プレミアリーグ優勝から来季欧州へのチケットまで、カギを握るのは上位クラブのチェルシー戦!

プレミアリーグ首位のチェルシーは、残り7試合で2位アーセナルに勝ち点差7。他クラブよりも消化試合数が1試合少ないので、実質10のアドバンテージがある状態です。この数字について、一般的な表現を使うなら「独走」「優勝確実」という言葉が妥当でしょう。最終盤で、残り試合数より多い勝ち点差を引っくり返されるケースは、そうそうあるものではありません。

キャピタルワンカップ優勝以降(いや、チャンピオンズリーグ敗退以降でしょうか)、モチベーションを失ってしまったかのようなチェルシーの危ない試合運びを見るにつけ、私は「まだまだ何が起こってもおかしくない」と思っておりました。「ました」と過去形なのは、ハルシティ、ストーク、QPRに対する奇跡的ともいえる3連勝を見て、「さすがにこれは決まり」というほうに傾きつつあるからです。ここ3戦、プレミアリーグ下位のクラブ相手にシュート数で下回ることすらあったチェルシーは、いずれの試合でも前半終了時はイーブン。ハル・シティとは残り15分まで同点で、QPR戦に至っては残り5分までゴールどころか枠内シュートすらない状態。結果的には3連勝、勝ち点9をゲットしてアーセナルに差を詰められずにここまで来たものの、2戦連続で相手GKの信じられないミスで決勝点を拾ったのを見ると、「勝ち切れるのがチェルシーの強さ」という彼らの底力を語る言葉ではなく、「流れがきている。優勝に向けて追い風だ」とモウリーニョ監督が語っているような「幸運」のほうが腹に落ちる今日この頃であります。

チェルシーは、プレミアリーグNo.1の実力だけでなく、運をも手にしていました。ストーク戦とQPR戦をドローで終えていれば勝ち点差は実質6まで詰まっており、上位との対決を3つも残しているチェルシーと、シックスポインターで叩くチャンスがあるアーセナルの差は、どうなるかまったくわからなくなっていたでしょう。しかし、この2戦を勝ったことによって、ここまで2敗しかしていないチームが、残り7試合を4勝3敗でOKになりました。来週からのマンチェスター・ユナイテッド、アーセナルとの連戦は、チェルシーのプレミアリーグ優勝が決まる場になる可能性大。この2試合を首位が連敗し、実質勝ち点差4になった場合のみ、お預け。どちらかひとつ勝てば、チェルシーの優勝は確定といっていいでしょう。

さて、優勝はチェルシーだとして、赤いクラブの2位争い、チャンピオンズリーグ本大会のストレートインを賭けた3位以内の行方、そして出場権を賭けた4位までの顔ぶれはどうなるのか。これらすべてのカギを握っているのが、バトルの渦中にあるクラブが残しているチェルシー戦の結果です。2位争いは、アーセナルとマンチェスター・ユナイテッドが両方チェルシーに勝てば、彼らの直接対決で勝ったほうが2位以上。アーセナル勝ち、マン・ユナイテッド負けならアーセナルの2位が濃厚ですが、アーセナル負け、マンチェスター・ユナイテッド勝ちの場合はファン・ハールさんには「オールド・トラフォードでアーセナルに負けないこと」という条件がつきます。両方がチェルシーに負ければ、ペジェグリーニ監督のマンチェスター・シティにチャンスが巡ってきます。最終節の手前でマンチェスター・ユナイテッドがアーセナルと引き分けて、両者が残り6試合で1分け1敗となると、マン・シティは全勝すれば2位に返り咲くことができます。

そしてもうひとつ、今度はチャンピオンズリーグ出場権を巡る4位争奪戦のほうですが、今夜のゲームでリヴァプールがニューカッスルに勝てば、マンチェスター・シティとの勝ち点差は4。6位のセインツも既に5差となっており、諦めかけていた4位が再度見えてきています。リヴァプ―ルの逆転の条件は、やはりチェルシーに勝つことでしょう。レッズが6戦全勝でシーズンを終えれば、マン・シティは4勝2分け以上が必要。「4勝1分け1敗でも逆転」なら、充分ありえる話ですが、リヴァプールが負けた瞬間に3勝2分け1敗でOKとなり、これは不調のマンチェスター・シティでも楽にクリアしてしまいそうな数字です。今季最終戦で、マンチェスター・シティとセインツが「直接対決」を残していることもあり、リヴァプールが最後にどれだけ踏ん張れるかが、チャンピオンズリーグ出場権の行方を決めるポイントになりそうです。

長々と書いてまいりましたが、わかりやすさ重視でまとめると、こんな感じでしょうか。
⇒優勝はチェルシー。その次に笑うのは、チェルシーに勝った赤いチーム
⇒3つの赤が首位相手に全勝すれば、青いチームに赤信号が点滅
⇒赤が全敗すれば、青に加えて水色が笑う
どうなるでしょうか、赤と青、最後のバトル。ここからの2週間で、大勢は決します。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

更新ご苦労様です。

何だかんだで優勝はチェルシーでしょう。ただしかなり苦しむと思います。確かにドローに
なってもおかしくない試合を拾っています。優勝するクラブにはそういう要素も必要だとは
思います。それでも・・・決して万全の状態ではないでしょう。逆にアーセナルは最終盤を
ほぼ万全の状況で迎えています。この状況でチェルシーに勝てないようでは今後も苦しいと
言わざるを得ません。是非とも勝って欲しいです。

2位の座が掛かった状況でアーセナルとマン・Uが直接対決すれば激しく速く面白い最高の
試合が見れそうです。間違いなく双方の意地とプライドが交錯するでしょう。今からとても
楽しみにしています。
  • tomo
  • 2015/04/14(Tue)11:11:38
  • 編集

無題

アーセナルはリバプール戦のように前からのプレスを徹底すればチェルシーには勝機ありそうな気がします。
ケーヒル・テリー・アスピリクエタの所はちょっとプレスをかけるともたつく傾向にある(特にセスクをトップ下に上げた場合)ので、ラムジー右サイドでテリー・アスピラインをつつくと面白いかなと。

ユナイテッドはキャリックの出場可否とそれに伴うファンハールの采配次第かなと。またルーニーの中盤起用とかしなけりゃいいけど…。
あとはコスタがいないので最終ラインのミスもそこまで目立たずに済むかなと。大ポカしなけりゃですが…。
  • パチ
  • 2015/04/14(Tue)14:25:54
  • 編集

コメントありがとうございます。

tomoさん>
チェルシーは、ここから3連敗してもおかしくありません。アウェイのレスターは危険です。そうなるとおもしろくなるのですが…まずは2位と3位が勝てるか、ですね。

パチさん>
ラムジー右サイドは、過去はあまり機能しなかったことが多かったので、バクチですね。それでも今回は、アーセナルはいけそうな気がします。マン・ユナイテッドは、おっしゃるとおりキャリック次第ですね…。
  • makoto
  • 2015/04/14(Tue)15:16:48
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ