難しい…プレミアリーグ優勝クラブ&トップ4大予想!【開幕直前バージョン】

マンチェスター・ユナイテッドはビダル、ディ・マリア、ダレイ・ブリント、ロホの獲得に動いているといわれており、アーセナルのCBやセントラルMF獲得も不透明。リヴァプールは懸案のストライカーを獲るかもしれず…と、今季のプレミアリーグ上位クラブは、半分が未だフォーメーション構築中。8月31日までに、大きな動きがあるかもしれません。そんななかで、これだ!と予想するのは非常に難しいのですが、やってみました、プレミアリーグ優勝クラブ&トップ4大予想

今回は、あくまでも開幕前バージョンということで、今後の移籍市場の動きで大きく戦力が変われば、あらためて「確定版」を出させていただければと思います。ポイントは、マンチェスター勢をどこまでプラス評価するのかと、若手や発展途上の選手を多く獲得したリヴァプールをどうみるのか、でしたが、まずは優勝から5位までの並びを見ていただきましょう。こちらです。

優勝→チェルシー
  キープレーヤー/ジエゴ・コスタ、セスク、オスカル
2位→アーセナル
  キープレーヤー/エジル、アレクシス・サンチェス、アルテタ
3位→マンチェスター・シティ
  キープレーヤー/ヤヤ・トゥレ、マンガラ、ヨヴェティッチ
4位→リヴァプール
  キープレーヤー/コウチーニョ、ヘンダーソン、デヤン・ロブレン
5位→マンチェスター・ユナイテッド
  キープレーヤー/マタ、フィル・ジョーンズ、バレンシア

悩みに悩んだ末、優勝予想は2年連続でチェルシーです。昨季、こと攻撃においては大いに試行錯誤していた状態ですら、マンチェスター・シティをダブルで屠り、アーセナルから6点を奪うなど、プレミアリーグ上位対決での強さは出色でした。今現在、プレミアリーグでいちばん強いのはこのチームでしょう。ホーム&アウェイもしくは一発勝負で決着をつければ、スペインの3強やバイエルン相手でも「自分たちのサッカー」で勝ち負けに持っていけるプレミアリーグ唯一のチームであることは、昨季のチャンピオンズリーグ準決勝進出が証明しています。懸念があるとすれば、「ストークやサンダーランドに先制されたとき、きちんと勝ち点3が獲れるか」ですね。ラッキーパンチを喰らって前半0-1で折り返す、という試合は、どんなに強いチームでもときどきありますが、昨季のチェルシーは、0-0や0-1のまま進んだゲームで勝ち点1に終わることが多いチームでした。

これに加えて気になるのは、「ジエゴ・コスタ不在時の得点力」「ランパード離脱の影響」「モウリーニョ監督のしゃべり過ぎ」です。ランパードについては主にメンタル面。戦力的には、昨季もレジェンド抜きの試合は数多く経験しているので、大きなレベルダウンはないでしょう。セスクが活躍すれば完璧ですが、空回りしたとしても、ラミレス、マティッチ、ウィリアンで何の不満もありません。オスカルがもっとゴールを決めてくれるようになり、アザールとジエゴ・コスタへのマークが分散されれば、欧州でももうひとつ上を狙えるかもしれません。

チェルシーに続く2位には、アーセナルを指名しました。これにはちょっとした条件をつけましょう。ラムジーに長期離脱がなく、エジルが2年めのプレミアリーグで実力どおりのプレイができれば、です。グーナーのみなさんには、却って反論をいただくかもしれませんが、この2つさえ満たせば、守備的な中盤とCBの補強がなくてもいけると思っているぐらいです。昨季のいいところをそのまま持ち込んで戦えるうえに、前線にオプションが増えたのは大きいでしょう。ドビュッシーはサニャに引けをとらず、アレクシス・サンチェスの加入とヤヤ・サノゴの成長で、ジルーの不在もカバー可能。ロシツキやポドルスキをどこで使おうかというもったいない悩みを抱えそうです。コミュニティ・シールドで幸先いいスタートを切ったヴェンゲル監督のチームは、今季こそ最後まで優勝争いに絡むとみます。

3位はプレミアリーグのディフェンディングチャンピオン、マンチェスター・シティ。彼らの連覇はないのではないでしょうか。ヨヴェティッチの好調は、新戦力を獲得したぐらいのインパクトだと思いますが、ポルトから来たフェルナンドは、プレシーズンマッチを見る限り、しばらく苦しみそうです。積み上げのなさに加え、大きな懸念は2つで、ひとつめは「昨季すごすぎたヤヤ・トゥレが、今季も同じような活躍ができるかどうか」。そしてもうひとつは、ヤヤ・トゥレ、ダヴィド・シルヴァ、アグエロ、コンパニの四天王がどこかひとつでも抜けると、見た目でわかるくらい、クオリティが下がってしまうことです。

ロジャース監督、ヴェンゲル監督、モウリーニョ監督に比べて、ペジェグリーニさんは選手からのリスペクトコメントが明らかに少ないんですよね。あまり明るいとはいえないキャラを見るにつけ、モチベーターとしての能力はプレミアリーグのトップ10に入れないのではないかと思います。好調時は最強ですが、一度沈むと引きずってしまいそうなチームの雰囲気も、プレミアリーグ王者を2位以内に入れにくい理由のひとつです。

さて、注目のリヴァプールですが、昨季準優勝クラブを4位に下げたのは、「ロジャース監督がチャンピオンズリーグのある生活を過ごしたことがない」からです。FKやドリブルという個人の打開力でチームを救ってくれていたプレミアリーグ得点王の離脱と、チャンピオンズリーグ出場によって強いられる初めての本格的なターンオーバーというやっかいな宿題が、思いのほかロジャース監督を苦しめるような気がしてなりません。とはいえ、デヤン・ロブレン加入による守備力の向上、コウチーニョのコンスタントな活躍、スアレス不在を忘れさせるようなスターリングの大成長がすべて揃えば、昨季同様に優勝争いに食い込む可能性も充分。このチームがどういう立ち回りを演じるかが、今季のプレミアリーグの流れを決めそうです。

そして、マンチェスター・ユナイテッドは5位。サポーターとしては、ポーズだけでも優勝や2位に置きたいところですが、考えれば考えるほど、4位以内に入る絵が描けません。もし、プレミアリーグが、トッテナムを含む6チームの総当たり戦だけなら、マンチェスター・ユナイテッドは2位に入る可能性もあると思います。ファン・ハール監督が来て、チームは確実に強化されています。今季は、ダービーでもオールド・トラフォードでは勝てるかもしれません。

しかし、現状のマンチェスター・ユナイテッドは、「38試合を戦える組織ではない」と思います。中盤から後ろにケガ人がでれば、一気に弱体化。ルーク・ショーはやってくれそうですが、マタの守備と右サイド後方の穴は、プレミアリーグ上位対決では大きな狙われどころとなりそうです。8月末までに戦力強化が実現すれば、そこで初めて4位以上が見えてくるでしょう。

最後になりますが、トッテナムとエヴァートンの一角崩しはないと思います。彼らのリスクは、木曜日開催のヨーロッパリーグ出場です。昨季、ヴィラス・ボアス監督がEL直後のゲームで苦しんだように、ポチェッティーノさんもマルティネスさんも、疲れの抜けきらないチームの舵取りに苦慮して、相当数の勝ち点を落としてしまうのではないでしょうか。

以上、「プレミアリーグ優勝クラブ&トップ4大予想」でございました。すみません、これはぜひ、「8月31日バージョン」もやらせてください。数試合観てから予想する、というのも後出しジャンケンみたいで気持ちが悪いお話ですが、何しろ移籍市場は8月末までですので。ともあれ、プレミアリーグは、いよいよ明日開幕です!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

グーナーとしては、アーセナル1位もあります!と言いたいところですが、たまにはラムジーとウィルシャーが怪我なく一年間頑張ってくれたら…という条件付きですかね(^^;
  • べんげる
  • 2014/08/15(Fri)09:46:05
  • 編集

無題

リバプールファンですが私も同じような順位予想です!!でもロジャースがターンオーバーを渋って主力をコンディションの悪いまま試合を続けると、CLもPLも微妙な結果でユナイテッドとの順位も変わると思っています。なんにせよファンハールというのが怖いです(笑)
  • ルーカスLOVE
  • 2014/08/15(Fri)09:58:06
  • 編集

コメントありがとうございます。

べんげるさん>
ラムジーがケガするかしないかは大きいですね。彼ひとりで、勝ち点が6ぐらい変わるのではないでしょうか(大げさですかね)

ルーカスLOVEさん>
そうなんです。ロジャース監督、新たな試練です。相当優秀な監督なので、あっけなく解決してしまうかもしれませんが。
  • makoto
  • 2014/08/15(Fri)10:43:51
  • 編集

無題

トニー・ピューリス監督…クリスタルパレス、急転直下ですね…
  • ASAP
  • 2014/08/15(Fri)11:22:57
  • 編集

順位予想楽しみにしてました

やっぱりチェルシーですよね
チェルシーは上位対決の成績が良く、モウが結果を残せないとは思えません
アーセナルは良い守備してると思ったらシティ、リバプールに大量失点してます
失点を減らすことが課題だと思います
シティは昨季得点失点のバランスが一番良かったです
昨季優勝したんでモチベーターとしての能力が低いとは思えません
リバプールはClとの両立は困難で、ポッド4ですから強豪との対戦は避けられないのではないでしょうか
ユナイテッドはプレシーズン好調でしたね
好調でしたが選手の質がやや劣り、補強しないなら厳しい戦いになるでしょう
これだけ色々書いて結局順位予想は一緒です(笑)
  • ぷれみあふぁん
  • 2014/08/15(Fri)12:28:22
  • 編集

無題

好評価ありがたいですが現実問題守備の補強をしないと
3~5位あたりだと思いますね。補強頼む!
  • アーセナル
  • 2014/08/15(Fri)12:43:22
  • 編集

無題

チェルシーファンなので優勝予想嬉しいです!
チェルシーにあと少しだけプラスするとしたら何か必要なものはありますか?
  • チェルたに
  • 2014/08/15(Fri)13:33:12
  • 編集

無題

スリーセンターの噂本当でしょうか?ラムジー、ウイルシャー並べたら推進力凄いけど、同時に離脱とかあり得そうで怖い<(。>д<)
人員過多の二列目の枠減るし、あり得ないかな?
けどジャックにチャンス与えるとか何とか…
  • グナ
  • 2014/08/15(Fri)14:06:29
  • 編集

無題

ガナの2位はないかな(笑)
スパーズサポだからガナサポの皆さん許してね
  • 明日エコト
  • 2014/08/15(Fri)15:28:21
  • 編集

無題

やはりチェルシーとシティの金満コンビは抜けてますよね。
リバプールはCFを補強できれば案外いけると思います。
ユナイテッドはファンハールが一年目ってのが気がかりですよね。
アーセナルは僕の中では五位だと思ってます。ファンの方すいません。
やはりシティ、リバプール、チェルシーにボコられまくったと昨シーズン上位相手に全く勝てなかったので勝負弱いと思ってます。
でも本当に難しいですね笑
過去最高の混戦具合じゃないでしょうか
  • あああ
  • 2014/08/15(Fri)16:43:04
  • 編集

無題

c / Chelsea
2 / Man City
3 / Arsenal
4 / Man Utd
5 / Everton
6 / Liverpool
7 / Spurs
8 / Sun'land
  • Joe
  • 2014/08/15(Fri)21:16:33
  • 編集

無題

リヴァプールサポですが、
今年のアーセナルは正直怖いです…笑
  • まゆげ
  • 2014/08/15(Fri)22:59:13
  • 編集

無題

じつは昨シーズン、シティで1番抜けると勝率が低かったのがフェルナンジーニョなんですよ。なんと勝率20%まで下がってます。
後半戦はアグエロやコンパニはいなくても案外なんとかなった印象はありますね。
  • 名無し
  • 2014/08/16(Sat)01:23:19
  • 編集

コメントありがとうございます。

チェルたにさん>
戦力的には申し分ないでしょう。成長著しいシュールレをうまく使えればいいんじゃないでしょうか。ジエゴ・コスタ不在時には、「シュールレ偽トップ戦術」がいちばんいいのではないかと思うくらいです。この場合は、前線に飛び出す選手が2列目にほしいので、サラーをうまく使えたりするといいですね。

アーセナルさん グナさん まゆげさん>
スリーセンターにはせず、ジャック・ウィルシャーの2列目起用を増やす、というのはありそうです。守備の問題については、「主将に指名されたアルテタが復活して、昔みせていた鬼インターセプトを連発して解決」というのは楽観的にすぎるでしょうか。キャリックの復活&レベルアップを体験したものとして、環境の変化で化ける選手がいることを信じている次第です。その意味では逆に、昨季絶好調すぎたヤヤ・トゥレが、今季おとなしくなってしまう」という可能性もまた、あると思っています。いずれも根拠なしなので、記事では書きづらいのですが。

ぷれみあふぁんさん>
ありがとうございます。マンチェスター・ユナイテッドは、戦力増強できるかどうかですので、まさに「8月勝負」です。

Joeさん>
間違いなく、私の予想より当たりそうです(笑)

名無しさん>
なるほど。それは知りませんでした。だとすると、フェルナンジーニョとフェルナンドをどう使うか、「ダブル・フェルナン問題」は結構デリケートですね。

あああさん 明日エコトさん>
アーセナルの「上位に惨敗」の印象は強いですから、2位なんて無理というご意見もわかります。ただし、このチームは、いちばんプラス要素が多いんですよね。今のところ、主軸抜けなし、めぼしい負傷者なしできているのは、彼らだけですから(コシールニーは大丈夫だったんですよね?)
  • makoto
  • 2014/08/16(Sat)10:26:16
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ