パス、シュート、タックル、インターセプト…プレミアリーグ4強の「ウチが1位!」ランキング

イギリスメディア「スカイスポーツ」が、「Premier League title race: The best statistics on the top four(プレミアリーグのタイトルレース~TOP4におけるベストスタッツ)」 と題したおもしろい記事を掲載していました。レスター、アーセナル、マンチェスター・シティ、トッテナムの今季プレミアリーグ4強にまつわるさまざまな数字を挙げ、優勝争いの行方を占う材料にしようという趣向です。最初に紹介されている最もわかりやすい数字は、「4強が激突したSuper Sundayの結果、レスターが勝ち点53で首位に立っている」というもの。あらためて驚かされたのは、53という数字ではなく、このチームの「前年同時期比プラス35」です。1シーズン前は4連敗が2回、6連敗が1回と散々だったチームが、今季は3つしか負けておらず、勝ち点数は3倍以上。これはどう見ても、ミラクルとしかいいようがありません。

次のスタッツは、レスターとマンチェスター・シティの「プレミアリーグ最多得点48」ですが、攻撃関連についてはマンチェスター・シティの最多シュート数309という数字のほうが、チームの特徴を表現していると思われます。ジェイミー・ヴァーディのプレミアリーグ19ゴール、PK成功も最多の6発、メスト・エジルが過去最高ペースで積み上げている17アシストは、多くのファンが知っている数字でしょう。「スカイスポーツ」は、ここ2シーズン通算では、セルヒオ・アグエロが40ゴールでハリー・ケインの37をリードしているという微妙なデータも載せています。「ちなみに」というニュアンスなのだとは理解しつつも、今季の4強がテーマなのに何で足しちゃったんでしょうね⁉

エジルは、チャンスを創った回数が106回でぶっちぎりの1位!プレミアリーグ出場24試合ですから、1試合あたり4.5回です。これを持ち出されると、ジルーの12ゴールは少なく見えてしまいます。チャンスメイク数で2位のエリクセンは78回で、これでも充分多いのに…。スタッツをチェックすると、今季のエジルがいかにスペシャルな存在なのかがよくわかります。アーセナルがパス成功率84.4%でプレミアリーグTOP、レスターが69%で最下位であるという事実も、併せて添えておきましょう。

さあ、ここからさらにおもしろいデータが出てきます。レスターのタックル成功数は、リヴァプールに次ぐ第2位。これを支えているのが誰なのかは、岡崎慎司のチームを毎週ご覧になっている方はおわかりでしょう。108回のタックル、109回のインターセプトと、両部門の数字で唯一3ケタを記録してTOPにいるのはエンゴロ・カンテ!一方、タックルやインターセプトでの失敗が多いのか、トッテナムはファール数329回でNo.1という不名誉な記録を持っており、個人第1位は47回のエリック・ラメラです。いや、失敗が多いのではなく、しっかりチェックしていると評価するべきでしょう。彼らは未だ20点しか獲られておらず、プレミアリーグ最少失点なのですから。

スパーズの守備の素晴らしさを物語るデータがもうひとつあり、枠内シュートを打たれた本数も79本と最少なのだそうです。26試合フル出場なのに7回しかファールをしていないアルデルヴァイレルトがリスペクトされやすいチームですが、スタッツを重ね合わせてみると、フェルトンゲンやエリック・ダイアーももっと認められるべきだと思います。今や守備力No.1のトッテナムに対して、攻撃ばかりが話題になるライバルのアーセナルも、守備に関する今季TOPの数字を持っているのをご存じでしょうか。クリーンシート12回!トッテナムより3つも多いこの記録が、誰のおかげで達成できたのかはいうまでもないでしょう。ガナーズは、シュートにつながるミスがいちばん多いチームなのですから。GKは、本当に大事です。

記事の最後を締めくくっているのは、「ヘディングシュートを放った回数がいちばん多いのは31回のオリヴィエ・ジルー(エジルさんのおかげですね?もう少し決めましょう!)」「ポストやバーに当てた回数(=hit the woodworkというおしゃれな表現です)は、5回のジェイミー・ヴァーディが最多で、2位は4回のハリー・ケイン」「ドリブル成功率1位は84.9%のムサ・デンベレ」というレアなデータです。いやいや、それぞれのチームの特徴や、選手の個性がデータで浮き彫りになるのを見るのはおもしろいですね。そろそろ残留争いのほうも盛り上がってくる季節ですので、「ボトム6バージョン」もやってほしいと思うのですが、いかがでしょうか!?


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

トッテナムは攻→守の切り替えの速さが素晴らしいです。おそらくファールはほとんどが敵陣ではないかと思います。一方のアーセナルは、後ろはチェフに頼んだと言わんばかりに、4、5人が駆け上がる守→攻の切り替えが得意。トランジションサッカーにおけるほこたて対決にノースロンドンダービーになるのではないのでしょうか?
  • 新参
  • 2016/02/17(Wed)15:00:52
  • 編集

楽しい記事、ありがとうございます

この記事の記録、本当に面白かったですね。特にカンテ!インターセプト回数、タックル回数、タックル成功回数の三冠王という結果は、先日のレスターがパス成功率ワーストなのに得点ナンバーワンであることの謎がとけた気がします!

レスターの攻撃力はヴァーディーとマフレズの活躍が強調されますが、いやいややはりカンテとドリンクウォーターのダブルボランチのカバーリングが特筆していると思いました。

また、スタッツには現れにくいですが岡崎を始めチーム全員がパズルのように上手く連動し、運動量豊富にプレスをかけていますよね。アグレッシブさも含め、今季のレスターの躍進が決してまぐれではなく、スカウティング、体調管理、戦術を含めすべてが上手く連動しているから結果が出ているのだと思います。

自分はガナサポですが、今季のレスターの残りゲームをみると、もし今の完成されたパズルからレギュラー陣に怪我人が出ない限り、最後まで優勝争いすると思ってます。

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ