「最も利益を上げているユースアカデミー」欧州No.1は何とサウサンプトン!

ガレス・ベイル、セオ・ウォルコット、アレックス・オックスレイド=チェンバレン、アダム・ララナ、ウェイン・ブリッジ、ルーク・ショー、そしてあのアラン・シアラー。彼らの共通項は、同じユースアカデミーから一流選手へと成長したこと。そう、今季プレミアリーグでチャンピオンズリーグ出場権を狙えるところまできたイングランド南端のクラブ、サウサンプトンです。このたび、欧州サッカーの研究機関「CIES(スポーツ研究国際センター)」が調査・レポートしたところによると、サウサンプトンは2012年夏以降、欧州の「"Most profitable youth academies"」だそうです。最も利益を上げているユースアカデミー。プレミアリーグのみならず、欧州でトップというのは驚きでしたが、昨夏の移籍市場においてチャンバース、ルーク・ショー、ララナだけでいくら懐に入ったかを考えれば納得です。サウサンプトンが、この3年の移籍市場で売り上げた額は、9000万ユーロ(約118億2000万円)になるそうです。

とはいえ、最近のセインツをほめるべきは、育成力の素晴らしさもさることながら、つい先日までプレミアリーグ4位につけていたことのほうかもしれません。このランキングが示しているのは、「いい選手をどれだけ育てているのか」だけでなく、「生え抜きの主力をどれだけ抜かれているのか」でもあるわけですね。ちなみに、ランキング2位以下はリール、レアル・ソシエダード・サンセバスチャン、セビージャ、ボルシア・ドルトムントと続きます。セインツが「プレミアリーグ主力選手ファクトリー・イギリス本社」だとすれば、アザール、ドビュッシー、オリギを出したリールがフランス支社、ヘスス・ナバス、アントニオ・ルナ、アルベルト・モレノらのセビージャがスペイン支社といった趣です。3位のレアル・ソシエダは、最近はセビージャにプレミアリーグのお得意様の座を奪われつつありますが、以前はバスク人のアルテタとシャビ・アロンソをいただいていますので、こちらもなかなかのものです。

【最も収益性の高いユースアカデミーランキング】
1位/サウサンプトン(プレミアリーグ)       9020万ユーロ
⇒主な育成選手:ララナ、チャンバース、ルーク・ショー
2位/リール(リーグ・アン)            7600万ユーロ
⇒主な育成選手:ドビュッシー、アザール、オリギ
3位/レアル・ソシエダ(リーガ・エスパニョーラ)  6220万ユーロ
⇒主な育成選手:グリーズマン、イジャラメンディ
4位/セビージャ(リーガ・エスパニョーラ)     5150万ユーロ
⇒主な育成選手:ヘスス・ナバス、ルイス・アルベルト、アルベルト・モレノ
5位/ドルトムント(ブンデスリーガ)        4350万ユーロ
⇒主な育成選手:ゲッツェ、ギュンター、ギンチェク
6位/レアル・マドリード(リーガ・エスパニョーラ) 4300万ユーロ
⇒主な育成選手:カルバハル、モラタ、グラネロ、カジェホン
7位/バルセロナ(リーガ・エスパニョーラ)     3880万ユーロ
⇒主な育成選手:チアゴ・アルカンタラ、ボージャン・クルキッチ
8位/レンヌ(リーグ・アン)            3360万ユーロ
⇒主な育成選手:バカヨコ、ブラヒミ、テオフィル=カトリーヌ
9位/モンペリエ(リーグ・アン)          3350万ユーロ
⇒主な育成選手:レミ・カベラ、スタンブリ、ヤンガエムビワ
10位/サンテティエンヌ(リーグ・アン)       3280万ユーロ
⇒主な育成選手:ゴーラム、クル・ズマ、ギラヴォギ
11位/スウォンジー(プレミアリーグ)        3160万ユーロ
⇒主な育成選手:ジョー・アレン、ベン・デイヴィス
12位/バイエルン・ミュンヘン(ブンデスリーガ)   3110万ユーロ
⇒主な育成選手:トニ・クロースエムレ・ジャン、コンテント
13位/マンチェスター・ユナイテッド(プレミアリーグ)2870万ユーロ
⇒主な育成選手:ウェルベック、マイケル・キーン、マット・ジェームス
14位/パリ・サンジェルマン(リーグ・アン)    2520万ユーロ
⇒主な育成選手:サコ、シャントメ、アントワーヌ・コント
15位/ジェノア(セリエA)             2450万ユーロ
⇒主な育成選手:エル・シャーラウィ、ボアチェ、ラザレヴィッチ

このランキングにおいても、レアル・マドリードとバルセロナはちゃっかり上位に居座っています。TOP15のうち、フランスが5クラブ、スペインは4クラブ。プレミアリーグは3つ入ってはいるものの、サウサンプトン以外は売った選手の顔ぶれが地味です。ホームグロウン制度が敷かれてからというもの、イングランド人、ウェールズ人の選手が実力以上に高値になっている感があり、いい選手を海外に出しているスペインやフランスに比べると、国内取引を積み上げているプレミアリーグは迫力不足。お金を儲ける話と使う話では、いつも上位の半分はプレミアリーグなわけで、これで強くなければカッコ悪いですね。メッシ、クリスティアーノ・ロナウド、スアレス、ハメス・ロドリゲスなど、超大物を獲得しているスペイン2強は別格だとしても、ブンデスリーガやリーグ・アンのクラブには負けられない状況です。

先日、パリ・サンジェルマンにチェルシーが負けたのは、欧州のTOP5に入る実力があるクラブが早期にぶつかってしまっただけで、今回はあちらのほうがいいサッカー、いい戦術だったという見立てですが、問題はチェルシー以外のクラブです。スペイン3強とバイエルン・ミュンヘンがTOPグループ、パリ、チェルシー、ユヴェントス、ドルトムント(彼らは復活するはず)あたりがセカンドグループだとすると、アーセナルやマンチェスター・シティはさらにその下。プレミアリーグの上位クラブは、今のままではセビージャ、バレンシア、ビジャレアル、シャルケ04、レヴァークーゼンにも勝てないのではないかと思われます。

話がそれました。戻しましょう。これからプレミアリーグが巻き返すためには、若い選手の育成が大事だと思います。スペインのクラブが育てた自国のいい選手は、一流は国内のトップクラブへ。その下の選手と、トップクラブでゆえあってあぶれた「お下がり」がプレミアリーグに流れており、逆にプレミアリーグでトップクラスに駆け上がった選手は、国籍問わずスペインに持っていかれています。これでは、勝てません。時間はかかりますが、数年後には、イギリス各地のアカデミーから欧州トップクラスのイングランド人選手が輩出され、プレミアリーグの層が厚すぎるのでやむなくスペインに修業に出る選手が続出、といった状況になっていることを願います。

2006-07シーズンから3季連続でチャンピオンズリーグのベスト4に3クラブが残っていたプレミアリーグの凋落は、イングランド代表の頭打ち感と無縁ではないでしょう。ウォード=プラウズら若手がまだまだ控えている本家セインツはもちろん、最近、アカデミーに力を入れているチェルシーとマンチェスター・シティ、そして以前はいい選手を育成していたマンチェスター・ユナイテッド、リヴァプールなどトップクラブには、ぜひ次世代育成をがんばっていただきたいものです。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

やっぱり何処の国の人も自国人選手の活躍を見たいよね

昨年夏のツール・ド・フランスはイギリスでスタートし三日間レースが行われましたが
関係者が「これほどの観客が押し寄せた過去に例がない」という盛況ぶりで、近年の
イギリスでの自転車人気の高さを伺わせます(三日間で500万人が沿道で観戦したとか)。
それというのもイギリスが国を挙げての選手育成が大成功し、イギリスが世界的な
自転車強豪国へと上り詰めた結果です。

イタリアでも「セリエAの人気が落ちたのは外国人選手ばかりになったからだ」と
言われていますし、アメリカや日本の女子ゴルフは上位にアジア人選手がズラリと
並ぶようになった頃から人気が急落しています。

もし今後プレミアリーグから英国人選手の姿が消えていき、イングランド代表が凋落したら
イギリスでのサッカー人気が落ち、英国国内の放映権料が暴落しプレミアの放映権
バブルが終わる可能性も十分考えられます。

前にも書いたかと思いますが、プレミアもドイツに習って英国人枠&自前育成枠を創設し
どんなクラブも英国人の育成&自前育成無しではやっていけない様にすべきだと思います。
  • ゆうま
  • 2015/03/14(Sat)22:01:06
  • 編集

コメントありがとうございます。

現在はホームグロウンが該当する制度なのだと思いますが、今、いきなり制度改革を先に立てれば、プレミアリーグのクラブはより弱くなるだけのように思います。FAが、国内の選手の育成強化により力を入れるなり、国全体として取り組まないと難しいでしょうね。
  • makoto
  • 2015/03/15(Sun)05:24:39
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ