首位のレスターが最下位⁉プレミアリーグのパス成功率ランキング

「Who Scored?com」というサッカーのスタッツをまとめているメディアがあり、プレミアリーグをはじめ欧州主要リーグのさまざまな数字を紹介しているのですが、このデータは興味深いものがあります。今季プレミアリーグにおけるパス成功率。このデータから見えてくることが2つあります。「パス成功率とポゼッション率は連動する」「パス成功率とゴールの多さは必ずしも連動しない」。パス成功率No.1はアーセナルなのですが、プレミアリーグ25節終了時の彼らのゴール数は39で、5位になります。ゴール数1位は、マンチェスター・シティとレスターの47で、以下エヴァートン46、トッテナム45と続くのですが、トッテナムのパス成功率は7位で、レスターに至っては20位、つまり最下位です。今季のプレミアリーグは、最もパス成功率が低いクラブが順位表のいちばん上にいるのです。

ポゼッション率が50%を超える10クラブは、見事にパス成功率のTOP10に入っており、後ろでボールをまわす時間が長ければ、パス成功率もポゼッション率も高まるということを示しています。一方で、ポゼッション率がいちばん高いマンチェスター・ユナイテッドは、パス成功率でもアーセナルに引けをとらない83%という数字を出しているのですが、彼らのゴールは32発しかなく、リヴァプールと並んで9位。下から2番めとなるゴール数24のスウォンジーは、パス成功率ではTOP10に入っています。もしかしたら、こういう式が成り立つのかもしれません。「ポゼッション高×パス成功率高×ゴール少=チキン」。あるいは、これはいかがでしょう。「ポゼッション高×パス成功率高×ゴール少=サポーター満足度低」。マンチェスター・ユナイテッド戦の前に会見に臨んだチェルシーのフース・ヒディンク監督が、このことについて率直に語っていました。

「ゲームについて、異なるアプローチと見方がある。4バックとGKでボールをまわし、外へ開くばかりで縦へ行こうとしないのであれば、この国ではそれは許されない。まずは縦にいくことを考えるべき。ポゼッション率を過大評価するべきではない。大事なことは、ポゼッションを活かして何をするかだ。ボールを持っていたいチームは多いが、安全にプレイするのか、行けるときは速く攻めに行くのか? 私は後者の方が好みだ」(フース・ヒディンク)

オールド・トラフォードでブーイングをかましている赤いチームのサポーターたちは、チェルシーの指揮官の言葉には諸手を挙げて賛成でしょう。レスターの「パス成功率最下位×ゴール数最多」が物語っているのは、ボールを奪ったらとにかく速くシンプルに攻めるサッカーは効果的であるということ。片や、アーセナルとマンチェスター勢のパス成功率TOP3が見せているのは、パスを成功させ、マイボールの時間を増やすことは失点の少なさにはつながるということです。最少失点のトッテナムはサイド攻撃と速攻を数多く仕掛けるチームで、パス成功率では7位ですが、ポゼッション率は4位。ポゼッションでTOP3に入っているアーセナルとマンチェスター・ユナイテッドはスパーズに次ぐ失点の少なさで、マンチェスター・シティは5位です。TOP3と同等の55%台を出しているリヴァプールは…彼らがなぜ失点が多いかは、サポーターのみなさんがよくご存じでしょう。ボールの所有権に負けず劣らず、CBの安定やGKにミスが少ないことも大事です。

【プレミアリーグ2015-16 パス成功率ランキング】
1位/ アーセナル          84.0%(55.4%)
2位/ マンチェスター・シティ    83.6%(55.4%)
3位/ マンチェスター・ユナイテッド 82.9%(55.8%)
4位/ エヴァートン         82.2%(51.5%)
5位/ チェルシー          82.0%(54.5%)
6位/ スウォンジー         81.7%(52.5%)
7位/ トッテナム          80.2%(55.1%)
8位/ ボーンマス          79.8%(51.6%)
9位/ ストーク           79.5%(50.1%)
10位/リヴァプール         79.2%(55.1%)
11位/アストン・ヴィラ       78.2%(49.8%)
12位/ウェストハム         77.9%(48.4%)
13位/サウサンプトン        77.6%(49.7%)
14位/ニューカッスル        77.3%(47.1%)
15位/ノリッジ           75.6%(46.7%)
16位/クリスタル・パレス      75.0%(46.6%)
17位/サンダーランド        72.8%(42.8%)
18位/ワトフォード         72.4%(45.9%)
19位/WBA             71.2%(42.3%)
20位/レスター           69.3%(43.7%)
※プレミアリーグ25節終了時。カッコ内はポゼッション率

いいとこ取りをすると、「パスを成功させることで相手ボールになる頻度と時間を減らし、マイボールとなったら速い攻撃でゴールを積み重ねる」となりますが、そんな都合のいいサッカーを実現できるチームはあるのでしょうか。ポゼッションが高く、ゴール数も多いペジェグリーニ監督のチームは、これに近いのかもしれませんが、その上をいくとなると…もしかして、バイエルン・ミュンヘン?来季のマンチェスター・シティの数字が、今から楽しみではあります。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

いつも楽しい記事、ありがとうございます!

この議事、本当に興味深いものでしたね!パス成功率最下位のレスターが首位なのはまさにカウンターでの速攻と縦へのダイレクトパスが冴え渡っているからなんでしょうね!もし、これにボール奪取数をみたら恐らくレスターはかなり上位に来るのではないでしょうか。カンテとドリンクウォーターのカバーリングは本当に運動量豊富でしつこいですから!

ポゼッション率は毎ゲームのスタッツでみますが、特にガナーズ的には率が高いことが必ずしもナイスゲームには繋がっていないと思います。昨シーズンのシティ戦、今シーズンのCLバイエルン戦はまさにポゼッションを捨ててのカウンターが冴え渡ったゲームでした。

週末のガナーズ対レスター戦、ガナーズがポゼッションを捨ててレスターにボールを持たせ、ボール奪取後、エジルの一発キラーパスにかけるなら、好ゲームになるかと思います。

無題

これは興味深い記事ですね。シーズン初めのレスターは攻撃はヴァーディとマフレズの個人技頼みで、守備もしょっちゅう最終ラインが抜かれて失点するシーンが多かった。岡崎が一人中盤までもどって守備しているってシーンもよく見ました。でもシーズンが進んでくると中盤からの守備が固くなりました。カウンターが活きるのはヴァーディの決定力のおかげなのかもしれませんが、ヴァーディが抑えられると岡崎が点を取り始めるという好循環になっています。強いわけだ。

それに比べると我らがマン・ユナイテッドはmakotoさんの仰る通りチキンですよね。ビビって外でボール回しすればボールを保持する時間は長くなるかもしれませんが、ボールを奪われると縦に速い攻撃にやられるというのがユナイテッドに限らずプレミアにおいてポゼッションにこだわるチームが嵌る落とし穴になっています。

ポゼッションを高めて失点を減らしながら攻撃スタイルを確立しようとしたファンハールに対して、守備組織を確立することを優先したラニエリのほうが良い結果を残している辺り、あまり難しいことをやろうとしないほうが良かったのかもしれません。
  • Uボマー
  • 2016/02/10(Wed)22:21:36
  • 編集

コメントありがとうございます。

ヤンガナ大好きさん>
成功率が高い=勝負していない、というケースもあるわけで、このデータはレスターのアグレッシブさを表しているのかもしれませんね。

「ガナーズがポゼッションを捨ててレスターにボールを持たせ、ボール奪取後、エジルの一発キラーパスにかけるなら、好ゲームになる」
→賛成です。これをやったらどうなるかが観たいです。

Uボマーさん>
そうですね。選手間の距離に気を配っているのは、ラニエリとファン・ハールは一緒なのですが、ボールを奪ったら失敗してもいいから一気にいけというか、ボールを奪われるなというかの差が、彼我のゴール数に出ているように思います。マンチェスター・ユナイテッドこそ、速攻上手の集まりなんですけどね。マルシアルやデパイ、ルーニーはもちろん、元来、マタも結構ドリブラーですし。
  • makoto
  • 2016/02/12(Fri)09:35:27
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ