記憶に残る11人に称賛を!プレミアリーグ2015‐16前半戦ベストイレブン・裏版

みなさま、あけましておめでとうございます。今年も「偏愛的プレミアリーグ見聞録」をどうぞよろしくお願いいたします。いつもながら、前説に凝りすぎると長くなってしまいますので、さっそく本題に入らせていただきます。昨日は、「プレミアリーグ2015-16前半戦総括 偏愛的ベストイレブン・表版」と題して、正統派のベストイレブンを選ばせていただいたのですが、「ヴァーディの連続試合ゴール」「チェフのクリーンシート数」「エジルの連続試合アシスト」などなど、今季のプレミアリーグは記録ラッシュで、ベストイレブンを無邪気に選ぶと似たり寄ったりになることがあらためてわかりました。雲の上にいらっしゃるプレミアリーグのレジェンド、ティエリ・アンリさんと私が7~8人かぶるという状況は、よくいえば「何人かの選手が飛び抜けてよかった半年」であり、見方を変えれば「ベストイレブンを選ぶのがつまらない前半戦」でもあったわけです。

そこで本日は、「印象に残った11人」「記憶に留めておきたい精鋭たち」といった趣向で、ベストイレブンの裏版を紹介させていただこうと考える次第です。プレミアリーグではチェフやデ・ヘアの陰に隠れがちで、代表でもジョー・ハートを追い抜けずにいますが、ストーク戦まではご覧になれなかった方々に、まずはジャック・バトランドの素晴らしさをアピールしたいのであります。欧州屈指の実力を持つGKでも、時折判断ミスはあるもの。今季のプレミアリーグ開幕節だけでも、クルトワの退場と、サラテのミドルに対するチェフのポジショニングという2つのミスがあったわけです。ところが、バトランドは判断ミスがほとんどなく、ショークロスの出遅れで決して堅牢とはいえなかったストークの守備を支えました。セービング、飛び出し、ハイボールのどれを取っても水準が高く、苦手なプレイがないのも彼の魅力です。近い将来、バトランドはイングランド代表のゴールマウスをジョー・ハートから奪うのではないかと楽しみにしています。

最終ラインの4人は、リヴァプール唯一の全試合出場で右サイドを駆け上がり続けたナサニエル・クライン、トッテナムの次に失点が少ないクリスタル・パレスの守備を仕切ったスコット・ダン、アルデルヴァイレルトとの素晴らしいコンビでスパーズに安定をもたらしたフェルトンゲン、ドリブルのキレと対人プレーの強さはバートランドやクレスウェルをしのぐのではないかと思われるジョルダン・アマビです。アストン・ヴィラの左SBは、プレミアリーグ出場10試合と少ないのですが、出てきたときのインパクトで選ばせていただきました。

それぞれをひとことで表現するなら、ナサニエル・クラインは「鉄人」、フェルトンゲンは「強固」、スコット・ダンは「闘志」、アマビは「鋭利」でしょうか。ここで声を大にしていいたいのは、「地味なメンバーながらクリスタル・パレスの守備力はもっと称賛されるべき」ということです。レスターのモーガンとフートが脚光を浴びていますが、スコット・ダン、スアレ、ジョエル・ウォード、デラニーは、プレミアリーグ2位のクラブより9つも失点が少ないのですから。

セントラルMFは、運動量と手数がハンパないレスターのドリンクウォーターと、昨季からひとまわりスケールが大きくなり、シーズン序盤の貢献度が高かったフェルナンジーニョ。マンチェスター・シティのブラジル人MFは、チャンピオンズリーグでセビージャにダブルを喰らわせ、ヨーロッパリーグ送りにした主犯でもあります。彼のパフォーマンスが落ちたのと呼吸を合わせるかのように、マン・シティはアウェイで勝てなくなりました。後半戦のプレミアリーグと、キエフと当たるCLでの巻き返しに期待したいと思います。

2列めから選んだのは、デウロフェウと連携しながらルカクを得点王争いのトップに押し上げ、自らも6ゴールを挙げたロス・バークリーと、初めてのプレミアリーグで12試合5ゴールという活躍をみせ、ロングボール主体だったウェストハムを変えたディミトリ・パイェ。昨季は伸び悩んでいたロス・バークリーの復活は、イングランド代表のホジソン監督も喜んでいるでしょう。マンチェスター・シティとレスターに次ぐ35ゴールを決めているのに11位に沈んでいるエヴァートンは、もっと守備陣ががんばらないといけません。

そしてもうひとり、右サイドのアタッカーにはウィリアンです。彼については、「混乱していたチェルシーのなかでひとり気を吐いた」という情けで選んだわけではなく、プレミアリーグナンバーワンの直接FKという尖った武器をリスペクトしたかったのです。壁の上ぎりぎりを通過した後、急降下してくる魔法のボールは、エジルもデブライネも真似できない素晴らしい技術です。唯一、対抗できるのはヤヤ・トゥレですが、彼とてあそこまでの確率で枠を捉えられません。自ら決めるFKだけでなく、CKも凄かったウィリアンがいなければ、チェルシーはチャンピオンズリーグを諦めなければならなかったはずで、今頃は降格圏でサンダーランドといい勝負になっていたかもしれません。

最後にワントップですが、個人力では最高だったオディオン・イガロです。ディーニーとカプェからの縦パスという、エヴァートンやレスターと比べると確実に細い供給源しかないなかで、14ゴールを積み上げてヴァーディやルカクと競っているのは立派です。プレミアリーグ最少失点を誇る鉄壁トッテナム戦で、CBが3人固まっている間をドリブルで抜けようとは、エデン・アザールでも考えないでしょう。プレミアリーグ広しといえど、当たり前のようにマークの枚数を無意味にできるのは、「馬車馬イガロ」と「鋭利な刃物・マルシアル」だけでしょう。後半戦はより警戒されるはずですが、今のスタイルを変えないままで彼がどこまでやれるのかに興味が湧きます。

いいのか悪いのか、表より裏のほうが選んでて楽しいんですよね。思い入れ重視、好き勝手な人選で恐縮ですが、2016年のプレミアリーグを愉しむための参考になれば幸いです。いやー、入れたかった!デル・アリ、ボージャン・クルキッチ、ブレイディ…。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

フリーキックでエリクセンを忘れてもらっては困りますね(笑)
今季はまだ記憶に残るようなフリーキックは決めていませんが、ヨーロッパ広しと言えども
ピルロの去った今、欧州でフリーキックが最も上手い選手はチャルハノール、次点がエリクセンであると確信しています
ウィリアンはスーパーフリーキックを決めていますが、前者3人に比べればまだまだラッキーパンチの域を出ない印象です
  • スパーズ推し
  • 2016/01/01(Fri)22:31:53
  • 編集

コメントありがとうございます。

スパーズ推しさん>
おっしゃるとおり、エリクセンは素晴らしいですね。名前を出すべきでした。とはいえ、ウィリアンの今季のFKはことごとく枠に飛んでおり、覚醒した感があります。あのキックを「ラッキー」といってしまうのは、ちょっとかわいそうだなと思います。
  • makoto
  • 2016/01/02(Sat)09:20:28
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ