果たして適任か…?イングランド代表監督候補にロベルト・マンチーニが浮上!

サム・アラダイス監督電撃辞任の後、サウスゲイト新体制では負傷者続出。昨季プレミアリーグ得点王のハリー・ケインを筆頭に、ナサニエル・クライン、アダム・ララナ、ルーク・ショー、ラヒム・スターリング、フィル・ジャギエルカ、グレン・ジョンソン、トム・ヒートンと、イングランド代表はなかなかの野戦病院状態です。トム・ヒートンの代役のGKとしてプレミアリーグ出場わずか7試合のピックフォードが選ばれるなど、負けるわけにはいかない明日のスロベニア戦が懸念される状況ですが、現地メディアの話題の中心は、ワールドカップ欧州予選よりも次期監督人事のようです。アラダイス前監督が去ると決まった直後、FAチェアマンのクレッグ・ダイクさんが「アーセン・ヴェンゲルのファンだ。彼と契約できれば素晴らしいね」とコメント。メディアがこれに飛びつき、アーセナルの指揮官が本命扱いされておりましたが、当初は「いつかやりたい」とリップサービス気味にコメントしていたヴェンゲル監督は、今月になると噂を完全に否定しました。

イングランドはサッカーに対して常に情熱的であり、イングランド代表監督は重要なポジションだ。もし、明日イングランドとフランスの試合があったら、イギリス国家を歌わないことは難しい。もう20年もここにいるのだから、私は半分イングランド人だ。…しかし、クラブと代表は全く違う。私はアーセナルとともにある。イングランド代表監督はイングランド人がやるべきだろう」(アーセン・ヴェンゲル)

今後4試合はサウスゲイト監督が指揮を執ると発表されており、後任の話は沈静化するかと思いきや、8日のマルタ戦の後、新たなターゲットの名前が浮上しました。元マンチェスター・シティの指揮官ロベルト・マンチーニ。2012-13シーズンの無冠でプレミアリーグを離れたマンチーニ監督は、ガラタサライを経て2014年にインテルへ。2005年から3連覇を達成したクラブへの復帰は、8位、4位と思うように順位を上げられないまま今季開幕直前に解任という形で終わってしまいました。このたび、彼が一躍次期監督候補となったのは、イタリアメディア「カルチョメルカート・コム」とイギリスの「デイリー・ミラー」が、FAからの招待を受けてマルタ戦を観戦していたと報じたからです。プレミアリーグをよく知るイタリア人監督は、マン・シティとインテルをリーグ制覇に導いており、実績は充分。7月にも「ガーディアン」などがイングランド代表監督候補と報じていた監督が現在はフリーの身となれば、FAの意向次第であっさり決まる可能性もありますが、果たしてマンチーニさんは適任なのでしょうか。

マンチェスター・シティでは4-4-2あるいは4-2-3-1、インテルでは4-3-1-2で戦っていたマンチーニ監督のチームは、堅守をベースに速い攻撃を仕掛けるオーソドックスなスタイル。ボールを奪う位置は低く、グアルディオラ、クロップ、ポチェッティーノらが織りなす激しいプレスやショートカウンターとは一線を画しています。プレミアリーグとイングランド代表のサッカーが近しいほうがいいとするなら、同じ元インテルでもワトフォードのワルテル・マッツァーリのほうが適任でしょう。CBにいい人材が乏しい今のイングランドが、引き気味で戦うのはあまり得策ではないように思います。

堅くしようとしてもイタリアやスペインのようにはいきそうにない最終ラインを強固にするよりも、デル・アリ、エリック・ダイアー、カイル・ウォーカー、ダニー・ローズ、ララナ、ヘンダーソン、スタリッジ、ハリー・ケインの「レッズ&スパーズMIX」で、前から追いかけてとにかく走るサッカーに徹したほうが、スペインやドイツ相手に番狂わせを起こす可能性は上がるのではないでしょうか。ジョン・ストーンズとエリック・ダイアーという攻めっ気たっぷりCBコンビで、失点上等とばかりに前へ前へのサッカーを展開するのもありではないかと思うぐらいです。

それなりに実績があるのになかなか名将と呼ばれないマンチーニさんには、もっとリスペクトがあってもいいのにとは思うものの、ただでさえ外国人に厳しいイングランドで代表監督に就任するとなると懐疑的です。名前で威圧することができるか、斬新な戦術で「イングランドが変わった!」と実感させるか、どちらかでないと厳しいのではないでしょうか。前者ならフース・ヒディンク、後者はルディ・ガルシアさんが空いています。イングランド人は、エディ・ハウさんのような若手か、しばらくクラブの監督をやっていないサウスゲイトさんのような監督以外は危なそうです。アラダイスに続いてハリー・レドナップも、「テレグラフ」から不正行為の疑いをかけられているようで…。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

レッズ&スパーズMIXは確かにインテンシティの高いゲームを見せてくれそうで良いですね。大変そうではありますが...
また、「代表は変わる!」というサポーターへの明確な意思表示にもなりますし、そっぽ向かれてしまったサポーターに振り返ってもらうにはこれくらいのことは必要な気がします
  • くな
  • 2016/10/11(Tue)08:55:52
  • 編集

コメントありがとうございます。

くなさん>
よさそうですよね。大昔ですが、ドイツがバイエルンとボルシアMGの選手を揃えてコンセプチュアルなチームを作っていた頃を思い出します。
  • makoto
  • 2016/10/14(Fri)21:16:55
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ