欧州で「代表選手が最も多いクラブ」はチェルシー…ハイレベルの選手が集うプレミアリーグの課題

FIFAのデータを管理しているスイスのスポーツ研究国際センターによると、欧州のトップリーグにおいて、2014年に代表でプレイした選手が最も多いクラブは、モウリーニョ監督の采配でプレミアリーグ首位を走るチェルシーなのだそうです。このクラブの代表選手率は78.3パーセント。アブラモヴィッチオーナーのクラブは補強上手で、絶対に欲しい戦力獲得となると、他のクラブと競合しても負けません。

2位のレアル・マドリードが77.3%、バルセロナが3位で73.1%とスペイン勢がチェルシーの後に続き、73.1%のバイエルン・ミュンヘン、71.4%のドルトムントとブンデスリーガ勢が4位、5位。以下、マンチェスター・シティ、リヴァプール、アーセナル、パリ・サンジェルマン、ゼニトが続きます。セリエAトップは11位のACミラン。財政的に厳しいクラブが多く、バリバリの代表選手をスタメンに揃えられないイタリアの主要クラブは、このデータでも他国のリーグを下回る結果となっています。

ここまでの数字や順位をみると、「代表選手比率が高いクラブがトップ10に4つも入っているプレミアリーグはやはり豪華」と思われる方が多いでしょう。事実、リーグ別ではプレミアリーグが43.5パーセントでトップとなっており、34.1パーセントのブンデスリーガが2位。3位には26.2パーセントのロシア・プレミアリーグが入り、4位以下はセリエA、リーグ・アン、リーガ・エスパニョーラの順です。

しかし、このデータを別な角度から眺めると、「プレミアリーグはクラブで育成している若手選手、とりわけ自国出身のプレイヤーがベンチに入っておらず、外国人の代表クラスの選手への依存度が高い」ということなのかもしれません。今季のチャンピオンズリーグに出場した選手を出身国別にみると、1位はスペイン人の75人、2位はブラジル人で68人、3位はドイツ人の51人。イングランドの選手はわずか21人となっており、選手層が厚い上位3国に大きく後れをとっています。スペインには、「選手層が厚すぎるために代表に入れない好選手」「他国リーグで活躍する代表レベル」が多いという言い方もできるでしょう。イングランドは、いずれも少ないのが現状です。

チェルシーは、代表選手でトップクラブを固めつつ、若手選手の多くをプレミアリーグの中堅クラブや他国のリーグにレンタルしており、彼らは必ずしもイングランド人ばかりではありません。プレミアリーグにはホームグロウン制度があり、チャンピオンズリーグにも自国育成選手をリストアップさせるルールがあるので、欧州のトップクラブには一定の自国選手が「在籍」しているわけですが、プレミアリーグにおいては彼らが「戦力」なのかどうかは微妙です。ここまでの話をまとめると、こんなところでしょうか。

旬の代表選手を獲得するのがうまく、層も厚いチェルシーは、トップチームの水準に満たない若手をレンタルで修業させながら、芽が出た選手を引き上げるといったチーム運営をしている。フランスの選手の青田買いを推進して成功したヴェンゲル監督の手法を全方位的に展開したチェルシーに他クラブも倣っているが、自国育成選手は必ずしもイングランド人選手ではなく、サッカーの母国出身の選手が育たないという課題には解決の兆しが見えない」

私がイングランド人選手の層が薄いことを気にしているのは、国内からいい選手が出てこないとリーグ全体のレベルが下がってしまい、今は繁栄しているプレミアリーグもつまらないといわれ出し、セリエAの二の舞になるのではないかと危惧しているからです。ロス・バークリー、スターリング、ジェームズ・ウィルソン、チャンバース、ライアン・メイソン、ハリー・ケイン…トップクラブで活躍するイングランド人選手が、さらに出てきてくれることを願っています。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

This is why I love Man Utd

やっぱり、イギリス人を起用しつつ、足りない部分を外国人選手で補う、という方針のまま勝ちまくってほしい!
  • 2014/12/19(Fri)08:06:13
  • 編集

無題

メイソンとケインは羨ましい人材です…
というか、u21の試合がここ三ヶ月全くないんですよね…FAは自国の選手育てる気があるのかわかりませんよ。
  • リバサポ
  • 2014/12/19(Fri)12:59:58
  • 編集

無題

更新お疲れ様です。
イングランドの若手の選手は海外のチームに移籍することがあまりないですよね。ローンで出すとしても下位チームかチャンピオンシップ。
国内ではどうしても出場の機会が限られてきます。ビッククラブだと特に。
ホームグロウンの制度も見直す必要はありますが、海外でのチャレンジをもっとしてもいいと思います。国民柄仕方のないことかもしれませんが…
代表選手に国外のクラブ所属の選手がいないトップクラスの国ってイングランド以外ないような気がします。
  • にわかスパーズファン
  • 2014/12/19(Fri)14:18:46
  • 編集

無題

このランキングではかなり上位にいるレッズなのにリーグでは・・・(涙

そういう意味では実力ある選手が多いはずなので、しっかりチームが出来上がれば、まだまだ上位に食い込んでいけるのかなー?と少し期待しておきます。
  • 2014/12/19(Fri)18:21:55
  • 編集

コメントありがとうございます。

あ さん>
何人か、おもしろい選手がいますよね。成長が楽しみです。

リバサポさん>
確かに。メイソンは化けるかもしれないのに…。

にわかスパーズファンさん。
アシュリー・コールをはじめ、複数のプレミアリーグOBが同じことを指摘していました。同感です。

ご さん>
これだというスタイルが見つかれば、逆襲できると思います。スタリッジとバロテッリがゴールを量産している姿を見たいです。
  • makoto
  • 2014/12/19(Fri)20:33:28
  • 編集

無題

ドイツは外国人枠を廃止しドイツ人枠を設けたことが代表強化に寄与したと言われていますので、
プレミアもこれに準じた英国人枠&自前育成枠を設けるのが良いのかも。

現状17人まで契約出来る非HG枠を11人以下に縮小してシニア枠の半分以上を英国人枠+HG枠とし
そのうち半分程度を自前育成選手にしなければならないとかにすれば、全てのクラブが若手の育成&起用に
力を入れざるを得なくなるのでは。
  • ゆうま
  • 2014/12/19(Fri)21:27:30
  • 編集

コメントありがとうございます。

ゆうまさん>
ホームグロウンの定義に「英国人枠」を新設するのはいいかもしれませんね。ブラジル、フランス、オランダ、ドイツ、スペインの若手を育成しているだけではダメですよ、と。
  • makoto
  • 2014/12/21(Sun)10:21:39
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ