アドフォカート新監督はサンダーランドを救えるか!? プレミアリーグ残留レース最新事情

16日に、足元が怪しかったサンダーランドのポジェ監督がついに解任されました。 年明けのプレミアリーグ10試合で1勝3分け6敗、ここ6試合勝利なし。降格ラインの18位バーンリーと勝ち点1差では、笛吹けど誰も踊らないモードに突入してしまった熱血監督のレッドカードもやむなしでしょう。クラブは早くから後任探しに動いていたようで、翌日、新監督にディック・アドフォカートが就任したと公式サイトで発表。今季プレミアリーグ終了までのショートリリーフで、イギリス紙「ガーディアン」は来季のサンダーランドはダービー監督のスティーブ・マクラーレン招聘を狙っていると報じていますが、それにしてもずいぶん「微妙な大物」を連れてきたものです。

というのは、アドフォカート監督はクラブチームでのリーグ戦実績が今ひとつで、成功は代表監督とカップ戦に集中しているからです。母国オランダをはじめ、ロシア、セルビア、UAE、韓国などを率いてきた代表監督としての実績で最も輝いているのは、1994年ワールドカップ・アメリカ大会のオランダのベスト8。「ヒディンクやファン・ハール、ファン・マル・ヴァイクは準決勝にいったじゃない!?」と思われるかもしれませんが、デニス・ベルカンプやオーフェルマルスを中心に、準々決勝でブラジルを苦しめたチームは攻撃のクオリティが高い素晴らしいチームでした。大会直前にぶつかったルート・フリットの代表辞退が残念でしたが、短期間の大会に向けて選手をチョイスし、それなりのチームを作る手腕はなかなかのものです。

しかし、クラブとなると話は別。35年に及ぶ監督キャリアで、3年以上率いたクラブはゼニト、PSV、グラスゴー・レンジャースのみ。PSVとゼニトではリーグ優勝1回とパッとせず、1980年代後半から無類の強さを誇っていたレンジャースでは、2年連続優勝なしという当時としては屈辱の結果に終わっています。華やかな実績は、2007-08シーズンのゼニトにおけるUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)の優勝ぐらい。プレミアリーグ経験がない67歳の大御所監督が、2ヵ月でクラブを立て直せるかといわれれば、首を傾げてしまいます。

これから激しくなりそうなプレミアリーグの残留レースですが、現在はレスター、QPR、バーンリーと今季昇格組が降格3枠を占めており、サンダーランド、アストン・ヴィラ、ハル・シティ、エヴァートンまでが候補でしょう。パーデュー監督のクリスタル・パレス、ピューリス監督のWBAと、1月に腕の立つ残留請負人を招いたクラブはこのグループから抜け出しており、今季は監督解任というカンフル剤が効いているクラブが多いようです。先週、サンダーランドから今季プレミアリーグで初めて4ゴールを挙げたシャーウッド新監督のアストン・ヴィラも助かりそうな勢い。私が開幕前に書いた降格予想ではバーンリー、レスター、アストン・ヴィラとしており、最近まではなかなかいいセンいっていたのですが、根拠だったポール・ランバート監督がいなくなってしまい、どうやら「大穴」アストン・ヴィラという予想は外してしまいそうな雲行きです。

オランダや韓国、PSVを率いていたときのアドフォカートさんのチームはよく見ていましたが、選手の好き嫌いがあり、限られた選手を適材適所で使うというより、自分が集めた選手でチームづくりをしたがるアドフォカート監督は結構苦労するのではないかと思います。昨季トッテナムを立て直したシャーウッド監督や、率いたクラブを降格させたことがないピューリス監督は、使い方が理由でくすぶっている選手に適切なポジションや役割を与えてチームを活性化しています。コナー・ウィッカム、ロドウェル、スティーブン・フレッチャー、カッターモール、オシェイ、ウェズ・ブラウン、アダム・ジョンソン(練習に復帰したそうです)らに加えて、1月にジャーメイン・デフォーまで獲得したサンダーランドは、降格するような顔ぶれではないはずなのに、最近はポジェ監督がいじり過ぎて、かみ合っていませんでした。こういうチームは、それこそピューリスさんのような監督のほうがうまくいくでしょう。選手を選別している余裕はなく、どう組み合わせたら最大効果を得られるかを早期に固めるのがポイントですので。

最近、チェルシーと引き分け、マンチェスター・シティを倒したバーンリーの集中力と結束力がサンダーランドを上回ると考えておりますが、どうなるでしょうか。スコット・パーカー、カカニクリッチ、ステケレンブルク、ハイティンハ、シドウェル、リーセなど錚々たるメンバーを抱え、1月まではベルバトフもいながら降格した昨季のフラムの姿と今のサンダーランドがオーバーラップします。フラムはミトログル、サンダーランドはデフォーと冬の大型補強が勝利に結びついていないのも共通項ですね。

レスターとQPRは当確、エヴァートンは勝ち点のアドバンテージを活かして逃げ切ってアストン・ヴィラは今後浮上、バーンリーはしぶとく残る…と、ここまで「サンダーランド危ない説」を続けてきましたが、実はもっとやばいクラブがあります。ハル・シティの対戦相手を並べてみましょう。チェルシー、セインツ、スウォンジー、トッテナム、マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リヴァプール。いやー、残り9試合でよくぞ最後に7つも残しました、というぐらいの上位&難敵だらけ。最後の一枠は彼らで決まり、サンダーランドは冷や汗びっしょりでセーフという着地予想です。みなさま、これからはハル・シティの奮闘ぶりにも注目してみてください。(ディック・アドフォカート 写真著作者/Aleksandr Melnikov)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

更新ご苦労様です。
サンダーランド2年連続の苦境ですね。メンバーだけ見ると降格争いをするようなチームではないのですが、、、。
ハルの方が対戦相手を見ると厳しそうですが、スリリングな時期が始まりましたね。
  • Macki
  • 2015/03/20(Fri)09:25:06
  • 編集

コメントありがとうございます。

Mackiさん>
こちらも、上位同様もつれそうです。最後までハル・シティに注目しようかと思っています。
  • makoto
  • 2015/03/21(Sat)09:01:35
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ