カードが少ないのはやっぱりあのチーム!プレミアリーグ2016-17・フェアプレーランキング

プレミアリーグ2016-17シーズンも残り2節となりまして、現地メディアには今シーズン全体を振り返るような記事が増えてまいりました。得点王はルカクで決まりか、アシストは2位エリクセンとシグルズソンに3差をつけたデブライネか。クリーンシート数15で並ぶクルトワとロリスは、どちらがゴールデングローブに輝くのか…。そんななかで、「エクスプレス」がスライドショーで紹介しているのはフェアプレーランキングです。タブロイド紙らしく、「Premier League Fair Play table: Which club has the worst discipline record this term?(プレミアリーグフェアプレイテーブル:今季最悪の規律を示す記録を出したのはどのクラブ?)」と、悪いほうに注目させる見出しを立てておりますが、ここではひっくり返してイエローカードとレッドカードが少なかったクラブを上位としましょう。トップは、2014-15シーズンにもフェアプレー賞に輝いたリヴァプール。2位はスウォンジー、3位にはエディ・ハウ監督のボーンマスが入っています。

ちなみに、昨季は1位アーセナル、2位レスター、3位マンチェスター・シティとチャンピオンズリーグ出場権を獲得したクラブが上位を独占。ボーンマスは4位、リヴァプールは6位でした。守備戦術が洗練されたチームとポゼッションを取るチームはファールが少なく、無理な体制からタックルを仕掛けてカードをもらう頻度が落ちるという傾向が見てとれます。2015-16シーズンはアストン・ヴィラの次にカードが多かったワトフォードは、今シーズンは最下位。キケ・フローレスからマッツァーリと指揮官が代わったにも関わらずレフェリーからのチェックが減らないのは、「ついついやってしまう選手」がいるからでしょう。以下に、プレミアリーグ全20クラブのランキングを掲載させていただきます。


【プレミアリーグ2016-17 フェアプレーランキング(36節終了時)】
1位/リヴァプール      216pts
2位/スウォンジー      220pts
3位/ボーンマス       236pts
4位/トッテナム       240pts
4位/サウサンプトン    240pts
6位/レスター       260pts
7位/アーセナル      264pts
8位/バーンリー       270pts
9位/チェルシー      276pts
10位/ストーク        282pts
11位/ハル・シティ     290pts
12位/エヴァートン     292pts
13位/クリスタル・パレス 296pts
13位/WBA          296pts
15位/ミドルズブラ    302pts
16位/マン・ユナイテッド 314pts
17位/マン・シティ    316pts
18位/サンダーランド   326pts
19位/ウェストハム    336pts
20位/ワトフォード    346pts


個人のランキングをチェックしてみると、「イエローカードキング」に向かってトップを走っているのは、12枚を集めたワトフォードのホレバス。黄色は1枚少ないながらレッドカードをもらっているボーンマスのアーターが2位で、昨季の7枚から数字を伸ばしてしまいました。同数の2位にエヴァートンのセントラルMFイドリサ・グイェがいるのですが、相方のギャレス・バリーも10枚もらっており、クーマン監督のチームが真ん中にいる2人のぎりぎりのプレイによって失点を減らしてきたのがわかります。ワトフォードはプリョードルも10枚重ねており、チーム総枚数76の1/4を超える数字を2人が占めています。昨季12位だったトッテナムが4位に躍進したのは、イエローカードコレクターだったエリック・ラメラがシーズンの大半を棒に振ったからでもあるでしょう。

警告が多い選手には、3つのタイプがあるのではないかと思います。「プレイが激しい」「カッとなりやすい」「注意力が散漫になりやすい」。気が荒いタイプの代表が、アルナウトヴィッチ、ジエゴ・コスタ、フェライニで全員9枚。出場時間が少なかったルーニーは、プレミアリーグ4ゴールながらイエローは7枚もゲットしています。うっかり後ろから引っかけてしまう注意力不足系のベンテケは10枚で、ザハも激しいというよりは要らないイエローが多いタイプでしょう。リストを見ていると、レフェリーの目を盗んで駆け引きする「インテリヤクザ」タイプという4つめがあるかもしれません。セスクの8枚、ペドロとズラタンの7枚にはこちらの香りが感じられます。ロメウ、カンテ、ヘンダーソン、ワニャマ、ジョー・アレン、エリック・ダイアーなど、CBの前でプレイする選手は相手と競り合う機会が多く、厳しいチェックを咎められがちです。

ケガに直結するラフプレーや非紳士的行為は避けていただきたいのですが、実際はイエローカードの多くが「プレイや判断のミスによるもの」だという認識です。クリアできるとジャッジしてスライディングしたのに足を引っかけてしまったり、ぎりぎりで突っ込んだためにうまく止まれず接触してしまったり、とりわけ後手を踏んだ選手はカードの枚数が増えがちです。そんななかで、「走るサッカー」を徹底することによって、より前でピンチの芽を摘んで歩いたクロップ監督のゲーゲンプレッシングがフェアプレーランキングの頂点にいることをリスペクトしたいと思います。いつの日か、プレミアリーグ、国内カップ、フェアプレーの三冠に輝いて「ゲーゲンプレッシングはフェアで美しく、日程がタイトなイングランドでも勝てるコンセプトである」ことを証明していただければと期待しています。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

フェアプレーランクが普通から良い方なのにスパーズが荒いサッカーと言われるので辟易としています。一人でも多くこのような基準で判断する人が増えてくれると嬉しいなと思います・・・
  • スパーズファン
  • 2017/05/13(Sat)15:44:35
  • 編集

コメントありがとうございます。

スパーズファンさん>
試合を見ていれば、スパーズが決して荒いチームではないことは一目瞭然ですよね。アルデルヴァイレルトのスマートさには、いつも惚れ惚れします。
  • makoto
  • 2017/05/14(Sun)17:00:32
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ