調子に乗って裏ベストイレブンも発表!「プレミアリーグ2013‐14・サプライズな11人」【後篇】

「調子に乗って裏ベストイレブンも発表!プレミアリーグ2013‐14・サプライズな11人【前篇】」より続きます。こちらは、大復活、急成長、信じられないスーパープレーなど、今季のプレミアリーグを盛り上げてくれた、サプライズな選手を明るくリスペクトしようという企画です。前篇では、GKとDFを中心に紹介してまいりましたが、この稿ではMF、FWの登場です。ではさっそく、まいりましょうか。

■センターMF:クリスティアン・エリクセン(トッテナム)
サプライズポイント⇒悪魔のFK、打つ手なしのドンピシャクロス

彼には、言葉はいりません。「天才」、そのひとことで充分です。壁スレスレを超えて、ゴールに向かって急激に落ちてくる悪魔のFK。サイドからドリブルで上がり、DFを抜き去らないのにいつの間にかふわりと上がり、アデバヨルのヘッドに吸い付くような軌道を描くピンポイントクロス。他クラブのDF陣は、彼の放つボールに何度、棒立ちになったことか。エリクセンのキックは、それ自体が常にサプライズです。

■MF:ロス・バークリー(エヴァートン)、ラヒム・スターリング(リヴァプール)
サプライズポイント⇒とにかく急成長

イングランド代表の将来を背負って立つ、活きのいい若手が出てきましたね。中央突破から思い切りのいいミドルを放つ20歳のロス・バークリーと、後半になっても速さが衰えず、何度となくサイドを切り裂くスピードスター、19歳のスターリング。両者とも、疲労がみえたら途中出場に切り替える、マルティネス&ロジャースの「育てる起用」に支えられ、今季一気に伸びました。イアゴ・アスパスが空回り、コウチーニョはなかなか調子が上がらず、攻撃陣がコマ不足に陥る寸前だったリヴァプールを救ったのは、スターリングの成長でしょう。一方、ネイスミス、ミララスとともに前線をかき回したロス・バークリーの貢献がなければ、ヨーロッパリーグ出場権はマンチェスター・ユナイテッドに与えられていたと思います。

■FW:ボニー・ウィルフリード
サプライズポイント⇒驚愕の身体能力

ルカクの身体能力は恐ろしい、と思っていたところに、その上をいくキャラが登場。プレミアリーグより格下にみられるオランダ・エールディビジですが、得点王の称号はダテではありませんでした。ボニーの凄さは、プレミアリーグNo.1のヘディングと、ノーステップでも一瞬で枠に飛び込む、ルカクには打てない超速ミドルです。PKスポットよりも遠くからGKが動けないヘディングシュートを決められるボニーがいれば、「とにかくクロスを上げれば何とかしてくれる」と、サイドのプレイヤーの仕事が一気にラクになります。ご本人は残留希望だそうなので、来季のプレミアリーグもスウォンジーには要注意です。

■サイドMF:アダム・ジョンソン(サンダーランド)
■番外編:コナー・ウィッカム(サンダーランド)
サプライズポイント⇒突如出現した「残留狙いの最強クラブ」

キャピタルワンカップ準決勝でマンチェスター・ユナイテッドを倒し、決勝でもマンチェスター・シティを後半途中まで苦しめたときから不穏な空気が漂っておりましたが、プレミアリーグ降格ピンチだったサンダーランドが、最後の最後でやらかしてくれました。マンチェスター・シティを顔まで真っ青にさせたドローに続き、チェルシーからはプレミアリーグ制覇を、マンチェスター・ユナイテッドからはヨーロッパリーグ出場権を奪い取ったジャイアントキリング。華麗な残留ストーリーの主役は、右サイドの斬り込み隊長アダム・ジョンソンと、最後の15試合で登場して5ゴールを決めたウィッカムのダブルキャストでした。プレミアリーグ上位クラブはサイドに好選手が揃っているので、アダム・ジョンソンのキャリアアップはないと思われますが、来季も彼らに足をすくわれたチームがタイトルから遠ざかることになりそうです。

というわけで、12人の選手を紹介してまいりましたが、最後に「MSP(Most surprise player)」を選出させていただきます。MSPは…アーロン・ラムジー!準MSPはマルティン・シュクルテル、ということでいかがでしょうか。若手の成長、新加入選手の衝撃も捨てがたいのですが、ここは「劇的ビフォー/アフター」のインパクトをとらせていただきました。サプライズイレブンのみなさん、感動をありがとうございました。来季も、新たな驚きをピッチで巻き起こしてくださいね!


今週は、プレミアリーグ2013-14の総括をさまざまなテーマでやらせていただいておりますが、残すところ、あと2本でございます。最後のお題は「最優秀監督」「10大ニュース」。よろしければ、今週末も「偏愛的プレミアリーグ見聞録」にぜひお立ち寄りください。

「おもしろい!」と思っていただいた方で、お時間がある方は、よろしければ下のランキングバナーをクリックしていただけますでしょうか。調べ物が膨大な記事では、みなさまの応援が何よりのごほうびです。どうぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

だいたい誰が選んでも似た感じになるベストイレブンよりもこういうのが面白いですよね
個人的には
     アデバヨール
Jロドリゲス エリクセン ミルナー
    フラミニ マッカーシー
ギブス コロトゥレ ロブレン ドビュッシー
     マーシャル
でしょうか
  • 2014/05/16(Fri)08:27:40
  • 編集

無題


今年はサウサンプトンとエバートンに良い選手が多かったですね!

特にロブレンにはすごく共感です。リヨンではミスが多いDFだと言われてましたが、サウサンプトン躍進の立役者だと思いました。
  • がうしょ
  • 2014/05/16(Fri)21:23:23
  • 編集

無題

森さん>
センターがシブいですね。

がうしょさん>
ロブレン、うまくプレミアリーグになじめましたね。トッテナムの選手が適応に時間がかかったのに対して、セインツはスムーズです(ガストン・ラミレスは苦労していたようですが)。そのあたりにも、監督力あるいはクラブの力みたいなものが働いているのかもしれません。
  • makoto
  • 2014/05/17(Sat)16:04:33
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ