おつかれさまポドルスキ!得意の強烈ミドルが突き刺さり、ドイツがイングランドに1-0勝利!

2017年3月22日、ドルトムントの本拠地シグナル・イドゥナ・パークで開催された国際フレンドリーマッチ、ドイツVSイングランド。しばらく前までは、プレミアリーグで活躍する選手たちがどんなプレイを見せてくれるかという漠然とした興味しかなかったのですが、キックオフが近づくにつれ、「何が観たいのか」が明確になってきました。ルカス・ポドルスキの代表引退試合、しかも初めてのキャプテン!イングランド代表が3バック!これは見逃せません。ポドルスキといえば、思い出すのは2013年7月のアーセナルのアジアツアー。浦和レッズとのゲームを控えた彼らを見てみようと、公開練習とファンミーティングに潜入したのですが(当時のレポートはこちらです)、コシールニーやファビアンスキがファンの質問に答えるトークショーの最後に、ちょんまげのヅラをかぶって登場したポドルスキの姿が忘れられません。明るくて率直なドイツ人は、最後の舞台を控えて、少し感傷的になっていたようです。

「(ドイツ代表として)13年以上もの長い間、僕は素晴らしい時を過ごせた。今は不思議な感覚だ。さようならをいう機会を作ってくれたことに感謝している」「2006年に母国で開催されたワールドカップは貴重な体験だった。選んでできることじゃないからね」「最後のゲームにキャプテンとして出場できるなんて最高だね。感謝しかないよ」

メモリアルな試合という雰囲気を漂わせていたドイツに対して、イングランドのほうは新しいフォーメーションと選手を試す場として、この一戦を捉えていました。マイケル・キーン、ケーヒル、スモーリングの3枚を最終ラインに据えたサウスゲート監督のフォーメーションは、チェルシーの3-4-3というよりトッテナムの3-4-2-1に近い形です。WBにカイル・ウォーカーとバートランド。セントラルには4年7ヵ月ぶりに代表に復帰したリヴァモアと、このシステムには慣れているエリック・ダイアー。プレミアリーグで好調のララナと今や中心選手のデル・アリが2列めに並び、最前線にはジェイミー・ヴァーディです。

ポドルスキ、トニ・クロース、ヴェルナー、ブラント、サネがスタメンに並び、シュールレ、エムレ・ジャン、ムスタフィとプレミアリーグファンにはなじみ深い名前がベンチに控えるドイツに対して、イングランドは6分に決定機をつかみます。デル・アリの素晴らしい縦パスで抜け出したジェイミー・ヴァーディが、GKシュテーゲンをかわそうとして転倒しますがノーホイッスル。直後のCKを叩いたマイケル・キーンのハーフボレーは、惜しくもバーの上を越えていきます。イングランドは、リヴァプールとトッテナムを足して2で割ったようなシンプルなサッカーを展開。ただ縦にいくだけでなく、ボックス脇に入った選手に巧みなパスを通すなど引き出しが多いカイル・ウォーカーは、SBでもWBでもプレミアリーグNo.1ではないでしょうか。31分のララナの突破は、ドルトムントの地にクロップスタイルを逆輸出したかのような見事なカウンター。タッチの長さもコースも間違えずにシュテーゲンとの1対1に持ち込んだララナは、満を持して左足のシュートをクロスに放ちますが、ポストに弾かれてしまい先制点はお預けです。

36分にサネのパスを受けたポドルスキは、強烈なミドルをバーの上に浮かします。ヴェルナーの突進をとっさのフェイントでかわし、左サイドに悠々とつないだジョー・ハートの足技を、ペップは評価するでしょうか。40分、エリック・ダイアーのFKはうまく落ちず、シュテーゲンは余裕をもって見送ります。直後、イングランドに3度めのチャンス。左サイドでプレスをかけてボールを引っかけたララナは、さすがクロップサッカーの申し子。ヴァーディが右でフリーだったデル・アリに冷静につなぐと、前にGKしかいなかったデル・アリは、プレミアリーグ14ゴールのアタッカーらしからぬ正直すぎるシュートをシュテーゲンにぶつけてしまいます。

0-0で折り返した後半、最初のチャンスは47分のドイツのCK。ジョー・ハートとマイケル・キーンが重なってしまい、パンチが弱くなったところをブラントが左足ボレーで狙いますが、ボールは左のポストの脇を抜けていきます。53分、イングランドのカウンターは、今度はレスターの香り。自陣で奪ったリヴァモアが右に流れたヴァーディに長いボールを通すと、クロスにファーから突っ込んだデル・アリは、左足のシュートが当たり損ねとなってしまいます。53分にラインの裏に飛び出したポドルスキは、浮き球をうまくミートできず。55分に右サイドからデル・アリが仕掛けた速攻は、中央でパスを受けたエリック・ダイアーが右にまわって速いクロスを入れるも、シュテーゲンに弾かれて味方に通りません。

58分のCKは、ケーヒルがヘッドでコースを変えると、左にいたデル・アリのダイレクトショットはヘクターがブロック。この後、本日の主役が見事な先制点をゲットします。トニ・クロースが途中出場のシュールレをポストに使うと、落としをもらったポドルスキが左足一閃、ジョー・ハートは触れず!これだけ鮮やかなミドルシュートを毎週見せられれば、ヴィッセル神戸のサポーターは大喜びでしょう。73分にマイケル・キーンのクリアを体に当ててそのまま持ち込んだサネの左足シュートは、ジョー・ハートがファインセーブ。ポドルスキは85分にルディに後を譲り、長かったドイツ代表生活にピリオドを打ちました。2点めを狙って最後まで攻めたドイツはシュートコースに入られて枠に飛ばせず、そのままタイムアップ。「概ね明るく少しだけ感傷的なポドルスキ劇場」という舞台装置に遠慮したかのようにイングランドは決められず、1-0で世界王者に敗れました。

3バックの間に入られるととたんにマークが緩くなるなど、連携は今ひとつだったイングランドですが、フィニッシュまでのボールの運び方はよかったと思います。ああ、それにしてもポドルスキ。「素晴らしい映画のようだった」と振り返った決勝ゴールと、ピッチを去る際のサポーターの大歓声に心が震えました。おつかれさまでした。その類まれなシュート力で、これからは日本のサッカーファンを魅了してください。あの余興から3年8ヵ月、プレミアリーグを去ってトルコに渡ったアタッカーが、31歳になっても昔と変わらず情熱的に戦っているのを見て、安堵のような余韻を感じた一戦でした。次につながるサッカーを見せてくれたイングランド代表については、3月26日にウェンブリーで行われるリトアニア戦で、前のめりに堪能させていただこうと思っております。今日は、ただただポルディで。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

ぼくたちアーセナルファンは、長い間優勝から遠ざかっています。
ずっと悔しい思いをしています。今季は特にそうかも知れません。
ですが、それとは別に、ジルー、ベントナー、ポドルスキなど、[愛すべきバカ野郎]にはとても恵まれたように思います。バカ野郎ばかりでは困りますが、長くチームを愛するには、こんなキャラクターも大事だよな、と思います。
お疲れ様ポルディ。
  • ひろと
  • 2017/03/23(Thu)12:14:14
  • 編集

コメントありがとうございます。

ひろとさん>
いいヤツですよね。ジルーやポドルスキの明るさがピッチから伝わってくるときは、アーセナルの状態がいいときという印象があります。
  • makoto
  • 2017/03/24(Fri)09:50:50
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ