おめでとうイングランド!U-20ワールドカップ優勝の陰の立役者はチェルシーユースとロナルド・クーマン!

おめでとうございます!20歳以下限定の大会ではありますが、サッカーの母国が主要大会で世界を制したのは半世紀ぶりです。韓国で開催されていたU-20ワールドカップは11日に決勝が行われ、イングランドが1-0でベネズエラを破って初優勝を遂げました。この日のヒーローは、前半35分に唯一のゴールを決めたエヴァートンのドミニク・カルヴァート・ルーウィンと、74分にペニャランダのPKをストップしたニューカッスルGKウッドマンですが、陰の立役者はチェルシーのアブラモヴィッチオーナーとユース統括責任者のニール・バスさん、そしてエヴァートンのロナルド・クーマン監督ではないでしょうか。

ニール・バスさんがウェストロンドンのアカデミーを任されたのは2004年。地域に根ざしたスカウティングやU9世代からの一貫教育など、敏腕ディレクターの下でユース強化システムを整備したチェルシーは、U-18チームがFAユースカップにおいて7年で5回の優勝と圧倒的な強さを誇り、2016年には3連覇を達成。U-19もUEFAユースリーグで連覇を果たしており、昨年の夏にはエリートプレイヤーパフォーマンスプラン(EPPP)を推進するプレミアリーグに3年間のカテゴリーワン格付けという最高の評価を受けています。2016年のユースカップ決勝では登録15選手全員がイングランド代表に入る資格があり、UEFAの大会も25選手中21人までが地元出身者。今回のU-20代表においても、トモリとクラーク=ソルターのCBコンビと最前線のドミニク・ソランケがレギュラーとして活躍しており、チェルシーユースの真摯な取り組みがなければ偉業は達成できなかったでしょう。

チェルシーの後を追うように、マンチェスター・シティやリヴァプールなどプレミアリーグのトップクラブは軒並みユース世代育成に力を入れておりますが、近年課題となっているのは18歳以降の伸び悩みです。U-20ワールドカップで大会最優秀選手に選ばれたドミニク・ソランケが、プレミアリーグに1度も出ていないというのが象徴的。技術的に優れた選手はファーストチームのベンチには届くものの、ワールドクラスをかき集めたチームで試合に出られないケースが多く、下位クラブやチャンピオンシップに出されたまま、そのレベルの選手に落ち着いてしまうこともしばしばあります。パトリック・バンフォード、ジェームズ・ウィルソン、チュバ・アクポム、ロフタス=チーク…類まれなる才能がありながら開花しきれない選手たちが、いつしか名前も聞かれなくなるのではないかと心配になります。

この課題に対して風穴を開けたのが、ロナルド・クーマン監督でした。ジョンジョ・ケニー、カラム・コノリー、キーラン・ドーウェル、アデモラ・ルックマン、ドミニク・カルヴァート・ルーウィンと、U-20代表に最多の5人を送り出しているエヴァートンは、ウィガンに貸し出されていたコノリーと分厚い中盤の壁を破れなかったドーウェル以外の3人が今季プレミアリーグに出場しています。最高の出世頭はカルヴァート・ルーウィン。昨季の後半戦から頭角を現わして11試合1ゴールという数字を残したアタッカーが、U-20ワールドカップの緒戦とファイナルで貴重なゴールを決められたのは、日頃から激しいバトルを経験してきたからだとはいいすぎでしょうか。1月のマンチェスター・シティとのホームゲームで衝撃のデビュー戦ゴールを決め、8試合1ゴールでプレミアリーグ初年度を終えたルックマンはいいコンディションで大会に入り、決勝トーナメントでは彼らしい的確なタッチでゴールを積み上げました。

イングランドのフル代表のほうは、ハリー・ケイン、デル・アリ、カイル・ウォーカー、ダニー・ローズ、エリック・ダイアーらスパーズの選手と、ララナ、ナサニエル・クライン、バートランドといった元セインツの選手が目立ち始めており、まさに「ポチェッティーノ王国」。その下の世代はクーマン王国と、サウサンプトンでプレミアリーグの監督のキャリアを始めた2人が若手ブレイクのプロデューサーとなっています。イングランドが強くなるかどうかは、ユース世代の育成強化に加えて、TOP6と中堅クラブの監督が原石をしっかり磨き上げられるかがポイント。鋭い縦パスで優勝チームのアタックを支えたルイス・クックを預かるボーンマスのエディ・ハウ監督や、トゥアンゼベ、ラシュフォード、マクトミネイら20歳以下の有望株を抱えるモウリーニョ監督にもご協力いただき、2022年のカタールワールドカップでは優勝を狙えるチームを創っていただければと思います。ソランケ、ルックマン、カルヴァート・ルーウィン、ドーウェル、クック、トモリ、クラーク=ソルター、ウッドマン…素晴らしい!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

更新お疲れ様です。
イングランドやってくれましたね!
最高です!
ルックマン、ルーウィンはプレミアで揉まれてるだけあって個の打開力は際立ってましたね。
エヴァートンは今後が楽しみですね!

ちなみに元祖若手育成クラブのスパーズ組については何か感想はありますが?
特にオノマーは昔ポチェッティーノが、いずれは低い位置での起用を考えている的なコメントをしていたような気がするので、彼のボランチでのプレーぶりについての評価が気になります。
辛口でコメントをいただけると嬉しいです(笑)
  • NORI
  • 2017/06/12(Mon)21:24:22
  • 編集

コメントありがとうございます。

NORIさん>
カソルラのように、前から下がってきてセントラルMFをやるタイプの選手は、判断スピードが速いことが守備に長けた選手に対するアドバンテージなのだと思います。その点でオノマーは、同世代のクックなどに比べると弱いかなと感じました。エリック・ダイアー、ワニャマ、デンべレ、アルデルヴァイレルトと目標になる選手が揃っているチームなので、パスワークが磨かれるといいですね。
  • makoto
  • 2017/06/13(Tue)12:37:18
  • 編集

コメントありがとうございます。

NORIさん>
カソルラのように、前から下がってきてセントラルMFをやるタイプの選手は、判断スピードが速いことが守備に長けた選手に対するアドバンテージなのだと思います。その点でオノマーは、同世代のクックなどに比べると弱いかなと感じました。エリック・ダイアー、ワニャマ、デンべレ、アルデルヴァイレルトと目標になる選手が揃っているチームなので、パスワークが磨かれるといいですね。
  • makoto
  • 2017/06/13(Tue)16:26:20
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ