プレミアリーグ2016-17も残り10試合…「スカイスポーツ」がTOP7の対戦相手をチェック!

プレミアリーグ優勝は、2位トッテナムに勝ち点10差をつけたチェルシーで決まりのようですが、スパーズの下を見渡すと、勝ち点9の間に6クラブがひしめく大混戦。イギリスメディア「スカイスポーツ」は、「Who will finish in top four in Premier League? Who has the best run-in?(どのチームがプレミアリーグをTOP4で終えるのか?最高の追い込みを見せるのは?)」と題し、エヴァートンまで含めたTOP7について残り試合の相手関係をチェックしています。

記事同様、首位のチェルシーから見ていきましょう。コンテ監督のチームが残している上位対決は、マンチェスター勢とエヴァートン。マンチェスター・ユナイテッドにはスタンフォード・ブリッジのプレミアリーグとFAカップで今季2連勝。エヴァートンも苦にしないチェルシーが、ここから大崩れするとは考えられません。やっかいなのは、負けなくなったマンチェスター・シティと、アウェイのWBA戦でしょう。「スカイスポーツ」は、次のクリスタル・パレス戦でふくらはぎを痛めているエデン・アザールを欠くことを懸念材料として挙げていましたが、ウィリアンとペドロが好調なチームが下位に取りこぼすことはないと思われます。興味は「チェルシーが優勝するか」ではなく、「チェルシーが4位争いにどんな影響を及ぼすか」ではないでしょうか。

■チェルシーの対戦相手(青字は対TOP7)
クリスタル・パレス(H)、マンチェスター・シティ(H)、ボーンマス(A)、マンチェスター・ユナイテッド(A)、サウサンプトン(H)、エヴァートン(A)、ミドルズブラ(H)、WBA(A)、サンダーランド(H)、ワトフォード(H・日程未定)


2位のトッテナムは、プレミアリーグ創設以来初めて仇敵アーセナルの上で追われるかもしれません。ホワイト・ハート・レーンのノースロンドンダービーは必勝。もうひとつ残している上位対決のマンチェスター・ユナイテッド戦も無敗のホームで戦えます。気になるのは、ハリー・ケインの負傷と、元気を取り戻したチームとのアウェイゲームが多いことです。ホームで9勝2分3敗と滅法強いバーンリー、監督交代後に巻き返しモードに入ったスワンズ、クリスタル・パレス、レスターは、いずれも気が抜けません。昨季のような最後の停滞がなければ、ポチェッティーノ監督のチームは2年連続でチャンピオンズリーグ本大会にストレートインです。

■トッテナムの対戦相手
バーンリー(A)、スウォンジー(A)、ワトフォード(H)、ボーンマス(H)、クリスタル・パレス(A)、アーセナル(H)、ウェストハム(A)、マンチェスター・ユナイテッド(H)、ハル・シティ(A)、レスター(A・日程未定)


現在3位のマンチェスター・シティは、次戦からアーセナル、チェルシーと続く「ロンドン詣で」が最大の関門。連勝なら3位以内キープに大きく近づく一方で、アーセナル戦に敗れるだけで6位までのクラブがすぐ後ろに迫ってきます。プレミアリーグ7試合連続無敗を続けているペップのチームの懸念は、TOP7の直接対決で負け越していること。既に2戦消化したエヴァートン、トッテナム、リヴァプールから勝利を挙げられず、2勝3分4敗。厳しいプレスを仕掛けてできるだけ前でボールを奪い、少ない手数でゴールを陥れようとする速攻型のチームに苦戦しています。ペップにとって、チェルシーは最もやりにくいチームなのではないでしょうか。マンチェスターダービーを含む3つの上位対決で勝ち越すことが、チャンピオンズリーグの出場権を得るための至上命題です。

■マンチェスター・シティの対戦相手
アーセナル(A)、チェルシー(A)、ハル・シティ(H)、サウサンプトン(A)、マンチェスター・ユナイテッド(H)、ミドルズブラ(A)、クリスタル・パレス(H)、レスター(H)、ワトフォード(A)、WBA(H・日程未定)


暫定で4位ながら、ライバルより1~2試合多く消化しているリヴァプールは、取りこぼしという悪癖を抑えられなければヨーロッパリーグにまわることになります。TOP7との対戦では6勝5分と無敗で勝ち点23を挙げているのに対して、下から6チームとなると10試合で勝ち点19。次戦のマージ―サイドダービーで上位対決を終えてしまうのは、彼らにとっていいことではないのかもしれません。いちばんのウイークポイントは、攻撃陣の層の薄さ。ダニー・イングスとスタリッジを欠くクロップ監督は、リードされたときに使えるカードがオリギしかなく、負傷者が出れば一気に苦しくなります。後半戦に入って3勝4分3敗と停滞気味のチームは、プレミアリーグ11戦無敗を記録した秋の勢いを取り戻すことができるでしょうか。追ってくるマンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、エヴァートンがそれぞれとの直接対決を残しているのは希望ではあるのですが…。

■リヴァプールの対戦相手
エヴァートン(H)、ボーンマス(H)、WBA(A)、クリスタル・パレス(H)、ワトフォード(A)、サウサンプトン(H)、ウェストハム(A)、ミドルズブラ(H)


アーセナルをかわして5位に浮上したマンチェスター・ユナイテッドは、今後の対戦相手が最も厳しいチームです。マンチェスター・シティ、アーセナル、トッテナムとのアウェイ3戦を含む5つのシックスポインターをうまくさばけるかどうかで、2位に食い込むか7位まで落ちるかが決まります。ヨーロッパリーグを戦いながらの終盤戦となることと、ここにきての負傷者続出が2大ネック。「スカイスポーツ」は、内弁慶バーンリーと敵地ターフ・ムーアで戦わなくてはならないことも、このチームのリスクとして指摘しています。

■マンチェスター・ユナイテッドの対戦相手
WBA(H)、エヴァートン(H)、サンダーランド(A)、チェルシー(H)、バーンリー(A)、マンチェスター・シティ(A)、スウォンジー(H)、アーセナル(A)、トッテナム(A)、クリスタル・パレス(H)、サウサンプトン(A・日程未定)


この時期、アーセナルが6位に沈んでいることだけでも、既に事件です。「アーセナルが1995‐96シーズン以来初めてTOP4を逃す年になるだろうか?」と、現地メディアが落ちる可能性のほうを強調している通り、現在のこのチームに明るい材料が少ないのも事実。マンチェスター勢とトッテナムに負けようものなら、5位に残るのも厳しくなるでしょう。チェフが戦線離脱することが決まった今、メスト・エジルの復調とジルーやウェルベックの固め獲りに期待したいところ。来季監督問題の鎮静化も、チームが試合に集中するための良薬になるかもしれません。

■アーセナルの対戦相手
マンチェスター・シティ(H)、ウェストハム(H)、クリスタル・パレス(A)、ミドルズブラ(A)、レスター(H)、トッテナム(A)、マンチェスター・ユナイテッド(H)、ストーク(A)、エヴァートン(H)、サンダーランド(H・日程未定)、サウサンプトン(A・日程未定)


2試合少ないアーセナルと勝ち点で並んでいる7位エヴァートンは、既に29試合を消化しており、2004-05シーズン以来12年ぶりのTOP4は難しい状況。彼らの現実的な目標は、マンチェスター・ユナイテッドとアーセナルを直接つぶしての5位フィニッシュでしょう。マンチェスター・ユナイテッドがEFLカップで優勝し、FAカップの4強がTOP6のみとなったため、7位をキープできればヨーロッパリーグ出場権に手が届きます。2年連続で順位テーブルの真ん中より下に低迷したチームを預かったクーマン監督にとっては、悪くない初年度となりそうです。

■エヴァートンの対戦相手
リヴァプール(A)、マンチェスター・ユナイテッド(A)、レスター(H)、バーンリー(H)、ウェストハム(A)、チェルシー(H)、スウォンジー(A)、ワトフォード(H)、アーセナル(A)


チェルシーの優勝は確実、トッテナムのTOP4フィニッシュは有望、マンチェスター・シティはロンドン2連戦次第、上位と5試合を残しているマンチェスター・ユナイテッドは苦しげ、取りこぼしが多いリヴァプールと不振のアーセナルは自らとの戦い…といった見通しです。4つの椅子を巡る争いは、例年以上に多くのクラブに可能性が残っており、最後まで盛り上がりそうです。4位以内を予想しろといわれれば、チェルシー、マンチェスター・シティ、この後が難しいんですよね…。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

ファーガソンも言ってましたがユナイテッドはELを狙いに行くべきです。
ELという新たなヨーロッパのトロフィーに加えてCLストレートインまで付いて来ます。
正直トップ4を目指すというよりはトップ3を目指すか否かといった感じではないでしょうか?
4位ではプレーオフがありますしね。
おそらくELは問題なく勝てると信じています(というか勝てなければCLに出ても勝てないです笑)。
個人的に怖いと思うのはリヨンよりもセルタです。
バルサ、レアルでも特にアウェイで苦戦してますしね。できればファイナルまで当たりたくないチームです。

コメントありがとうございます。

ユナイテッドさん>
おお、まさに同じ意見を書いた記事を明日の朝、UPする予定でした(もう書き上がってます)。ELでいちばん怖いなと思っているのは、次に当たるところです。ファーストレグで勝てるといいのですが…。
  • makoto
  • 2017/03/24(Fri)09:52:43
  • 編集

無題

残り10試合も残して優勝チームがほぼ決まってるのに、それでもなお、ここまで見応えのあるプレミアはさすがだなと思います。
最近はリーガ、ブンデスに比べてヨーロッパでの成績が不調ですが、それでも一流の監督、選手たちが世界一のリーグと称する理由がわかります。
  • スパスパスパーズ
  • 2017/03/25(Sat)00:52:06
  • 編集

コメントありがとうございます。

スパスパスパーズさん>
競争環境が激しいことと、下位ががんばるのが特徴ですよね。2週間に1回は、「直接対決」と呼べるようなゲームがある感覚です。週末のマージーサイドダービーとアーセナルVSマン・シティが楽しみです。
  • makoto
  • 2017/03/28(Tue)10:38:10
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ