あのロナウジーニョにオファーを出した「イングランド6部クラブ」ってどんなとこ!?

ベイジングストーク・タウンというクラブをご存じでしょうか。私も、このたびの「ロナウジーニョへオファー」というニュースを聞くまで、このクラブの存在は知らなかったのですが、プレミアリーグははるか上の上、イングランドの6部にあたる「カンファレンス・サウス」で3位につけているクラブだそうです。どこまでマジメで、どこから話題作りなのかは何ともいえませんが、ロナウジーニョの代理人である兄のロナウド・アシス氏に連絡をとったというサイモン・フッド会長は、こんなコメントを残しています。

「彼がサッカーの世界に復帰するのにベイジンストーク・タウンはいいチョイスだと思う。ロナウジーニョに来てもらえれば、イングランドにおけるノンリーグのフットボールシーンが素晴らしいものになるだろう」

アトレティコ・ミネイロと揉めて退団し、新しい職場が決まっていなかったロナウジーショに対し、「あれだけの才能が、サッカーをできる場がないのはいかがなものかと思った」というのが大義名分のようですが、さすがにこのオファーは実現せず、ロナウジーショはメキシコ1部リーグのケレタロFCに移籍しました。こちらのクラブも多分に怪しいクラブで、昨年の春、2部降格が決まったケレタロのオーナーは、1部に残留したあるクラブを買収。こちらに「ケレタロ」の名前をつけてホームタウンを移転させるという反則技を使って、現在もメキシコのトップリーグに所属しているクラブです。結果的にロナウジーショが選んだ働き口も、ビミョーなクラブだったことを考えれば、ベイジングストーク・タウンのオファーは、プレミアリーグでいえば「ガナーズが年棒が折り合わずにケディラを断念。惜しい!」というぐらいの大健闘だったのかもしれません。実際のところはわかりませんが。

さて、この話でそもそも気になるのは「イングランド6部ってどのくらいのレベルなの?」ということだったりしますが、やはりすごいんです、母国は。イングランドサッカーは、プレミアリーグを頂点に、何と24部まであるんですね。全国リーグは5部までで、6部はノースとサウス、7部はノーザン、サザン、イスミアン。8部になると、「ノーザンのノースとサウス、サザンのセントラルとサウス&ウエスト…」と6エリアに分かれており、つまり6部以下は地域リーグということになります。なかなかたとえが難しいのですが、ベイジングストーク・タウンのいる場所は、Jリーグの感覚でいえば、「もうすぐJ3」といったところでしょうか。すみません。これもピンときませんね。

イングランドの下部リーグ所属のクラブが、ビッグネームにオファーを出すというのは、数年に1回は起こる恒例のお話で、過去にも元オランダ代表のダーヴィッツや、ガスコイン、ジーコと同世代のソクラテス(入団時50歳!)といった面々が、地域リーグのクラブと契約を交わしています。これだけ聞くと、「そんな金がどこにあるの!?」と思う方もいらっしゃるでしょうが、多くの場合は「監督兼任」あるいは「最短1日の超短期契約」。既に第一線を離れた元選手であれば、プレミアリーグのような「移籍市場のオープン期間中に交渉する」といったルールや手続きに縛られる必要もないので、みなさんガツガツいってらっしゃるようです。

ちなみに、イングランドでは、4部や5部のクラブの選手でも、年収500万~1000万の選手がゴロゴロいる状態。このレベルでも、Jリーグと同じような規模の経営が成立していると聞くと、その裾野の広さにあらためてびっくりします。そういえば先日、キャピタルワンカップでマンチェスター・ユナイテッドに4-0と圧勝したミルトン・キーンズ・ドンズのホームスタジアムには、プレミアリーグのクラブが来るということもあって、2万人を軽く超えるサポーターが集まってましたね。

イギリスは、リヴァプールぐらいの規模の街でも、日本のような多種多様な娯楽施設はありません。パブと呼ばれる居酒屋&喫茶店のような機能はあっても、カラオケもゲーセンも遊園地もなく、ファーストフード店も地域ごとに数えるほどしかありません。SMAPやAKB48にお金を費やす人もおらず、ゴルフに1回1万円以上かけることもなく、野球や大相撲のようなライバルのプロスポーツもなく。つまりはサッカーにかけるお金と時間のウエイトが高いんですね。旦那をサッカーに取られてほったらかしにされる奥さんを指す「Football Widow(フットボール・ウィドウ=サッカー未亡人)」なんていう言葉があるぐらいの国ですから。6部といえども、こんなサッカー王国の「上位組織のクラブ」なら、元代表のエースとはいえ、34歳で峠を過ぎたひとりのブラジル人選手に声をかけるぐらいは、騒ぐほどのことではないのかもしれません。何しろ、補強候補のリストを見たら、ロナウジーニョの名前があったわけですから。実際に動くかどうかはともかく、連絡してみたくなる気持ちはわかりますよね!?


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

リバプールってそんな街なんですか。ビックリです。因みにマンチェスターはどんな街かわかりますか?
  • ジャンパー
  • 2014/09/08(Mon)10:49:42
  • 編集

コメントありがとうございます。

ジャンパーさん>
リヴァプールは、マテューストリート界隈にはライブハウスやクラブのような店があり、海のほうにいくとミュージアムがあるなど、ミニ横浜・ミニ神戸な雰囲気です。マンチェスターは、リヴァプールよりも中心街の規模が大きく、建物の高さが違います。ライブハウスやミュージアム等も、リヴァプールより数は多いのではないでしょうか。

一方で、リヴァプールは、ビートルズを記念した店やアトラクションが多いという魅力があります。街を訪れたら、大聖堂、海まわり、マテュー・ストリート、パブはおさえておいたほうがいいでしょう。そしてもちろん、アンフィールドやグディソン・パークも。オールド・トラフォードとエティハドはかなり離れていますが、マージ―サイドの2つのスタジアムは歩いて行ける距離です。
  • makoto
  • 2014/09/08(Mon)11:48:39
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ