むむ!FAがプレミアリーグのクラブ数削減を検討⁉いや、それより先に…。

「プレミアリーグのクラブ数削減を検討」 …何やら物騒なこのニュース、最初に報じたのは「ザ・サン」であることは強調しておきたいと思います。FAのグレッグ・ダイク会長が、プレミアリーグとイングランド代表の競争力を上げるべく、現行のクラブ数20をブンデスリーガと同じ18に減らすことを考えているとのこと。これは、川平慈英さんでなくても、思わず「むむ」と口にしてしまいそうになるお話です。「一足飛びに、そこか?」と。テレビ放映権料、マッチデイ収入、各クラブが受け取っているスポンサーフィーなどなど、ちょっと考えただけでも、とにかく影響が大きい改革です。

契約更新のたびに高騰しているテレビ放映権料は、当然ながら20クラブであることを前提に握っているので、「安くしろ」「金返せ」バトルが発生するのは必至です。ホームゲームが2試合減ることによるマッチデイ収入の減少も避けられず、スタジアムでの露出が減るスポンサーにも料金交渉をされるでしょう。何しろ、テレビ放映権料は3年1兆円です。以前はチャンピオンズリーグのベスト4にプレミアリーグ勢が複数いるのが当たり前だった時代もあったわけで、「欧州での競争力が低い」原因は過密日程だけではないと思われます。「得られる果実は不透明、リスクが大きいのは既に明確」な施策は、検討の時間すらももったいなくありませんか?といいたくなります。

喫緊の課題は、「ウィンターブレイクがないこと」ではないでしょうか。欧州の他国にはある息を抜く期間がプレミアリーグにはないため、チームの疲弊、負傷者の多発が起こりやすい環境であることは確かです。影響が少ないところから手をつけるなら、「キャピタルワンカップの準決勝を1試合とし、延長戦は準決勝・決勝のみ」「FAカップの再試合廃止」ではないかと思います。これらを実施するだけでも、ミッドウィークにリーグ戦を入れる余地が生まれるので、1月に3週間程度のウインターブレイクを設けることができるでしょう。

いよいよとなれば、クラブ数削減より、「キャピタルワンカップの廃止(あるいはチャンピオンシップ以下の大会に縮小)」が先ではないでしょうか。歴史と伝統を重んじるイギリス人が嫌がりそうではあるものの、「プレミアリーグを減らすのと、2つあるカップ戦の一方をなくすのではどちらに経済合理性があるのか?」というお話だと思います。エンタメ産業、興業の世界が、舞台をつまらなくしたうえに収益も減るという愚かな選択を、初手から選ぶのは自殺行為です。廃止まで踏み込むのが難しければ、「若手限定の大会」などと色を変える手もありますが、カップ戦が日程に組み込まれれば、その付近にリーグ戦を入れられないので「日程にメリハリをつける」「冬休みをしっかり取る」という命題の実現は難しくなります。どこかが過密になったとしても、長い休みがあったほうがいいとして現状のチューニングをするか、カップ戦をひとつ失くして全体をよりゆったり組めるようにするか、いずれかが妥当なのではないかと思います。

と、熱くなってしまいましたが、「ザ・サン」です。この話は、本腰を入れて検討したとしても、クラブからの反対を受けて頓挫するのではないかと思われ、そうなると、やはり気になるのは、ウィンターブレイクの作り方のほうですね。ボクシングデーのプレミアリーグがなくなったら、イギリスの伝統をこよなく愛するヴェンゲルさんは泣いてしまうそうなので、1月にしましょうか。いえ、私たちが決めるわけではありませんが。…元々、私は「カップ戦はいじらずチューニングで冬休みを作る論者」だったのですが、最近の各クラブの負傷者多発を見るにつけ、カップ戦の廃止ぐらいの手を打たないと状況は変わらないのではないかと思うようになりました。今季の混戦は、オフシーズンが短く調整に失敗したクラブや選手が多かったという面もあるでしょう。オフとウインターブレイクをしっかり取って、よりおもしろいプレミアリーグへ。何だか選挙演説みたいになってしまいました。みなさま、いかがでしょうか。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

このブログに初めてコメントした時にキャピタルワンの廃止を訴えて,主さんに『なるほどな』と思わせられるコメントをいただいたことを思い出しました。
伝統と格式を重んじる英国人にとって,カップ戦廃止は難しいので,やはり大会のレギュレーションの変更が実現可能かつ有効な案だと思います。ボクシングデーや新年早々のリーグ戦はファンとしては残してほしい気持ちがあります。なので,ウィンターブレイクとまではいかなくとも,1月のリーグ戦の試合数を減らしてみるなどの工夫がほしいです。
自分としては,1月以外のリーグ戦にも改善がほしいところです。仕事のない週末に放送させたいのはわかるのですが,欧州カップ戦(特にEL)がある週でも変わらず,土日の放送というのはいかがなものかと感じています。火曜に試合があるなら金曜に,木曜に試合があったなら月曜にリーグ戦を行ってほしいです。けさナポリーインテルを見たせいか,その考えが強まっています。
  • 新参
  • 2015/12/01(Tue)11:39:16
  • 編集

コメントありがとうございます。

新参さん>
そうでしたね。私はその後、減らない負傷者や上位チームの不安定な戦いぶりをみて、少し悩みつつあります。レギュレーション変更はぜひ検討いただき、ウインターブレイクを作る前提でどんなスケジュールが妥当なのかを考えてもらえるといいですね。マンデーナイト、フライデーナイトについては賛成です。一部のゲームにとどまっているので、もっと思い切って導入してもらえればと思います。
  • makoto
  • 2015/12/01(Tue)13:14:26
  • 編集

無題

更新ご苦労様です。
私もウィンターブレイク導入賛成です。他のコメ主さんも仰ってますが、今朝のナポリvsインテル戦を観ていて、ボンヤリとPLも同じようにすればいいのに、、、と思いました。
個人的には大晦日や元旦にリーグ戦を観られるのは何ともいえないお得感があるので好きですが、現在の状況を観るとそうは言っていられないですね。まずは欧州カップ戦を考慮したリーグ戦開催曜日変更から始めて欲しいですね。
  • macki
  • 2015/12/01(Tue)15:06:58
  • 編集

コメントありがとうございます。

mackiさん>
手元でやってみたのですが、オフシーズンの長さをキープして、カップ戦のレギュレーションを整理して…とちまちまやっていくと複雑性が高いのがわかり、ようやく3週間取れるかどうかなんですよね。まずは小さな改善から着手だと思いますが、いずれどこかで「2つのカップ戦問題」がテーマになるような気がします。
  • makoto
  • 2015/12/02(Wed)11:51:27
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ