プレミアリーグ脱出は正解!最終戦で1ゴール2アシストの香川真司、いざカップ戦ファイナルへ!

プレミアリーグより1日早く全日程を終了したブンデスリーガより、日本人選手の爽快なニュースが入ってきました。香川真司は、マンチェスター・ユナイテッドを離れて正解でした。 いや、むしろ、こういう表現のほうが適切かもしれません。「香川真司を復活に導けたクラブは、ドルトムントだけだった」。2014-15シーズンの開幕前に香川真司をマタの控えと既に見切っていたファン・ハール監督の下では、トップフォームに戻ったとしてもスタメン出場はなかったでしょう。それどころか、ディ・マリア、ファン・ペルシ、ファルカオらがベンチにいる時間が長かったチームでは、遠征に帯同させてもらえなかったかもしれません。自分の適性を活かしてもらえるポジションすらなかったチームを離れる決断をした日本代表MFは、2年ぶりにドルトムントに帰還。9月13日のフライブルクとの復帰戦でさっそくゴールを決め、クロップ監督のサッカーなら当然のようにトップ下でゴールを量産するものと思われました。

しかし、ここからがひどかった!ドルトムントも、香川真司も自らのストロングポイントをすっかり忘れて泥沼にはまってしまいました。香川の不調の2大要因は、レヴェンドフスキがいなくなっていたことと、自らのメンタルコンディションの悪さだったのではないでしょうか。プレミアリーグにチャレンジする前の香川真司は、強引なシュートが多いながらも前線でタメが作れて周囲が使えるレヴァンドフスキがいたからこそ、自信を持ってゴール前に飛び出していたのだと思います。今季、序盤戦で前線にいたアドリアン・ラモスやインモービレは、縦を急ぎ過ぎてつぶされることが多く、香川が上がってきたときには既に相手にボールが渡っているシーンが目立ちました。

前で待っていてもボールが来ないため、下がってつなぎに入ると、この動きを狙われてボールロストする場面が増え、香川真司の評価は日を追うごとに下降します。いいプレイができていないという自信のなさは、ただでさえ少なかったゴール前でのチャンスで冷静さを奪い、決定機にシュートを外してサポーターのため息を誘います。前線の弱体化に加え、負傷者だらけだった守備陣の不安定さも手伝い、チャンピオンズリーグでは強かったドルトムントはまさかの最下位まで経験することになりました。

プレミアリーグでもブンデスリーガでも、他のクラブであれば、香川真司の出番はなくなっていたでしょう。ところが、クロップ監督は香川への信頼を失うことなく、我慢して使ってくれました。終盤戦の3ゴールは、待ってくれた指揮官のおかげ。相変わらず好不調の波は激しく、悪いときはまったく何もできずに終わる課題は残るものの、ようやく彼は自分のスタイルを取り戻したのではないかと思います。オーバメアンがトップに固定されてゴールを量産し始めたのが大きいですね。今の形になってからは、香川がチャンスに絡むシーンが確実に増えています。最終戦の1ゴール2アシストは見事。左足のゴールシーンよりも、軽いタッチのダイレクトパスでオーバメアンを走らせて決めさせたアシストのほうに香川らしさが出ていました。

かくして、ドルトムントは7位フィニッシュ。ヨーロッパリーグ出場権は6位までで、もう1枠はカップ戦の優勝クラブとなりますが、プレミアリーグでいえばFAカップにあたるDFBポカールでドルトムントは決勝進出を果たしており、相手はチャンピオンズリーグ出場権を保持しているヴォルフスブルク。ファイナルで勝てばカップ戦勝者として、負けてもリーグ7位の繰り上げ出場となり、来季の欧州行きを手に入れました。2月に最下位を脱出したクラブが、10チームごぼう抜きでヨーロッパリーグ出場権をゲットするという奇跡的な巻き返し。最後に貢献できた香川は、自らのゴールで国内カップのタイトルを手に入れられれば、納得のいく形でシーズンを終えることができそうです。来季から就任するトゥヘル新監督にどう評価されるのかは未知数ですが、単年で見れば、日本代表の10番のドルトムント復帰は大成功でしょう。

ブンデスリーガ最終日には、清武弘嗣も素晴らしい仕事をしました。12月中旬のアウグスブルク戦以来、16試合勝利なしという泥沼にはまったハノーファー96は、先週、「お得意様」アウグスブルクから貴重なアウェイ勝利を奪うと、勝てば残留というフライブルクとの直接対決を制しました。前半3分に左からのクロスをダイビングヘッドで叩き込んだ清武の今季5ゴールめが、クラブにとって最も重要なゴールだったのは間違いありません。

マンチェスター・ユナイテッドを追われるようにドイツに戻った香川が気になっており、ドルトムントだけはずっと観ていたこともあって、プレミアリーグがなかった昨日はこちらで盛り上がってしまいました。シーズンが終わりましたので、武藤のマインツ入り、クロップ監督の新天地、岡崎慎司のプレミアリーグ移籍話などが再燃します。サポーターがすぐ近くに見えるイングランドのスタジアムで、チャントに背中を押されてゴールを決める岡崎慎司、観たいです…。(香川真司 写真著作者/Ultraslansi)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

いつもプレミアメインですが、香川選手だけは毎回ハイライトでチェックしていました。シュートも二つのアシストも香川らしく最高の形でシーズンを終えることが出来てみていて感動しました。 
  • アスピ(ry
  • 2015/05/25(Mon)04:21:29
  • 編集

無題

モイーズは何故にサイド起用に拘ったのか…。ファンハールは馬鹿正直な人なので、残っていたらベンチ外になっていたことは間違いないでしょう。ただ怪我人続出の今シーズンを考えると場合によってはユナイテッドでのチャンスがあったかも…という思いはあります。ただ常時トップ下で起用されたからこその今シーズンの結果でしょうし、移籍は互いにとって良い結果になったことは嬉しく思います。来季は好調を持続してほしいですね。
  • Uボマー
  • 2015/05/25(Mon)07:59:43
  • 編集

コメントありがとうございます。

アスピ(ryさん>
よかったですよね。空間認識力が高い香川らしいプレイが満載でした。

Uボマーさん>
負傷者が多かった時期に、ファン・ハールさんに起用してもらえる機会はあったかもしれませんが、フェライニより評価が高くなることはなかったでしょうね。おっしゃるとおり、お互いハッピーなのだと思います。
  • makoto
  • 2015/05/25(Mon)12:07:23
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ