手柄でしょう。一方のデヤン・ロブレンは、「吉田麻也をベンチに追いやった張本人」とインプットしている方もいるのではないでしょうか。彼の統率力とマンマークのうまさが、一時はヨーロッパリーグ出場権に手が届きそうだったセインツの強さを支えていたのだと思います。

■左SB:アスピリクエタ(チェルシー)
・サプライズポイント⇒筋金入りのベンチウォーマーから、まさかの「左」に華麗なる転身!

アスピリクエタの左SB起用には、最初はびっくりしました。モウリーニョ監督は、突然アシュリー・コールが見えなくなる病気にかかってしまったのではないか、と。右サイドにはイヴァノヴィッチという絶対的レギュラーがいるチェルシーでは、アスピリクエタに出番はなく、昨夏には出ていくのではないかとすら思われましたが、今季、左SBに転身して大活躍。それでも私は、しばらくは「守るだけのSBか」と正直、見くびっていたのですが、すみませんでした。きっと彼は、向上心が強く、努力家なのでしょう。後半戦は、見違えるように攻撃の貢献度も上がりましたね。まずは守備を整備するという、モウリーニョ監督らしいチームづくりの象徴的存在でした。

■センターMF:アーロン・ラムジー(アーセナル)
・サプライズポイント⇒突然開花した、驚異の得点力!

「未完の大器」は、今までさんざん見てきたので、昨年の夏までは「ああ、ここにもまたひとり」としか思っていなかったのですが、完全に花開いたラムジーの今季前半戦は凄かったですね。アタッカーのポジションではなく、しかもあれだけケガで休んでプレミアリーグ10ゴール!彼の魅力は、何といっても「ゴールシーンの美しさ」でしょう。プレミアリーグ最終節、ジルーのクロスを決めたスーパーボレーは、今季プレミアリーグ全体のベストゴールにエントリーしたい一発です。来季も中盤の中心として、アーセナルを支えてくれるのは間違いありません。いや、素晴らしい。


長くなりそうですので、ここから先のMF&FWの紹介は「調子に乗って裏ベストイレブンも発表!プレミアリーグ2013‐14・サプライズな11人【後篇】」をご覧ください。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ