ジョー・ハートの素晴らしさを確認しただけの一戦…無策のイングランドは幸運なドロー!

開始1分、中央のデル・アリが右に流したボールをスタリッジがカーブをかけたミドル。4分には、デル・アリのスルーパスでスタリッジが抜け出し、GKと1対1になるもオブラクが目いっぱい手を伸ばしてCKに逃れるビッグセーブ。9分、中央やや左からスタリッジがニアを狙った左足ミドル。プレミアリーグでは3試合ノーゴールと出遅れ気味のリヴァプールのストライカーは、体のキレがよさそうで、最初の10分だけはイングランドが快勝するかと思われました。ワールドカップ欧州予選グループF、スロバキアとマルタに1-0、0-2と辛勝続きのイングランドは、敵地スタディオン・ストジツェでスロベニアと戦っています。

スタリッジの脇にはウォルコットとリンガード。ヘンダーソン、デル・アリ、エリック・ダイアーが中央に配され、カイル・ウォーカー、ダニー・ローズ、ケーヒル、ジョン・ストーンズ、GKジョー・ハートは予想通りの顔ぶれです。プレミアリーグ得点王のハリー・ケイン、ララナ、スターリングらを欠き、ゴールが奪えないイングランドは、押しているゲームをものにすることができるでしょうか。10分、エリック・ダイアーがやってしまいました。バックパスをベジェクにかっさらわれ、ジョー・ハートとの1対1は出足がよかったGKがブロック。ルーズボールを拾われた後、クルティッチに対するジョン・ストーンズのマークが甘く、絶望的なシュートを右隅に打たれますが、幸運にもゴールポストに救われました。より慎重に戦うべきアウェイゲームで、このミスはいただけません。23分にウォルコットが右足を振り抜いたミドルはバーの上。今日もこのチームのシュートは枠に飛びません。

8日のマルタ戦の後、「デイリー・ミラー」が、「England's record in front of goal is worse than that of EVERY Premier League team this season(イングランドがゴールを決める率は、今季のプレミアリーグにおけるどのチームよりも悪い)」というレポートを掲載していました。直近4試合のイングランド代表のシュート決定率は4.6%で、プレミアリーグ最下位のサウサンプトンの6.3%を下回っています。ボールポゼッションは高いのに、なぜフィニッシュが決まらないのか。連携でサイドを崩すシーンがほとんどないこと、クロスが入る際のゴール前の薄さ、カウンターができないことが、主たる理由なのではないでしょうか。彼らのシュートの多くは、意外性がなく予測しやすいミドルです。この日の前半も尻すぼみとなり、ミドルとセットプレーしかないまま、0-0でハーフタイム。プレミアリーグのトップクラブに所属する選手でフィールドを固めたサウスゲイト監督のチームは、明らかにうまくいっておらず、ハーフタイムを告げる笛が鳴ると、一様に下を向いてロッカーに引き上げていきます。

後半開始直後、ボックスに侵入したスロベニアのイリチッチがワンツーで右サイドを完全に崩しました。ラストパスは味方に届かなかったものの、こういった連動性のある攻撃こそ、イングランドがやりたいことでしょう。直後のCKは、チェサルの至近距離からのヘッドをジョー・ハートが素晴らしい反応で左に弾き出し、さらに次のCKではクルティックのバックヘッドが右隅へ。これも何とかジョー・ハートが触ってクロスバーに助けられますが、ニアに入ったボールにイングランド守備陣は対応できず、危険なシーンが続きます。58分、中央からのイリチッチの左足は、わずかに右ポストの外。デル・アリのシュートはGKの正面、62分にウォルコットと代わったタウンゼントがGKのタイミングを外して放った左足ミドルも、オブラクが楽にセーブして0-0は変わりません。

70分、本日2本めのバックパスミスが出てしまいました。イリチッチの姿を確認せずにCBに戻したのはヘンダーソン。ボールを奪い、ゴール前まで単独で運んだイリチッチをストップしたのは、出るタイミングとポジショニングを間違えなかったジョー・ハートでした。イングランドに必要だったボールがやっと出たのは76分。ジョン・ストーンズがロングフィードをダニー・ローズまで通し、ひとり抜き去った左SBがシュートを放ったシーンは、最後のプレイ選択以外はよかったと思います。MFやSBがサイドで優位に立った瞬間にパスが出れば、イングランドのシュート決定率は上がるはずです。ダニー・ローズが中のヘンダーソンに流していれば、イングランドは勝ち点3を持って帰れたかもしれません。

73分にデル・アリと代わってピッチに登場したキャプテン・ルーニーは、79分に中央から右隅を狙ったコントロールショット以外に、これといったプレイはありませんでした。82分のリンガードの強烈なミドルは、オブラクがセーブ。ミドル、ミドル、ミドル…イングランドは最後まで相手を崩すことができませんでした。致命的なミスが2回、セットプレーで至近距離から打たれたシーンが2回という危険なゲームで敗戦を免れたのは、ジョー・ハートが完璧だったからです。どんなにポジティブに書こうとしても、GKをほめる以外に何も浮かばない近年最悪のゲーム。今のイングランドに必要なのは、早く次の監督を決めることです。イングランド人にこだわらず、プレミアリーグ経験云々にも縛られず、連動性のあるサッカーをチームに叩き込める監督を。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

ルーニー外しと言う大ナタを振ったにも関わらず、大して変化の無い、退屈なチームにしかならなかったですね。
キーパーがハートじゃなけりゃ3-0くらいで完敗してたんじゃないでしょうか。。

早く次の監督を決めるべきと言う意見には360度全面的に賛成です。
ファンハールに次のW杯までお願いして、そこから満を持してヴェンゲルが登場するのじゃ。ってお祖父ちゃんも枕元で言ってました。
W杯男・ファンハールが率いるイングランド。かなり面白くなりそうな気がします。
  • サンドバック
  • 2016/10/12(Wed)11:02:47
  • 編集

コメントありがとうございます。

サンドバックさん>
同感です。ファン・ハール監督は私もありだと思います。戦術の引き出しが多く、一発勝負でバクチが打てる監督ですので。
  • makoto
  • 2016/10/14(Fri)21:10:01
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ