プレミアリーグに昇格すると赤字になる!?【前篇】残留を争うクラブが抱えるリスク

イギリスメディア「BBC」が、プレミアリーグをめざすチャンピオンシップの有力クラブと、昇格したばかりのクラブに対して警鐘を鳴らしています。「Premier League: Clubs 'risk bankruptcy' with promotion(プレミアリーグ:クラブはプロモーションによる倒産リスクに晒されている)」と題された記事に掲載された、金融データファームのヴィサイブルのレポートが衝撃的です。「2008-09シーズンから2015-16シーズンまでに19のクラブがトップリーグ入りしたが、赤字を免れたのはクリスタル・パレスのみ。昇格したクラブたちはプレミアリーグ初年度こそ稼いだが、4年後に黒字なのは1/4だけ。1/3はすぐに降格し、2/3は3年以内に落ちている」。彼らが費やしたプロモーションコストは、週あたりで30万ポンド(約4500万円)に及ぶそうです。レポートは、多額のマッチデー収入やスポンサーフィーを得るサイクルが確立されたビッグクラブと戦うことが、「経済的疲労」につながっていると指摘しています。

レポートの共同執筆者であるロジャー・ベル氏は、「EFLに所属するクラブのオーナーとサポーターは、プレミアリーグへの昇格を ”リッチになるためのゴールドチケット”と捉えているが、実際にはトップリーグに留まろうとすることで最終的には損失を生む」とコメント。チャンピオンシップにいたときよりも9000万ポンド(約134億円)の増収が可能だったとしても、パラシュートのように逆戻りしてしまえば受け身は取れず、財政的な過度の努力は長期的な問題につながる恐れがあるというのが彼の専門家としての見解です。

これに対して、EFL(イングランドサッカーリーグ)のスポークスマンは、「世界のフットボールのなかで最も激しい競争が行われているが、財政状態は強いポジションにある」と反論。2012年に導入されたファイナンシャルフェアプレー、リーグ全体の収益改善、プレミアリーグと連携した収入によって多くのクラブが健全な経営を維持しており、破産手続きに追い込まれたケースはしばらくないというのが彼らの言い分です。「このようなレポートはサポーターを混乱させる」とEFLに強く出られると、確かに「倒産リスク」はいい過ぎかもしれないとは思うものの、決して健全とはいえないクラブがチャンピオンシップに存在しているのは間違いありません。クラブの財政を圧迫しているのはプロモーションコストばかりでなく、補強費やスタッフ人件費も悩みの種です。記事中で紹介されている「2016年の売上に対する人件費比率」のグラフを見ると、160%台のノッティンガム・フォレストとブレントフォード、彼らに続く140%超えのミドルズブラ、ブリストル、ダービーなどは、「プレミアリーグに上がれば全ては解決する」と考えているのかもしれません。

「降格リスクと背中合わせのなかで、いいバランスシートを維持しているオーナーは、クラブが実際に落ちたときによりよい見通しを立てられる」と語るベル氏は、バーンリー、ノリッジ、ニューカッスルが最近の優秀な事例であると評価しています。この記事を読んで私が気になったのは、2015-16シーズンにクラブ創立125年めで初めてプレミアリーグ昇格を果たしたボーンマスです。12000人も収容できないバイタリティスタジアムで戦う小さなクラブは、プレミアリーグ3年めにしてどのような経営状態なのでしょうか。長くなりましたので、ボーンマスの現状については明日紹介させていただければと思います。この稿、続きます。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

こういう話題は私はここでしか読まない(読めない)ので、非常に興味深く読ませていただいています
単純にプレミアにあがれば凄く儲かる、くらいにしか考えてなかったので中々考えさせられました
  • B
  • 2017/10/12(Thu)11:11:20
  • 編集

無題

最後に例に挙げられている中でも特にバーンリーはここ数年かなり上手く立ち回っていると思います。
経営面でも人事面でも長期的な視野のもと継続性を大切にしているのが外野からでもよく分かりますね。
資金面で無理をせず一旦は降格を受け入れる、そして体制を整えすぐにプレミアに復帰・残留するという離れ業を成し遂げられたのも、フロントと現場の相互理解が高く良好な関係を築けていたからに他ならないでしょう。
個人的には赤毛のモウリーニョが長期政権を築き、バーンリーがプレミアでの地位を確固たるものにするのではないかと密かに期待しています。
ボーンマスの記事も楽しみにしています
  • COYS
  • 2017/10/12(Thu)14:16:57
  • 編集

無題

最近優勝したレスターはどうなのでしょう
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2017/10/13(Fri)12:42:10
  • 編集

コメントありがとうございます。

Bさん>
ありがとうございます。お金の話は奥が深いです。

COYSさん>
バーンリーは評判いいですよね。このままEL出場権争いに残り続けたら盛り上がります。

プレミアリーグ大好き!さん>
なるほど。それも興味が湧きます。調べてみます。
  • makoto
  • 2017/10/14(Sat)20:03:11
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ