プレミアリーグに出場できない最強ユース世代!【後篇】若手がチャンスをつかむ方法

「プレミアリーグに出場できない最強ユース世代!【前篇】主要4ヵ国の若手のプレイ時間比較」より続きます。スペイン、イタリア、ドイツと比べると、自国のユース代表選手が国内最高位のプレミアリーグでプレイする時間が少ないのがイングランドの課題です。4国の出場時間数を比較・分析した「BBC」は、U-20ワールドカップの決勝でPKを止めたニューカッスルのGKフレディ・ウッドマン、ボルシアMGでの2年間の修行を経てチェルシーに復帰したデンマーク人CBアンドレアス・クリステンセン、そしてペレ・グアルディオラが始めた新しい若手育成メソッドという3つの事例を紹介しています。

ラファエル・ベニテスに請われてクラブに残ったウッドマンは、「クラブは自分の進化を見てくれている。今のマネージャーの下では日々語りかけてもらい、新しいことに取り組んでいる。器の大きいマネージャーが、自分がいいGKになるためにサポートしてくれるのは素晴らしいことだと思う。ここでチャンスを待つよ」とコメント。これに対してレポートは、「10人のうち可能性がある若手が3人いて、経験はあるが可もなく不可もない選手が7人いたとすれば、常に経験があるほうを取るよ。チャンスを与える余裕はない」という元トッテナム監督のティム・シャーウッドの言葉を紹介。食うか食われるかの厳しい戦いのなかで、若手にステップアップのための機会を提供することの難しさを示唆しています。

チェルシーユースでFAユースカップを2回制したアンドレアス・クリステンセンは、18歳でプレミアリーグデビューを果たしながらもレギュラーは遠く、2015-16シーズンからの2年間はドイツのボルシアMGに「留学」。当地で2シーズン通算62試合5ゴールという素晴らしい数字を残してプレミアリーグ王者のスカッドに加わったCBは、今季既に6試合出場で3試合は先発という稀有な成功例です。「クリステンセンはファーストチームに加わり、ロベルト・レヴァンドフスキ、リオネル・メッシ、セルヒオ・アグエロなどのストライカーと戦った。チェルシーは彼の力を把握しており、ボルシアMGが完全移籍に切り替えようとするのを阻止した」。レポートは、プレミアリーグ王者が次に期待しているのは、スウォンジーにレンタルされたタミー・アブラハムと、クリスタル・パレスでプレイすることになったルベン・ロフタス=チークだと主張しています。ナタン・アケもそのひとりでしたが、前シーズンの後半戦で出場機会を得られなかったCBは、完全移籍でボーンマスに入団するという道を選びました。

チェルシーのローンシステムについて、「BBC」の記事は問題点を指摘しています。「自クラブのファーストチームのマネージャーが頻繁に代わることが、若い選手の成長の妨げになっていることをチェルシーは認めている。クリステンセンが在籍した比較的短い期間に、7人のボスがいた」。今季、他クラブにローンに出された34人の選手について「決してファーストチームに近づけない運命にあり、多くは移籍しようとするだろう」と、その論調は悲観的です。

マンチェスター・シティのペップ・グアルディオラ監督は、23歳未満の選手をプレイさせる「プレミアリーグⅡ」について競争力がないと切り捨てています。「バルセロナやレアル・マドリードのセカンドチームは4万人の観客の前でプレイしており、ドイツやイタリアでは28~30歳の選手と一緒に戦っている。対して、ここには競争がない。観客がいないところで、同世代ばかりでプレイすることになる」。プロフェッショナルな組織にリフォームされたBチームを100チーム導入するという「EFLリーグ」というアイデアは、議論の場を通過する前に頓挫しました。

そんななかで、マンチェスター・シティが選択したのは「カタルーニャのクラブを買う」という方法です。ペップの実弟ペレ・グアルディオラとクラブは、ジローナの株式88%を650万ポンド(約9億6000万円)で購入。マン・シティの選手を5人送り込んでラ・リーガでプレイさせています。マン・シティでは、パトリック・ロバーツがセルティックに2度めのローン移籍で加入することになり、サンチョはドルトムントに完全移籍。イングランドに優れた競争環境を構築することができず、選手の成長阻害や他国への流出という問題を解決できないのであれば、ジローナはマンチェスター・シティの若い選手たちにとって優先的な能力開発のルートとなるというのが、レポートの締めくくりです。

資金力があるプレミアリーグのクラブが即戦力の外国人選手を獲得するのを止めることはできず、Bチームには競争環境がない。ウッドマンは経験を積めないまま年を重ねてしまうリスクがあり、クリステンセンの成功はレアケースで再現性に乏しい。意図的に若手を育成するには、他国のトップリーグに所属するクラブを手のうちに入れ、強豪クラブと対戦できる環境でチャンスを与えるスタイルが有望なのではないか、という論旨です。いやー、厳しい。これは一般的な若手選手の話ではなく、ユース代表として世界一や欧州No.1を達成した俊英たちでもステップアップは難しいということなのですから。

こんなレポートを読むと、ラシュフォード、ハリー・ウィンクス、ウォード=プラウズ、ロフタス=チーク、タミー・アブラハムら稀有な才能が、プレミアリーグで順調に成長していずれ世界を制するのを本気で応援したくなります。そしてまた、マンチェスター・シティのチャレンジが、ラ・リーガで現在16位のジローナの降格で頓挫しないことを祈ります。いや、さはさりながら、カタルーニャが独立したら人口10万人の小さな街のクラブはどうなるのでしょうか。現在のイングランドにおいて、世界を制したユース代表の選手たちが次のステージでも成功を収めるのは、かくも大変なことなのかとため息をつく休日の朝であります。(アンドレアス・クリステンセン 写真著作者/thearcticblues)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

もったいない、イングランドU21。

 この若手達の活躍する場所がない!? という状況は、ホント悲しいですね。

「ペップは他国のクラブを買った」・・・ライプツィヒ と ザルツブルグ 

みたいな関係になるのでしょうか?? やっぱり、プレミアリーグ2よりも!?

可愛い子には旅をさせよ・・・が1番効果がありそうです。

  • 背番号4
  • 2017/10/09(Mon)13:23:41
  • 編集

無題

シティのやり方は個人的に嫌ですね。
双方のクラブにメリットはあるんでしょうが、植民地みたいで嫌です。
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2017/10/09(Mon)17:34:41
  • 編集

無題

ジローナはクラブが創立されてから初めての1部に上がれましたし予算も増えるでしょう
シティは若手選手がトップチーム相手との経験を積めます
若手の成長を促すには仕方のないことでしょう
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2017/10/09(Mon)22:57:57
  • 編集

無題

ウディネーゼのグループが各国のクラブを買って経営をしてたりするし、金を持ってるクラブがやると顰蹙を買うけど、やってるところは今に始まったことじゃない感じですよね。
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2017/10/09(Mon)23:29:57
  • 編集

無題

なんというか、いくら育成環境を整えたところで、スペインやイタリアのようになるわけがないとしか思えません。そもそも彼のリーグと決定的に違う資金力をリーグ全体で持っているわけですし、若手が成長できる時間を、主戦力を獲得することで賄えちゃいます。他リーグのクラブの保有件を得たところで、本クラブの優秀な戦力の流動性が高ければ付け入る隙はほとんど無くなるわけで…この莫大な放映権が生まれ続ける限りは、若手選手達の状況はなにも変わらないでしょうね
  • gag
  • 2017/10/10(Tue)21:06:03
  • 編集

無題

FAの石頭どもはさっさとBチーム制を導入しろや
プライドだけは無駄に高いから困る
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2017/10/10(Tue)23:06:04
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ