走るチームほど強いのか!? プレミアリーグの走行距離&パス本数ランキングがおもしろい!

イギリスメディア「デイリー・ミラー」の記事のタイトルは、「Lazy Man United? Red Devils have covered less ground than ANY OTHER Premier League team this season(マン・ユナイテッドは怠け者?今シーズンの赤い悪魔は、他のプレミアリーグのチームよりもグラウンドをカバーできていない)」。プレミアリーグとヨーロッパリーグで3連敗を喫したモウリーニョ監督のチームについて、現地メディアはさまざまな角度から不振の要因を探っているのですが、こちらの記事は2016-17シーズンにおけるクラブ別の走行距離ランキングを出しながら、「走らないからダメなのでは?」と問題提起をしているわけです。マンチェスター・ユナイテッドは、プレミアリーグ5節までの総走行距離が526.6kmでリーグ最下位。トップのリヴァプールは581.6kmで、その差は55km。1試合あたりに直すと11km、つまりは平均で1選手あたり1km違うという強烈な数字になります。

以下に、掲載されていたランキングを引用しましたが、1位と3位は予想通りで、2位が意外でした。「ゲーゲンプレッシング」「フルスロットル」を掲げるクロップ監督のチームは、今季も見るからに走りまくってます。ハリー・ケイン、エリクセン、エリック・ダイアーと、2015-16シーズンはプレイヤー別走行距離ランキングのTOP10に3人も送り込んでいたトッテナムも、当然上位だと思っていました。しかし、ポチェッティーノ監督のチームの上にペップがいるのは、「いわれてみれば納得」ではありながらも予想外でした。上位3チームの共通項は、前線から厳しいプレスをかけて敵陣でボールを奪い、ショートカウンターでゴールを狙うチームであることと、クロスが入る際に中に入ってくる選手が多いこと。マン・シティのカウンターは少人数ですが、リヴァプールとトッテナムは自陣からの逆襲の際にゴール前に殺到する選手が多いのも特徴です。

走行距離TOP3のサッカーが現在のメインストリームであり、彼らは順位テーブルでも上位にいるわけですが、「強いチーム=よく走る」が成立するかといえば、必ずしもそうではありません。プレミアリーグ5節までの順位表の上位7クラブをみると、走行距離上位が4つ、下位が3つ。最下位のマンチェスター・ユナイテッドだけでなく、チェルシーとエヴァートンもボトム10にいます。自陣でまわす時間が長いチーム、ゴール前に立てこもる戦い方を多用するチームは走行距離が伸びない傾向が強く、走るかどうかは強さのバロメーターというよりは、スタイルの違いでしょう。順位との相関性が強いのは、「人が動くかどうか」よりも「ボールを動かすかどうか」、つまりパスの本数です。クラブ別のパス本数ランキングを見ると、7位までのチームはすべてTOP10にランクインしています。


【プレミアリーグ2016-17 クラブ別走行距離ランキング】
1位/リヴァプール          581.6km 
2位/マンチェスター・シティ     570.7km 
3位/トッテナム           565.9km
4位/バーンリー           563.9km
5位/WBA               562.9km
6位/アーセナル           556.4km
7位/ミドルズブラ          554.6km
8位/ボーンマス           549.4km
9位/サウサンプトン         545.1km
10位/レスター           544.8km
11位/スウォンジー         543.2km
12位/エヴァートン           541.2km
13位/ウェストハム         539.5km
14位/チェルシー          539.4km
15位/ワトフォード         539.1km
16位/ストーク           536.4km
17位/ハル・シティ         536.3km
18位/クリスタル・パレス      533.9km
19位/サンダーランド        526.7km
20位/マンチェスター・ユナイテッド 526.6km

【プレミアリーグ2016-17 クラブ別パス本数ランキング】
1位/マンチェスター・シティ    2945本
2位/アーセナル          2919本
3位/リヴァプール         2862本
4位/チェルシー          2770本
5位/エヴァートン         2536本
6位/サウサンプトン        2496本
7位/トッテナム          2465本
8位/ハル・シティ         2426本
9位/マンチェスター・ユナイテッド 2377本
10位/ミドルズブラ         2368本


データを見ていて興味深かったのは、リヴァプールとマンチェスター・シティが走行距離もパス本数も明らかに多く、コンセプチュアルなチームづくりをしているのが見て取れることと、走行距離の下位2クラブです。マンチェスター・ユナイテッドのすぐ上、ブービーにはモイーズ監督のサンダーランド!?赤い悪魔が走らなくなったのは、ハーフタイムに真っ赤な顔で激怒する「ヘアドライヤー」がいなくなった翌年からなのかもしれません。

ちなみに、マンチェスター・ユナイテッドはクロスの本数では全体の3位。歩く姿が目立つイブラヒモヴィッチはシュートを27本打っており、2位のマイケル・アントニオの20本を大きく引き離しています。マンチェスター・シティはクロスでは15位、リヴァプールはブービー。たった5試合で、これだけ顕著に指揮官のスタイルが出るのがおもしろいですね。「ボールと人が動くことでスペースを創りながら決めるチーム」VS「とにかくゴール前にボールを入れて勝負するチーム」といったところでしょうか。クロス本数ではチェルシーも5位に入っており、ジエゴ・コスタのチームとズラタンのチームは、数字で見れば後者です。

そして最後に、極めて個人的な驚きを。6月に「微調整か大改革か?地元紙が大胆予想!ご予算別・モウリーニョ監督が選ぶ3つのフォーメーション」という記事を書いたのですが、そのなかで「『デイリー・ミラー』や『スカイスポーツ』あたりに『マンチェスター・ユナイテッドの走行距離はプレミアリーグ最下位!』などと書かれそう」といっておりまして…。このたび、3ヵ月半まえに軽い気持ちで書いたことが、そのままぴったりで来たのでテンションが上がってしまいました。その後続けた「ペップのサッカーに勝つのは、存外こういうチームなのかもしれません」というクダリは見事に外れてしまいましたが…。いや、まだ5節。シックスポインターをひとつ落として、下位に1回負けただけではないですか。まずは週末のプレミアリーグ、レスター戦に勝てばノイズは小さくなるでしょう。そして10月のEFLカップで実現したオールド・トラフォードのマンチェスターダービーでは、ぜひともリベンジしていただければと思います。ズラタンが2~3発決めてくれれば、「走らないからダメなのでは?」とはいわれないはずですので…。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

監督が変わると改めてチームが変わることがわかりますね
昨季のシティは全く走っていないイメージありますが
今季のシティは誰が見ても走っていると思うでしょう
実際に走ってることがわかりますし公式戦全勝という結果も出ています
このまま好調続くとは思いませんがペップサッカーにすっかり惚れ込んでいます
  • シティふぁん
  • 2016/09/23(Fri)06:32:07
  • 編集

無題

そもそもシティは昨年clベスト4。リーグこそは逃したものの、求められる最低ラインはclベスト4。それ未満は監督が変わって弱くなったと言われて当然。
去年と主力が変わらず、逆に補強してるのだから当然のこと。
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2016/09/23(Fri)19:06:00
  • 編集

いつも楽しい記事掲載、有難うございます!

ペップのフットボール、面白いですね。毎度のWho.Scored.comによると、シティはポゼッション率60%越えでリーグ1位、1試合当たりショートパスはアーセナルに次いで2位、パス成功率もチェルシー、アーセナルに次いで3位とパス&ムーブサッカーが際立っています。ちなみにマンUが1位なのは1試合当たりの空中戦勝利数でした。特色出てますね。シティのレギュラークラスの平均身長はプレミア最下位だったと思うので、ロングボールを織り交ぜた高さに弱点が有るかも知れませんね!

シティやリバプールが苛酷なプレミアリーグでシーズンを通じて走力を継続出来るかも見所ですね!各チームの連携、チーム力が高まる年内のリーグ戦で好ゲーム連発を期待したいですね。

無題

CLベスト4はたしかに凄いけどEPLの試合見てたら褒められるような内容の試合は少なかったけどね
他サポかペップ嫌いの人ですかね
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2016/09/24(Sat)06:56:22
  • 編集

無題

走ることで生まれたスペースのギャップをめぐる攻防が激しくサッカーは個人的に好きです
ただボールの奪回地点と得点の取り方をチームとして共有された完成度が高いチームほど無駄走りが減って走行距離減りますからね。
去年のCLでバルサもレアルも試合平均で107km弱、プレミアだと17位くらいですが、スプリントは多いです
新しい取り組みして未完成な走行距離の上位2チームは完成度が上がれば更に強くなると思います
  • K
  • 2016/09/24(Sat)08:08:00
  • 編集

コメントありがとうございます。

シティふぁんさん>
強いですね。不安は負傷者だけではないでしょうか。いやー。

プレミアリーグ大好き!さん>
今の彼らのサッカーを見て、弱くなったという方はいないのではないでしょうか。主力が変わらず補強して弱くなったチームもあります。デジタルにはいえないと思います。


ヤンガナ大好き!さん>
マンチェスターダービーでの後半の放り込みは、おっしゃっているあたりを織り込んで取った作戦でしょう。負けはしましたが、効果的だなと思いました。

プレミアリーグ大好き!さん>
そうですね。今季のほうが明らかにいいと思います。結果はどうあれ、サポーターは「弱くなった」という評価はしないでしょう。

Kさん>
アトレティコ・マドリードやドルトムントは走行距離は長いですよね。ペップは走行距離が短縮するかもしれませんが、レッズはクオリティが上がっても、そのまま走り続ける可能性もあるかと思います。
  • makoto
  • 2016/09/25(Sun)07:44:42
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ